サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ

2017/11/23

渡辺美里 M・Generation Tour 2017  11/23 松山

松山市民会館・中ホール 約600人

 

3月のライブ発表から8ヶ月が経ち、ようやく当日がやってきた。

2004年の西条から始まった、「Tさんと一緒に美里を観に行くツアー」の第5回目である。

 

今年は、プロレスは結構観に行った一方で、ライブにはまったく行っていない。

8月の岸谷香さんに続いて、まだ2回め。

 

 

岸谷さんのときもそうだったが、今日のライブも満足度は非常に高かった。

 

前回のサロンキティは会場としては狭すぎたが、今日の市民会館中ホールはちょうどよい。

そして、開演直後の音楽がなり始めたほんとうにその瞬間から手拍子が始まった。

(えらくノリがいい客が多いなぁ)とその時点ですでに思ったが、

公演時間の最初から最後まで、客席全体の非常にいい雰囲気は続いた。

美里さんも演りやすかったのではないかと思う。

 

途中、バーのセットとともにトークコーナーが始まった。

東京育ちではあるが生まれは京都の美里さんの関西弁とか、

デビュー前後(1985/4~87/3)に出演していたMBSヤングタウンの話など、

地味におもしろかったが、若干、時間がおし気味。

 

 

ヤンタンの話では、「はがきを読まれるとステッカーとかがもらえて~」などの話があった。

帰宅後、押し入れを開けてみた。2017-11-23223306

うちにはヤンタンのキーホルダーがあった。

しかしこれは美里さんが出ていた水曜ではなく、

河合奈保子さんが出ていた火曜ではがきを読まれて貰ったものである。

 

 

同じ押し入れにはこんな本もあった。

2017-11-232236122017-11-23223510

1985年12月に発売されたヤンタンブック11。

当時19才だった美里さんのアンケートへの回答が、若い。

 

 

 

ライブ本編については、満足しきったので、特に言うことがない。

観終わった後で久米の焼肉きんぐにいったが、2人とも満足していたので、別の話ばかり。

 

 

セットリストは、LiveFansのこのページに。

12曲めに「ムーンライトダンス」とあるが、やらなかったような気がする。

 

今年の新曲の「ボクはここに」は聴いたことがなかったが、

残りの曲は、

「ここから」と「オーディナリー・ライフ」だけは曲名が思い出せなかったものの、

すべて知っている曲だったので、全体的に安心して参加できた。

 

盛り上がる曲としての、「虹をみたかい」と「恋するパンクス」と「恋したっていいじゃない」は、今回も鉄板。

演らなかった曲で聴きたかったのは、「すき」とか「悲しいね」とか「チェリーが3つ並ばない」とか。

 

 

さて、これで今年も終わった。

といっても、今年の終わりはあと3回くらいあるような気がするが。

2017/11/21

2年ぶり14回めまであと2日

荻野目洋子 登美丘高校ダンス部とレコ大特別賞受賞、授賞式でもコラボ切望

「この度、日本レコード大賞特別賞を登美丘高校ダンス部の皆さんと共に受賞することが出来て、本当に嬉しいです。有難うございます。そして、いまだお会いしていない平野ノラさん、登場曲として使ってくれたおかげで、若い世代の方達に浸透することが出来ました。有難うございます。めちゃイケで「俺はダンシング・ヒーローになりたいんや」と何度も何度も踊りながら連呼してくださった岡村隆史さん、有難うございます。時代を遡ればコントで面白可笑しく毎回踊ってくれた、とんねるずさんにも感謝、です。それが無ければ2014年バージョンのダンスも生まれていません。32年前、そして2014年バージョン、共に振り付けは三浦亨先生、有難うございます。」「たぶんどんな言葉を並べても、今の私の気持ちは伝えきれないです。

 

地味に荻野目ちゃんが盛り上がっているので、まさかの紅白出場がないかと思ったが、それはなかった。

こないだのうたコンに続き、もう何年も視ていなかったミュージックステーションまで、録って視た。

そして、めちゃイケにせよ、みなさんにせよ、面白い時はあった。

 

 

さて。

書類作成の仕事が少し落ち着いたので、新しいプログラミングプロジェクトを開始した。

やはり、壊れたモノの修理より、新しいソフトウェアを作るほうが楽しい。

完成してもだれも使ってくれそうにないのが悲しいところであるが、

他人には期待しない。

 

 

先週土曜は久々にOくんと碁を打ったが、終盤に大石を取られて投了した。

これで3連敗。もう勝てる気がしない。

 

 

 

明日で営業は一段落して、明後日の夕方は渡辺美里さんのコンサート。

 

以前まとめたことがあるのではっきりしている。

2017/03/19 勤労感謝の日までは生きとく

2009/6/12「渡辺美里コンサート前日企画」

今度で通算14回め。

 

 

彼女がデビューして30年以上経った。

歌う方も、聴く方も、無事に生きていれば、それでよい。

2017/11/19

河合奈保子さんのポスター 紅組の1(2017/11/19~)

2017-11-19113842

82年7月。

去年発売された写真集の表紙にもなった1枚。

2017/11/17

恒例の買い物

今年もこの日がやってきた。あんまり生きがいは感じていないがとりあえず生きてはいる。

2017-11-17185626

 

ちなみに、去年は、

2016-11-17195821_2

こうだった。

 

来年は区切りが悪いので、再来年、ホールケーキに挑戦することにする。

2017/11/15

森口博子さんとGメン'75

こんな記事を見た。

中学時代の写真も 森口博子、“大ファン”若林豪と35年ぶり2ショット

 

どうやら本当に大ファンらしい。

 

 

以下、森口さんのブログ記事へのリンク。

 

宝物

この記事には、中学生の時の森口さんが、イベントで当時の若林さんと録ったツーショットが。

 

憧れの若林豪さんと!

こっちの記事には、現在の森口さんと現在の若林さんとのツーショットが。

そして、ちょっと長いが、引用。

赤字は私が強調のためにつけた。

 

憧れの豪さんが、

コマーシャルの合間に、

Gメンの撮影秘話を

話して下さって感激ラブ

出演者のみなさまが1列になって

滑走路を歩く、

あのカッコ良いタイトルバックの苦労話が

聞けて得した気分です。

信じられないひとときでしたキラキラ

子供ながらに、ドラマの内容はもちろん、

オープニングの重厚感に

にやられてました。

「あのメンバーに入りたい、

もしくは、悪者から私を

救い出して欲しい」と、

真剣に思ってました。

今、観ても唸るカッコ良さグッ

♪チャチャチャ〜♪

とブラスからはいる♪レクイエム♪

作曲は、菊池俊輔さん。

キイハンターや、仮面ライダー、ロボコン、

タイガーマスク、ドラえもんなど、

幅広いですね。

そして、しまざき由理さんの

哀愁漂うエンディングの切なさったら。

胸が締め付けられるあの感覚。

♪面影♪はじめ、

どのエンディングも名曲揃い。

同世代の方は、

分かってくれるよねウインク

帰ってきてから、

Gメンの動画を観て涙がこぼれました。

 

 

こないだ、篠沢教授が亡くなった時に書いたが、「クイズダービー」と同様に、「Gメン'75」も基本。

同世代なので、森口さんのこの感じは、非常によく分かる。

 

ビジネスではなくて誰かが誰かをほんとに好きなのを見ると、こちらもうれしい気持ちになる。

トラウマ、2日連続

15日(水)

17時半過ぎ。

某同僚から質問された。

「Wordの図形描画で直線を引いたが、鉛直下向きにしたいのに微妙に傾いてしまい、マウスを使って角度を変えようとしても、カクカクっと動いてしまうので、まっすぐ下向きにならない」

 

グリッドに合わせる設定がいいのか、合わせない設定がいいのか、難しいところだが、

既に書いてしまっていた直線は、そもそも始点がグリッドに合っていなかったので、

どう頑張ってもきっちり下向きにはならない。

 

あらためて新しい直線を引き、始点をグリッドに合わせたら、無事下向きの線が引けた。

めでたし、めでたし。

 

 

解決したので、よかったといえばよかった。

 

しかし、

彼が作成しようとしていた図は、

直角三角形の斜辺の上の方に長方形が接していて、

その長方形の重心から鉛直下向きに矢印が引かれている

という図だった。

 

このような形の図については、ごく最近、どこかで話題にしたような気がする。

が、大人になったので、もう、発狂はしなかった。

2017/11/14

暴走自転車と暴走自動車

このブログを書き始めてから13年を超え、

かつて書いたことがある話が繰り返されることが多くなってきた。

そして今日も。

 

 

一昨日と昨日と今日とで合計28時間くらい、

某システムの改良のためのプログラミング作業に費やした。

 

実装したかった諸機能はすべて実装できて満足した。

 

が、その代償として、今日の昼前から、腰痛と首痛。

急きょ、行きつけの整体に予約の電話をして、17時半から施術してもらって、復活。

 

 

行きつけの整体は、今から35年くらい前に私が下宿していた祖父母の家の近所にある。

メガネの三城中央通り店とか中央ボウルとかがある、あの辺りである。

 

 

 

1986年の、たぶん1月7日ころ。

高校1年だった私は、冬休みの宿題の物理の問題を解いていた。

 

しかし、まったくわからない。

 

数学は得意だし、三角関数がわからないわけでもない。

だが、私の計算結果では、坂道の上から下へ箱が滑っていかない。

 

どの問題も、さっぱりわからない。

ボールを手から離したら、床に落ちずに、真上へ飛んでいく。

 

どんなに計算しても、つじつまが合わない。

 

あぁ、このままでは、I先生に怒られる。

 

 

 

そして、

自室で「わぁーーーっ」と叫んで、

 

その後、ふと気がついたら、

 

大街道を自転車で爆走していた

 

 

 

大街道(商店街)は、その当時も、自転車通行禁止のはずである。

 

しかし、その時の私は、

いろんなストレスから自暴自棄になって無謀な運転をしようと思った

のであろう。

 

でも、逮捕されはしなかった。自転車だったから。

 

 

 

2017-11-14211021

 

松山の市街地暴走「80キロ以上は出てた」 通行人恐怖 (朝日新聞)

原付きバイクに乗りながら逃走車を見たという大学生(19)は、「道路を逆走し、白バイとパトカーに追われていた。信号無視もしていた。時速80キロ以上は出ていたと思う。怖かった」と語った。松山市役所前で逃走車両を目撃した女性(70)は「南堀端駅から市役所前のカーブで逆車線に入っていった」と話した。

 

 

まだ私は子どもだったが、大街道が全蓋アーケードではなかったころ(1982年まで)のこともかすかに覚えている。

しかし、その頃ならともかく、今の大街道の中を自動車で走行するのは無茶である。

2017/11/13

天龍源一郎のインタビュー記事

天龍のドキュメント映画が公開された時、観に行こうと思ったが、

今年の3月で繁忙期だったので結局行けず。

 

で、それが発売される。

ちょっと最近出費がかさんでいるので、今すぐ買うかどうかは微妙だが、

 

これに関連して、

「天龍源一郎のいないプロレスは面白くないよ」 DVD&ブルーレイ『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』発売記念インタビュー【前編】

というのが、今日、アップされていた。

 

(翌日と翌々日に、中編と後編もアップされたので、リンクを張っておく)

天龍源一郎が「こいつには負けたくない」と思ったレスラーとは? DVD&ブルーレイ『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』発売記念インタビュー【中編】

 

天龍源一郎が「こいつとは対戦しておきたかった」と語ったレスラーは?

 

 

 

 

現在の、いろんなバラエティ番組に出ている天龍には、私自身はあまり興味はないのだが、

本人はまったく今までとは畑違いであるにもかかわらずとても前向きなので、

それはそれでとてもよいことだ。

 

上記のインタビューは、天龍の人となりがよく出ているので、ぜひ読んでほしいものである。

一部引用する。

 

MEGA-G:代表、厳しいっす!天龍さんをバラエティから知った人というのは、天龍さんを面白いおじさんだと思っているんでしょうね。

紋奈さん:ゆるキャラですね

MEGA-G:いい意味でゆるキャラだったり、滑舌をイジられたりしてというのがあると思います。個性的な滑舌で言うと、プロレスラーの中では、長州さん、藤波さん、天龍さんの名前があがると思います。その3人では誰が一番……。

天龍:その3人で誰が一番何言ってるかわかんないってんなら、藤波さんだろうな!
長州選手はせっかちだから速く喋ろうとするんです。で、言葉を飛ばして、バババッと喋る。勝手に着地点まで持ってっちゃうからね。
藤波さんは、話があっちに行ったりこっちに行ったりするから、何言ってるか分からないことがある(笑)。確かに聞き取りにくいのは俺かもしれないけど、言ってる内容がマトモなのは天龍源一郎だよ!(キッパリ)

MEGA-G:こうやって喋っている限りは、全く問題なく聞き取れるんですよね。

天龍:俺の声はマイクを通すと、ハモったりハウったりで聞こえにくくなるんだよ(笑)。

 

 

前にも書いたことがある(2016/1/2 お前に俺の何がわかる)が、

私は天龍の話す言葉がわからなかったことは一度もない。

そして、彼の長州評や藤波評は、みんなが思っていることであり、まったくもって、正しい。

2017/11/12

プログラミングに集中する

ここ数週間、4課の客全員と一緒に、プログラミング部を実施中。、

よくわかって興味を持ってどんどん先に行きたい人と、そうでない人の差はありはするが、

全体的にはまあまあ前向き。

 

今日は休みだったが、朝からずっと自宅でプログラミング。内容の詳細は省略。

 

まだ完全な繁忙期というわけではないが、そろそろ始まる。

月末に使う2課用の書類をすでに完成させているのが、地味に大きい。

 

そういえば今思い出したが、今日はコミセンにNOAHが来ていたが、観に行かなかった。

 

 

久々に視たSONGSの話とか、終了決定のめちゃイケについてとか、ネタはなくもないが、いずれ。

2017/11/08

12月9日までは生きておく

11月23日までは生きていなければならない。

渡辺美里さんのコンサートがあるから。

 

 

11月30日の朝は、骨折してはいけない。

職員旅行の幹事だから。

 

 

 

そして、

12月9日までは生きていなければならない。

 

新日本「WORLD TAG LEAGUE」の出場チームが決まり、

【『WORLD TAG』出場チーム決定!】 “新顔”が続々登場! ジュース&キャラハン組! エルガン&ジェフ・コブ組!バレッタ&チャッキーT組! 復活のヘナーレは真壁とタッグ結成!

 

新日本今治大会のカードも決まった。

タイガーマスクやKUSHIDAは来ないが、今年の1月の松山大会と同じく第1試合でライガーは出る。

カードを見たところ、このシリーズで初めて来日する新顔の外国人が数人。

去年もそうではあったが、初めてでも、観る者に強烈なインパクトを残したウォーマシーンのような人達もいるので、今年も期待したい。

 

 

とりあえず、そこまでは生きておこう。

«豊田真奈美の引退と、右肩の負傷