サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ

2019/11/10

年末進行開始

10日(日)

 

今日は一日中家でじっとしていた。

録画していたWRESTLE-1後楽園とか、新日本サンノゼの生中継とかを視ながら、

ふと思い出したが、今日はテクスポート今治でノアがやっているらしい。

しかし思い出したのが15時半過ぎで、開始が16時なので、行くこともなく、やはり家でじっとしていた。

 

そろそろ年末進行で動かなければならない。

OAの仕事や営業の仕事や忘年会や、その他あれこれ。

 

さいわい体調は最近悪くないのでなんとかなるとは思うが、OAのプログラム作成がかなり重い。

仕様がはっきりしないので作りにくいが、

会社の問題というよりは国の方向性の問題なので、どうすることもできないのが困ったものである。

2019/11/06

森高千里この街ツアー2019 愛媛・西条市総合文化会館

2日連続で東予方面に観に行ったコンサートその2。

 

3日(日)は、森高千里さん。

20191105-201007-0

20191103-171725-0

この会場は結構昔からある。

今までにも渡辺美里さん(2004/12/1)一青窈さん(2011/10/7)を観に来たことがある。

キャパは前日のしこちゅ~ホールよりやや多い1100人くらい。

 

20191103-171955-1

 

わりとギリギリに到着したので会場内の駐車場に停めることができず、

ちょっと離れた場所に停めたが、徒歩10分以内だったし幸いにも無料だったので、まあよし。

 

そして17時半過ぎ。開演した。

いきなり客席はみんな立ち上がったが、私は脚が不安なので着席のまま。

ノリは非常によい。

大昔からの親衛隊あるいはファンクラブ会員だろうと思われる人たちも前方の席に結構な数いて、

ツアーTシャツを着て、振り付けを一緒にやっていたり。

 

 

そして、安定の選曲と歌声と構成

数曲歌って、MC冒頭で曲名をちゃんと言ってくれて、その後はしばらく地元トークして、また歌う。

数十年ぶりの全国ツアーとあって、意図的にほぼシングル曲しか歌わないので、知らない曲は1曲もない。

セットリストは、LiveFansのここ

 

途中、「SNOW AGAIN」のときに、明らかに高音部が出なくなっていて、聴いていて少し不安になったが、

その後のMCで自分でその件に触れたので、重症ではなかったようで安心した。

 

その他、どの曲も非常に気持ちよく聴くことができた。

特別な大ヒットはないものの、売上20万枚~40万枚の曲が多数。

しかし最大のヒット曲が「二人は恋人」なのはかなり意外。

 

楽器は、ギターで1曲演ったが、ドラムも観たかったような気もしないこともないが、まあ、それはまた今度。

 

MCでは、

「若い頃は会場入りしてライブをやったらすぐ帰る感じだったが、今回のツアーでは、事前に現地の特産物や名所を調べて、あちこち見てまわっている」

とのことで、西条のアレコレを紹介してくれたのであるが、

 

上記の熱心なファンの人達は地元民ではないし、

私のように「愛媛県民だが西条以外から来た」という客も、かなりいたので、

いま一つ地元トークへの反応は薄かった。

 

この投稿をInstagramで見る

「この街」TOUR 2019  愛媛県 「西条市総合文化会館」でした。  今日も初めてコンサートに来てくださった方が多かったですが、盛り上がりました。 楽しかったです。  「うちぬき」 の井戸、嘉母神社ご神水とても美味しかったです。 天川地区の棚田で天川花祭りがあり、コスモス畑になっていました。すごく綺麗で癒されました。  星加のゆべし郷土料理のにごみ、いもたき、西条沖で取れたワタリガニ、肉巻きたまご、かぶら酢、うちべっぴんポーク、鬼板、山車絵巻、ポンジュース、みかん、紅マドンナのジュース。全部美味しかったです。  今度は西条まつりの時に来たいです。   次は、静岡県「富士市文化会館 ロゼシアター」です。  #chisatomoritaka #森高千里 #この街TOUR2019 #愛媛  #西条市総合文化会館 #石鎚山 #西条まつり  #だんじり祭り #うちぬき #嘉母神社 #ご神水 #一番おいしい水  #天川の棚田 #コスモス畑 #天川花祭り #星加のゆべし  #にごみ  #いもたき #ワタリガニ #肉巻きたまご #かぶら酢 #ひうちべっぴんポーク #三谷鬼板本舗  #鬼板 #山車絵巻 #ポンジュース #一国屋  #いよみかん #紅マドンナのジュース 

森高千里_Chisatomoritaka_official(@chisatomoritaka_official)がシェアした投稿 -

 

 

そして、MCのときの口調をよく聴いていると、

(あぁ、年齢相応だなぁ)と感じられる瞬間はあったが、

しかし、歌っているときの様子は、50歳とはまったく思えないアイドル性

 

 

「26年ぶりの愛媛でのライブ」と言っていたが、遅くなっても、観ることができて非常によかった。

 

最後は何を歌って締めるのかと思ったが、(あぁ、この曲があったなぁ)という、

「コンサートの夜」

で終了。

 

 

終演後、客たちが席を立ち始めると、最前列の熱心なファンの人達のうちの一人が大きな声で叫んだ。

「西条の皆さん、今日もよいライブでした。ありがとうございました。最後に三本で締めましょう!!」

というわけで、ホール内で、みんなで三本締め。

よい一体感であった。

 

 

彼女は「また会いましょう」的なことを言っていたので、いずれまたライブがあれば観に行きたいものだ。

 

 

これで今年の観に行くものはすべて終了。

よい1年だった。

2019/11/05

一青窈ライブ「窈窕關關」愛媛・四国中央市 しこちゅ~ホール

さて、2日連続で東予方面に観に行ったコンサートその1。

 

2日(土)は、一青窈さん。

20191105-200926-0

20191102-171424-0

会場のしこちゅ~ホールは、今年の夏に開館したばかりで、全体的にとてもきれいだった。

 

20191102-173646-0

入場開始前に入口前に客がたくさん待っていたが、

(???)

全体的に、客の年齢層が高い。私よりも10歳20歳上の人が多い感じがする。

一青さんはアイドルではないから、熱狂的なファンというのはいないかもしれないが、

それにしてもこの感じは。

 

 

そして18時過ぎ。開演した。

(ん?)

 

普通に数曲歌って、MCを挟んで、また歌うというのではなく、

歌っている途中で台詞が入り、何かを演じている。

舞台装置も、普通のライブというよりは、演劇っぽい作り。

 

これは、どこかで同じようなものを観たことがある。

あぁ、4年前の大阪で観た斉藤由貴さんのコンサートの冒頭がこんな感じだった。

 

ただ、斉藤さんのときは冒頭の数曲のみだったが、

今回の一青さんは、全編がこの演劇風のペースだった。

別のたとえでいうならば、

一青窈版の「夜会」(from中島みゆき)

という感じ。

 

というわけで、空気が重い。

歌声そのものは相変わらずのあの一青窈であり、そこに不満はまったくないのだが、

ストーリーを理解しようとするのに頭を使ってしまい、歌そのものになかなか集中することができない

 

 

20191102-201255-0

 

終演後、ロビーにセットリストが掲示されていた。

基本的に知らない曲はほとんどなかったが、どうにもモヤッとした気持ちなのは否めない。

 

ただ、中盤の「好きになった人」は圧巻だった。

もちろん私はオリジナルの都はるみ(1968年)を知っているが、

それを知らない人が観たら完全に一青窈のオリジナル曲と思うに違いない

と感じさせられる見事な歌いっぷり。

 

 

全部がダメというわけでは決してないのだが、

(うーん)とうなりながら、帰宅した。

2019/11/03

西条市へ行った

3日(日)

午前中は、洗濯したり、洗濯物を畳んだりしながら、

しばらく前に放送された

LIVE ON!うた好きショータイム(BS-TBS)の森高千里さんの回を視て、今日の予習。

 

午後は、2時からAbemaTVでDDT両国大会の生中継を3時半まで視てから、家を出た。

昨日と同じく松山ICから東へ。

 

11月東予2連戦の2戦目。(だれも戦わないが、あえて戦うとすれば、ストレスと戦うのであろう。)

森高千里さんのコンサート。

 

今回は、

100%の気持ちで「よかった」と言い切れる、

わかりやすい内容のコンサートだった。

 

 

よい、わるいということではなく、

コンサートの構成が、

非常にわかりやすい森高千里さんと、

非常にわかりにくい一青窈さん。

 

それと、両者の客層の大きな違い。

 

日付が逆じゃなくてよかった。

 

それぞれ、詳しくは後日。

2019/11/02

四国中央市へ行った

2日(土)

午前中は、3週間ぶりに土曜の営業があった。

特によくもなく悪くもなく終了。

 

午後は、社長室のPCのWin10化に関連して、

大昔(1999年ころ)のソニーのICレコーダーで録音したMSVファイルがそのままでは再生できないので、
MP3に変換する作業。

参考にしたのは以下のページ。

Windows 10 で .MSV ファイルを mp3 に変換する

 

15:15 退勤

そのまま、四国中央市のしこちゅ~ホールへ。

 

11月東予2連戦の1戦目。(いや、だれも戦わないが。)

一青窈さんのコンサート。

 

今回は、

100%の気持ちで「よかった」とは言い切れない、

かといってすべてがダメだったわけでも決してない、

評価するのが難しい内容のコンサートだった。

 

頭を冷やして、明日以降にあらためて書くことにする。

2019/10/31

募金します

2016年のゴールデンウイークに沖縄に行った。

日本100名城 その79~81 中城城・首里城・今帰仁城

当時、上記記事以外にも何件か記事をアップした。

 

が、今日は、もう一度、写真を載せておこうと思う。

20160430-162019-020160430-163120-020160430-172616-020160430-163536-020160430-164024-020160430-170037-020160430-170252-020160430-171059-0

 

今日のニュース。

首里城の火災、午後1時半ごろ鎮火 7施設が焼失 正殿の左側が強く燃える

あまりにも残念なことだ。

何年かかるのか何十年かかるのかわからないが、元の姿になったら、また行こう。

きっと募金は行われるだろうから、段取りがはっきりしたらしっかり募金することにしよう。

2019/10/30

目は見えず、腰は痛い

あっという間に日がすぎる。

 

この間、来年1月14日のWindows7サポート終了に備えて、

社内のWin7機をWin10機に入れ替える作業を3ヶ所で計4台。

それぞれ数時間ずつ費やしたが、本業なのでさほど苦ではない。

 

が、長時間作業をしていたせいか、また腰が痛くなってきた。

年々、耐久力が落ちてきているが、仕方がない。

 

数日前は、壁に貼ってあった社員のスケジュール表の字が細かすぎて見えない。

そこで、近視用メガネを額に上げて裸眼で見ていたら、

数m先にいた、前の職場の同僚の、今日から東京出張中の方のSさんが、それを見てツッコんできた。

 

いや、後輩からツッコまれるのはしょうがないが、先輩からツッコまれるのはどうなんだろう。

 

まあしかし、老眼は加齢によるものなので、さほど気にならない。

斜視のほうがよっぽどコンプレックスである。

2019/10/24

新しいクルマを予約

クルマの12ヶ月点検に行ってきた。

今乗っているゴルフカブリオレは、2011年の10月下旬からなので、まる8年乗った。

点検では特に異常はなく、エンジンオイルとフィルターの交換のみで、38000円。

 

そして点検と同時に、今月日本導入が発表されたT-Crossを予約した。

まだ本契約ではないので正確な金額ははっきりしないが、およそ370万くらい。

 

ネットであれこれ事前に調べていたので、だいたいのことは知っていたが、

今から予約しても、納車は来年の3月だか4月だかになるらしい。

そもそもディーラーにも実車がなかなか来ないそうで、

展示用ではなくイベントのための貸出車でさえ1月末までこないらしい。

 

まあ、あと数ヶ月間、寒くなるが、可能な限り屋根を開けて走ることにしよう。

2019/10/21

学科の同期会で本郷へ

9月24日の松山空港駐車場自分のクルマ消失事件の日の昼ごろ。

 

ものすごくバタバタしていて、まだ落ち着いていない中、

電話がかかっているとの連絡があった。

「Hさんという方からお電話です」

H?

50年生きてるが、その名字に聞き覚えというと、大学の学部時代の同級生に1人いただけである。

 

電話に出てみた。

「Hです」

おぉぉ、そのHくんだった。何年ぶりだか、何十年ぶりだか。で、どうしたんでしょう?

H:「Tが東京に出張で来るから集まろうっていう話になったんだけど、Yも来る?」

私:「それは、行く。」

大学を卒業して数年後にあった同期会にも行ったが、そこから数えて20年ぶりくらいだろうか。

 

 

20日(日)

午前中は、掃除洗濯ほか。

そして、せっかく彼らに会いに行くのだから、こんな試合を観ておこう。

2019-10-20104401

今年の8月30日のプロレスリングマスターズ。

武藤&馳&ライガー VS 永田&中西&西村

馳浩代議士は、今でも、年に1回か2回くらい、馳浩選手になる。

そして今日会う同級生の多くは、学科のゼミで私が依頼して小学生の前で講演してもらったときに、彼の姿を見ている。

 

 

11:40 自宅から自分のクルマで松山空港へ。

空港の駐車場に停めた。

前回のようなトラブルにならないように、

「A棟の屋上、エレベータから見えるとこ」

と唱えながら、空港ビルへ移動。

 

13:10発のジェットスターで成田へ。

15時前に成田着。

スカイライナーと山手線と中央線を乗り継いで、御茶ノ水の某ホテル。到着は16:20ころ。

 

2019-10-20164646

本郷のとある店まで徒歩で移動。写真は本郷3丁目交差点。

 

 

17:00~21:15 1次会+2次会

 

私が持っていった卒業式の写真を見たりしながら、皆で楽しくあーだこーだ。

参加者は、私を入れて8名。

  • 高校教員(教育庁)1名
  • 大学教授2名
  • 放送局2名
  • 新聞社1名
  • 国会議員1名

そして、さすがに五十も近くなると、みんなそれぞれに偉くなっている。

しかし、飲んでいる最中は、もちろんみんな仕事の話もしてはいたものの、やっぱり22,3歳の気分であった。

2019-10-20193100

2次会に行く直前の東大正門

しかし我々は教育学部だったので、正門より赤門の方がなじみ深い。

実際、赤門前でも撮ったのだが、酔っていたせいで激しくピンぼけしたので載せない。

 

re2019-10-20205957

2次会の某ホテルのロビー。

残念ながら私はやっぱり斜視で写っていた。

酔うと100%こうなってしまうので、もう諦めるしかない。

 

ともかく、とても楽しい4時間だった。

学科のメンバーは本当は15,6人くらいいるので、またいずれさらに大人数で集まれればいいなぁ。

2019/10/18

いろいろ思い出した

15日(火)の退勤前。

2Fの東の端でOAのMくんとTくんがなにかやっていた。

そのまま通り過ぎようとしたが、呼ばれたので行ってみた。

M:「営業担当者名表を印刷しなければいけなくなって、5課と6課のはちゃんと出たんですが、4課だけ出ないんです。」

私:「え、5課と6課が出たんなら、4課も同じデータベースのそのボタン押せばいいやろ」

M:「いや、押したんですけど、これですよね、さっき押したんですけど、なんかエラーが出て、…!!」

T:「えーっ」

私:「ちゃんと出たじゃん」

M:「何でなんですか?」

私:「オレが来たから。」

M&T:「そうかー」

いや、「そうかー」じゃないけど。

また、よくわからない謎の力を発動させてしまった。

 

 

帰宅後。

高校の22年後輩のSくんと、同じく22年後輩のKさんが結婚したというのを、SNSでみた。

かつて、母校のパソコン部の世話をしていた時があり、Sくんは部長で、Kさんは部員でもなんでもないのに部室に入り浸っていて、当時から見え見えだったので意外性はまったくないが、はや11年も経ったらしい。

当時、Sくんも含めて4人の部員がいたが、普通に高校生っぽいのはそのうちの1人だけで、
残りの3人は、とても高校生とは思えないような老成した雰囲気であった。

 

副部長だったIくんは、今頃どこで何をしていることだろう。

 

16日(水)

10月から、水曜は営業無し日。

スケジュール変更で無し日になったIくんと2人で、前日出力できなかった10月決算書類の印刷2時間半。

 

 

17日(木)

9:45からの営業1つを終えて、

10:50~12:40 Yくんと2人で、かなり面倒なAccessの修正をしようとしたが、仕様が確定していないので諦めて、社内某所のWin7機2台をWin10機に入れ替えるための初期設定作業。WindowsUpdateにさんざん時間がかかったが、結局午前中では終わらなかった。

 

18日(金)

夕方。仕事の関係で、高校時代の現国担当だったA先生の講演を聴きに行った。

1987年の12月8日くらいの高3の私の日記に、

「最近は、A先生の話と(古典の)Y先生の話がようやくよくわかるようになってきて面白い」

と書いた記憶がたしかにあるが、

 

中高時代の私は、

  • 日中は、英語が仕事、数学が趣味。
  • 夕方は、レンタルカセットテープ屋に行って、80年代アイドルの諸々とか、安全地帯とか渡辺美里とかオフコースとか中島みゆきとかを借りてダビングしてラジカセで聴いて、
  • 金曜はじいちゃんと新日本、土曜はじいちゃんと全日本、日曜はじいちゃんと大河ドラマ

というような生活であり、

 

担任だった英語のM先生に対しては、自信を持ってよい生徒だったと言えるが、

A先生とは、その後も微妙な関わりはあったものの、けっしてよい生徒ではなかった。悪い生徒でもなかったが。

 

ともかく国語に関しては、中学時代のW先生やO先生も含め、お世話になったという感じは常にあるが、

自分が落ちこぼれたという感じも否定はできない。

 

まあ、私にはよくわからない謎の力があるので、それで生きていくしかないのではあるが。

«新日本両国大会と記者会見 ライガーの引退試合その1のカード