サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 訂正と追加 | トップページ | 「傘はある」けど…。 »

2004/11/18

ねじれの位置と平行線、アリVS猪木またはハッスルハッスル

 タイトル長いよ(笑)

 いやー、木曜日はたまらんわ。例の会議が、もうかみ合わないったらありゃしない。「話が平行線をたどる」という表現があるが、そんなものではない。「話がねじれの位置をたどる」って感じ。「付かず離れず同じ方向」ってのが「平行線」だが、「話せば話すほど話題そのものがかけ離れていく」ってのが「ねじれの位置」。よくわからない?じゃあ、数学の先生に聞いてみよう。あ?その必要はない?そうですか。
 みんな、言葉遣いは丁寧だけどトゲだらけだしなー。だれかが一言しゃべると別のだれかがそれに突っかかっていくが、かといって何かが創造されるわけではないあの感じは、もはや異種格闘技戦。世紀の凡戦「アリVS猪木」である。あるいは小川直也の「ハッスル」にも似た茶番かもしれない。ちょい前までは私も「レスラー」だったのでイライラしていたが、最近は「観客」になっているので以前ほどは気にならない。ある意味逆におもしろくなってきた。が、「リング」に紙コップ投げてやろうかと思うことは時々ある。


 こないだ書いた「二隻の舟」がドラマの主題歌になるそうだ。ドラマはみないけどやっぱり名曲。

二隻の舟音楽喫茶古星堂より)
みゆきの夜会“テーマ曲”が草なぎドラマの主題歌に(サンケイスポーツ)
「二隻の舟」と「糸」(うそとほんと)

« 訂正と追加 | トップページ | 「傘はある」けど…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねじれの位置と平行線、アリVS猪木またはハッスルハッスル:

« 訂正と追加 | トップページ | 「傘はある」けど…。 »