サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 算数の問題とダンボール箱 | トップページ | 舛添要一と「哀と怒り大賞」 »

2004/12/17

忠臣蔵再び

 松の廊下のあと、浅野内匠頭の幼馴染で隣国の竜野藩の殿様役だった、スカイライダーこと村上弘明がこうつぶやくシーンがあった。

「無念。討ちもらされたか…」

 彼は、内匠頭に対し、吉良からいじめられても耐えろ耐えろ、と言い続けたが、最後は、決してはっきりと口には出さなかったが、(どうしようもないのであれば、殺っちゃえ)という気持ちになっていた。そうだ、傷つけるだけではどうしようもなかったのだ。どうせ自分も切腹させられるのなら、相手を殺さずば話になるまい。

 いまや美談になってしまっている忠臣蔵であるが、そもそもあの時、内匠頭が上野介を確実に殺していれば、内蔵助の奥さん(田中好子)も、主税の奥さん(前田亜希)も岡野金右衛門の彼女(前田愛)も、その他、浅野の家臣およびそれにかかわる人たちは皆、お家をなくして不幸にはなったかもしれないが、ここまでつらい思いをしなくてもよかったはずなのに…。

« 算数の問題とダンボール箱 | トップページ | 舛添要一と「哀と怒り大賞」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

深い!僕も同じ感想です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忠臣蔵再び:

« 算数の問題とダンボール箱 | トップページ | 舛添要一と「哀と怒り大賞」 »