サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 野矢茂樹「哲学の謎」講談社現代新書 | トップページ | 特に変わったことはない。 »

2005/04/21

バツ2と85年

郷ひろみさんが離婚へ」だそうで。これで松田聖子とはバツ2どうし。「今度生まれ変わ」らなくても「いっしょにな」っちゃえばいいのに。あ?「何書いてるかわからない」?………そんなあなたはきっと三十才未満でしょう。
 
 上のネタ元は85/1/23の「涙の別離会見」。そして松田聖子の最初の結婚はこの年の6/23である。当時(私は高校1年)の日記(6/23付)を見ると、「山口百恵の結婚で一つの時代が終わったのと同様に、松田聖子の結婚でまた歌謡曲の世代交代が進むだろう」などと書いているが、読み違いも甚だしい(笑)。
 この年は、一般的には、阪神優勝の年であり、日航機墜落(御巣鷹山)の年として知られる。そして夏目雅子(またの名を三蔵法師)が亡くなったのはこの年の9月だった。個人的な記憶では、河合奈保子が唯一オリコン1位をとったのがこの年の夏だった。日記によれば、この年の夏休みは情緒不安定で、親兄弟に対する不満が書き連ねられていた。また、「物理地獄&化学地獄」に陥っていた様子もうかがわれる。関係ないが、後輩S君が大学で「化学史」の授業を受講すると聞き、(文系なのに「化学史」とはまた、マニアックな分野をとったもんだ)と思ったが、何のことはない「科学史」の間違いだったらしい。「科学史」は15年もそれ以上も前から一般教養の基本科目です。

 今日は、営業4つ&会議1つ&同僚が買ったノートパソコンのインストール2台(vaioとLavie)。どちらもテレビ録画可能モデルだが、私が仕事するスペースにはテレビアンテナがきていないので、テレビ関係の設定はしていない。退勤8:45。

« 野矢茂樹「哲学の謎」講談社現代新書 | トップページ | 特に変わったことはない。 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バツ2と85年:

» ノートパソコン価格比較 [ノートパソコン:セキュリティ日記]
あなたは損をしている。 [続きを読む]

« 野矢茂樹「哲学の謎」講談社現代新書 | トップページ | 特に変わったことはない。 »