サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の31件の記事

2005/09/30

テレビばっかり観てます

 今日は営業がなく、病院に連れていかなければならないケガ人もなく、朝から、 「エクセルがインストールされていないパソコンでエクセルのファイルを開くには?」(←無理)とか、 「パワーポイントで一部のスライドだけコピーして貼りつけたら『スクラップ』になる」とか、 「BASICで全角文字使ったらシンタックスエラーが出る」とか「『松山市清住町』の 『清住』は『きよすみ』と読む」とか 「新しくメールアドレスを取得したのでOEの設定」とか、いろんな人からのこまかーい質問・依頼を解決。 こういうことやってる間は平和だったのだが、3時半過ぎから心神耗弱。おととい書いたが、 (論点絞ってチャッチャッと進めましょう)。
 5時過ぎ。中学&高校時代の校舎その他が話題になった。ウチの職場には中高の先輩後輩が山ほどいるが、その時その場にいたのは、24歳上、 14歳上、4歳下の3人&別の学校出身の3課課長Kさん。

 Kさん:「プールがない学校なんか信じれんわ。だからあの学校出身は泳げん奴多いやろ。あ、でも4対1になったから、 もう話すんやめよか。… で、お前、泳げる?」
 私:「その話、し始めると長いですよ。」
 Kさん:「結論だけにして。」

 Kさんと私は、性格は真逆だが、「くどい話が嫌い。」という一点においてのみ共通なので、私も簡潔に答えた。

 私:「25mを3分半かけてもいいんなら泳げます。」

 さて、25m泳ぐのにどうして3分以上かかるのかであるが、書くと、長い上に暗いので、今日は書かないことにする。

 その他、「昔は休み時間になるたび、校舎の壁こすって、アスベスト撒き散らしてたよねー。」 などと言う人もいたが、私はそんなこたぁしていない。私の休み時間といえば、歌本持ってきておいて、 その時点での好きな曲の歌詞をノートに写し、小声で歌うくらいのものであった。

 帰宅後、昨日の「新堂本兄弟SP」。
 その1。えなりかずき、郷ひろみに問う。「(女の子に)やさしくしてもふりむいてくれなかったらどうするんですか? 」答える郷。 「それはやさしさが足りないんだよ。」深く同意する出演者全員。
…うーん。ノーコメントだ。

 その2。堂本剛、「子供のころの夢は何だったか」と聞かれて、 「オレはマジでNBAねらってた。でもオカンは、『奈良市役所にしとき。そしたら人としゃべらずに仕事できるから』って。
…うーん、奈良市役所の人が観てたらどう思うんやろ。

 次。今日の「金スマ」。ザ・ ベストテン特集。久々に撮った甲斐があるといえる番組だった。基本的知識は以前に書いたこの本で得ていたが、 やはり映像で観るのはいい。山口百恵&キャンディーズの当時の映像・ 松山千春へのインタビュー・大川栄作のたんす担ぎ、ほか、いちいちは書ききれないが、懐かしさに涙が出そうだわ。 放送の裏でのスタッフの苦労話も観てて面白かった。 黒柳徹子はいまだに年末特番では司会してるから、それはそれでうれしいが、 ありがたみはない。その意味で、 今日のこの番組では、久米宏にきちんとインタビューしてるというのがまたよかった。
 
 さらにその次。久しぶりに観た「メントレG」。楽屋訪問の時点で、 話聞くだけで、ゲストが阿木燿子だとわかった。きっとさっきの金スマの山口百恵からつながってるのにちがいない。でも阿木燿子というと、 作詞家というよりも、斉藤由貴&布川敏和&林隆三の「あまえないでョ!」(1987/1/15~3/26) での芝居の方を強烈に思い出すのは我ながら変である。

2005/09/29

早いよ、遅いよ

 小学生のころは大阪にいた。今はテレビ大阪もあるのでどうなっているかはわからないが、当時、神戸の独立U局サンテレビでは、 阪神戦は試合終了まで、それこそ試合後のヒーローインタビューはもちろん、ライトスタンドでの「六甲おろし」まで、完全中継だった。 阪神ファンだった父がビールを飲みつつうだうだ言いながらなかなか勝たない阪神を応援するのを見て、 (どうしてこんなに勝てないチームを応援するのだろう?)と思ったものだ。 だから、たかだか2年ぶりくらいで優勝する阪神なぞ、 阪神ではないと思うのである。早いよ。

 ようやくダイエー南松山店もつぶれるか。 遅いよ。

2005/09/28

喜びと幸福はちがうものらしい

 9時から3課~5課の決算。10時過ぎに終了。その後、欠勤している同僚の仕事を代わりにやってくれと副社長に言われたので、 彼女の席のパソコンを使って作業しようとするも、うまくいかず、気づくと10時半。このままでは10時40分からの会議に遅れそうだ。私は、 この会議に関してふだんの言動に問題があるので、たとえ別の仕事のために遅れていったとしてもサボってるかのように思われそうである。 仕方がないので中断。でも会議にはできれば行きたくない。左のSさんは今日はいなかったので、「行くよ」とお尻をたたかれるもこともない。 そこで38分くらいまで自席でだらだらしていると、伏兵(?)6課のSさん現る。「行くよ」…やっぱり行かなあかんのか。 ほとんど不登校児と同じである。が、11歳の時に本当に不登校だった時に比べれば、連れていってもらえるだけ、マシかもしれない。
 しかし私の心配は杞憂に終わり、(論点絞ってチャッチャッと進めましょう)的な空気が漂う中、問題なく会議終了。 3分くらいオーバーしたけど。
 11時40分。3課課長から委託されて封筒の表書き印刷をしなければならなかった3課のW君から助けを求められ、 筆ぐるめや筆まめを使って印刷しようとするが、なかなかうまくいかない。結局Wordで印刷したが、郵便番号位置の調整に一苦労。 まじめに調べればレーザープリンタでも封筒への印刷はできるのだろうが、面倒だったので私物のインクジェットで印刷。 この私物のインクジェットは、他にも、写真印刷とか熱転写Tシャツ印刷などでも活躍しているのだが、そろそろ買い替えてもいいかもしれない。 ちなみにキャノンもエプソンも10月に新製品が出る。というわけで、某所から「プリンタを買っといてくれ」と頼まれているのだが、 もうちょっと待ってください。
 昼食をはさんで終了1時15分。彼はその後、楽しい会議に出席するため去っていった。
今日は昼から帰ってもいい日だが、帰れない。今度は3FのU副部長からトラブル解決を依頼される。 「今日は朝からまじめに仕事したー。気がついたら昼になってたー。うそやないぞ。」…いや、私は、 仕事に関して彼がサボってるだの怠けてるだの思ったことは一度もない。 冗談なのか本気なのかわかるようにしゃべってくれと言いたいだけである。
 ここ最近忙しい彼は、ヒマな私に言う。「帰って何するん?」…また聞かれた。 「特にすることはない」っていっとるだろうがっ。

 人間、忙しくないのも考えものである。だからと言って、6~7年前の、「平均退勤時刻午前1時、 出勤時刻午前7時半」という生活に戻りたいとも思わないが。

2005/09/27

ツッコミ担当?

♪さー、ねむりーなさい~、というわけで、25年続いた火曜サスペンス劇場が今日最終回だそうだが、 私は聖母たちのララバイは好きだが、火サスは大して観ていない。

 いきなりbelowな話で申し訳ないが、今朝トイレに行ったら久々に痔が出て痛い。きっと最近の食生活に問題があるのだろう。

 今日は、10時30分まで、昨日の会議中に指摘されたデータベースの不備のチェック。10時40分から営業。 11時40分からコンピュータルームで、FさんとKくんと共に、データベースの不備の修正。12時40分から食事。13時20分から、 昨日修正を終えたはずのデータベースに不備があるのを指摘されたので、その修正。
 その途中、Uくん現る。こないだの坊っちゃんマラソンの記録表をネタに雑談。…私は、4.2195キロの間、 一回も止まったり歩いたりしなかった。それなのになぜ「しんどかったから途中から何回も歩きました」 と言うSさんよりも、30秒もタイムが悪いんだろう?自分では走ってるつもりでも、傍目からはちっとも前には進んでいない。 まるで人生を暗示しているかのようである。いつになったらゴールに着くのやら?そもそもゴールはどこにあるのやら?

 夕方、自席でデータベースの不備修正を続けていると、隣の隣のSくんが隣のTさんに言う。「さっき、3課のお客さんに 『僕はどうして生きているんでしょう?』って言われました。」…うん、 それだ。ここ最近の私のグダグダも結局はそれだ。で、私も話に加わった。

Sくん:「こういう話は、する方とされる方がタイミング合わないとなかなかできないですよねえ」
私:「そうそう。そういうこと言う奴はたいてい真剣に言ってるからなー、茶化すのは良くないよねぇ」
Sくん:「(大事なのは)他人から必要とされ(ていると感じ)るかどうか、かなぁ」
私:「オレなんかだれからも必要とされてないような気がするぞ、特に月曜日の営業」
Tさん:「そんなことないですよ。必要ですよ。あたしたちがボケたら、ツッコんでくれるじゃないですかぁ。」


…えー、オレの存在意義は、そこかぁ?うーん。確かに、1課の人々は課長を筆頭に、 私が止めないと、どこまでもボケ続けていく感もありはするが。

 退勤後、いつものローソンでLoppiをチェックしてたら、11月19日に鈴木康博ライブが出てたので、即購入。会場はMonk。おぉ、 去年はあそこでオフコースの3人を観たが、 今年は鈴木康博だ。 12月には県文で小田和正だし、2年がかりでオフコースの5人全員観ることになりそう。

2005/09/26

カバーアルバム3枚

 いちいち反応してると異常に疲れるので、感受性を鈍くして、営業4つ。それでもやっぱり午前中は疲れた。
 午後、会議。月曜の会議は水曜のそれとは異なり、グダグダになったり、とんちんかんだったりというようなことはないのだが、今日は重かった。 それでいいのかどうかは別として、相変わらず整合性を重んじたい私としては、「あんまり変なことはしたくない。 」と一言だけ。
 夜。本当は3連休中に仕上げておかなければならなかった、3Fから依頼されていたデータベースを修正。最近、 アクセスは触ってなかったので、 勘を取り戻すのに時間がかかるが、なんとか完成。
 途中、向かいのY君が「息抜きにどうぞ」と言って、接弦定理&余弦定理&円周角方面の数学の問題をくれていたので、完成後、やってみる。 そこそこできたが、まだ不十分なので、続きは明日。
 データベース修正終了のご褒美で、焼肉。店内に入るや否や、traveling(槙原敬之)。宇多田もいいけど槇原もそれなりによし。 でも、Listen To The Musicは買ったけど、Listen To The Music 2は、 いまひとつ選曲がぴんとこないので買わない。ちなみに、全然ファンでもないのに、 選曲のよさだけで、 徳永英明のVOCALISTは買った。

Listen To The Music

1.蒼い月の夜~Lady In Blue
2.海と少年
3.秋の気配
4.Rain
5.ミス・ブランニュー・デイ
6.君に,胸キュン。
7.David
8.朧月夜
9.春よ,来い
10.MONKEY MAGIC
11.空と君のあいだに
12.月の舟

Listen To The Music 2

1.Smile / Nat King Cole
2.Your Song / Elton John
3.野に咲く花のように / ダ・カーポ
4.traveling / 宇多田ヒカル
5.I Will Be Here For You / Michael.W.Smith
6.Forget-me-not / 尾崎豊
7.島育ち~人の歩く道~ / 山弦
8.Time After Time / Cyndi Lauper
9.言葉にできない / オフコース
10.ヨイトマケの唄 / 美輪明宏
11.ファイト! / 中島みゆき
12.ごはんができたよ / 矢野顕子
13.見上げてごらん夜の星を※ / 坂本九

VOCALIST

1.時代
2.ハナミズキ
3.駅
4.異邦人
5.シルエット・ロマンス
6.LOVE LOVE LOVE
7.秋桜
8.涙そうそう
9.オリビアを聴きながら
10.ダンスはうまく踊れない
11.会いたい
12.翼をください
13.卒業写真

2005/09/25

♪フランスベッドのホームケア~ 笑い飯のお笑いライブツアー2005

 秋のイベントその3。数ヶ月ぶりにベスト電器に行ってみたら、7FのCD&DVD&ゲーム売り場(「LIMB」) が、5Fのパソコンサプライ売り場と合流していた。前々から、 5Fのパソコンサプライと6Fのパソコンと7FのLIMBは広すぎる感じがしていたが、やっぱり統合されてしまったか。で、 7Fは完全に何もなく、今日はイベント会場になっていた。パイプイスで客席350。

 3時半から客入れで、4時3分笑い飯の二人が登場して、スタート。「(会場が)ベスト電器ってどないやねん。」 などと言いながら、2時間10分のライブ。
 お笑いライブというのは初めてだったし、しかもコンビ単独だったので、構成がどうなってんのかにも興味があった。
 で、その内容は、
 ・15分~20分の漫才が3本
 ・事前に集めたアンケートを元に、一人が地元出身の漫才コンビ「マラドーナ」を交えてトークが30分(笑い飯の二人は、 マラドーナを招き入れる前に、「愛媛出身で吉本芸人といえば?」などと煽っていたが、 友近がくるわけがないのは、その場の全員わかっていた。)
 ・マラドーナの漫才が5分
 ・小道具一発芸ほかのゲームコーナーが30分。

 笑い飯の漫才といえば、ダブルボケの天丼が基本である。今までにテレビ (笑わず嫌い王&M-1グランプリ)で見たことがあるのは、「キャッチャーと審判」 「PK」「受話器をとる」などだったが、今日は、 「リクライニングシートを倒す」「いじめられっ子、 靴箱で靴隠される」「お百度参り」 「フランスベッドのホームケア」など。とりわけ、「フランスベッドのホームケア」というフレーズは、 15分の漫才の中で、100回以上、出てきたような気がする。ああまでしつこいとすごいわ。
 最後の挨拶では、「じゃ、次、愛媛にくるときは、デオデオで。…うわ、ベスト電器の人が嫌な顔しとる」 だって。

 久々に頭の中から雑念が消えた2時間ほどであったが、明日からは、またつらい1週間が始まる。 次のイベントは来週日曜の今治シティマラソンだが、さぁ、たった4.2195キロを走っただけで、3連休の間ヘロヘロだった私が、 10キロ走れるのかどうかは非常に疑問。

2005/09/24

何かないか、何か?

 今日は家に引きこもり、DVDとCDを観聴きしながら、部屋の片付けと洗濯とで一日を終える。

2005/09/23

第5回坊っちゃん一緒にらんランRUN

 秋のイベントその2であるが、(どこが「秋」やねん?)くらいな酷暑の中、今年は私もイチワリマラソンを走ってきた。 去年はウチの会社からはSさんだけの参加だったが(去年の記事はここ。)、 今年は、会社の陸上部も含めて30人規模。社員は、中央からは副社長、Sさん、 Yさん、3課からTさん、2課からYさん、 1課から私とSさん。8時50分にハーフスタート。SさんとYさん。 9時5分に10キロスタート。Yさんと副社長。 9時20分にイチワリスタート。Tさんと私とSさん。
 練習してないのと、タバコと、最近の不規則な生活と、暑さの四重苦で、ヘロヘロになりつつ、驚異の1キロ7分ペースでようやくゴール。 あー、しんど。ところが、私がゴールした数分後には、10キロのYさんがもうゴールした。同じ人間とは思えないスピードの違いである。
 グランドのすぐ隣のテニスコートでは、テニス部が何かの大会に参加していたので、ヘロヘロになった私を観に(?) 4課や5課のお客さんたちがやってくる。会社では愛想のない私だが、今日は機嫌よくご挨拶。
 ハーフの2人がゴールした後、お約束の記念撮影。今日は、キスデジのバッテリーが切れてるのはわかっていたので、EOS-3で。 撮ろうとすると、陸上部のサポートで来ていた4課のお客さんのSさんが言う。「(走ったあなたが撮らなくても、走ってない) 私が撮ってあげるのに。」
 彼女の普段の言動から考えるに、彼女が親切心で言ってくれたというのはわかったのだが、もちろん断る。私の斜視は治っていない。

 こないだ、コンピュータルームのメンテをしていたら、あるコンピュータのマイドキュメントの中に、「斜視ろ」 という名前のフォルダがあって、中にはペイントで描いたやぶにらみの人間の顔の絵が入ってた。2年前に、「私は斜視で、 それを気にしてるので、申し訳ないけどそのことをとりたてて言うのはやめてほしい。私もちゃんとあなたたちの方を見るように努力するから」 と、彼らにお願いしたのだが、彼らは何もわかってはくれない。ひとの嫌がることをわざわざやるのは人間のクズだと私は思う。

2005/09/22

そうか、6で割るのか。

 今日はWord講座4つ。ほぼ平和に終わる。一方、左のSさんはスケジュール変更で営業5つ。右のTさんは、昨日、 スケジュール変更で会議欠席。スケジュール変更担当のKさんがはるばる1課まで来て、言う。
Kさん:「変更で迷惑かけてすいません。営業あったのに、会議あったんか。」
私:「でも、Tさんは出なくて良かったもんなあ。」
Tさん:(妙に明るい声で)「ありがとうございまーす」

…会議に出なくてよかったからって、そないに喜ばんでも(笑)。

 午後、中央からSさん現る。
Sさん:「(明日はマラソンだが、)体調、どう?」
私:「最悪です。」

 ここ2、3日、ろくに夕食を食べていない。朝も食べていないので、1日1食。プチ断食状態である。食欲不振というよりは、 食べに行くのがめんどくさいだけかもしれない。

 夕方、郵便物が届く。ダイレクトメールっぽい封筒だったので、速攻でゴミ箱に捨てようとするが…。いやいやいや、「チケット在中」 って書いてあるぞ。中央まで出向いていって、Tさんとともに、開封式。おぉぉっ、渡辺美里コンサート、広島郵便貯金ホール、1F4列目28& 29。って、ど真ん中やん。地味ぃに二人で盛り上がる。さすが先行予約。
 その後、彼は「6で割りなさい。」と言って去っていった。

 別件で来社していたJTBのKさんをつかまえて、職員旅行のコスト削減のための打ち合わせ。

 退社前。Fさんからタバコを請求されつつ、昨日の会議の反省会。彼の担当の分野の資料を、私も探すことにした。で、退勤後、宮脇へ。 ストレスなく、それなりに当たりをつけるが、内容的に昨年までに使った資料とかぶるといけないので、過去の内容を見直してから、 後日もう一度、本格的に調べることにした。個人的には、「紙プロ」のレイザーラモンHGのインタビューを立ち読みし、「週ゴン」を買って、 帰宅。

 夜、「とくばん」を観る。が、洋楽を聴かない私は、ボンジョビのありがたみがわからないまま、ADのTクン(=10年後輩) が力士の着ぐるみを着てボンジョビのメンバーとアメフトのボールで遊んでるのを観て、(あー、彼はラグビー部だったかなぁ) などと昔を思い出す。
 その後、テレ朝の「決定!史上最強アニメランキングベスト100」を観る。毎度のことながら、柴田理恵'同様、ネロの死に涙しつつ、終了。

2005/09/21

吹けよ風、呼べよ嵐

 今日は起きたら8時10分で、どう考えても遅刻なので、副社長に電話して、遅れて行った。 今日は10時40分からの会議だけだったので、あまりあわてずに9時ころ到着。しかーし、到着するやいなや、Sさんにとっつかまる。 見てみると、彼のノートパソコンのバックライトが切れていて、ほとんど何も見えない。ちなみに彼は、ついこないだ同じ症状を起こして、 修理に出したら、ハードディスクの中身ごと新品交換されてしまう、という悲しい経験をしたばかりである。
 会議。別に私も理由なく怒ってるのではないのであって、たとえば今日の会議の内容なら、怒るようなポイントはないのではあるが、 怒りこそしないものの、会議終了5分前くらいには、哀しくなってきた。どっちがいい悪いの問題ではなく、私と、あの会議に出てる人たちとは、 人種が違うのである。が、こっちが少数派なので、文句のいいようもない。
 会議終了後、昨日の続きで、「nを自然数として、 n,n+2,n+4の3つがすべて素数になるのはn=3の時だけであることを証明せよ」に取り組むが、挫折。

ちなみに今日のタイトルは、アブドーラ・ザ・ブッチャーのテーマ(ピンク・フロイド)。試聴はここ。 来週、台風が来たらいいなー。

2005/09/20

今週と来週と再来週

 今日は職場が月曜スケジュールだった。朝イチで、「y=2/3x(=ワイ、イコール、3分の2エックス)のグラフを書け」 といわれたが、ボケてて「y=3/2x」のグラフを書いてしまい、課長にツッコまれる。今日もどうやら良くない日らしい。
 その後、4課に出向いて営業4つ。午前中の2つで命を縮める。月曜の営業は、 やるたびに3日ずつくらい命を削り取られていく気がする。で、水曜の会議で、 さらに3日縮むから、この1年で、寿命が1年近く縮むに違いない。
 夕方、疲れた頭で、こないだやり損ねたレポートのチェック。彼らは常体と敬体の区別がついてない。
 退勤時刻後、ちょっと暇だったので、今年の早稲田政経の数学の問題をダウンロードして解いてみる。第1問は、ベクトルで、 「内分比をs:(1-s)とおいて、t:(1-t)とおいて…」という、文系数学の超基本問題だったので、10分で解くが、 第2問の複素数で思考停止。たぶんこれも超基本なんだけど。残りは後日ヒマができたらやることにしよう。
 解いてる最中、2課課長から、「これ、意味わかる?」といわれて見せられた紙には、 「DQMがDSで出る。」という一文。 「ドラコンクエストモンスターズがニンテンドーDSで出る。っていう意味でしょう、たぶん」と答えると、 彼は2課に戻って、さらに詳しい説明を受けていた。私もいちおう解読はできたものの、もはやウチにゲーム専用機はないから、よくわからない。 本家のドラクエでさえ5までしかやってないし。

 今日の1課。後輩S君が、対面の席の、後輩のような先輩のようなHさんに言う。
S君:「Hさん、今週を乗り切ったら、…来週が来ますよ」
私:(あたりまえじゃいっ!)
Hさん:「で、来週を乗り切ったら、再来週が来ると。」
私:「君ら、アホですか?」

…しかし、こうして、何ということもなく日々はいつのまにか過ぎ去っていくのであるなぁ。

2005/09/19

Winds of God(松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール)

 秋のイベントその1。Winds of God を観てきた。コミセンキャメリアホールに行ったのは、友近由紀子以来、 実に18年振りである。N列42番は、そう前の方ではないが、    キャメリアホールは広くないので十分みえる。
 6時開始の8時半終了。しかし、6時10分ころまで、遅れてきたお客さんがぞろぞろ入ってくるので、もう芝居に入っている今井雅之が、 客席まで降りてきて客イジリ。テレビと違って芝居はライブなので、時事ネタ&地元ネタが入るのが面白い。

 ・タイムスリップするきっかけは、「三越裏」か「八坂通り」に行くかで迷った結果、「八坂通り」にナンパしに行く途中、 事故って。
 ・戦時中に行ってしまってから、「『今』がいつか?」という話をしてて、 「紀宮さまの結婚知ってる?黒田さんと。」
 ・乱暴な分隊長(←今調べたら、元新日本のレスラーのAKIRAが演じてた。 遠くで顔までは見えなかったけど)に、「暴力反対!暴力振るったらPTAがうるさいんやぞ、特に野球部。」
 ・日本の未来を憂えて、「ホリエモンが出るようじゃダメやな。」
など。

 終演後、今井いわく、「終戦から60年。もはや戦後ではなく、戦前かもしれません。
 そうかもしれない。このブログでは、政治的なことは書くつもりはあんまりないが、やっぱりあれこれ考えさせられる芝居ではあった。

 今日の参考ページはここ
 

 12月13日、県文で小田和正。発売は10月8日(デューク)。 8000円は高いけど、でもたぶん行くだろう。

 次のイベントは、23日の坊っちゃんマラソン。その次は25日の笑い飯、その次は、10月2日の今治シティマラソン、その次は、 サザンも梅垣義明も行きそうにない(ともに10月15日。サザンは16日も。)ので、18日のアイテムえひめのNOAH、のはず。 チケットがないけど。

2005/09/18

何もなくてもいちおう毎日書いてみる

 今日は1食しか食べておらず、しかもその1食が午後11時だという時点で、荒んだ生活がうかがわれるところだが、 果たしてこんな生活がいつまで続くのやら。休日の有意義な過ごし方というのを知らぬまま、もう十何年もたってしまった。 壊れたパソコンが2台くらいあれば、連休はすぐつぶれるんだけど。

2005/09/17

カラんでこないでください。

  出社したら、1F医務室から、血帯びたチオビタドリンクが2本届いていた。どうやら、 昨日昼食が摂れなかったことへの詫びらしい。
 今日の営業では、「今年から海外に住み始めました」 を話のとっかりりとして、 わかりやすい表現とわかりにくい表現について、4時間通して話をした。
 2時過ぎ、退勤。 帰り際、高校の時の担任のM先生に出くわす。彼は私に言った。「土曜の午後なんか、 早く帰ったら、 やること何ぼでもあるんやろ?」… …ないです。
 今夜は飲み会だったが、大義名分がないと飲めない私としては、今日は棄権。しかもメンツと席順がわからない状態で出席するのは、 非常に危険。ここ最近、3回連続で当たりの飲み会が続いていて調子いいので、ここでその記録を止めたくはない。 「行ってみたらまあまあ楽しかった」 ということも、ごくごくまれにはあるが、用心するにこしたことはない。こないだの全日空ホテルみたいに、わけのわからん奴にカラまれたら、 せっかくの連休がおもしろくなくなる。
 というわけで、8時過ぎに先輩Tさんから2次会の誘いの電話がかかってきたが、遠慮して自宅でCXの日本の歴史スペシャルを観ていた。 企画としては面白いと思うけど、あれこれやりすぎて、まとまりがなくなってるような印象も。

2005/09/16

♪そうよ私はさそり座の男ぉ~

吾輩は独身である。家庭はまだない。
…ちょっと言ってみたかっただけとです。意味なんて、ありませんっ。

 というわけで、いちおう実家に電話してみた。が、実家はジジババと娘と孫で完結していた。中学生のころからそうだったが、 あの家庭の中に私が入る余地はほとんどない。中学生の時と違ってもう拗ねたりはしないが。

 今朝、8時過ぎ。昨日の「太陽を盗んだ男」のワンシーンを思い出した。沢田研二が勤める中学校で、朝の登校指導。 当然のように遅刻してきて、生徒にチェックされてる沢田研二。ちゃんと勤めようよ。

 8時40分。今日は私は営業がない。よって、自席に座り、お客さんから回収した200枚弱のレポートをチェックするつもりだった。 1枚目にとりかかろうとした、その瞬間。2課Nさんから助けを求められる。出向いていって、とりあえず解決。
 改めて自席に戻り、今度こそレポートチェックだっ、と思ったら、中央からCさん登場。会社のWeb運営について打ち合わせ。 (アサイチでNさん→Cさんという流れ。今日は絶対良くない日だ。)そう私は確信した。

 9時45分。1課のお客さんのケガ判明。1課の他のメンバーは、みんな営業中。
 O課長:「すまん、病院に連れていってやってくれ」
 私:「(他に誰もおれへんからなぁ、しゃあないなぁ。)はぁい」

 10時病院到着。待ち、診察、検査、待ち、診察、検査、昼。昼食摂れず。診察、待ち、診察、入院。…あらら。
 帰社14時半。
 O課長:「お疲れぇ。」
 私:「疲れたー。何にも自分の仕事できんかったぁ。」
 O課長:「(お前、)さそり座やろ?今日、(めざましの占いで)12位やったよ。」
 Sさん:「別のチャンネルでも12位だったですよ。」
 私:「関係ねーよ。フォローになってねーよ。(怒)」

 もうなんだか何にもする気が起こらない。それでもレポートチェックを50枚くらいやってから退勤。 17時に昼食。うーん。

2005/09/15

太陽を盗んだ男-何がしたいんだお前は?-

 今日から、営業再開。とはいっても今日は、Word講座。特に問題なく4つ終わる。夕方、不義理をはたらいていた1Fの皆さん (計6名)に一人ずつ頭を下げて、その後、早めに帰宅。
 帰宅後、買っただけで実はまだ観ていなかった「太陽を盗んだ男」(1979・沢田研二、菅原文太) を観る。ツッコミどころ満載である。
 とりあえず、中学の先生が原爆作っちゃいけない。中学の生徒も爆弾作っちゃいけないけど。………………………はぁ。
 しかも自宅で作ってるよ。あんなの隣近所にすぐばれそうなもんだ。猫はすぐ死ぬし、菅原文太はなかなか死なないし。 あれだけ拳銃で撃たれたら、普通死ぬでしょ。あとでこのシーンのチャプタータイトル見たら、「太陽と不死身の男」になってたけど。でも、 「いいから死になさいっ」
 どういうわけだか、スタート直後の沢田研二の部屋では「ウルトラマンレオ」の映像が流れるし、菅原文太は沢田研二との電話のやり取りで、 「日立のビーバールームエアコンってえのはいいらしいぜ」とか言ってるし。 円谷プロと日立はスポンサーか?
 ラジオ局は逃亡に手貸すし、先生は授業で、原爆の作り方、生徒に教えてるし。あんなに簡単に国会議事堂に入れたらだめでしょ? 水谷豊はあっさり拳銃奪われるし。その他あれこれ。
 で、原爆を完成させた沢田研二は、ボイススクランブラーのチェックのために、2台の電話機で自問自答する。「お前は誰だ? 」「オレは… オレは…」「何がしたいんだお前は?」あるいは、 出来上がった原爆を部屋の中でサッカーボールのように蹴りまわしながら、原爆に問う。 「黙って勿体つけてないで言ってみろよ。いったい何がしたいんだ、お前は?
……あーあ、やっぱりこんなの観るんじゃなかったよ。こないだ「惰性で生きてる」って書いたばかりなのに、ここでまた「何がしたいんだ、 お前は?」とか聞かれても、答えようがない。それにしても、こんな映画を、まだ明るい未来があったかもしれない中1か中2の時に、 学校で観てるっていうのは本当にいいのか?と思うぞ。たぶん希望者だけだったと思うけど。この時の上映責任者はおそらくW先生であるが、 当時の彼は、思いつきと思いこみで上映作品を選んでいたに違いない。
 本編中では、「大学卒程度の知識があれば、誰にでも原爆は作れる。材料は薬局と電器屋ですべて手に入る。 プルトニウム以外は。」と言っていたが、私は大学は出てるが、理系じゃないので作れない。 知り合いに化学の先生が4人いるが、彼らは、 NOAHのビデオを貸してくれるか、囲碁で叩きのめしてくれるか、朝5時半に電話で起こしてくれるか、 「香港」に連れていってくれるか、くらいで、決して原爆の作り方は教えてくれないだろう。

 ま、いいか。池上季実子は、「徳川家康」(1983・NHK大河)の憎憎しげな築山殿のイメージとは裏腹に、かわいかったし。 若い沢田研二はかっこいいし。「『ジュリーっ!』って、お前は樹木希林かよっ」…というツッコミも、 近頃の若いモンには通じない。

オッサンは一瞬、高校生に戻る

 昨日は柏原芳恵が出るというだけで、「ミンナのテレビ」(日テレ)を録画した。「ハローグッバイ」(♪紅茶のおいしい喫茶店~。 1981/10/15。元歌は1975のアグネス・チャン。MIDI) を歌っていたが、口パクだかホントに歌ってるのだかわからなかった。しかも、 他の出演者と絡みきれないまま、歌だけ歌って退場。 ちょっと残念。
 今日は、南野陽子と松本伊代と早見優と堀ちえみと布川敏和と神奈月と萩原流行が出るので「うたばん」(TBS)を録画した。ちなみにW (=ダブルユー=辻加護)も出ていたが、世代違い。南野陽子の「はいからさんが通る(1989/8/21)」は口パク?。早見優の 「夏色のナンシー(1983/4/1。MIDI)」 と松本伊代の「センチメンタルジャーニー(1981/10/21)」 はまだ聴けたが、堀ちえみの「リ・ボ・ン(1985/1/23)」は、 ベンチャーズ風(渚ゆうこ風?)のベースラインが印象的で、 その当時から好きな曲だったのだが、今となっては、 ふだん歌っていないせいであろう、声がまったく出ておらず、 聴いててかなりきつかった。もともとそんなに歌上手いほうじゃなかったし。 ともあれ「スチュワーデス物語」の映像は、 いつみても笑える。昔はホリプロ所属だったのに、今は松竹芸能なんだって。 よゐことかオセロと一緒。どうでもいいけどテロップで 「花の80年アイドル復活なるか?」と出たが、この中に80年組はいない。
 萩原流行は本当に神奈月にそっくり(←逆)だったが、萩原流行の歌に聴くべき点はまったくなく、 神奈月のキャラも生かしきれないまま番組終了。
 今日は、この後、「音楽・夢くらぶ」(NHK)でスタレビ&岩崎宏美。「思秋期」(←驚異の一発変換。)聴いて、寝よう。

2005/09/14

寝るおっさんは育たない

 今日は特にすることもなかったが、近所のW君にあげる物があったので連絡するも外出中。話し相手を求めて、昼前に出社。 しかしほとんど誰もおらず、懸案の、「ワープロ専用機→パソコンへのファイルコンバート」に取り組むが、またも失敗。数十分いただけで帰宅。 自宅でだらだら。ふと気づくと、W君から留守電が入っている。かけ直すと、「もしかして、寝てました?」って、 平日の午後3時に寝てるかどうかを尋ねるとは、失礼もはなはだしい。…しかも、当たってるし。どうしてわかった?
 あいかわらず荒んだ生活が続く。人と話をするのは得意ではないが、一日に通算で1分30秒くらいしか口を開かないのも、それはそれで、 滅入る。

2005/09/13

綱引き大会

 去年は優勝した綱引き大会だったが、今年は最下位。ヘビー級&格闘家を含むあんなチームに勝てるチームなど、あるはずがない。 それにしても暑かった。
 やっと、憂鬱な数日が終わったので、明後日からは(明日は休み)、真面目に働こう。とりあえず次の目標は、19日のコミセン、 「Winds of God」。

2005/09/12

祝1周年

 今日でこのブログ、まる1年である。この1年で投稿した記事は392。文字数はおよそ283000字。とりあえずこの1年間、 いろいろあったが、生きてたことだけは間違いない。数年前にはじめてウェブサイトを作った時は半年で1100アクセスくらいしかなかったが、 今回この1年でのアクセス数は、20221(今日、 20:30現在)。一日平均、74アクセス。何にせよ、 読者がいるのはありがたいことである。

 船木が前田と合体、 あるぞ現役復帰!  「…って、そりゃねーだろ。 あの断絶は何やったんや」という話を昼食時に5分。
 
 帰宅前。ローソンで笑い飯のライブチケット購入。全席自由。整理番号150。2000円。店内のBGMは、なぜか「桃色吐息」 (MIDI) 。高橋真梨子か中森明菜か判別できず。 
 
 帰宅後、昨日の続きで、DVD鑑賞。「M-1グランプリ2004」、 「ポルノグラフィティスーパーライブ」他。

2005/09/11

津軽海峡の女

 相変わらずイマイチなので、4時過ぎにとっとと退勤。イマイチな理由ははっきりしているので、昨日も書いたが、 時間が解決してくれるのを待つばかりである。
 帰宅後、HDDからダビングまではしたもののまだまともには観ていなかった数多くのDVD-Rを観直す。その中から4番組。
 『公園通りで会いましょう』(2003/9/28・NHK・久米小百合(=久保田早紀)と庄野真代)
 前に書いたような気がしていたが、実際には書いてないようなので、書いとく。あの当時(1979)は、お人形さんのようで、 しゃべっている印象がまったくなかったが、ずいぶんとまあよくしゃべること。でも、「あの人は今」 的な番組で何十年かぶりに出てきたらものすごくオバサンになってて幻滅するということも多い中、
歳はとっても、歌声は変わらず、歳とったなりに美人なのでよしとする。…って、書いたような気がするんだがなぁ。 何せ最近記憶があやふやなので何ともいえない。
『ソニン ミッドナイトロンリーガール』(2003/9/20・NHKBS2)
 ソニンで思い出したが、彼女が通っていた四国朝鮮初中級学校の前の道路が、ここ1ヶ月間、工事中で平日昼間通行止め、 通れる時もかなり狭い状態になってるのがうっとうしい。思いっきり通勤路なので。いや、道路工事とソニンとの間には何の関係もないが。
『JWP 後楽園ホール大会』(1994/2/10・WOWOW)
 キューティー鈴木VS福岡晶、プラム麻里子VS長与千種、C奥津&デビル雅美VS尾崎魔弓&D関西、の3試合。 まだこのころは女子プロも盛況だった。あれから11年、キューティー、福岡、長与、キャンディーの4人は引退、 そしてプラムはもはやこの世の人ではない。デビルがいまだに現役、しかも「ハッスル」に出てるっていうのは驚きではあるが、 新しいスターが出ない今、女子プロレスの未来も男子のそれと同様、暗いといわざるを得ない。
『ワールドプロレスリング 札幌ダブルインパクト』(1993/7/14・EAT)
 ライガー&大谷VSサムライ&タイガー(たぶん3代目)、ヘルレイザーズVSジュラシックパワーズ、藤波&蝶野VS天龍&阿修羅原、 の3試合。うーん、古い。ヘルレイザーズというタッグチームの一人は、パワーウォリアーという名のペイントレスラーであるが、この選手が、 それから12年後、嫁と一緒にテレビのバラエティ番組に出まくるようになるとは、この時点ではだれも予想していなかっただろう。もちろん、 佐々木健介のことである。「人に歴史あり」である。

 ウチのHDD&DVDレコーダーは、またもDVD部分の調子が悪く、再生はできるものの、録画ができない。やっぱりもう一台買うか。

2005/09/10

わかって下さい

 「何かあるとすぐ書かれるから気をつけろっ」とあっちこっちで言われているらしいが、 今日も書く。 きょうのBGMこれだ。

 朝。1課では、近々、もともと予定されていた営業が何かの都合でなくなる日があるらしく、その空いた時間に何をするか、相談。
 O課長:、「だれか、代わりに営業行ける人?」
 他:「……。」
 Sさん:「営業の代わりに、ホールにお客さん集めて、何か重いテーマのビデオ見てもらうっていうのはどうでしょう? 『老いについて』とか。」
 私は内心で、(『老いについて』 ってどんなビデオやねん?)と思ってたら、課長がSさんにツッコんだ。
 O課長:おいおい。」
 ……。
 どうやらO課長は、「老い」と、「おいおい」の「おい」、 を掛けてみたらしい。
 今日も1課は平和である。

 その後。コピー機待ちをしていると、Sさんに「元気になったぁ?」と聞かれたので、 「ありがとうございます。でも時期的なもんなんで、通常営業に戻れば大丈夫でしょう」と丁寧に答える。
 さらにその後、コンピュータルームにいると、Sさんが、「チラシ作ったんだけど、 行ごとに文字の頭を揃えたいのに揃わないんですけど」と言う。「だからぁ、 スペースの連打で揃えようとしても揃わんって、いっつもいっつも言っとろーがー。タブ使えー、タブぅ。」と、 ネゴシックスなみにツッコんでおいた。出雲弁ではなかったが。

 10時半頃から、お城関係の資料をスキャニング。お客さんからの依頼ではあるが、彼らはことばが不自由なので、意思の疎通が難しい。
 お客さん:(松山城のパンフレットを持ってきて、)「これ、コピーしてください」
 私:「『これ』って、どれですか?パンフレットの中には何枚もの写真が載ってます。その中の一部なのか、全部なのか、どうなんですか?」
 お客さん:「じゃあ、この写真とこの写真を。」
 私:「大きさはどのようにすれば?」
 お客さん:「これよりちょっと大きめに」
 私:(……)

 ここは意見の分かれるところだろうが、私は、(「ちょっと」という言い方では困る)と考える人間である。そこで、私は 「ぴったりじゃなくてもいいけど、何センチくらいにしたいのか、書いて提出してください。」と言った。

 どうにかこうにか、彼らの希望を聞いて、スキャンし始めたが、また頭を抱えてしまった。たとえば「ヨコ6センチ×タテ4センチ」のお城の写真を、 「ヨコ18センチ×タテ12センチ」に3倍拡大コピーするというのなら、出来もするが、 「ヨコ18センチ×タテ2センチ」にしてくださいって、それじゃ、 お城が横長のぺしゃんこだろうがっ。算数の出来ない子は嫌いだっ。

 そんなこんなで、社内をバタバタ走り回っていると、ふと、イヤーな視線を感じた。2課のダジャラーNさんである。彼も、タバコ輸入超過のFさん同様、私に用事があるときに、 はっきり口に出して言おうとせず、目だけで訴える。しょうがないので、行ってみたら、例によってコンピュータのちょっとしたトラブルだった。 今日もすぐ直せたから、別にその作業自体は苦痛ではなかったのだが、困っているならはっきり言ってくれたほうがよい。でもまぁ、 NさんやCさんの場合、どういうわけか、私がクソ忙しいときに限って、トラブったり、 仕事を持ってきたりするというめぐり合わせになっているのだが。

 一方、賢明なWさんは、仕事依頼を私の机の上にメモ書きで置いていた。今日みたいな日の場合は、そうしてくれた方が、 こっちとしては何をしたらよいのかわかってあげやすい。別に、そのメモの文字は、涙でにじんではいなかったが。

 その他、もろもろ。「ボクの机周りの片付けしてくれたら、その代わりに課長が手書きした文書、 ワープロ打ちしてあげますよー」とO課長に言ってみたら、彼は私の席まで猛スピードで走ってきた。そんなに必死で走ってこなくてもよかったのに(笑)。 あの感じだと、ほんとに片付けてくれたかもしれない。
 結局、プリンとシュークリームと引き換えに、ワープロ打ちしてあげた。相変わらず甘いものに弱い私。
 ともあれ、久々に異常に忙しい数時間であった。それでも、今まで経験したことがある史上最悪の忙しさから順に数えたら、 ベストテンにも入っちゃいないけど。

2005/09/09

たぶん現在完了

 ド平日に飲んだら翌日は仕事にならないということを痛感した。ねみぃー、だりぃー。今日は営業はないから何とかなると思っていたが、 甘かった。しかし、2時や3時に退勤するほどずうずうしくはないので、とりあえず6時までやることやってから帰宅。 それにしてもテンション上がらんわ。中学や高校のころのこの時期は、文化祭の準備をさぼって上級生に殴られたり、文化祭当日も、朝、 いちおう学校行って、体育館で出席とったあと、9時半ころには逃げてたし。かといってすぐ帰ると祖父母にツッコまれるので、 映画を観にいったりしたこともあった。かすかな記憶では、たぶん、1983年(中2)の「南極物語」。 めったに映画を観ない私がわざわざ観にいったということは、よっぽど文化祭がイヤだったのに違いない。 協調性と積極性に欠ける子どもだったのだなぁ。
 いまテレビ観てたら、明日、Winds of God が放送されるらしい。いや、19日にコミセンに観にいくんだけど。テレビでやるんならそれでもよかったかなぁ。
 

2005/09/08

いてもいなくてもきづかれないひと

 昨日の話を受けてでもないが、友人知人3人と飲み会。7時スタートの12時終わり。酔っ払いつつも、がんばってしゃべってみたが、 やっぱり彼らには勝てない。それでも飲み会の最中は、私の心のわだかまりはほぼ100パーセント解放されていたのだが、終わった後、 家まで30分歩いてるうちに、何だか哀しくなってきた。どうして飲み会の帰りはいつも哀しくなるのだろう。
 高1か高2の時、母に「どうしてお母さんは生きてるの?」と聞いたら「『惰性』かなぁ?」と言われた。当時40歳の彼女は、 惰性で生きていたらしい。その時は、(もうちょっとましな答えはないのか?)と思ったが、あれから20年、35の自分はもうここ数年、 惰性で生きてるような気がする。
 自分には力がない。別に卑屈になって言ってるわけでもない。天性の地味さ、つまらなさはどうしようもあるまい。頑張りは滑稽につながり、 無理な背伸びは、観てる方がイタいと感じる。(だれかにかまってもらいたい)と思いつつも、”河原の石ころ” で一生を終わるかと思うと哀しい。
 あれから20年、母の還暦が来週に迫ってきた。果たして彼女はいま、何を思って生きているのやら。

2005/09/07

Can't get on well with him

 今日もCさんからの電話で5時半起床。しかし今日はもう休みではない。出勤後、3時半からの「日本の城」展示準備用の資料作成他。 10時38分ごろ、両隣の2人から、「ほら、会議行くよっ」と言われてしまったので、 コアラのチョコを持って、しぶしぶ3Fの会議室に上がる。会議が始まる前にメンバーにチョコを回していったら、6つも余った。くそ、 こんなに余るんだったら昨日食べときゃよかった。(しかし、会議終了後、1課に持って降りたら、あっという間になくなった。さすがだ。)
 さて、会議。「いつなら資料出せるんですか?」と言われ、 「今週中には」と答えるも、別に、探すのをサボって見つからないのではないので、 締め切りを決めてもほとんど意味はない。しかし、とにかく出せていないので今日はおとなしくせざるを得ない。そして議題は変わり、 「この夏休み中の出張報告をせよ」という話になったので、他の人の報告をおとなしく聞いていると、 ふいに議長が「オーストラリアの報告を…」 と振ってきた。(???  オーストラリア出張は、ここの課の仕事内容と関係ないやん。それにこないだ社員会議でもうSさんが報告してるし。 ) と思ったので、ほぼそのまんま、そう答えた。相変わらずよくわからない人である。今日の場合、特に問題発言があったというわけではないが、 会議全体を通じて、何がどうと言うわけでもないが、リズムというかテンポというか間のとり方というか、とにかく、合わない。 今年もまた水曜日はつらい会議になりそうである。

 今日は昼食があったので、黙っていても食事が用意されていることに感謝しつつ、独りで食事。通常、水曜は午後から休みなのだが、 今日は3時半から作業があるので、帰宅はできない。ので、本を探しに明屋に行くことにした。 「本屋行ってきまぁす」と挨拶すると、間髪いれず「DVD売り場?」 と聞いてくるのは、にこやかな顔で厳しくツッコむことで、 ごく一部で有名なSさん。「それを言うなーっ!」と言い残して明屋中央通へ。
 まずは文庫コーナーへ。手にとってパラパラめくっちゃ戻し、また手にとって…を30分ほど繰り返しているうちに疲れてきた。 (どいつもこいつも、惚れたの腫れたの、殺したの死んだの、くっついたの別れたのって…いまあいにいこうが、世界のどこで何を叫ぼうが、 勝手にしやがれっ!)
 だいたひかるばりに(♪どぉでもいいですよ)って感じになってきてめまいがしてきたので、哲学コーナーへ逃げようとするが、 中央通店には宗教コーナーはあっても哲学コーナーはない。そこで、新書コーナーへ逃げる。集英社新書で「スポーツを 「読む」― 記憶に残るノンフィクション文章読本」という、山際淳二や沢木耕太郎ほかのスポーツライター (とは限らないが)の著作の書評を見つけたので、その中の、夢枕獏と村松友視とターザン山本と浅草キッドの部分だけ立ち読み。 ところで、 この本の筆者は重松清である。重松清なら他に読むべき本がありそうなもんではあるが、 わざわざ新書の方を探し出すのはあまのじゃくというしかない。
 で、もういちど店内を周って、ようやく1冊見つけた。肩の重荷が降りたので、CD&DVD売り場へ。店内のBGMは、 発売されたばかりのZARDのニューアルバム「君とのDistance」 。聴いてるうちに日本酒が飲みたくなってきた。 (理由はここ。 曲の視聴はここ。 )で、買った。それと、ノエビアCMのCDもたまたまあったので、 買った。
 すぐに帰社すると山のようなお客さんたちにぶち当たりそうな時間帯だったので、 中央通→三津→港山→梅津寺→観光港→免許センター→和気→久枝小学校→衣山というルートでプチドライブ。BGMは「Wait&See」 →「海へ来なさい」

どこか遠くへ 逃げたら楽になるのかな
そんなわけ無いよね
どこにいたって私は私なんだから 

(宇多田ヒカル・2000・MIDI

太陽に敗けない肌を持ちなさい
潮風にとけあう髪を持ちなさい
どこまでも泳げる力と
いつまでも唄える心と
魚に触れる様な
しなやかな指を持ちなさい
海へ来なさい 海へ来なさい
そして心から幸福になりなさい

(井上陽水・1979)

 帰社後、3時半から1課のお客さんとともに作業開始。途中、4課のお客さんがはるばる1課のフロアまでやってきた。 「最近やる気が出ないんです」というお悩み相談を20分ほど受け付ける。 最近やる気が出ないのは実は私も一緒なのだが、わざわざ遠くから私をあてにして相談に来てくれたので、むげにも断れず、 今言えることを真面目に話した。
 帰宅後、ノエビアCDを聴きこむ。全部いいけど、特に世良公則の「別れの朝」(ペドロ&カプリシャス)と、西城秀樹の 「愛が止まらない」(Wink)がいい感じ。

2005/09/06

ご飯をください

 予定通り5時45分ごろ副社長から電話で起こされた。5分少々で、やることやって、また睡眠。
 10時半、今度は副社長補佐から電話。「明日も台風が居座るようだったらおんなじ仕事をよろしく。」 「はぁい」…でも、その用件なら、夜かけてきたんでいいじゃん。 やっぱり今日もCさんに起こされてしまった。
 NHKをみていると、宮崎・大淀川の映像が出まくっている。大淀川のほとりには、キャラ違いの妹が住んでいるのだが、とりあえず先に、 同じく宮崎市内に住む親に電話。去年はガレージの屋根が飛んだといっていたが、いちおう今回はまだ大丈夫らしい。妹とはメールで連絡するが、 彼女は台風よりも肺炎で入院している息子の方が心配らしい。
 昼前、(よっしゃ、昼ごはん食べに行こう)と思って、 出社。が、しかし、食堂に行っても普段ならあるはずの食事が準備されていない。(ぬぁにぃ!?今までなら、 台風で休業になっても食事は準備されていたのに、何で今日に限って、ないんだろう?
 2Fに戻って問い合わせると、どうやら朝のうちにCさんのところに食事の件で連絡があった時に、彼が断ったらしい。で、 当の本人はもう退勤している。安眠妨害、兼、昼食摂取権の妨害である。 「ったく、やってらんねーよー、そのために出社したのにさー」などと、 同じ目的で出社していた休日出勤の帝王Sさんと一緒にブーブー言ってると、Wさん登場。彼は通常の休日は出勤しない (っていうか、それが普通である)のだが、今日は仕事があったらしい。腹が減っているところにもってきて、 よりによってWさんなので、未だに見つかってない資料のことがいやでも思い出されて、胃が痛む。
 (こんな時こそ、1課のテーブルだっ)と思って、自席の周辺を見回すと、オーストラリア土産のチョコレートが見つかった。が、 これは明日の会議の時に配らなければならないやつなので我慢。「『非常事態』だから食べたら?」 とWさんは言うが、一応我慢。その他、配り損ねているオーストラリアワインと、もらい物の泡盛も見つかるが、 会社で酒飲むわけにもいかないし、私はMさんではないので、酒を食事代わりにすることはできない。
 たまっていた仕事のうち、「『日本の城』を調べる」というテーマのレポートを30本ほど整理しようとするが、 提出者の半分くらいが無記名なので、作業を中断して、サンクスでおにぎりを2つ買って帰ったとさ。

…我ながらすさんだ生活ではある。
 

2005/09/05

between ourselves

 台風で明日は休業だ、というムードが社内に充満する中、「何ンにつけ 一応は 絶望的観測をするのが くせですぅ」(みゆき・ 「あした天気になれ」)とつぶやきつつ、例によって気合の必要な月曜日の営業を4つ、今日は無難にクリアした後、 「暴風警報出てないから会議やるよ」と言われて会議室に行き、平和な会議を終え、終了後、 2Fメインフロアで職員旅行の参加希望を聞いてまわると30名もいたので、今年もまたバス2台で行くことになるなぁ、 どうせ2台になるんなら大勢に声かけようやー、オレは運転するぞー、去年よりは楽やろ、と今日も陽気なセカンドドライバーU君であるが、 ファーストドライバーKさんにはまだ連絡してないんやけどな、と思いながら、もう一人のツアコンTさんに状況報告しながら二人して、 「宿とれるんかー?、金足りるんかー?」とかなり心配になっているものの、女性枠はまだ空いているので、 明日か明後日は1Fフロアにお伺いに行かねばと思いながら、退勤して、寿司屋に行ったら、BGMで「水のルージュ」(小泉今日子・1987) がかかっていたので、(何でこんな古い歌かかってるかなー)と感じつつ、8皿税込み1008円払って帰宅したら、とうとう終わってた。

 何となく1文で書いてみたら510字にもなった。最後の「終わってた」の主語がないが、常連読者の中には思い当たる人もいるかもしれない。

 明日は、とある仕事(=ウチの職場としては異例な在宅勤務。たぶん所要時間は5分くらいだが)のために、朝6時前に、 副社長か副社長補佐からモーニングコールがかかってくる。副社長はともかく、副社長補佐にたたき起こされるのは、昔はよくあったのだが、 あんまり目覚めのよいもんではない。

2005/09/04

♪ジタバタするなよっ

 起きたら腰痛だけは治っていたので、昼過ぎから出勤。出勤後まもなく、こないだ明屋空港通で出くわしたOさんに、 「探してた本はみつかりましたか?」と聞かれたので、 「みつかってません」と答える。その後、たまっていた書類の処理。途中、あまりにだるいので、 出社していたW君をとっつかまえて、「見つかるわけないわぁぁぁっ!」などと愚痴り放題。 ちなみにW君は今日は出社すること自体が仕事だったので、そんなに仕事の邪魔にはなってないはず。
 W君いわく、「足使って探すより、Googleでキーワード入れて検索したらなんか出てくるんじゃないんですか? その方が得意でしょ?
…それはすでにやってみた。

 たまっていた書類3種類のうち、1つは終わったので、5時過ぎに退勤。今日こそはと思って、宮脇に行くが、すぐ、タレント& スポーツ選手本コーナーへ。猪木詩集「馬鹿になれ」の背表紙を眺めながら、 (馬鹿になれたら苦労せんのじゃー)と内心で叫んでいたところ、 「こんなとこにいるようじゃ、ダメですね」と声がする。
…いや、追っかけてこなくていいから。>W君。

 今日もまた、文庫本コーナーに追いやられてしまった。しかし、私が好んで読む文庫といえば「ちくま学芸」とか「講談社学術」とか。 今回の趣旨にはそぐわない。あ、W君、先に帰るんですか?そんな、(まだ見つかってないんか?)的な目でこっちを見ないでください。 さようなら。
 で、今日もいっぱい本を買った。 うーん、どの本のタイトルも、みもふたもないというか、何というか。 タイトル見ただけで何についての本なのかがよくわかる。やっぱり私は、「行間を読む」とか「想像力」とか「思いをはせる」とか、 そういうのが嫌いなんだなぁ。
 こないだ「容疑者室井慎次」のあおり番組をみた。台本中の室井の台詞のかなり多くが「………」になってて、 もちろんそれらはすべて無言なのだが、演じる柳葉敏郎は、その「………」 の一つ一つに台詞を当てはめた彼専用の台本を持っていたと言っていた。映画ならまだ顔の表情やボディランゲージで伝わる部分もあるだろうが、 それでもやっぱり根本的には、他人が何考えてるかなど、わかるはずもない。

日本語の作文技術 本多勝一(朝日文庫)
新しい生物学の教科書 池田清彦(新潮文庫)
空海の思想について 梅原猛(講談社学術文庫)
ぶつぞう入門 柴門ふみ(文春文庫)
簡単マスター!はじめの30手 小林光一(MYCOM囲碁文庫)

 

2005/09/03

王様の耳はロバの耳

 いまだ状況は好転せず。営業だけはそこそこのテンションで行ったものの、未処理書類の山を抱えてなおかつ心身ともに絶不調。 ここに書いてることがすべてというわけでもないし。食も細くなってきたし、課で配給される糖分だけで生きてるような気がする。 明日も休めないし、これから10日間くらい休み無しかもしれない。

2005/09/02

愛が見えない

 恩師を老人扱いした罰が当たったか、それとも何かの生霊でも憑いたか、腰が痛い。明日も営業4連荘だし、何とかならんのか。 相変わらず資料は見つかんないし、相変わらず1課では漫才やってるし。あまりに彼と彼女がアホなので、今日は思いっきり 「お前ら、何ゆーてんねん」とツッコマざるを得なかった。課長と主任相手に「お前ら」って、いいのか?… いいのだ。
 帰宅前、最後の砦(?)、明屋空港通り@まだプレハブ、に行ってみたが、昨日同様、即CD売り場へ。1課の同僚Oさんに出くわし、 事情を話すと、(じゃあ、ここじゃないですね)と言われてしまい、すごすご書籍方面へ移動。しかし、どうにも見つからない。 本屋で眩暈がしたり息苦しくなったりするというのは初めての経験であった。
 帰宅後、昨日買ったZARDのDVD鑑賞。 ふと気になって坂井泉水の歳を調べたら、 自分より年上だった(38歳)ので若干驚く。 そりゃまあ15年歌い続けてるのだから言われてみれば不思議でもないが、テレビ露出が異常に少ない分、 もっと若いような気がしてた。 まあ今でも、 実際に映像で観ると、1つ上の渡辺美里が見かけも声も悪く言えばオバサン化してる (よく言えば声に迫力がある) のにくらべれば、 まだ若いのは確か。

今日の参考はここ (ZARDのシングルの歌詞&MIDI)

…まったくの偶然だが、あそこのブログの今日のタイトルと微妙にシンクロした。 向こうはポジティブで、 こっちはネガティブではあるが。

2005/09/01

九月の雨

 レイザーラモンHGが 「ハッスル・マニア」 でプロレスデビュー
…うん、まあ頑張って。

 朝起きたら軽く腰痛で、不調なまま出勤。今日は半ドンでよかったので午後すぐ帰宅。心身ともに不調。9月はいかん。 早く9月も10月も終わって11月になってほしい。
 夜、懸案事項のひとつを解決すべく、そして宮脇や明屋中央通に飽きたので、明屋城北へ。ところが、行った早々、 目的を忘れてCDコーナーへ。今週のCDアルバムランキングが貼ってあったが、1位の倉木麻衣以外、アーティスト名が皆カタカナ(=英語) で、ほとんどわからない。かろうじてわかるm-floもいつの間にかボーカル代わってるし、 トミーフェブラリーはトミーヘブンリーになってるし。
 で、気がつくと、ZARDのDVDと太田裕美のベストを買っていた。ZARDはともかく、いまさら太田裕美って。…でもまあ、 そろそろ雨降ってほしいということで。

September rain rain 九月の雨はつめたくて
September rain rain 思い出にさえしみている
愛はこんなにつらいものなら 私ひとりで生きてゆけない
September rain 九月の雨はつめたくて
(九月の雨 1977)


 で、思いついたので、こんなの調べてみた。「月別雨のうた」。やっぱり10月は晴れの日が多いらしい。

1月の雨を忘れない THE ALFEE  
2月 無し
3月の雨 アントニオ・カルロス・ジョビン&エリス・レジ-ナ/ジョアン・ジルベルト(参考リンク
4月の雨 ディズニーアニメ「バンビ」
五月雨 大滝詠一
6月の雨 谷村有美(MIDI 試聴)
7月の雨なら 西脇唯(MIDI
八月の雨の日 長渕剛

九月の雨 太田裕美(MIDI

10月 無し
十一月の雨 和泉 宏隆
12月の雨 荒井由実
13月の雨 森高千里

 

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »