サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« みんなが知ってる歌 | トップページ | 氷の世界 »

2005/11/12

思秋期 岩崎宏美さん誕生日

 今日は11月12日。岩崎宏美さんの誕生日。ウィキペディアによる「岩崎宏美」の説明はここ

 1975年。6歳の私は、テレビの歌番組でみた「ロマンス」(と、細川たかしの 「心のこり」)で、(「歌手」というのは 「歌が上手な人」のことだ) ということを知った。
 つい数日前、友人U君は言った。「岩崎宏美とか沢田研二とか、まだ歌ってるん? 俺らが小学生の時にドリフとテレビに出てたやろ?」…確かに。「全員集合」とか「大爆笑」とか。あと、ドリフではないが、 「カックラキン大放送!!」(1976~1986)とか。
 というわけで、普通にテレビを観ていたら、特にファンだと意識しなくても、中3トリオ(←古いね)や新御三家(←これも古いね。) やジュリーやピンクレディーやキャンディーズらと一緒に、岩崎宏美はそこにいた。

 1982年5月21日「聖母たちのララバイ」リリース。私は中1。この後、翌83年8月21日の 「家路」までの5曲は、どれもラジオでしょっちゅう耳にしてた気がする。
84年からは、MBSヤングタウン火曜日をきっかけに、事務所の後輩である河合奈保子のファンへ。

 その後、1985年の「決心/夢狩人」は、「全日本プロレス中継」の途中の「カメリアダイヤモンド」 のCM曲として毎週聴く。その後、「好きにならずにいられない」(1986年)とか、 「小さな旅」(1986年)(NHK「小さな旅」主題歌)あたりは聴いてたものの、この頃(高1~高2) は、他に聴くべき歌謡曲があまりに多かった。 

 そこからブランク17年。ふたたび岩崎宏美の曲に触れるようになったきっかけは、2003年のカバーアルバム「Dear Friends」であった。さらに2004年にCD&DVDボックスを購入し、そして、 自分の中で盛り上がり始めたのは、実は今年の三瓶のコンサートが決まってからである。だから、 筋金入りのファンと自称するわけにはいかないが、それでも、1年に3回も生で観に行くのなら、ファンといってもいいだろう。

7月24日の河合奈保子さんのとき同様、 シングル勝手にベストテン、 のつもりが15曲になってしまった。はっきりした順位もつけられないし。

 
私が勝手に選ぶ、岩崎宏美シングルベストテントップ15

  • 思秋期(1977年)
  • ロマンス(1975年)
  • 二重唱(デュエット)(1975年)
  • 聖母たちのララバイ(1982年)
  • 家路(1983年)
  • シンデレラ・ハネムーン(1978年)
  • 万華鏡(1979年)
  • あざやかな場面(1978年)
  • 想い出の樹の下で(1977年)
  • 女優(1980年)
  • スローな愛がいいわ(1980年)
  • すみれ色の涙(1981年)
  • 決心/夢狩人(1985年)
  • 未来(1976年)
  • 真珠のピリオド(1983年)

« みんなが知ってる歌 | トップページ | 氷の世界 »

音楽」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思秋期 岩崎宏美さん誕生日:

« みんなが知ってる歌 | トップページ | 氷の世界 »