サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 帰ってきたヨッパライ | トップページ | 未来はどこにある? »

2006/02/07

「アニメソングカウントダウン2006」感想

 朝、今月の家賃を払い忘れていたことに気がつき、コンピュータを使ってジャパンネット銀行から振込み。 振込み手数料が普段の半額くらいだった。これならわざわざ銀行まで出かけなくてもいいわ。

 10時40分からの営業では著作権法が問題になった。その後は、200枚の書類整理で一日過ごす。
 途中、3Fの自席に置いていた哲学関係の本を引き上げ、年度末を待たずしてこれで3Fの机からは完全撤退。 あとは2Fの別室においてある私物を持ち帰らなければならない。

 夜。「アニメソングカウントダウン2006」(CX)。
 以下、勝手な感想。

  1.  実写の「アタックNo1」(2005)など認めない。
  2.  「999」('78~'81)や「タイガーマスク」('69)の扱いがあっさりしすぎ。
  3.  堀江美都子(「キャンディ・キャンディ」'76~'79)は偉大だが、口パクではなく、ナマ歌を聴きたかったような気も。
     …いま、キャンディ・ キャンディについて調べててはじめて知った(←遅い)が、 著作権絡みで再放送できないらしい。
  4.  いっぽう、藤岡弘、は、さして歌が上手いわけではないが出演してナマで歌った。主題歌はもともと自分で歌ってた(のち、 子門真人に代わったが)し、実際にライダーの中に入って演じてたし、偉大だ。
     …でも、仮面ライダーはアニメではないのだが?
  5.  持ち歌1200曲の水木一郎は、いうまでもなく偉大だ。声が変わってない。今日は基本の「マジンガーZ」('72)。
  6. 「キューティーハニー」('73)をオリジナルの前川陽子が歌った。私はオッサンなので、倖田來未のは、なじめない。
     …しかし当時4歳の私は何を考えてキューティーハニーを観てたのだろう?
  7.  田中雅之(元クリスタルキング)は「愛をとりもどせ」(「北斗の拳」'84)をナマで歌うが、「大都会」('80) の時のような高音はもう出ない。歌い終わった後、MCの今田耕司がその点を思いっきりツッコんでいたが、やめときゃいいのに。
  8.  「ルパン三世のテーマその2」(「♪あし~もとに~からみつく~」の方。) をオリジナルのチャーリーコーセイが出演して歌った。貴重。私は「♪真赤な薔薇は あいつの唇~」の方はしょっちゅう歌うが、 こっちは歌ったことがない。音程が取れなくて「お経」になりそうである。
    …というか、最近まったく歌いに行ってない。一番最近で去年の8月13日。 あ、やっぱり「ルパン」歌ってた。
  9.  ネロとパトラッシュの死とか、ラスカルとの別れとか、「クララが立った~」とかは、数年前の日曜にテレ朝で爆笑問題が司会でランキング番組やってた時に何べんも観たことがある。
    …やっぱり、映像が切り替わってスタジオに戻ってきた時に、上戸彩の屈託のない顔であるよりは、久本雅美か柴田理恵がボロボロ涙を流している顔のどアップであってもらいたい。
  10.  「タッチ」('85~'87)は、あまり好きではない。ちょうどこの3年間は私の高校時代に重なるが、 きっと、「惚れた腫れた」がうっとうしかったのであろう。 要するに男子校出身者の屈折である。曲は嫌いではないが、 口パクじゃなくてナマで歌ってほしかった。姉に負けるな、岩崎良美
  11.  最後。いかにCXの特番とはいえ、「ドラえもん」(日テレ版'73~、テレ朝版'79~)を無視するのはいかがなものか?

以上。私は69年生まれ。

« 帰ってきたヨッパライ | トップページ | 未来はどこにある? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アニメソングカウントダウン2006」感想:

« 帰ってきたヨッパライ | トップページ | 未来はどこにある? »