サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 婚期絶望 | トップページ | 二日酔いというほど飲んではいないが。 »

2006/03/05

「万華鏡」(1979)と「青春アミーゴ」(2005)…そして「また逢う日まで」(1971)

帰宅は、3月5日午前二時。

今日も営業4つ。もうすぐ終わる。来週土曜の営業をもって、完全撤退である。

午後2時。帰宅。昼寝するも、またうなされる。だれが出てきたのかは覚えていない。苦しい中、起きてみたら、5時50分。 6時半に二番町にいなければならないのに、間に合うのだろうか。

さいわい、ディック竹原店の前でタクシーを捕まえることができ、6時15分着。

危ない場面も3回くらいあったが、暴れないように、保護者3人に囲まれて、平和な1次会。10時まで。

その後、保護者2人と漫才コンビ2人と私とで2次会。

女性は苦手だが、女声は好きだなぁ、と思った11時過ぎ。去年6月25日の本物以来の 「万華鏡」。心癒される4分46秒であった。その筋では有名な、 ラストの「うめき声」まではコピーされなかったけど。
さらに、ドリカムの「やさしいキスをして」なんて、よっぽどのことがない限り絶対聴けないはずの曲まで聴かせてもらった。

次。12時を過ぎたら意見が完璧に一致する、妖怪「年齢詐称」こと5課長Tさんとともに、日付変わって、3次会。

「39歳なんだよ~。」
「えー、30代前半にしか見えなーい。」

…。やっぱり彼は化け物である。

私が、「勝手にしやがれ」で、本日のその店の最高点89点をたたき出したあと、「青春アミーゴ」をデュエットして1時半に終了。

Si 俺達はいつでも2人で一つだった 地元じゃ負けしらず そうだろ
Si 俺達は昔から この街に憧れて 信じて生きてきた


そしてTさんは、独りで4次会に消えていった。

« 婚期絶望 | トップページ | 二日酔いというほど飲んではいないが。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 婚期絶望 | トップページ | 二日酔いというほど飲んではいないが。 »