サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 桂米朝一門会(愛媛県民文化会館サブホール) | トップページ | UNバランスな両脚で取材に歩く »

2006/05/01

本を探し始めた

久々にだらけた休日。8時起床。8時半に、昨日のうちに下書きしていた記事をアップ。

二度寝。

……。

会社のメインフロアで某同僚を一方的に殴る蹴る」 というとんでもない夢から覚めたのは、 11時過ぎのCさんからの電話のおかげだった。
(某同僚≠Cさん)

数日前の記事にミスがあるとの指摘を受け修正。
その後、テレフォンショッキングに出演のデーモン小暮は相変わらず相撲好き。

13時前出勤。Cさんと打ち合わせ。

13時半、O君あらわる。いつものように碁。前半絶好調。ウッテガエシだのオイオトシだのが、バシバシ決まり、 このまま行けば大差で勝利のはず。

…27VS36で負けた。うーん。対局中に「ドラマ」はたくさん作ったのだが。根本的に読みが甘い。

 コンピュータ修理のために出社していたFさんからの指導を受けたのち、17時退勤。O君は、引き続きFさんとの勝負に挑んでいた。 私と3時間やった後なのにまだ打てるその元気は、どこから生じる?

 帰宅後、だらだらと「A列車で行こう3」をやったり、ギター弾いたり、本を読んだりなど。

 しかし、つくづくウチの本棚(の写真が載ってる記事。 )には書評のネタになる本がない。

 「帰ってきたソクラテス」(池田晶子)は、読み始めたらすぐ(渡辺淳一の)「失楽園」とか出てくるから紹介しづらいし、
 「孤独について」(中島義道)は、例によって、死にたくなるし、
 「精神現象学」(ヘーゲル)など、読みきれるはずがないし、
 「『古典』簡単じゃないか」(馳浩)は、もはや絶版だろうし、
 ビルロビンソンの自伝もテリーファンクの自伝もブル中野の自伝もダイナマイトキッドの自伝もスタンハンセンの自伝も、 全部いいこと書いてあるのだが、使えない。

 

 とりあえず今日は仕事しなかったから、明日はちゃんとしよう。

« 桂米朝一門会(愛媛県民文化会館サブホール) | トップページ | UNバランスな両脚で取材に歩く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を探し始めた:

« 桂米朝一門会(愛媛県民文化会館サブホール) | トップページ | UNバランスな両脚で取材に歩く »