サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 給料の半分はCDとDVD。 | トップページ | 今度私どこか連れて行って下さいよ »

2006/10/26

大仁田敗訴と大木金太郎逝去

大仁田敗訴…東京高裁「プロレスはやらせ」認定

…いまさら何をいってるんだか。しかし、上の記事は、今一つ何が言いたいんだかよくわからない内容になっているような気もする。 「やらせ」と認定したんなら、大仁田に賠償させるのはおかしいと思うんだが?今までの経緯をよくわかっていないので、 私の解釈がおかしいのか?

大木金太郎、死す。

…正直、リアルタイムでは観てないので、何とも言い難いですが、合掌。

 

ところで、そんなニュースとは無関係に、

エディ・ ゲレロの自伝を買ってきた。

4757730268.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V38430836_

例によってのエンターブレインの外国人プロレスラー自伝シリーズ

このシリーズには、リック・フレアー、ハーリー・レイス、フレッド・ブラッシーなどがあるが、私が持っているのは、

  • ダイナマイト・キッド
  • テリー・ファンク
  • ビル・ロビンソン
  • ハルク・ホーガン

の4冊。(いや、ホーガンだけは手放した。)

 

400ページ以上に及ぶボリュームのこの本の中には、

  • 93年のトップ・オブ・ザ・スーパージュニアでクリス・ベノワと当たったときは、延髄斬りで自分が負けることになっていた。
  • 96年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの開催前に、ライガーと長州に、「今度はお前が優勝だ」と言われてうれしかった。

とか書いてある。

しかし、あらかじめ勝敗が決まっているからと言って、プロレスがおもしろくないということはないと思うのである。

« 給料の半分はCDとDVD。 | トップページ | 今度私どこか連れて行って下さいよ »

プロレス・格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大仁田敗訴と大木金太郎逝去:

« 給料の半分はCDとDVD。 | トップページ | 今度私どこか連れて行って下さいよ »