サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 今でも通じるタイガーマスク | トップページ | 堪忍袋の緒はほぼ切れている »

2007/10/05

2月3日の激怒、その後。

朝から、16時半まで。

  1. 中学1年の英語について考える。
  2. 打ち合わせ用の資料を作る。
  3. 会議 2時間
  4. F課長と打ち合わせ 50分

昨日の会議もかなりなものだったが、今日のも。今日のは人間関係というよりは、内容が問題。バカ役人が作っただれも幸せになれないシステムについて。

 

帰宅後、大河の「信長」を観る。第10回の今日は、兄、緒方直人信長と、弟、保坂尚輝信行の大喧嘩。

その他、

  • 祈祷師、平幹二郎加納随天は、どの芝居でも不気味。
  • 妻、菊池桃子帰蝶は、相変わらずヒステリック。
  • その妻がイヤになったのか、最初の側室になる女を見つけてしまった信長。

その側室となる、戦で夫を亡くした物静かな女を演じるのは、15年前の高木美保

(最近はすっかりオバさんタレント化してしまったことであるよ)と思っていたが、そんなところに2日前のニュース。

高木美保、15年ぶり女優復帰

…がんばってください。

« 今でも通じるタイガーマスク | トップページ | 堪忍袋の緒はほぼ切れている »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月3日の激怒、その後。:

» 高木美保15年ぶり女優業で農業親任せ [綾瀬はるかさんを応援するブログ]
高木美保が出演するNHK土曜ドラマ「ひとがた流し」の制作発表会見を行った・・・。 [続きを読む]

« 今でも通じるタイガーマスク | トップページ | 堪忍袋の緒はほぼ切れている »