サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 例外的に2人-新日本松山大会(その1)- | トップページ | 例外的に2人-新日本松山大会(その4)- »

2007/10/27

例外的に2人-新日本松山大会(その5)-

第7試合「睨まんといて。こわいから。」

(棚橋&金本VSバーナード&トムコ)

現ヘビー級王者の棚橋103キロ&「ジュニアのカリスマ」アニキ金本83キロVSタッグチャンピオンである150キロのバーナードと130キロのトムコ、という、結構いいカード。

入場時。日本人組、大人気。会場の空気は完全に日本人組がベビーフェイス。

IMG_1638IMG_1636
IMG_1649IMG_1643
IMG_1665IMG_1668
IMG_1736 IMG_1704re

棚橋はヘビー級の王者といいつつ、パッと見、金本と体格があまり変わらない。動きは確かに俊敏でコンディションも良さそうなのだが、ヘビー級らしい力強さが感じられない。

しかし、会場はあくまでも棚橋絶対ベビーフェイス状態で、みんなが棚橋に声援を送っている。

そんなとき、東側から

「トムコ、行けッ」

という声が上がった。

…叫んだのは、誰あろう、である。

するとすぐ前の小学生3人がくるっと振り向いた。

ご、ごめん、そんな、にらまんでもええやん?

しかし、私の声をきっかけに、トムココールが20秒くらいは続いた。

 

結局、外国人組の優位は最初から最後まで続き、最後は、これ以上ない迫力のバーナードのパワーボムで棚橋が撃沈。説得力ありまくり。会場の雰囲気的には不満そうだったが、しかし、あのパワーボムは返せない。

IMG_1779IMG_1781
IMG_1782IMG_1783
IMG_1787re IMG_1797re

 

終了後、ファミレスで夕食→Wさんの家まで送る。

Wさんは、普段でもアドレナリンの出やすい体質ではあるが、この大会7試合をおもしろがってくれたようで、なによりである。

しかし、営業中に要らん話をして客に引かれないように、お互い気をつけなければならない。  

« 例外的に2人-新日本松山大会(その1)- | トップページ | 例外的に2人-新日本松山大会(その4)- »

プロレス・格闘技」カテゴリの記事

観に行ったイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 例外的に2人-新日本松山大会(その5)-:

« 例外的に2人-新日本松山大会(その1)- | トップページ | 例外的に2人-新日本松山大会(その4)- »