サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の23件の記事

2008/09/30

ヘッドホンアンプ製作(その1)

ネットであれこれ見ていたら、

ハンダ要らずのヘッドホンアンプ製作

というページをみつけたので、まねして作ってみることにした。

 

部品は、そのページの記述に従って、秋月電子通商と共立エレショップで通販。

29日1:00に注文して、30日の20:30に秋月注文分は到着。

明日の夜、共立も到着。

004 005

006 008

メーターは、会社に行けばどっかにありそうな気がするが、いちおう自分で買った。が、電池がボタン型電池だったので、とりあえず今日は使えない。

 

ジャンパーワイヤーの取り付け開始。そして完成。

011

ここまでの所要時間、約40分。若干かかりすぎかも。

2008/09/26

TV「SONGS 沢田研二 Part2」(NHK総合)感想

予定を変更。ELT「Door」の感想は後日。

曲目は公式サイトで。

 

3年前の松山でのコンサートの時に素直な感想を書いたら、ファンの人に「テメー、ふざけるな」的なコメントをつけられてさんざん攻撃されてしまったが、感想を言うのは自由だと思う。私はジュリーが嫌いなのではない。

今回はライブではなくスタジオ収録ということもあり、観ていてキツいと感じることはなかった。もちろん若いころのような高音のキレはないが、今の年齢に見合った、出る声で、味わい深く歌っている。

 

ゲストで森本太郎岸部一徳が出ていた。

が、私の歳(1969年生まれ)だと、岸部のベーシストとしての素晴らしさはわからず、すぐ横に木村拓哉がいるのではないかと探してしまう。ベーシストとしてのいかりや長介を知らないのと似たような話か。

 

さらに、バックで加瀬邦彦がギターを弾いていたが、私が無知なので違和感。この人を見ると、「想い出の渚」か、加山雄三しか、思い浮かばないのだが、長い間ジュリーのプロデューサーだったそうで、作曲もたくさんやっている。「TOKIO」と「恋のバッドチューニング」はどっちも糸井重里の作詞の方がインパクトが強いが、作曲は彼である。

 

 

先週放送のPart1も観た。こないだ朝日新聞でインタビュー記事になっていた「我が窮状」とか、デビュー曲の「君をのせて」とかを歌っている。

前にも書いたが、そうとう歳をとってからでもデビュー曲が歌える歌手は幸せだと思う。岩崎宏美も松田聖子も中森明菜も、売れたのは2曲目からだし、美里なんかデビュー曲歌ってるところ観たことないし。

 

ジュリーの還暦ドームツアーは、11/29(土)京セラドームと、12/3(水)の東京ドーム。

 

その気になれば京セラドームは行けなくもないが、行った場合はその日は泊まりになるわけで、そうなると翌日が翌日なので、やっぱり行かない。

 

関係ないが、最近になって複数の人から、「岩崎宏美のディナーショー(ホテル奥道後。12/14)は行かないのか」と聞かれた。

チケットはローソンチケットでも発売開始になっているが、私がそれを最初に知ったのはもう3ヶ月も前のことだ。

やっぱり3万円は高いので、行かない。

2008/09/24

DVD「岩崎宏美・岩崎良美 Precious Night」感想

今日、ELTのDVD「Door」と同時に到着した。

内容にいく前に、再生環境について。

先日購入したソニーのブルーレイレコーダー「BDZ-T70」と、旧来の東芝のHDDレコーダー「RD-XS38」で、それぞれ再生してみたら、

東芝はソニーに比べて、人物の輪郭がやや不鮮明。

しかしこれは、レコーダーの性能ではなく、東芝はS-VIDEO接続でありソニーがD4接続であるという、接続ケーブルの違いによるものではないかと勝手に推測。

さらにソニーの方が、全体的に映像の赤みが強いような気がする。これは、DVD再生時のみならず、ふつうにHDD録画した映像などでも同じ。

 

次に、DVDのパッケージ関係とか。

パッケージの写真はライブの時の様子がよくわかって、いい感じ

003

だが、中に入っているのが曲目リストのみのペラ紙だった

002 004

のが、残念。

あと、収録音声が、ふつうのリニアPCMだけで、ドルビーデジタル5.1chじゃなかったのも残念。このDVDと同時に到着したELTのライブDVD「Door」は、この点はクリヤーしている。

 

内容。

今回のライブはフルオーケストラ。

Disk1は主に良美。

客観的にいうとヒット曲が少ないのが痛いところだが、歌のうまさは間違いない。

個人的には、

  1. 「タッチ」はオーケストラじゃなくてふつうのバンドで聴きたかった。オーケストラも決して悪くはないが、原曲のハネ具合が消えてしまったのが、ちょっと。
  2. 「シェルブールの雨傘」とか「恋は水色」とかが、曲名見ただけではどんな曲かわからない自分の知識のなさ。いや、聴いたらもちろん知っていたが。
  3. これも決して下手だったりすることはないのだが、フランス語で歌うのが、イマイチ、ピンと来ない。
    …と思ってみてたら、直後のMCで宏美がその点を思いっきりツッコんでいた。みな思うことは一緒か。

 

Disk2は主に宏美。

演った曲は、ほぼ、既発売のアルバム「PRAHA」とかぶっている。

安定感は相変わらず。

 

全体的にみると、平均点以上はあったが、だいたい予想通りだったといえなくもない。MCでの姉妹の掛け合いがおもしろかったということは間違いなく言える。

 

明日は、ELTのDVD「Door」のレビューを予定。

2008/09/21

ただひたすら寝る。

21日(日)

1回目起きたら12時。

2回目起きたら19時半。

もう何が何だか。

次のまとまった休みは、来年の夏休み。

2008/09/20

本日、未熟者

あがいて もがいて 1日がゆく
わめいて ほざいて 1日がゆく
さからい はむかい 1日がゆく
当たって 砕けて 1日がゆく
いい加減に悟ればどうかと 低く招く誘い 蹴れば
掌は返る 敵(かたき)は増える
それでこうして やさしい人をおろおろと探しているんです
野望はあるか 義はあるか 情(なさけ)はあるか 恥はあるか
あいにく本日、未熟者 わたくし本日、未熟者
あいにく本日、未熟者 わたくし本日、未熟者

Googleで「本日、未熟者」。動画とか歌詞とか。)

 

12:05 出勤。

タバコ→コーヒー。

インストール。

インストール待ちの間に、タバコ→コーヒー。

インストール終了後、別のソフトをインストール。

インストール待ちの間に、タバコ→コーヒー。

インストール終了後、別のソフトをインストール。

インストール待ちの間に、タバコ→コーヒー。

インストール終了後、別のソフトをインストール。

15:00 退勤。

 

一文字で表される病、昨日の夜から発病中。

座らなくても痛い。

くしゃみしただけで、響いて痛い。

重症。

メディコ21で注入軟膏を買って帰って、安静。

2008/09/19

明日、出社拒否

今回は壊れない予定だったのに、結局、壊れた。

4時過ぎ頃。会議中。

資料に目を通す。

相談できる相手がいないこともないが、その相手にすら、『あれ出せ、これ出せ』、『コンピュータが壊れたから直せ』と言われ、「自分は必要とされていない時は全く必要とされないが、いったん必要とされると死ぬほど必要とされる」と感じているオッサンがウチには一人いるが、孤独感から自殺しようと思うことはなく、みんなどうせ死ぬしと思っているので、気をつける必要はない。

森山直太朗は正しいと私は思うよ。

 

会議終了直後。

某:「某データベースが開けません。」

調べてみたら、壊れてた。原因不明。

 

 

朝。出勤後。タバコを吸っていると、昨日ウイルス問題を解決したはずの同僚Aが来て言う。

「やっぱりまたウイルスが出るんですが。」

…くそっ。

9:45からの営業の準備が間に合わない。先に準備して、営業行ってから、10:40に戻ってきて彼の席の近所に移動して、調査開始。

 

この人が罹ったウイルスは、mmvo.exeというもので、

PCを起動すると、ノートンアンチウイルスが起動して、検出はしてくれるが、削除に失敗し、フリーズ。

その繰り返し。

対策ソフトが効かないので、手作業で修復しなければならない

そのやり方はここのブログに詳しく書いてあったので、その通りにやったら、解決した。

(私のこの記事には解決法についての有意義な情報はないので、「mmvo」で検索してこの記事に来た方は、上のリンクにいくとよいでしょう。)

 

しかし、手順通りにやっても、一度ですぐ削除できるとはかぎらず、同じ手順を繰り返さなければならない。

その途中で操作をちょっとでも間違えると、消したはずのウイルス関連ファイルがすぐに復活。

「うわぁぁっ」

…2度目にウイルスが復活した時、大声を上げてしまい、その場にいた同僚Aと同僚Bに状況を報告。

同僚AはこのPCの持ち主、同僚Bは、休日中に電話をかけてきて「パソコンを直せ」といった人物である。

 

そこへ社長が出現。

「社長室のプリンタで印刷したら、かすれるから、何とかしてくれ」

(…。イヤ。プリンタトナーのことはもうオレは知らんっ)

 

しかし私はそこにいた3人に言ってみた。

「AさんとBさんと社長と、だれのを一番先にやったらいいですか?」

「ボク。」

自分のことしか考えないのは同僚Bである。

私:「何で自分のことしか考えないんですかっ!」

B:「人間、みんなそうやろ。」

平気でこういうこと言う奴のは、後回しにする。

 

 

今日のウイルスは、同僚Aが客から預かったUSBメモリを介して感染したものである。そしてここ最近の別の人たちのウイルスは、原因不明のものもあるが、原因が特定できているものもある。

 

コンピュータウイルスは病気と似たようなものだから、

「何でオマエは病気に罹ったんだっ!」

と責めるのはよくないかもしれない。

しかし、たとえば土砂降りの雨の中、素っ裸でそこに立ってたらだれでも風邪をひくだろう。

避けられる危険は避けてもらいたい。

他人の明らかな不始末の後始末をさせられるのはごめんである。

 

タバコを吸いつつ、そこらにいた人にそういうことをグチっていたら、それを笑い話に変えてしまう、今日の会議でしゃべったどっかの副部長たち。

タバコ部屋で大声でキレる私。

さすがに謝るどっかの副部長。

 

その直後、あいかわらず空気を読まないどっかの副部長出現。

「ウチの会社のホームページのアドレスはこれでええん?」

しらねーよ。ホームページ管理はもうオレじゃねーよ。

そんなこと、自分とこの部長にきけよっ。

 

みんな、私を利用するだけ。

みんな、嫌い。

2008/09/18

どうせ疲れるなら自分のことで疲れたい

朝から、

  • あれ出せ。   
  • これ出せ。   
  • それ出せ。   
  • ネットワークにつながらんから診てくれ…あ、つながった。   
  • コンピュータが壊れたから直してくれ。

今日唯一の営業から帰ってきたら、そのとたん、

  • ウイルスに感染したから診てくれ 

 

みんなが私の邪魔をする。

2008/09/17

無理やり電源ボタンの長押しで電源を切った

15日(月)

7時出勤。即、PCを屋外に持ち出して、設定。

その後、抱えていたPC3台の修理とか新規インストールとか。

14時~16時。屋外に持ち出していたPCを雨から守りつつ、やがて撤収。

帰宅後疲れてすぐ寝た。

 

16日(火)

10時半起床。運動会日和の晴天だが、今日は運動会ではない。

12時。PCデポで交換用のHDDを購入。その後出勤。

今日は代休だが、PC室の壊れたパソコンを直しておかなければ、18日の営業に間に合わない。

前日、壊れたHDDを取り外して確認したところ、ジーッジーッという異音がしていた。状況的には、7/16の記事の時と同じ。

直接の原因は、客が、PCを使っていてフリーズしたときに、やけを起こして無理やり電源ボタンの長押しで電源を切ったかららしい。

ただし、今回はノートパソコンではない。また、イチからWindowsその他を再インストールするのはめんどくさい。

とりあえず、PC室に行き、壊れていないHDDを取り外す。

しかし、この人里離れた部屋で床にはいつくばりながら独りでパソコンを修理するのは孤独だ。

 

タバコを吸いに行くと、とある仕事で出社していたどっかの副部長が定位置にいたので、年がら年中パソコンの修理をしているにもかかわらず今回の一連の修理に限ってきわめて不愉快だったのはどうしてか、その真の理由をきいてもらった。

 

そして副部長は帰っていったので、その席でこれdo台マスターを使って、まともなHDD→新規購入のHDDのコピーを開始した。

コピーが終わるまで、45分間待たなければならない。

ちょっとだらだらしていよう

と思って、部屋を出た瞬間、

「解かなくていいから、何分かかるか、教えてください。」

例によって例のごとく、Y君から書類チェックの依頼。

1分で終了。

 

その後、

五十崎で凧合戦がどーたらこーたら、歴史博物館まで行くのはどーのこーの、谷上山なんか今さら行ってられるかばかやろー、

という会議をやっているところに乱入。

 

この1週間ほど、他人と会話らしい会話をろくにせず、

こわれた、こわした、こわされた、なおした、なおった

以外の単語を発していない私としては、

この人たちと自分は本当に同じ会社の人間だろうか?

と疑問に思った。

 

15時。コピー終了後、取り付けを終え、設定も終了したので、退勤。

 

17日(水)

今日も代休。今日は出勤する気がない。iTunesで曲を聴きながら、部屋を片付けたり録りためた番組をHDDからDVD-Rへダビングしたり。

しかし、HDDレコーダーの調子が悪い。

ダビング中、0%からいっこうに先に進まず、そのうちにダビングとは無関係にチューナーで表示しているはずの画面も、フリーズしてしまう。

しょうがないので、

無理やり電源ボタンの長押しで電源を切った

こないだDVDドライブは交換したばかりだから、この現象はきっとHDDの方に問題があるのだろう。早いうちに交換しなければなるまい。

 

携帯電話の充電が切れたまま、約1週間が経った

そろそろ充電でもしてみるかぁ

充電開始。

着信あり?昨日の昼?

留守番サービスをきいてみると、

ネットでいろいろ見てるうちに画面がフリーズしたから、

無理やり電源ボタンの長押しで電源を切った

ら、その後、再起動したら青い画面が出た。

どうしよう?

 

せっかく2連休だってーのに、てめー、ケンカ売ってんのか?

私の携帯電話にはろくな電話はかかってこない。

とりあえず明日だ。

 

17時。外出。明屋平田。

B’zの新しいベストが店内に流れる中、

工藤静香のみゆきカバーアルバムにちょっと惹かれ、

オムニバスコーナーの、

懐かしの「平凡ソング」ヒット・パレード Vol.4 昭和50年代・60年代合併号にかなり惹かれたが、

最近CD&DVD買いすぎなので、ここは保留。

 

その後、コンピュータ→哲学・思想→プロレス→クルマ→カメラと移動して、文庫コーナーへ。

(しかし我ながらほんとに小説読まんなぁ)と思いながら、

新潮や角川や集英社などをスルーして、

ちくま&ちくま学芸にまっしぐら

(ま、もう仕事で本探す必要もないし。去年とかおととしとかひどかったなぁ。おととしはMさんがいっしょうけんめいやってくれたからまだよかったけど。)

とにかく、いろんな意味で、おととしはひどかった。

 

で、ちくま学芸の中でも背表紙が青い数学系の本(「角の三等分」・「不完全性定理」・「やさしい微積分」など)をパラパラめくっていたら、

すぐ目の前で私に手を振っている人がいて、それはMさんだった。

2008/09/14

追い詰められる私とS君

ようやくピークを過ぎた。

最高時は、机の上にノートPCを3台起動させて、同時に修復作業。

しかし、まだ未処理のプログラム修正や要メンテのPCを抱えている。

 

昨日は6:50に母校へ行って後輩の面倒を見たあと、出社して、上記のノートPC修復の続き。

それが一段落したので、PC室にこもって、今度はプログラム修正を開始。

 

ふと気づくと、部屋の中にNさんがいた。

???

なぜNさんがここにいるのだろう?

 

疑問に思いつつプログラムの修正を続けたが、コードをどう修正しても、全然まともに動かない。

 

次にふと気づくと、すぐそばに、Nさんと彼の奥さんと子どもたちがいた。

???

おかしい。この部屋に彼らがいるのは絶対おかしい。

もしかすると、これは…、

 

そこで、目が覚めた。

疲労感は現実に作業する時と一緒かそれ以上だが、もちろんプログラムの修正は全く進んでいない。

もういや。

今日よかったことは、20年後輩のN君と久々に話ができたことだけ。

 

 

今日の午後。母校のパソコン部員たちは、明日の運動会の得点集計プログラムを作っている。

正確に言うと、部長が一人で作ってて、他の部員は周りでそれを見守っている。

例年より完成が遅れているのだが、

今まで何やってたんだっ

とか

早くしろっ

とかは、私は言わない。まともに動くプログラムを書くのがいかに大変かを知っているからである。

 

で、作成中の部長が、

「85に40足したら、いくつだっけ?」

と言うので、

部員Aが、

「125」

と言うが、

部長はそれを聞いておらず、

「うーん、130かぁ、…あ、違う」

と自分で言う。

 

それを見ていた部員Bが言う。

「独り言、デカッ」

 

その言葉を聞いた瞬間。

私:「プログラム組んでる最中はなぁ、独り言いうぞ、みんな

部員C:「そうや、そうや、オマエは組めないからわからんやろけどな。」

部員A:「ちょっと黙っとけ」

私:「あのなぁ。追い詰められるとわけわからんようになるんやぞ。」

…みんなでいっせいに部員Bを追及。

 

で、それが落ち着いた後、部員たちが言う。

C:「でも、プログラムとか関係なく、ウチの学校の国語の先生、独り言言う人多いよなぁ。いっつも職員室でしゃべってる。」

その話は、やめようよ。

 

C:「あと、国語じゃないけどM先生とか。」

A:「あの人は天才やから、ええんじゃないん?」

私もそう思う。

2008/09/13

どれでも貸すよ

昨日の午後。ウイルスで再起不能になったPCにウィンドウズをクリーンインストールしたいのに、なぜかCDROMを認識せず、イライラしている最中。

「行くのはイヤだ」と連日書いてたら、向こうからやってきた。

ここ数日私はアタマがおかしいので、警戒心全開である。

今度は、何だ?

「送ったはずのデータが送られていない」か?

または、

「ウイルスに感染したので何とかしてくれ」か?

 

どっちでもなかった。

  1. 「『第40回思い出のメロディー』での、研ナオコの歌う声がガタガタで…。」
  2. 布施明のカバーアルバムには手を出さないのか?」

ちょっと前なら、振り向けばすぐできた雑談だが、今は、私が

僻地住まい

なので、わざわざ言いに来てくれたらしい。

 

1は、第39回は観たし、第38回も観たが、今年は選曲が私の世代的には若干ズレていたのと、ズレてない曲もあまり興味がなかったので、観なかった。

研ナオコは今でもライブをやっているようなのに、どうしたんだろう。

 

2は、帰宅後、iTunes Storeで試聴してみたが、

「選曲はいいのに、アレンジが、全曲おんなじ感じでしかもスローで落ち着きすぎ」の印象。

購入はせず。

(いろいろな楽曲ダウンロードサイドで試聴できるようだが、その中から、MUSICOの該当ページ。)

 

今年は8月以前はコンサートなどに行きまくったが、9月以降は、こないだの歌舞伎と11月末の宝塚のみ。

その代わり、CDとDVD買いまくり

  1. 鈴木祥子のニューアルバム「Sweet Serenity」
  2. 浜崎あゆみのベストアルバムBOX
  3. 中島みゆきの旧譜、全部。(それ関連のこないだ書いた記事
  4. 岩崎宏美&良美のジョイントコンサートDVD「Precious Night」
  5. 岩崎宏美のカバーアルバム 「Dear FriendⅣ」
  6. 竹内まりやの3枚組ベストアルバム「Expressions」
  7. 渡辺美里のセルフカバーアルバム「Dear My Songs」
  8. 松田聖子の今年のライブDVD「SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2008 My pure melody」
  9. ELTの今年のライブのDVD「Door」

 

無茶苦茶なまま、2009年へ突入。今度の正月は帰省不可。

2008/09/12

同じことを何度も言わせるな

昨日に引き続き、不愉快なこと多数。

情緒不安定のピークは昼過ぎ。

そこらへんにいた他の人たちが、全員、敵に見えた。

私を助けてくれる人は、2Fにはいなかった。

 

今日は、客の中にも、PCを壊したまま立ち去っていくような勝手な奴がいたが、それ以上に、社員の勝手・わがまま・思慮のなさにふりまわされた。

 

明日の朝は、6時55分出勤予定。

2008/09/11

先輩思いの後輩たちと、後輩思わずの先輩たち

会社と母校を往復する毎日。

会社は仕事が一段落しているので、旅行のしおりの作成を開始。しかしなかなか集中して作業することができない。

とにかく、今回の参加者は、

  • 男は、13名確定。そのうち1人だけ個室希望。1名は未定。もし来るなら、彼は個室ではない。
  • 女は、4名。個室はいない。

である。

間違った。現在、確認中。

 

一昨日の夕方。母校のパソコン部室。

部長が、1000円札を2枚手に持って、ヒラヒラさせている。

私:「何それ?オレにくれるん?」

部長:「いや、Tシャツ代、集めたんで。」

彼らは文化祭当日にTシャツを着るらしい。

私:「Tシャツかぁ。いいなー、オレのは、ないよなー。」

部長:「…いや、実はあるんです。ぎりぎりまで黙ってて、文化祭当日に渡そうと思ってたんですけど。」

私:「おぉぉ。」

部長:「お金はいいですから。」

私:「いや、それはダメだ。払う。」

…。なんて先輩思いの、いい後輩たちなんだろう。私は嬉しいよ。

 

 

それにひきかえ、会社。

同僚A:ウイルスに冒された。→「システムの復元」を停止して、セーフモードで起動して、スキャンして、見つかったウイルスを削除して、解決。軽傷。

 

同僚B:やっとの思いでようやく直ったはずのPCを返却したら、しばらくしてやってきて言う。

「英語が出るんです。」

わからん。

「英語が出るんです」だけでは何のことだか、わからん

普通の状態のPCでも、起動時の一番最初にはBIOSの読み込みやメモリチェックの時に英語で表示されている。

私:「何がどのタイミングで出たんですか。ウインドウズのロゴ画面が出る前?後?」

同僚B:「うーん、前?」

断じて近寄りたくないその付近に、今日もまた行くはめになった。

いろいろ調べて見た結果、8日の記事に書いたソフトで直ったと思っていたのに、LANケーブルを接続した瞬間、ノートンがウイルスを2つ検知し、さらに、何にも触ってないのに、そのまま再起動してしまう。

LANケーブルを抜いた状態だといちおう大丈夫だが、もうだめだ。完全にクリーンインストールした方がいい。

 

そして、タバコ部屋でキレる私。

私:「たとえば医者が患者診るときにさぁ、どこがどう痛いか言ってくれんと、診ようがないやん?『英語が出るんです』だけでわかるかっちゅうねんっ(怒)」

その場にいたO:「今までいろいろやってこられたから、Yさんなら何とかしてくれると思ってるんじゃないですか?」

私:「オレのせいか?オレが悪いんか?」

O:「い、いや。」

何の関係もないのに私にやつあたられるO君も気の毒である。

 

そして、ちょうどそこにいた同僚Cは、昨日私に言った。

「夏休み中に自宅のパソコン使って韓国のサイトで動画をダウンロードしたくらいから動作が遅くなったような気がする」

 

ったく、どいつもこいつも。

 

外国語のサイトが全部危ないとか言うつもりはないが、きちんと読めないからといって適当にクリックしていたりすると、非常に危険である。

 

 

しかし、機嫌が悪いのは、私だけではなかった。

午後。2時だか3時だか。

廊下で、向こうからあるいてきた某同僚が、すれ違いざまに言う。

「昼ご飯食べ損ねたから、機嫌が悪いっ!」

…。

何のアピールなんですか?焼きそばパンとか買ってきましょうか?

 

 

夕方。母校に戻ると、文芸部員の女の子がうろうろしている。

私:「どうしたん?」

女子:「今日の準備作業が終わった報告書に顧問の先生のサインが要るんですけど、みかけませんでしたか?」

私:「その先生なら、さっき、

『疲れたー。印刷が終わった。私の今日の仕事は終わりましたっ』

とか言いながら、燃え尽きて帰って行ったぞ。」

女子:「えー。じゃあ、もう一人の顧問の先生は?」

一緒に探しに行ったが、どうやら別の用事でそのフロアにはいなかった。

私:「しゃあないなー。代わりにオレが書いといてやるよ。」

女子:「え、いいんですか?」

私:「ま、文芸部員もパソコン室で作業してたし、大丈夫やろ。」

女子:「ありがとうございます。来年、顧問やってください。」

私:「それはイヤ。」

彼女たちが昼のうちに顧問の先生と連絡をとってないから、こういうことになるのである。パソコン部は規則遵守をモットーにやっていきたいものだ。

2008/09/10

松たか子基準

9日(火)。

県民文化会館 メインホール。

松竹大歌舞伎

3年連続3回目。

急に「レポートを直せ」と言われて「無理」と答えた、その30分後。

Mさんに、

「今から、松たか子パパ観てくる。」と言うと、

「それならわかります」と言われた。

特に歌舞伎に興味がない若い人には、「幸四郎」では、通じない。

 

18時前。少し道が混んでて、ホールに着いたら駆け込んで、幕が上がるのと同時に着席。

しかし、着席してしばらくすると、眠くなった。しかもカラダのあちこちがだるい。芝居がつまらなかったのではなく、前日と前々日のウイルス対策による寝不足と、営業疲れのせいだと思われる。

今日の演目は、

一、芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)

二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)

芦屋道満大内鑑(あらすじはここ。)は初めて観たが、話の内容もわかりやすく、また、「全員集合」のDVDで観たことがあるのと同じような早変わりとか、その場で障子に字を書いていく曲書きとかに感嘆しながら観る。

例によって、長唄の内容が自分ではきちんとは理解できないのだが、イヤホンガイドを借りていたので大丈夫。

客入りは、去年もさびしかったが、今年も同じ程度。1Fの後ろ7,8列が空席。2Fから上も、多少は入っていたが、もう一つ。

勧進帳は、おととしもそうだったが、幸四郎の(特に酒を飲むシーンでの)顔の表情や(それ以外の場面でも)一挙手一投足に惹きつけられた。

私の座った席は、1F8列目32番で、ここはちょうど左右のど真ん中でしかも適度に前。幸四郎が舞っているとき、ド真正面に見えて、とてもよかった。

が、今年は過去2年に比べて、演目が少なく、その点でちょっと物足りないという感じもあった。

また来年あったら行く。

 

で、今日。Wさんに、

「昨日歌舞伎観に行って、幸四郎の『勧進帳』観たんですよ」

と言うと、

「幸四郎?どれ?染五郎?だれ?どれ?」

と言う。

松たか子の親です。」

「あぁ、『ラ・マンチャの男』を演る人。」

特に歌舞伎に興味がないそれほど若くない人の場合、前の名前と、ごっちゃになるらしい。

2008/09/09

ちゃんとしてくれ、3Fの人々と真ん中の一人。

13:30。明日の営業の準備で、資料作成中。

私の席にやってきた人が言う。

某:「近況を聞いてやるから、そこに座らせろ」

…ではないな、やっぱり。

 

某:「データを送信しようとしたら、送信した記憶がないのに、『すでに送信されています』って出てくるんですけど。Oさんは私に任せるって言ったし。」

理由なく勝手にデータが送信されてしまうようなことになっているのなら、それはそれで非常にまずいが、しかし7月末とかそれ以前に誤送信したのだとすれば、出力帳票に印字されてるはずなので、だれかがそれを見て、異常に気づきそうなものである。

私:「自分が、今日か昨日かに一回送信したのを、忘れてるんじゃないですか?」

某:「いや、絶対、送信してません。」

 

この人の席のあたりにいくとろくなことがないので、できれば行きたくないのだが、このままほっとくと明日困るので、仕方なく、移動。

そして、エクセルのワークシートの内容をチェック。

やっぱりどう考えても、自分で送信したことを忘れてるとしか思えない。

 

その時、彼が出現し、言った。

「どうしたん?」

「いや、データが…。」

「あ、送ったよ。」

 

「任せた」んやなかったんかい。

担当者同士、ちゃんと話しあっとけ。

ワケのわからんことで私を呼ぶなっ。

 

 

16:00。同僚Kちゃんが通りすがりに私を呼ぶ。

「某データベースのレポートが正しく出てないんですけど。」

調査。

…。

出るはずがない。これもまた「2006年問題」の余波だが、このレポートは今までに修正した記憶も記録も一切ない。

 

私:「いつ要るん?」

K:「この後、5時からの会議です。」

また、今日の今日かよ。

Y:「無理っ。部分修正なら何とか。」

K:「じゃあ、こっちで何とかします。」

 

しかし、このレポート、この感じだと、去年もまともには出てなかったはずである。

きっと当時の担当者たちが2人とも適当だから、適当に処理したのだろう。

しかし私はいい加減な連中は嫌いである。

2008/09/08

ひたすら壊れる

昨日は26時まで、ウイルス駆除のために闘った。

一応解決したと思ったので、ノートンで完全スキャンをかけて就寝。

 

今朝。6時半起床。コンピュータを起動。

…。

直ってない。

 

14時半過ぎ。Oさんが言う。

「某データベースに入力したいので、ショートカットを作ってくれ。」

彼の言いたいことを翻訳すると、こうなる。

GHCヘビーを獲ってNOAH・新日・全日の3大メジャーを制覇した佐々木健介の今後の展開について話をしたいので、ちょっと来い。」

 

部屋を移動して、

  • ショートカット作成。所要時間30秒。
  • 今後の予想。所要時間10分。

 

夕方。

コンピュータ室の某PCの中に「アンチウイルス2009」を発見してしまった。

実際にはウイルスになど冒されていないにもかかわらず、

「ウイルスにやられたよ、駆除するためにはここをクリックしてソフトをダウンロードして、ついでに金も払ってね」

とかいうメッセージを出す、のソフトである。

ところが、本物の「ノートンアンチウイルス2009」も存在するという点が面倒である。

現在ははっきりした症状は出てきていないが、どのみち早く削除しなければならない。

 

19時帰宅後。

今朝直っていなかったPCの修復の続き。

こっちは「XP Antivirus 2008」である。

「Your computer is infected!」の警告を出すインチキアプリの削除法

というページに出ていた、「SmitfraudFix」というソフトを使ったら、どうやら解決したらしい。あー、めんどくさかった。

 

そのうち自分が病気になるような気がする。

2008/09/07

やっぱり壊れる

今日は日曜日。起きたら8時15分。

母校の文化祭の準備の手伝いに行かなければならない。

「8時半に行く」といったような気がする。

8:32。すでに彼らは部屋のカギを開け作業に入ろうとしていた。

パソコン部の連中は、全体的にマナーがよいので、あまり心配することはない。

2時間ほどいたが、特に問題はなかったので、10:40、部長にひと言告げていったん帰宅。

 

12時過ぎから、また寝てた。

 

17時、起床。戸締まりのためにもう一度、学校に行かなければならない。

17:25。あれ?18時まで作業だと思っていたが?

とある都合で急に17:25までに変更になったらしい。

例によって彼らはきちんと自分たちで戸締まりをして帰ろうとするところだった。

今来たばかりだが、カギを受け取り、もうこれで今日は終わりだ

と思った。

 

その足で、会社に出向くと、彼につかまった。

ウイルスに冒されてぐちゃぐちゃである。

「自分で直した」と言っていたが、直っていなかったらしい。

まるでガンが転移するかのごとく、あれやこれやエラー出まくり、突然ブルースクリーン出まくり。

どうせなら、昼寝してた昼間のうちに呼び出してほしかった。

 

17:30~20:30 解決すべく様々な努力。

結局解決しなかったので、私が持ち帰り、今日やってた「ゼブラーマン」のゼブラナースのシーンだけ観ながら、現在も調査中。

2008/09/06

とにかく壊れる

昨日の夕方。

母校のパソコン部をのぞきに行ったら、後輩たちが困っていた。

こないだ買ったばかりのタワー型のパソコンの電源が入らないらしい。

あれこれみてみたが、とにかく電源が入らないので手の出しようがない。

「電源が壊れたのだろう」と判断し、帰りにPCデポによって、「剛力プラグイン450W」を購入。6980円。

 

今日の昼過ぎ。持っていって、彼らに渡し、取り付け作業開始。

取り付け完了。

電源スイッチオン。

…。

点かない。

あせるパソコン部員と、トラブルには慣れきっているのであまりあせらない私。

もう一度点検。

…。

電源スイッチからマザーボードへのケーブルの接触不良だった。

こないだのウチのHDDレコーダーのフレキシブルケーブルが緩んでたのとほぼ同じ状態。

電源はもともと壊れていなかったらしい。

 

というわけで、もともと付いてた壊れていない電源が余った。

部長:「これ、ほしい人?」

部員A:「ハイッ」

部員B:「ハイッ」

私:「ハイッ」

全員:「どーぞ、どーぞ」

また、ダチョウ倶楽部になってしまった。

2008/09/05

「タバコくれ」と言われても、あげない。

というわけで、朝からいろんな人がやってきた。

8:25~8:35の10分間に、

  1. 某データベースがまともに動かない。
  2. 某データベースのレポートに不備があるから直せ。
  3. とある件に関して順位を出してほしいが、すぐ出るか?

私のところに来るのはこんなんばっかりである。

 

1は、15分ほどですぐ解決。

2は、「急ぎますか?」と聞いたら、「いや、そんなに急がない」というので、後回し。例によって部長は無茶は言わない。

3は、アクセスでクエリー作って即解決。

…と思ったが、その結果を、どっかの課長Aのところへ持っていったら、今度は某書類を出せと言う。

しかしそれは「2006年問題」が関係しているので、データベースを修正しなければならない。

「急ぎますか?」と聞いたら、「締め切りは火曜だが、できれば急いでほしい」と言うので、(じゃあ、明日の午前中に、ミスがないかゆっくり確認しながらやろう)と思いつつ、9:45からの営業に行った。

 

10:40。営業から帰ってきたら、どっかの課長Aが言う。

「ごめん。今日の昼に提出せないかんことになっとった。」

…。

てめー。

 

そこらへんにいたどっかの室長Bに、「Aさんのせいで、3倍速で働かないかんのですよ」と、課長Aの段取りの悪さをグチると、室長Bは言う。

「でも間に合わせてしまうんやろ。だからみんな頼みに来るんですよ。『できません』て言えば?

…。他人事みたいに言うが、自分もついこないだハードディスク壊れて私に直させたくせに。

 

で、データベースの修正を開始。

途中、課長Aに経過を報告しにいったら、関連するデータベースを課長Aが開いている。

このままではいずれ修正が効かなくなるので、

「閉じてください」

と言った。

「あ、はいはい」

 

自席に戻ってしばらく作業を続けていたが、妙に動作が重い。

調べてみると、レコードロックファイルができていた。

まさかと思いつつ、課長Aの席に行ってみると、

開きっぱなし。

しかも、本人不在。

…。てめー。

(タバコ吸っとったりしたら許さんぞ)と思いながら、探しに行ったが、行方不明。

 

タバコ部屋から戻ってくると、どっかの課長Cが私を呼ぶ。

「コンピュータがトラブった」

んじゃなくて、

「近況を聞いてやるから、そこへ座れ」

…。抜き打ち面談、開始。

本当なら、「あーだこーだあーだこーだ」、話す内容はあったが、最初の「あー」を話し終わったあたりで、目の前を課長Aが通過。

お忙しい中せっかくやってもらった面談、3分で終了。

 

その後も、もろもろあって、ようやく何とか間に合った。

 

夕方。別件で外出していた副部長が帰ってきて私に言う。

その書類の締め切りは、もともと火曜じゃない。

…。

彼がスケジュール管理ができない人であることは、私がまだ3Fにいた去年やおととしで十分わかってはいたが、

でも、ちゃんとしてほしい。

2008/09/04

しゃべってない

ここ3日間くらい、ひととほとんど会話してないような気がする。

3日続けて10分ずつ、計30分くらいしかしゃべってないような気がする。

2008/09/03

直った。その1 RAIDハードディスク

1日の記事で壊れていたHDD、バッファローの「HD-Q1.0TSU2/R5」。

30時間かけて復旧ソフトでデータ復旧を試みたが、その途中で、HDDからピーという音が鳴り、そして前面のランプ5つのうち、右端の一つが赤く点灯した。どうやらHDDが1台完全に壊れたらしい。

001re

フィットとプリウスのチョロQに深い意味はない。

 

このハードディスクは250ギガ×4つが、RAID5になっている。

RAID5というシステムは、1つのHDDが壊れただけなら、それだけを交換すれば残りの3つを使って全体を復旧してくれる。

PCデポで6980円でハードディスクを購入。

005

取扱説明書に従って、交換。

交換した後、電源を入れたら、自動的にリビルド(=修復作業)が始まった。

1時間45分後、終了。

コンピュータにつないだら、何事もなかったように元通りに使えるようになっていた。交換した後で復旧ソフトでどうのこうのとかする必要があるのかと思っていたが、何もする必要はなかった。助かった。

直った。その2 東芝HDDレコーダー RD-XS38 DVDドライブ 交換 換装

(本記事は、RD-XS38のDVDドライブを交換した話です。いっぽう、RD-XS38のHDDを交換した話はこちらです。(2009/08/15追記))

 

実は昨日、ブルーレイレコーダーを買った。そっちの話は別記事で書くが、昨日の午後から夜はその設定に費やした。

そして今朝。出社してみると、自席に、HDDレコーダーのDVDドライブとHDDの交換方法に関する何かの雑誌のコピーが置いてあった。

こんなのを置いてくれるのはFさんしかいない。

1日の記事で不調だった、私が持ってるRD-XS38は、その記事中には載ってなかったが、基本的には似たようなものだろう。その後、ネットで調べたら、RD-XS38のドライブ交換に成功したページがあった。どうやらパナソニック製のドライブならよさそうだ。

 

ちなみにデオデオで買ったので、5年保証の期間内ではある。

でも自分で直してみる。

 

退勤後、PCデポで、内蔵型HDDを物色。

007

9980円で、IODATAのDVR-AM16CVというドライブを購入。

箱の側面に、搭載ドライブ「SW-9576」パナソニックと書いてあった。

より正確には、SW-9576-Cらしい。

011013

023

左が新、右が旧。そっくり。旧の方もパナソニック製だった。SW-9574-E。

 

026  014

ベゼルは不要なので外した。

背面3箇所、側面2箇所×2のネジを外し、筐体を取り外す。

開けてみたら、まるで昔収集していた古いマッキントッシュのようである

中央部分のDVDドライブを取り外さなければならない。

IDEケーブルを挿すべきところに何らかの基盤そしてフレキシブルケーブルがあったので外す。

よくみると「RD-XS41」と書いてある。部品を流用しているらしい。

032

電源ケーブルは以上にきつかったが、頑張って外す。

DVDドライブを取り外すために、その上部を横断しているフレキシブルケーブルの基盤側を外す。

DVDドライブの下部の台座のネジを3箇所外して、DVDドライブを取り出す。台座には「RD-XS37」と書いてあった。またも流用。

台座のネジ4箇所を外して、新しいドライブにつけ直す。

新しいドライブを装着し、台座のネジ3箇所を留める。

電源ケーブルとIDEケーブルもどきを再び挿す。

フレキシブルケーブルを挿し直す。

筐体をつけ直す。

ここまで所要時間50分。

 

電源を入れてみた。

ぬぉー、エラー。「ER7061」。

何度電源を入れ直しても同じ。

ケーブルが緩んでいるのだろうと思い、上記の過程で触ったケーブルを確認していった。

相当時間がかかった末にようやく気がついた。

フレキシブルケーブルはただ単に挿しただけではダメで、その両側の黒い小さな「押さえ」的なもので上から押さえつけてやらなければいけなかった。

039

そしてエラーは出なくなった。

が、DVD-RAMを認識しない。それどころか市販のDVDソフトすら認識しない。

もらったコピーを読み直してみたら、

(DVDメディアを)認識させるには、HDD/DVDレコーダーのイジェクトボタン(開閉ボタン)をダブルクリック(2回押す)するという操作が必要になります。

とある。

毎回この作業をするのはちょっとだけ面倒だが、確かにそれで認識するようになった。

 

結局トータルで2時間弱かかった。

でも直ったからよし。

で、ブルーレイレコーダーの立場は?

2008/09/02

ハンバーガー屋でもりんごのコンピュータでもウルトラマンレオの怪獣やっつけ隊でもない。

下の記事中の、無線LANアダプターの写真の下の方に、

mac:0012F0610635

と書いてある。

 

インターネットに接続するための機器(無線LANアダプタ、有線LANアダプタ、ルーター、HDDレコーダーほか)には、全世界で一つ一つに固有の番号がつけられている。

16進数で12ケタだから、16の12乗で、281兆以上の機器が理論上は区別されることになる。

この、ネットワーク関連機器に与えられた番号のことを

MACアドレス

とか、

物理アドレス

とかいう。

(参考はこのページとか。)

 

MACアドレスといっても、

PCデポの横のハンバーガー屋ではないし、

リンゴのマークのコンピュータではないし、

森次晃次が隊長やってて最後はとことん壊滅に追いやられた怪獣やっつけ隊ではない。

 

そして、

物理アドレスといっても、

物理の先生の住所のことではない

 

いや、とりあえず書いてみたかっただけ。

2008/09/01

すべてがおもうほどうまくはいかないみたいだ

その1。

「アナログシンセを研究する」と書いてはみたものの、音階を指先できれいに鳴らすのは難しい。

そんなところに、

E-MU、1,000種類以上の音色を同梱したサンプリング音源「Proteus VX」無償公開

という記事を見つけ、さらに、

E-muが無償公開したソフトシンセ「Proteus VX」~ 豊富な音色で、VSTプラグインとしても利用可能 ~

という記事を見つけたので、久々にキーボードKX25を接続して、1024音色をあれこれ鳴らして遊んでみる。

が、やっぱり左手はまともに動かない。

それと、

この画面を利用すれば、16チャンネルそれぞれに別の音色を割り当てていくことができるのだ。この状態で画面右上のボタンが「Multi Mode」になっていれば全チャンネルが鳴るマルチティンバーとして機能する

とあるのに、なぜか1チャンネル目しか鳴らない。

 

その2

ウチの外付けHDDはどうもPC本体と相性が悪く、しょっちゅうフリーズしたり、認識しなくなったりする。

今回も突然読み取れなくなったので、あれやこれややってみたら、どうやら、フォーマットしたことになってしまったっぽい。

  • CD330枚をまた一枚ずつ録音し直さなければならないのか?
  • 今まで撮影した数万枚の写真画像はどこへ?

ノートPCの方にインストールしてある復旧ソフトで復旧させてみることにした。

いちおう復旧は可能みたいだが、

008

時間がかかりすぎる。

すでに6時間以上スキャンしてるのに、残り時間が27時間って。

しかもスキャンした後、修復可能なファイルを別のHDDにコピーするのにまた死ぬほど時間がかかる。

しかも、今スキャンしてるのは音声ファイルのドライブだけであり、この後、画像ファイルのドライブに対しても同じことをしなければならない。

 

その3

  1. そのノートパソコンは、昔若干水に濡らしたことがあるが、基本的にはまともに動いている。が、無線LANが作動しなくなった。
  2. で、久しぶりにみてみたら、無線LANアダプターの電源はきちんと入っているので、どうやら直ったらしい。
  3. しかし、デバイスマネージャーをみると、ドライバがきちんとインストールされていないようだ。
  4. LANアダプタの型番がわからない。
  5. 本体の裏ブタを開けて確認。
    003
  6. わかったのでインテルのホームページからダウンロードしてインストール。
  7. うまくいった。が、今度は設定の仕方がわからない。
  8. 結局使えないまま。

 

その4

ウチのHDDレコーダーの番組表の受信設定を間違えていたことに、しばらく前に気がついた。

実際に受信していたのはアニマックスなのに、キッズステーションだと思っていた。どうりで、番組表を元に録画したのに録れてるものが違うということが頻発していたわけである。

で、今日からドラゴンボールZ、今週末からガンダム(1作目)と999、この最近ずーっとルパン、日本映画専門チャンネルではスペクトルマンと、来月からゴジラ。

といろいろあるので、HDDの空きを増やしておこうと思い、すでに録画してあったものをDVD-RAMに書き出そうとしたら、

「ディスクをチェックしてください」

と出てくる。

未開封だった新品のDVD-RAM(TDK製)なのに。

どうやら東芝のHDDレコーダーの光学ドライブ部分は非常によくないらしい。

ディスクをチェック RD

で検索したら、同じような症状の人がたくさんいるらしい。

そこには

一度電源コードを抜いたあと挿し直して、もう一度電源を入れ直してみろ。

とか、

修理に出すしかない。

とか書いてある。

ウチのHDDレコーダーは2台目で、1台目のRD-XS40も同じ症状が出て、一度は修理したが、その後また同じ症状が出た。

そしてこのたび、2台目のRD-XS38も。

さらに、数週間前には、ER7061というエラーが表示され、本体の上部(おそらくはHDDの部分)が異常な高温になっていて、電源コードを抜いてしばらく冷やすしかないということも頻発した。

次世代規格にも破れたことだし、今度は東芝買うのはやめよう。

 

その5

今朝。やらなければいけないことを手帳に書き出してみたら、9つもあった。しかも、その後、突発的にいろんな人にいろんなことを言われて13個まで増えた。

困難を分割してはみたものの。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »