サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の31件の記事

2008/10/30

暗殺団員と科特隊員 -TV「三大怪獣 地球最大の決戦」を観た。-

日本映画専門チャンネルでゴジラシリーズ全作放送中。

本作はその5作目。1964/12/20公開。

ウィキペディアの記事はここ

 

もともと映画は観ないので、ゴジラもまともに観たことはなく、予備知識ゼロ。

まず1作目(1954)を観ようとしたが、核問題が絡んでいるせいか、映像が白黒であるせいか、全体にやや重く、いったん断念。

それから10年後の本作は、冒頭のキャストクレジットによれば、佐原健二とか平田昭彦とか黒部進とか古谷敏など、ウルトラQやウルトラマンの出演者が大勢出ているし、特技監督が円谷英二であることもあり、私はウルトラ好きなので、その感じで、娯楽映画として観られた。

 

しかし、平田昭彦や古谷敏はすぐにわかったが、

(だれや、この、あまりにも七三分けの男は?)と思ったら、

夏木陽介だった。びっくりした。

私の中では、夏木陽介は長髪のGメンである。

 

さらに、

(だれや、この暗殺団員やってる、顔の黒いちょっとハンサムな辻本 茂雄みたいな男は?)と思ったら、

黒部進だった。さらにびっくりした。

私の中では、黒部進はハヤタ隊員である。

そんな言い方ではなかったが

3ヶ月前に来たメールの返信の返信が昨日来た。

「冬休み、こっちに来るならいつでも来い」

とあったが、よく考えると、今度の年末年始はひたすら仕事だった。

いちおう福岡を初めとして九州各県、さらに山口・広島まで範囲を広げて調べてみたが、特に観たいようなコンサートはなかった。

 

福岡に行けば行ったで、

W先生の豹変

とか、

N先生のダジャレ

とか、

F先生の適当

とかを肴に飲めなくはないが、とりあえず今年は保留します。

 

 

今日の昼食時。

同僚2人が話している。

F:「今年はウチの課が忘年会の幹事なんよ」

O:「忘年会、12月の何日でしたっけ?」

F:「…。さあ、覚えてない。ふなやでやるよ」

あそこには、日付に関しては適当だが、どこで何を食べるかについてはうるさい人が、とても多い。

 

 

同じく今日。九州から電話がかかってきた。

「のほほんと暮らしてないで、そろそろ年末年始に向けてちゃんと働きなさい」

とは言ってなかったが、11月末の旅行の人数確認の電話だった。

 

11月12月1月は忙しいはずなので、そろそろスイッチを入れた方がいいかもしれない。

2008/10/28

いろいろ押してしまう -河合奈保子ライブアルバムBOX-

今朝Amazonをチェックしていたら、みつけた。

河合奈保子ライブアルバムBOX NAOKO LIVE PREMIUM

 

河合奈保子のBOXセットは、

と、すでに4種類も出ている。

岩崎宏美だと、オリジナルアルバム紙ジャケット版22枚と、ライブアルバムBOX14CD+2DVD)を持っているが、4枚しかライブアルバムのない河合奈保子で発売されるとは思わなかった。

構成は7CD+2DVDだが、そのうち、ライブCDは4種5枚で、残りは、主演ミュージカルのサントラとレアトラック。

ライブCDは、4種のうち最初の3種は「初CD化」だそうだが、最後の1種(1988/07/24 よみうりランドイーストのバースデーコンサート)は、すでに当時、CD化されている。

あれから20年経ったが、ふつうに手元に持っている。

002

CDで持ってるだけではなく、現場にも行った。

これに間に合わせるために東京の大学に現役で合格しようとした

と言ってもあながち嘘ではない。

毎年やっていたバースデーコンサートはこの年で終わり、やがて彼女はフェイドアウトしていった。

 

CDの内容に戻る。

この期に及んでレアトラックなんかあるのかどうか不明。

DVDの方は、1991/12/19のミュージカル「THE LOVER in ME ~ALONE AGAIN~」(渋谷パルコ劇場)の映像1枚と、「貴重映像集」(内容未定)1枚。

この当時、私は東京にいたが、演技をする河合奈保子にはかなり疑問を抱いていたので、観に行くことはなかった。

 

ともかく、1月21日発売。期待して待つ。

2008/10/27

2月で辞めたはず

1ヶ月くらい前に、自分の中でレベルが上がったので、最近は会社の出来事を書かなくなっている今日この頃。

一昨日昨日は連休だったが、おとといはともかく、昨日は一日中寝ていて、起きたら16時。

いつものコース。

眠いなぁ。

5課営業2つ終わった。

 

昼頃。

高校の12年後輩が出現。

昔々、あるところで、私は柔道部を引退した高3の彼に、英語をおしえていたことがある。

昔々のことである。

 

 

午後。

眠いなぁ。

5課営業3つめ。

客に説明しているうちに、しゃべりながら寝そうである。

客はきわめて静かに私の話を聞いていたが、眠気を飛ばすために、むやみに声を張り上げる私。

ガラガラガラ。

入り口のドアが外から閉まる音がした。

どうやら中途半端に開いていたらしい。

隣の部屋で営業をしていたFさんが閉めた。

隣の部屋の後ろのドアも中途半端に開いていたらしい。

どうやら私の声が大きすぎたらしい。

すいません。

 

 

14:30~。

ウチの課のOさんの営業の様子を見にいった。

あとで助言をするために、見ながら気になったことを克明にメモする。

それは、課長の務め

 

そして見学終了。

2Fメインフロアに戻ってきたところで、同様に見学していたどっかの課長が私に言う。

S:「Yさんは、どうして見てたんですか?」

私:「…。僕は、あそこの課長です。」

 

この人は、私の送別会の時にさんざん飲ましてくれた割に、まだ認識していないようである。

それがいいことなのか悪いことなのかはわからない。

ポメラ、予約中。

ポメラ、まだ発売前なのに、その筋では大人気らしい。

スタパブログでもさっそくネタになっていた。

イカスぜ!! ポメラ

ポメラに触れて思うに、「そんなの要らなくね?」という人と「ソレ!! そーゆーの待ってたのよ!!」という人がシャキーンと別れる、いわばターゲットが明確なハードウェアだと思う。

拙者的には、何と言うか、モバイルギアの超シンプル版というかシグマリオンの激シンプル版というか、電子的文房具として実に堂々としているし、使いやすく感じた。

考えることは皆同じようである。

ちなみにNECのサイトの中に、モバイルギアの写真やスペックを掲載したページがまだあった。

 

私は最初のレビューを読んだ直後に、安いショップをみつけて即買ったので17700円で買えたが、そのショップの在庫はすぐになくなったらしい。

その後、いろんな関連記事を読んでいるが、その中に、

なぜ 2GB の microSD を搭載していて、8000 文字 x 6 ファイルしか記録できないのか? 純粋にテキストファイルなら、もっと非常識なくらいにたくさん記録できて良いはずなのですが…。

というのがあった。

現物がないのでよくわからないが、筆者の誤認ではなかろうか。

別のレビュー記事には、

  • 編集できる最大サイズは1ファイル全角8000字 / 約16KBまで。それ以上のファイルをmicroSDに入れても開けない。
  • 本体メモリには 6ファイル 全角8000字なら6ファイルまで、microSDには容量まで保存可能 (訂正:「本体メモリに6ファイル」は最長の全角8000字 x 6ファイルが最大保存領域の意。短いファイルなら本体メモリにも多数保存できる)。

とある。

 

到着は11月10日すぎ。

どう使えるかは到着してからのお楽しみ。

2008/10/26

CD「岩崎宏美『Dear Friends Ⅳ』」感想

「Amazonであれやこれや」、今日はこれ。

003 002

岩崎宏美のカバーアルバム「Dear Friends」はすでに4枚目。

 

デーモンではないのでド派手なアレンジではないが、布施明や徳永英明ほど、どの曲も全部同じというわけでもない。

 

全曲安心して聴けはするが、あえてツッコんでいくと、

  • 「上を向いて歩こう」と「千の風になって」は、他の歌手も歌っているだろうから、今さら感がちょっと。
  • 「会いたい」とか「PRIDE」とかは、(岩崎が歌うと、きっとこうなるだろう)という予想の範囲内。
  • 「フィーリング」では、大野真澄(=ガロ。もうすぐ太田裕美と伊勢正三とで松山に。)とデュエットして、にせハイファイセット成立。
  • 「糸」は、桜井和寿(=Bank Band)のももちろん悪くないが、岩崎のも、ありだと思う。
  • 発売前から期待と不安だったのは、「飾りじゃないのよ涙は」。本人も歌詞カード内のライナーでその難しさを言っているが、これはキャラ違いだと思う。決して破綻はしていないと思うが、しかし、無理して歌うこともなかったのでは?

個人的には、アレンジと歌唱をあわせての今回のベストは、「別れの予感」。これは中森明菜もカバーしているが、歌姫シリーズの明菜は歌い方が哀しすぎるので、聴いていてややツラい。

 

 

ウチのiTunesに登録してある5945曲のうち、

  • 徳永英明の「Vocalist」シリーズ
  • 岩崎宏美の「Dear Friends」シリーズ
  • 中森明菜の「歌姫」シリーズ

を軸に、中島みゆきとその被提供者ほかをかき集めると、カバー曲は実に284曲。

10000

世の中、カバー曲流行りであるが、歌手の皆さんがカバー曲に走るのがいいことなのかどうかは、私にはわからない。

2008/10/25

DVD「松田聖子コンサート My Pure Melody」感想

「amazonであれやこれや」の中から、今日はこれ。

私が実際に行ったのは、8月1日の鹿児島市民文化ホールであり、その時の曲目はこれであり、その時の感想はこれである。

このDVDは、その2日後のツアーファイナル(福岡マリンメッセ)を収録。曲目はリクエストコーナー以外は同じはず。

005

上のリンク先の記事でわたしが「不明」とした曲は、やはりファンでない人間には聴きなじみのない曲ではあったが、あらためて聴き直すといずれも悪くない。

トークでは、鹿児島の時以上に、久留米弁全開。

しかし、「背中見せて攻撃」は、鹿児島オリジナルだったようである。

 

リクエストコーナーの選曲はこちらでは、「制服」・「密林少女(ジャングルガール)」・「未来の花嫁」・「SQUALL」で、鹿児島の時よりよかったかも。

ところで、DVDの製作の時の録音の関係上しょうがないのかもしれないが、ライブのはずなのに、何だか口パクのように見えてしまった。(特に、開始直後のヘッドセット装着時)

あと、音声がふつうのステレオだが、できれば5.1チャンネルサラウンドにしてほしかった。

009

016 

 

(アンコールを求める拍手の間くらいはカットしていたようだが、)
MCも含めてノーカットだったので、現場の雰囲気はかなり伝わってきた。

が、そうはいってもやはり、ブラウン管で観るのと、現場で観るのとでは、全く臨場感が違う。

どこの会場でもよいが、またいつか生で観に行きたいと思った。

わたしが歌った歌の2時間半スペシャル

11:00~13:30 キスケカラオケWAO

こないだ「全部歌える」と豪語したが、自信がなくなってきたので、試しに行った。

歌った曲目は、この記事に挙げた24曲。

 

ほぼ全曲、採点してみた結果、

  1. 吾亦紅 61点
  2. 君恋し 73点
  3. 夏の日の1993 82点

がワースト3。

その他は、ほとんど85~89点。

90点台がなかなか出ない。

「ダンシング・オールナイト」と「カリフォルニア・コネクション」の90点が今日の最高点。

 

最後の「いい日旅立ち」を歌い終わると、ちょうど「終了10分前」の表示が出たので、「契り」を追加で歌って、終了。

入会金とジュース飲み放題と部屋代とピザ代で計2300円。飲み放題の600円が高かった。

 

美沢のダイキへ移動。

そして、次の記事へ

なめネジ

ハチマキした猫みたいなタイトルにしてみた。

が、この場合の「なめる」は、自動詞なのか他動詞なのか、「ねじがなめた」なのか「ねじをなめた」なのか、なぞ。

 

この夏以降、母校の中学に行くと、ちょくちょく恩師の先生たちのノートパソコンが壊れていく。

中1の時の数学の先生のは、メモリが壊れ、

中2の時の国語の先生のは、ハードディスクが壊れ、

こないだは、中3の時の英語の先生が、
「インターネットを観ようとして、アイコンをダブルクリックしても起動せず、その代わりにショートカットアイコンがどんどん増えていく」
と言う。

原因不明だが、IE7を削除してIE6に戻したら、直った。なぞ。

 

で、おとといは中2の時の英語の先生のが、液晶に何も表示されなくなった。

しかし、外部ディスプレイに接続すると、ちゃんとそっちには表示され、ふつうに動作している。

たまたま私がかつて使っていたほぼ同型機が近所に置いてあったので、ハードディスクだけ入れ替えればそっちでいちおう動くが、筐体やキーボードが傷みすぎなので、あまりよろしくない。

いっぽう、液晶の方を入れ替えれば、筐体やキーボードは先生のもののままである。

そこに居合わせた中1の時の理科の先生に、液晶部分の交換の仕方(詳細は別記事で)を教えてもらい、ドライバーでネジを外していったが、途中で、ネジがなめた。

 

今日。独りカラオケの後、美沢のダイキで、これを購入。

001

Screw Grab 790円。紹介ページ

使い方は上の写真の絵で一目瞭然だが、いざドライバーの先につけようとしても、固まっていて出てこない。

裏の説明書きによれば、「固まったら少量の水を加えてください」とのことだったので、水を入れて、よく振って、ドライバーにつけて、ネジに押し当てて、回してみたら…、

 

おぉぉ、まわった。はずれた。

すばらしい。

さすが、英空軍&米空軍で使われている品(?)だけのことはある。

2008/10/24

いろいろ押してしまう-pomeraを予約-

パソコンは1980年から使ってます。
初めてのパソコン(まだパソコンという言葉はなくて、マイコンと呼ばれてた)はPC-8001。
市販のソフトはあんまりなくて、雑誌「アスキー」に載ってたプログラムリストを手でコツコツ打ち込んで、ゲームをやってました。
データの保存はカセットテープにしてました。
そのあとFM77、PC-9801VM2…と、パソコンを替えていきましたが、このFM77とVM2時代が一番楽しかったな~と思います。

と言うのは、私ではなく、おととい書いた谷山浩子。

忘れていたが、そう言えばこの人は、黎明期からのマイコンの使い手であった。

自分でブログを更新する芸能人は珍しくもないが、自分でhtml書いてウェブページを更新する芸能人はそう多くはいるまい。

谷山浩子のPrivateWebsite

 

 

その谷山浩子の「水玉時間」購入に引き続き、また、押してしまった。

pomera-1

いつでも、どこでも2秒で起動 キーボードからラクラク入力 単4電池で駆動、電源がなくても使えます。145×100×30のコンパクトサイズ。

定価は27300円だが、文具ショップYahoo店で17700円で予約購入。

発売日は11月10日。

どんな製品かというと、まだ発売前なので、下のレビュー記事2つ。

西川和久の不定期コラム「pomera速攻レビュー」

写真で見るデジタルメモ「ポメラ(pomera)」速報レビュー

 

 

昔、NECのモバイルギアMC-MK22でテキスト入力やパソコン通信をやっていた時代があった。

しかし、営業中の客の態度にぶち切れた時に、たまたま目の前に置いてあったこれを振り上げて机にたたきつけたら、液晶が割れて壊れてしまった。

 

今は営業は平和。とくに出なければならない会議もない。

 

18時直前。

O君に「打ちましょう」と言われたので、2007年1月1日以来、久々に(13路盤で)碁を打った。

27目VS16目で負けたが、今日はおおかた攻め続けていたので、そう気分は悪くなかった。

2008/10/22

いろいろ押してしまう。-谷山浩子「水玉時間」-

オンラインショッピングのクリックが止まらない。

amazonであれやこれやそれやは言うまでもなく、

こないだはブルガリの財布など買ってしまった。48000円くらい。

今日は、槇原のチケットの予約。当選発表はまだだが、当たれば7350円。

そしてもうすぐGTIをいじり始めるかもしれない。そしたら、すぐにウン万円、ウン十万円。

 

 

今日はさらに、iTunesStoreで谷山浩子の86年のアルバム「水玉時間」を購入。1500円。

収録曲のうち『Soramimi』、『土曜日のタマネギ』は斉藤由貴への、『渚のライムソーダ』は河合奈保子への、『水玉時間』は高田みづえへの提供曲である。
(ウィキペディアより)

 

谷山浩子は、最近、珍しくテレビで観た。

自らが作った「テルーの唄」を歌う手嶌葵と一緒に「僕らの音楽」に出演して、ピアノを弾いていた

みゆきを聴く者としては谷山浩子も聴いていても不思議ではないが、どっちかっていうと、みゆき繋がりというよりも、斉藤由貴繋がりとか、河合奈保子繋がり。

私が好きなのは、斉藤由貴だと「ガラスの天球儀」、河合奈保子だと「風の船」。

 

ちなみに谷山は12月に松山でライブをやる。

場所がMonkなので、目の前で見ることができはするが、筋金入りのファンではない者としては逆に行きづらい。

3年前の鈴木康博の時に観客22人という信じられない状態だったが、谷山の場合、どれくらいなんだろう。行ってみてもいいような気もしてきた。

2008/10/21

TV 最近観た歌番組の感想3つ

10/4 放送 ミュージックフェア21
JONTE・渡辺美里・中孝介・氷川きよし

「My Revolution」を全員で。

きよしとこの夜」で見慣れてるので、氷川きよしが演歌以外の曲を歌うことに違和感はないが、私が他の人たちのキャラをよく知らないからかもしれないが、これがよろしくない。

歌った直後のトークでは、みんな大人なのでそれなりのしゃべりをしていたが、

バラバラ感、全開

とりわけ、ワンコーラス目のサビで、美里が、本来自分が歌わなければならない主パートを男性陣に任せてしまい、ふだん歌ったことがなさそうな高音パートを歌ったので、聴いてる者は違和感ありまくり。

 

10/11放送分は、世代が違いすぎて、出演歌手がよくわからなかったので省略。

 

 

10/18放送 ミュージックフェア21
藤井フミヤ・槇原敬之・RAG FAIR・いきものがかり

「世界に一つだけの花」を全員で。

槇原の演奏のもと、フミヤとラグでスタートして、Aメロ槇原→フミヤ。Bメロいきもの→ラグ。サビ、全員。

 

持ち歌である槇原がしっかりしているのはむろんのこと、フミヤは何歌ってもいい声してるし、RAG FAIRはアカペラボーカルグループとしての力を存分に発揮し、いきものがかり吉岡は、そんな高い声出るか!という、男には出せない高音で勝負。

2週間前の不満は解消された。

コラボたるもの、こうでなければならない。

 

 

10/19放送 BS日本のうた -長野県・伊那市-
三沢あけみ・森昌子・城之内早苗・岩崎良美・柏原芳恵・鳥羽一郎・大川栄策・牧村三枝子ほか

城之内さんは髪型が非常によろしくなく、実際よりはるかにオバサンにみえた。あとの二人の方が若く見える。

001 003

 006

城之内・良美・芳恵目当てで観たが、あんがい森昌子がよかったりした。持ち歌では「おかあさん」「越冬つばめ」「悲しみ本線日本海」「立待岬」の4曲を歌った。

とりあえず「越冬つばめ」はカラオケで練習してみよう。

楽しくもつらくもない

JSPORTS ESPN で、8/11横浜のG1クライマックス「後藤VS川田」「棚橋VS真壁」ほかを視聴中。

2ヶ月前の話だが、もっともっと昔のような気がする。

時の流れは速い。

かつて某結婚相談所に会員登録していたときに、

「自己紹介の趣味の欄に『プロレス観戦』と書いてたら、アドバイザーにダメ出しされたが、言うことを聞かずに、そのままにした」

ということがあったのを思い出した。

別に恥ずかしい趣味ではない。

11/28 新日松山大会のチケットは購入した。2F自由席3000円。

 

 

こんなのもあった。

2009/05/16(土)槇原敬之 愛媛県県民文化会館メインホール  

ローチケでは先行発売が2段階あって、私の場合、明日の18時発売。

もし当たったら、それまでは生きていよう。

いや、別に5月17日に死ぬわけではないが、前売りチケットを買うたびに、その日までは何とか生きていようとつねづね思っているのである。

2008/10/19

2月の呪い?

おもしろいことはなにもないがおもしろくないこともなにもなく、営業が平和に終わったあとは、別に出なければならない会議もないので、おとなしく数学をやったり物理をやったり日本史世界史哲学史の本を読んだりして、18時に戸締まりして、帰る毎日。

 

18日(金) 16:00~18:00。代ゼミのセンター問題集「数学ⅠA」を2回分。

この2週間で(ⅡBもあわせて)20回分くらいやったので、さすがに出題パターンが頭に入ってきた。

  • 1次の係数が偶数の時の解の公式
  • 解と係数の関係
  • 整式の割り算
  • 平方完成
  • 正弦定理
  • 余弦定理と、内接四角形の対角の和が180で、cosθ=-cos(180-θ)で、2次の係数が消えるときと消えないとき。
  • S=(1/2)bc sinA
  • 接線の方程式

これくらい知ってればⅠAで85点は取れると思う。

 

で、家に帰ったらメタセコイアで、こんなことしてみたり。

 00001 00002

しかしこういうことしたいんなら、それなりのグラフ描画用のフリーソフトがあるはずで、これは本来のメタセコイアの使用法ではない。

 

 

19日(土)。12時頃。イレギュラーなスケジュールだった4課の女の子2人が私の席までやってきた。

珍しいこともあるもので、ただ単におしゃべりに来ただけらしい。

この部屋の中でピーチクパーチク言うのは周囲に迷惑なので、社長室前通路に移動。

 

私:物理わからんよなー
2人:そうなんですよ

とか、

私:世界史わけわからんやろー
2人:そうですね

とか、

A:数学教えてくださいよー
私:そんなん、Oさんに聞けばええやん。

(目の前のドアがいきなり開いて、当のOさん出現)

O:そうそう、教えてやって。

(とだけ言って印刷室へ消えていく)

私:なんでやねんっ!

とか、

私:まあ、とりあえず英検がんばれ
2人:はぁい

とか。

 

 

そのちょっと後。食堂。

私の後に入ってきた人が、例によって勢い込んで言う。

A:「だれかから聞きましたかっ?」

私:「??? いいえ、何も。」

 

前日、私がセンターを解いていた時間帯、以前所属していた課では恒例の会議をやっていたらしい。

まだ10月半ばではあるが、進行状況的に厳しいらしい。

 

以下、現場に私はもちろんいなかったので、伝聞による推測。

A:「こんなペースで間に合うんですか?
Yの呪い
が…」

B:「『呪い』って、そんな言い方しなくても」

A:「いやいや、私は、Yさんが言ってたことがあたったらまずい、って言ってるんですよっ」

C:「『呪い』って、Yさんはそんなにここのこと恨んでたん?」

相変わらず寝ぼけている人が一人いるが、まぁそれはいいとして。

「来年度はちゃんと会議やってください。締め切りに間に合うようにちゃんとしてくださいっ。」
(2008/2/17 私の送別会での私の最後の挨拶。)

いや、別に呪ったわけではない。心配してるだけである。

2008/10/17

真弓真弓?

阪神新監督に真弓氏、4者会談で一本化

 

今日の営業直前の客2人の会話。

A:「阪神の監督、真弓やって」

B:「ウソやろー。ほんとは誰なん?」

A:「ほんとやって」

B:「女がやるんかぁ。名字は?」

私:「…。そうかぁ。『史上最強の1番バッター』真弓明信を知らんのかぁ。」

A&B:「???」

 

85年は遠い昔。

2008/10/16

TV「SONGS 美輪明宏 第一夜」(NHK総合)感想

10時過ぎ。

5課の一室にこもって、客たちが世界史を勉強する中、性懲りもなく物理の勉強。

v-tグラフまでは何とかなるが、運動方程式が出てきて、滑車が出てきて、斜面が出てきたあたりで、すでに崩壊。

ちなみに三角関数がわからないわけではない。

しかし、

2Fで物理がわからなくて頭が痛い

のと、

3Fで会議が紛糾してイラッとする

のを比べると、物理がわからない方がまだよい。

 

さて、本題。

昨日放送のNHK「SONGS 美輪明宏 第一夜」を観た。

 

1曲目の「砂漠の青春」は全く知らなかったが、その厭世的な詞は、今の私の心境にほぼ等しい。

 

2曲目。「ヨイトマケの唄」にまつわるエピソードや桑田佳祐や槇原敬之のカバー映像は観たことがあったが、本人がちゃんと歌っているのを観たのは初めてで、単に歌うのではなく、演じながら歌うその気合いの入り方に圧倒された。

 

で、ここまではトークも歌も非常によかった。が、3曲目の(喜納昌吉の)「花」を歌う前のしゃべりが「オーラの泉」ぽくなってきて、ちょっと首をかしげたくなってきたところで、歌へ突入。

…。

……。

これは、全然ダメだ。

どういうわけかわざと伴奏から外して歌うということをする歌手が昔からいるが、これは外しすぎ。

どういうつもりかはわからないが、完全に伴奏を無視して歌っている。この曲に関する限り、泥酔したオヤジのカラオケ以下である。

聞くに堪えなくなって、途中で再生を停止した。

なんであんな歌い方をするんだろう。

2008/10/15

水曜 休みでしょう

営業スケジュールの話。

月曜5課3つ&金曜5課2つ。

月曜が祝日になることが多い影響で、

4月~7月 金曜の方が2回多い。

9月~11月 金曜の方が3回多い。

12月~3月 金曜の方が2回多い。

進度調整が苦しい。

 

と思ってたら、もっと激しいのがあった。

水曜4課4つ&木曜4課1つ。

で、12月~3月の水曜日。

  • 12月3日 秋休み最終日
  • 12月10日 スポーツ大会
  • 12月17日 営業1回目
  • 12月24日・31日・1月7日 冬休み中
  • 1月14日 イベントによる代休
  • 1月21日 営業2回目
  • 1月28日 ウチの会社だけ祝日
  • 2月4日 イベント中
  • 2月11日 建国記念日
  • 2月18日 営業3回目
  • 2月25日 営業4回目
  • 3月4日 営業5回目

水曜日は5回しかない。

でもって、11月末の最終営業が11月19日。

11月19日~12月17日~1月21日~2月18日って。

 

いっぽう、木曜日は10回

こんなん、進度あわせるのは絶対無理。

2008/10/14

どうした?

昨日放送された香取慎吾版映画西遊記

テレビシリーズ放送時も、ひととおり見た結果、なんかすっきりしないものが残ったが、今回もやっぱりそうだった。いろいろツッコもうと思えばツッコめるのだが、そのどれもが否定的なことなので、やめとく。

 

今日放送の、NHK歌謡コンサート「別れと旅立ちの歌物語」

出演者にタケカワユキヒデの名があったので、何を歌うかはわかりきっていたが、録ってみた。が、タケカワもさることながら、太田裕美の方がよかった。テレビで「さらばシベリア鉄道」を歌うのを観るのは久しぶり。

こないだの4時間特番では、現在の石川ひとみが歌うのが観られたのはよかったが、おそらくは口パクだった。(ついでにその直後に歌った堀江淳も口パクと思われる。)

それに比べると、太田裕美は年とってもちゃんと声が出てて、非常によろしい。

…いま、4時間特番の方の太田裕美を観直したら、ちょっと口パクに見えた。うーん、わからん。

それはともかく、やっぱり行こうかなぁ。

伊勢正三・太田裕美・大野真澄コンサート

1/30 松山市総合コミュニティセンター

しかし、あとの二人が、私の世代的にはほんのわずかながらズレ。

「伊勢正三の声が落ちている」という話も聞いてるし。

 

10/10放送 「BS日本のうた 愛知県・豊川市」

山本リンダが、いくつになろうが同じテンションで、「どうにもとまらない」を威勢よく歌う一方で、

 

研ナオコ、どうした?

 

歌った曲が、「あばよ」という決して明るくない曲だったから、

というわけではない。

昔はもっとしっかり歌えてたと思ってたのに。

わざとかこれが限界なのかはわからないが、少なくとも、サビはもっと声張って歌ってもよかったのではなかろうか?

2008/10/13

週末よしもと 全国47都道府県ライブ 愛媛県 後半感想

短い休憩後、各コンビ&ピン芸人の舞台

  1. フロントライン
  2. オリエンタルラジオ
  3. サバンナ
  4. 友近
  5. 博多華丸・大吉
  6. 桂小枝
  7. 中田カウス・ボタン

登場順のはずだが、どっか違ってるかも。

 

1。登場後すぐ、「一人三役でーす」。

というのは、

ツッコミの古島が直前の新喜劇で、

序盤でじゃいこの彼氏役、終盤でめだかの子分役

で出てきて、

内場に「オマエ、さっき彼氏やったやないかっ」と言われ、

「人少ないからしょうがないでしょうっ。」と言い返すということがあったので。

 

本人たちの知名度は低いが、2人とも広島出身で、事務所も吉本広島なので、地元的に松山いじりで客を笑わせた。

「松山は観光で観るとこ、いろいろありますよねー。フジグランとか」

(笑)

「なんでやねん。他にあるやろ。」

エミフル松前とか」

(笑)

 

2。あら?昼の部にしか出ないと思ってたオリラジが出てきた。客席全体に「ちょっと得したかも感」がひろがった。

もちろん武勇伝はやらず、ちゃんと漫才で勝負。充分おもしろかった。

 

3。サバンナも、前観たときもそうだったが、八木のグダグダも含めておもしろかった。

和歌山に、陣内智則と、たむけんと、サバンナの3組で営業に行ったときの話。

駅前に大きく「歓迎」って書いてあって、その下に

「陣内智則」、「たむらけんじ」って書いてあるのはいいけど、

その下の

「その他2名」

ってなんやねんっ!!

「サバンナ」は4文字。「その他2名」は5文字。

それやったら「サバンナ」って書けやっ。

 

4。友近は、ブライダルショップの店員。

例の独り芝居なので、ポイントポイントでは笑えるが、爆笑にはならない。終演後、ロビーには地元後援会から花輪が来ていたが、舞台上では特別なことは何も無し。

 

5。華丸・大吉は今年観たばかりだが、今回も、華丸の鉄板の児玉清や川平慈英に、大吉がどう絡んでいくかがテーマ。

「アンパンマンの犬のチーズ」や「小学校の男子と女子の闘い」をネタとして、きれいに落として終了。おもしろかった。

 

6。桂小枝は、

eat寄席ココロン亭 落語三人会

(あとの二人は、月亭八方・桂きん枝)

で、12/18に再びこの会場にやってくる。

ので、今日は落語ではなく、小咄。

あれやこれやで笑わせてくれたあと、「芝を刈らずに草刈った」や「サギの恩返し」などで落とした。

 

7。カウス・ボタンがよろしくなかった。ネタの途中で、話がずれてしまうのは一般によくあることだろう。さっきの新喜劇の中にもあった。

だが、そこから本来のネタに戻ってくるまでが長すぎる。自分たちだけで笑いすぎ。あれではこちらは笑えない。

 

ということで、入場料2000円でこの内容だったので、全体としては、大満足。

しかし当日券で5000円払ったとすると、本場のNGKの入場料が指定席で4500円で3時間は観られることを思うと、やや高いかなぁという感じもする。地方興行だからしょうがないが。

いずれまたNGKに行こう。

 

小田和正ドームで追加公演!加速増す61歳

12月20日、京セラドーム大阪かぁ。行けんことはないな。

2008/10/11

週末よしもと 全国47都道府県ライブ 愛媛県 前半感想

朝。こんなニュースを見た。

PCのセットアップ依頼はうれしい? 迷惑?――IT関連職の揺れるキモチ

実際のところ、頼まれたときにはどう感じているのだろう? 全体では「とてもうれしい」(7.4%)、「どちらかといえばうれしい」(55.9%)となり、合わせると63.3%が「うれしい」と回答。対して「どちらかといえば迷惑」(33.2%)、「とても迷惑」(3.5%)という回答もあり、合わせると36.7%が「迷惑」としている。ちなみに「IT・コンピュータ関連職」では「うれしい」が65.6%となり、全体と比較してわずかだが高い。若干とはいえ「頼みやすいし、快く引き受けてくれる」という傾向が見て取れる。

特にコメントはしない。

 

 

15:40。コミセンでTさんと合流。

 

10/11 松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール

2Fには若干空席あり。

 

  1. 16:00~16:35 YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 上映
  2. 16:35~17:05 吉本ミニ新喜劇
  3. 17:05~17:10 休憩
  4. 17:10~18:15 漫才&コント

 

1は、吉本芸人が監督になって撮った映画(詳しくは上のリンクから)。

今回は、サバンナの高橋茂雄の「GRAND ROYAL GARDEN HOTEL」。

客からのどんな無茶な要望にも応えるホテルマンの話。

客役でいろんな芸人が出ていたが、

  • 次課長・河本、
  • スマイル・ウーイェイよしたか
  • ブラマヨ・小杉&吉田
  • たむけん

が特によかった。

そのなかで、たむけんは中学教師役。

「アダルトチャンネルをみられるようにしろ」とフロントに要求。

「中学のご一行様の部屋は全部止めてます」と答えるフロント。

「職員会議では『教員は別に止めんでもいいんじゃないか』っていう話になったんや」とか何とか、ゴネるたむけん。結局自分の要求を通した。

 

2の吉本ミニ新喜劇は、内場勝則・池乃めだか・末成由美・チャーリー浜・じゃいこ・フロントラインの2人で、わずかに計7人。

演目は、「ボクとオカンと時々タコヤキ」(だったと思う。)で、最近テレビで観たような気がするが、あまりはっきり覚えていない。その時は内場ではなく、烏川か川端だったんじゃないかと思うが、はっきりしない。

 

末成の「元ミスユニバース」や、池乃の「ネクタイの長さが身長と一緒」、じゃいこの「ねぇー、抱っこぉ(してあげる)」などの鉄板ネタに笑う。本来は新喜劇メンバーではないフロントラインの2人の台詞回しがやや芝居がかっていたのに対し、末成と内場のやりとりがごくごく自然な感じだったのをみて、プロだから当たり前とはいえ、感心。

 

悪役の池乃が、預金通帳と印鑑を奪い取ったときに、

「暗証番号は?」と聞いたら、

内場に、

「暗証番号要らんやろ。印鑑あるのに。」

とふつうにツッコまれていたのは、台本だったのかアドリブだったのかはわからない。

 

30分間であっという間に終了。本来の新喜劇であれば50分くらいあるので、部分的にカットしているはずだが、それにしても、人数が少なければ少ないなりにやれるもんだなぁと思った。

 

思いがけず長くなったので、後半の漫才&コント部分の感想は後日。

2008/10/10

21年半ぶり

高島屋と阪急阪神が統合へ デパート業界の再編加速

ということは、あそこのデパートは、

いよてつ阪急阪神高島屋

になるのか?

わけわからんぞ。

…いや、店舗名としては阪急百貨店も阪神百貨店も生きてるから、そうはならないか?しかし、現在、会社名としては、「阪急阪神百貨店」であるらしい。

 

 

明日の「週末よしもと松山公演 夜の部」の優待券(4500円→2000円)は、あたった。

しかも4人分。

でもたぶん行くのは2人。

出演者は、

中田カウス・ボタン、桂小枝、博多華丸・大吉、サバンナ、フロントライン、友近
(吉本ミニ新喜劇)内場勝則、チャーリー浜、池乃めだか、末成由美、じゃいこ、他

 

この中だと、

  • カウス・ボタンはNGKで観た
  • その時の新喜劇では、今回の出演者では末成由美しか観てない。
  • 華丸・大吉は、今年の2月11日に市民会館で。
  • サバンナは、2006/6/11に松前総合文化センターで。

 

そして、87年4月の「全日本ジュニア歌謡選抜」以来、実に、

21年半ぶりのナマ友近。

若干間違ってるような気もしないでもないが、しかし嘘でもない。
しかも、会場も当時と同じ。

 

渡辺美里のような歌手になろうと思っていた中学生の女の子は、
立派な女芸人になって凱旋したのでありました。

2008/10/09

行ったり、行かなかったり&竹内まりやとクレヨンしんちゃん

  1. 10/11 松山市総合コミュニティーセンター 週末よしもと
  2. 11/28 松山市総合コミュニティーセンター 新日本
  3. 11/29 テクスポート今治 新日本
  4. 11/29 高槻現代劇場 岩崎宏美
  5. 11/29 京セラドーム 沢田研二
  6. 11/30 宝塚大劇場
  7. 12/1 徳島市立体育館 新日本

カラダが3つないと、無理。

1は、行くつもりはなかったが、d-ticketで優待券プレゼント告知のメールが来たので、現在応募中。明日当選発表だが、どうなるかはわからない。

2は、今日買ってきた週プロからの情報。たぶん行く。

3は、その気があればいけなくはない。
同一団体、2連チャン観戦なんかするか?」と思うかもしれないが、93年だか94年だかの3月に、2日間連続(今治市公会堂→コミセン)で全日本女子プロレスを観た経験がある。

新日も、愛媛県内で2連チャンするということは、多少景気が上向いてきたのかもしれない。

4と5は、当日に大阪入りしていれば、どっちか片方は行けるが、さすがにそれはない。

6は確定。

7は宝塚からの帰り途で途中下車すれば行けるが、それもない。

 

 

【オリコン】竹内まりや、女性歌手史上最長キャリアでの首位獲得!

これぞポップスのすばらしさ! デビュー30周年記念ベストをリリースした竹内まりやの偉業

 

予想通りだが、私もこないだ買った「Expressions」は売れているらしい。

最長キャリア首位記録は、みゆきじゃなかったかと思っていたが、それは、シングル(「地上の星」)の話らしい。

竹内まりやは、活動してなかった期間があるのでそんなに歳をとったイメージがないが、女性最年長首位記録も更新したらしい。(男性は小田和正のはず。)

 

 

草なぎ&ガッキーで「しんちゃん」実写化

見出しだけ見て、

(そのキャスティングはどうだろう?草彅がしんちゃんで、新垣結衣がみさえじゃないだろうし、なんだこれ?)

と思ったが、

原案は人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版第10作「―嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」(02年)という異例の試みだ。09年9月公開予定。

とある。

これは、私が3年前にテレビで観て感動して涙したというあれだ。

が、お姫様が新垣結衣なのはいいとして、主役のお侍さんが草彅なのはやっぱりどうだろう。

 

まったく関係ないが、今日、聞こえた会話。

A:(サンデー毎日の表紙をみて、)「これ、だれ?」

B:「いや、知らん」

A:(表紙に書いてある名前をみて)「米倉涼子?知らんなぁ。」

B:「あぁ、大河ドラマとか出てたか。あんまり知らないけど。」

こういう人たちは、きっと新垣結衣なんか絶対知らないだろうと思われる。いや、別にいいけど。

2008/10/08

TV「あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル」(TBS)

10/7放送。

スタジオゲストのインタビュー&歌唱と、ザ・ベストテンやレコード大賞などの過去映像多数で構成。大勢のゲストを相手に独りで司会した安住アナはたいしたもんである。取り上げられた曲に、ハズレ無し。いわゆる完全保存版。

 

80年代アイドル特集があった。

  • デビュー直後の、頬がまだふっくらしている中森明菜とか。
  • 河合奈保子は2回登場。(「けんかをやめて」と「スマイル・フォー・ミー」)

その他、

  • 陽水とかさだとか千春の若さにびっくり。
    (ユニコーン時代の)奥田民生なんか子どもみたい。
  • 一世風靡セピアの哀川翔や柳葉敏郎も若い。

とか、とにかく、どれもこれもみんなヒット曲。

 

今回放送された全ての曲を知っている。

ていうか、「吾亦紅」以外、全部、歌える

でも、近所迷惑なので、私は歌わない

 

以下は、スタジオゲスト(出演順)

  1. 五木ひろし「よこはま・たそがれ」(1971)
  2. 八代亜紀「雨の慕情」(1980)
  3. 梅沢富美男「夢芝居」(1982)
  4. ジェロ「君恋し」(2008)
  5. 石川さゆり「津軽海峡・冬景色」(1977)
  6. イルカ「なごり雪」(1975)
  7. 千昌夫「北国の春」(1977)
  8. 松坂慶子「愛の水中花」(1979)
  9. 太田裕美「木綿のハンカチーフ」(1975)
  10. 欧陽菲菲「ラヴ・イズ・オーバー」(1982)
  11. 水谷豊「カリフォルニア・コネクション」(1979)
  12. 秋川雅史「千の風になって」(2006)
  13. 石川さゆり「天城越え」(1986)
  14. ジェロ「氷雨」(2008)
  15. 柏原芳恵「春なのに」(1983)
  16. 中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」(1985)
  17. すぎもとまさと「吾亦紅」(2007)
  18. 石川ひとみ「まちぶせ」(1981)
  19. 堀江淳「メモリーグラス」(1981)
  20. もんた&ブラザーズ「ダンシング・オールナイト」(1980)
  21. My Little Lover「Hello,Again~昔からある場所~」(1995)
  22. JAYWALK「何も言えなくて…夏」(1991)
  23. class「夏の日の1993」(1993)
  24. 谷村新司「いい日旅立ち」(1986)

 

私も16、7才の頃は、自分の部屋でガンガン歌っていたが、
もう40も近いので、部屋の中では歌わない。

 

今日。会社で、

「昨日、観ながら3時間くらい部屋の中で歌ってたら、家族に『うるさい』って言われた。」

と言う人がいた。

そんな彼は、44才。

2008/10/07

買ったもの、買わないもの

AV関連製品Amazon注文数ランキング【2008年9月】    
~ 「カリオストロの城」のBlu-rayが首位 ~

「ルパン VS 複製人間」や「first TV. BD-BOX(仮)」とあわせて、私も注文した。 

 

「初代」DVD品切れ タイガーマスク人気再び

先月発売されたDVDが売れてるらしいが、以前に発売されていた別のDVDボックスを持ってるので、収録試合が重なってそうなので、今回は買わない。 

 

【2008パリモーターショー】ワールドプレミアカーが続々登場(1)    
VW、レクサス、ホンダ、トヨタ編

ゴルフのGTIが展示されているが、Ⅴを買ってからまだ1年3ヶ月しか経ってないので、もちろん買わない。 

 

Antec、オープンエアー設計のATXケース「SKELTON」

特異な形に興味はあるが、買わない。 

 

山田さんUSBメモリ発売――ソリッドアライアンス 
すでに第6弾らしいが、私の名前で発売されるまでは買わない。

2008/10/06

愛媛県のディナーショー情報

岩崎宏美のはテレビでもCMをやり始めたが、他にないかと思って調べてみた。

出演者 日付 場所 チケット価格(最高)
城之内早苗 10/23(木) 国際ホテル松山 22000
郷ひろみ 11/26(水) 松山全日空ホテル 45000
加山雄三 12/6(土) 今治国際ホテル 35000
岩崎宏美 12/14(日) ホテル奥道後 40000

他にもあるかもしれないが、とりあえずこれくらい。

全部行くと、142000円。

 

4日(土)の「朝だ!生です旅サラダ」に岩崎宏美と城之内早苗がゲスト出演していた。

岩崎宏美は、例によってプラハに行っていたが、
城之内早苗は「松山&内子の旅」だった。

017

城之内は、いま布施明と一緒に歌っている「この街で」という曲が、松山市由来の曲なので、最近よく松山に来ている。

86年当時、私はおニャン子クラブ全否定派だったが、当時から歌が上手かった城之内だけは例外だった。

しかし、他の人たちよりは安いとはいえ20000円超なので、やっぱり考えてしまう。

ふつうのコンサートを希望。

すでに私は過去の人

昨日の昼間の昼寝がたたり、また徹夜で出社。

眠い。

めんどくさい。

「他人が忙しいとき、オレはヒマ」の法則どおり、

今日から4日間、何の仕事もない。ないが、なんかしとかないといけないので、

夏前に営業で客が作った新聞を画像化して一覧できるように、
Vixを使った「HTMLアルバム作成」の作業を自席で行う。

途中、

  1. エクセルのファイルを開いたら、「読み取り専用」と出てきて変更できない。
    →夏休みにサーバーを変更したときに、私が共有設定を間違えて読み取りしかできないようにしてた。
  2. 実習室とそことそこがインターネットに接続できない。
    →原因不明。実習室にウイルスが入り込んだ影響かどうかもわからない。今後も不定期に止まる可能性あり。
  3. 明日のバレーボール大会のチーム分け
    →めんどくさいのでOさんに頼んだ。
  4. Fさんと地デジ周辺トーク
    →大型テレビを買うのか、大型液晶モニターを買うのか、スカパーの契約をするのか、未定。
  5. 壊れてたコンピュータをFさんに直してもらったが、その後、サーバーに接続できなくなった。
    →見にいったら、無線LAN化してない部屋なのに、LANケーブルが挿さってなかった。コンピュータ素人じゃないんだから自分で気づけ。怒るのもめんどくさい。

 

一切がめんどくさいが、そうも言っていられない。2ヶ月を切ったので、そろそろ旅行の段取りを具体的にやっていかなければならないような気がする。

今回のコースのラストでは、咸臨丸という船に乗って、うずしおを観に行く。以前、ここで、殺人事件が起こったらしい。

010 011

 012 015

 

それを解決したのは、

013

名取裕子(と蟹江敬三)。
(BS-i「神戸・淡路湯けむりツアー殺人事件」より)

しかし、事件の最終解決のときには、できれば観潮船乗り場じゃなくて、崖に行ってほしい。

 

 

世間と没交渉なので、携帯電話を気にすることがほとんどない。今日会社に行ってから携帯をみてみたら、昨日、留守電に、緊急連絡で同僚関連のおくやみ連絡が入っていた。

 

昼食時、Wさんが言う。

「昨日お通夜の時に、告別式の受付をだれがやるかっていう話になって…」

そう言い始めた時点で、その話のオチはわかったような気がするぞ。

「……だれかが『Y(=私)にやらせよう』って言ったから、連絡しそうになったけど…」

今朝。

某が、「オマエ、行くん?」と聞いてきたので、「いいえ」と答えながらちょっと変な感じがしてたのだが、やっぱり。

2008/10/05

遅刻と回転体と失念

眠い。今日も昼寝3時間。

先月は2連休が何回かあったが、ほぼ全て寝ていた。

9/26(金)23:00。寝た。

途中2回くらい目覚めたものの、起きたのは28(日)22:00

もう寝られない。

そのまま朝まで起きていて、

翌29日(月)、ふつうに出社。営業、5課3つ、終了。

実習室の夕方利用が停止期間に入ったので、とっとと帰宅。

眠い。

19:00ころ、就寝。

 

30日(火)。起床、8:45

…。

今日は8:20の朝礼で連絡しなければいけなかったのだが、

遅刻だなぁ。

 

完璧に遅刻なので、今さらじたばたしてもしょうがないので、落ち着いて電話して、9:00出社。

 

営業は、9:45からなので、特に問題はない。

 

13:00すぎ。次の営業は、14:30から。

特に急ぎの用事もなかったので、メタセコイアの予習。

そこらにいた4課Oさんに聞いてみた。

私:「4課の客は、回転体、知ってますか?」

O:「いや、積分がこれからやし、やったとしても、
回転体は理系のやつしか知らん

そうなのか。

 0001

「XY平面に点を打っていっといたら、あとはクリック1発でY軸中心で回転してくれるから、植木鉢は簡単に作れる」

という話をしたいのだが、回転体、知らないのか。

私は初めて習ったとき、「あー、だから円すいの体積の係数に3分の1がついてんのか」とちょっと感動したもんだが、最近の若いもんの数学は、ぬるい。

 

で、その後、ちょっと前に買ってあった、代ゼミのセンター対策問題集「数学1A」「数学2B」にとりかかる。

例年だと一発勝負で受けるのだが、今回は3ヶ月も前から開始。

例によって、

  • 場合の数&確率が崩壊。
  • 余弦定理の引くときの係数が1か2かで迷う。
  • ベクトルは楽勝。
  • 微分も楽勝。
  • 対数は微妙。
  • ベクトルの問題の中に混ざってる、相似を使わないと解けない問題に、気がつかない。

で、楽勝のベクトルを解いてる最中、思う。

(ベクトルは楽勝なのに、なんで物理の「力の分解」とかわからんかったかなぁ。)

高1時、私の物理は壊滅していた。

先生の教え方が悪かったとは全く思わないが、とりあえず、とても恐かった

 

で、ふと気づく。

(そういえば、今日は決算だったような気がするぞ)

朝礼でその連絡はあったに違いないが、私はこの日、遅刻しているので、聞いてない。

決算処理については、あらかじめ印刷担当を割り振って担当者に一覧表を渡している。今日は私は4つ営業がある日なので、私が印刷処理担当ではないはずだ。

フロアを見渡すと、今日の担当Iさんがいた。

私:「印刷してくれましたか?」

I:「え?」

…。ダメだ。完璧に忘れている。

「ちゃんとやってくださいよっ」

とか言えるといいのだが、ここまでの私の内心の行きがかり上、あんまり強く言えない。

 

いっしょにPC室に行くと、もう1人の今日の担当のK君がパソコンに向かっていた。さすがK君。

私:「出してくれた?」

K:「え?」

…。ダメだ。やっぱり忘れている。

他の仕事で彼らは忙しいようだ。

 

その後、いつもよりはかなり遅くなったが、K君が打ち出して、何事もなかったかのように担当者のところに持っていって、無事に終了したらしい。

 

次は10/18。担当は、午前休みをカットして、私のはず。

2008/10/04

幸せのものさし

この1週間、「はなわがマネする武蔵丸」とおなじくらい、いろんなことがめんどくさいので、ほとんど他人と話をしない。

今日は6人の人と話した。計5分くらい。

 

が、特に投げやりなのではなく、

中島義道で言うと、「人生を半分降りた」

のであり、

竹内まりやで言うと、「幸せのものさし

の心境。

 

現在は、この15年間のうちで、いちばんスムーズに営業が進行している。

たとえば、10/1(水)4課4つ。

  1. ネットから、コンピュータ関連のニュースを2つ紹介。(5~6分)
    1. バッファロー、ウイルススキャン機能付きUSBメモリ
    2. 三菱化学メディア、3.5インチフロッピー販売終了へ
  2. MOS(Word)の模擬試験演習(12~13分)
  3. メタセコイアで自動車作り(25分前後)

 

1の1で、

「価格は、1ギガで9800円

と言うと、即座に、

「高っ!」

とあちこちから声が上がった。

そのツッコミは正しい。

「高いから、今すぐこれを君たちに買えと言ってるんじゃないが、急にこんな製品が発売になったということは、いかにUSBメモリを通じて広がるウイルスが最近拡がってきているかということのあらわれだから、ちゃんとパソコン本体の方でウイルス対策しといてください」

と言うと、(うん、わかった)的な顔をみんなしている。

 

2は、社会人になってからの実用性を重視して今年からやり始めた。フラッシュを使ったプログラムなので、パソコン上で出題されるワードのさまざまな問題に対して正しい手順でクリックしていくと、画面がどんどん進んでいき、自分のペースで学習できる。

「程度の差はあっても将来何らかの形で役に立つから、やりなさい」

と言うと、かなりみんなまじめにやっている。

 

3は、趣味性が高い。操作手順の説明は、プロジェクターを使って私が全員に説明しようとすると、ちゃんと聴いてなかったり、ちゃんと聴いてても一発では上手くできなかったりして、収拾が付かなくなる。

 

そこで、Winkを使って、操作手順ファイルをあらかじめ作成して各自のコンピュータに入れておいた。

 

Winkというのは、

80年代後半から90年代にかけて、無表情なまま、踊りながら歌っていた2人組

ではなく、

コンピュータで操作しているときの画面の様子を録画するソフト

である。

途中で、説明のコメントや「次へ」ボタンや「戻る」ボタンなどを入れておくこともできる。

これなら、途中でわからなくなっても、何度でも見直しながら作成作業ができる。もちろん、それでもわからなければ私にきけばよい。

ほぼ全員、わいわい言いながら、自分のペースで作業を継続。

 

というわけで、他のところも含めて、全部気持ちよく営業ができるので、このところ自分の席にはほとんど座らず、PC室か実習室で営業の準備。

2008/10/02

CD「中島みゆきアルバム 紙ジャケット化 第1弾」

012

みゆきのアルバムといえば、やはりこれにつきるが、いちおう今回到着したやつを全部出しとくと、

014

計15枚。

iTunesへの取り込みはこれから。

この中だと、発売当時は買えなくて、レンタルカセット屋で借りてダビングした、セルフカバーの「御色なおし」を久々に聴けるのがたのしみ。柏原芳恵の「最愛」とか「カム・フラージュ」とか。

ヘッドホンアンプ製作(その2) 抵抗とか

10/1 20時過ぎ。共立エレショップから部品到着。

抵抗を挿していこうと思ったが、どれがどの抵抗値なのかわからない。電子工作は完璧に初めてだし、高校の時の物理は電気にいく前に、力学ですでに崩壊してたし、わたしゃ、こう見えても文系だ。

007

抵抗に印刷されているカラーでわかるらしいけど、めんどくさい。

せっかくメーターを買ったんだから、これで抵抗値を測ればいいや。

ボタン型電池を買いに行かねば。

…青山の上のダイソーは閉まってた。

…旧旧空港通りのダイソーは開いてたけど、売り切れてた。

ローソンで1個200円で2個買った。

帰ってきて、ドライバーで電池蓋を開けたら、

あら?もともと電池が入ってた。

…わざわざ買いに出た意味、なし。

 

挿す孔の距離にあわせて、抵抗の足をニッパーで切りつつ、苦労の末に、50分かけて、ようやく完成。

013

 

2日。

手順前後だが、先にトランジスタを挿した。足切る必要がなかったので、15分。

001

で、コンデンサも挿したが、きつい。無理して足を切らなくてもいいかと思い、下のようにしてみたが…、

007

よく考えたら、

008

高いので、ケースに入れたとき、ふたが閉まらない。

…やっぱりちゃんと挿そう。

011

できた。約40分。部品の取り付け第1段階、終了。

しかし、実は、これからが難しいはず。

2008/10/01

CD「竹内まりや Expressions」感想

001 002

004

 

4枚組。amazonで3980円。

でも4枚目はカラオケCDなのでたぶん聴くことはない。

歌える曲や歌いたい曲はあるが、自分で歌うと、歌っている自分が気持ち悪いので、歌わない。

 

ブックレットの最後に載っているディスコグラフィーによれば、
14枚のアルバムのうち、

  • 「VARIETY」 84年。中3。
  • 「REQUEST」 87年。高3。
  • 「Quiet Life」 92年。大4。
  • 「Impressions」 94年。就職2年目。

くらいが、彼女の音楽を聴いていた時期にあたるが、正確に言うと、「REQUEST」までの時点では、竹内まりや本人にはあまり興味がなく、80年代アイドルへの楽曲提供者としての認識しかなかった。

今回は、「元気を出して」「色・ホワイトブレンド」「けんかをやめて」「駅」が収録されている。全曲、「REQUEST」とカブッているが、まあそれはよい。

河合奈保子ファンとしては、シングルチャートよりも先にアルバムチャートで1位を獲った、「あるばむ」のA面5曲が竹内まりや提供だったことをすぐに思い出すが、できれば、デビュー曲からしばらくつきあっていた岡田有希子のも入れといてほしかった。(「Quiet Life」には「ロンサム・シーズン」が入っていた。)

 

今回は本人が全収録曲に対してコメントをつけている。

「けんかをやめて」をみてみたら、

(前略) この曲は奈保子ちゃんが歌うとすごく可愛いのに、私が歌うとひどく傲慢な女性に聞こえるのはなぜだ(笑)?

とある。前にも書いたが、やっぱりこの歌の主人公はわがままである。

 

ドラマやその他のテレビ番組とのタイアップ曲は、フルコーラスで聴いたことがほとんどなかったが、あらためてちゃんと聴いてみて、佳い曲が多い。

その他、全く知らないデビュー当時の曲および最近の曲はこれから聴きこんでいくつもりだが、この30年、いい意味で変わっていない歌声にただ感嘆するばかりである。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »