サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« Tさんと一緒になんか観に行くシリーズ 番外 | トップページ | TV 「大人のソナタ」 みんなが歌える歌はどこへいった? 感想 »

2009/05/17

槇原敬之コンサート 5/16 松山 感想

18:40~21:40 愛媛県民文化会館(ひめぎんホール) メイン

3000人(満員)

 

ファンだとは言えないし、予習も不十分。うちのiPodには昔のベストアルバムを中心に、73曲しか入っていない。

したがって、知ってた曲はわずかに4曲。

  • 素直
  • Hey
  • 世界に1つだけの花
  • Answer

 

MCはそう長くはなかったが、

「別に、立ってなきゃ盛り上がってないとか全然思わないので、立ってても座ってても一緒に歌っても歌わなくても自分なりに楽しんで下さい」

とか、

単に名前を呼ぶだけではなく自分との関わりを丁寧に説明していくバンドメンバー紹介

とか、

そしてそれをしゃべるときの、大阪弁アクセント

とかが、いい感じ。

 

アップテンポの曲の時は、パーカッションやドラムの音が勝ってしまい、本人のボーカルが埋もれ勝ちだったが、キーボードのみで歌った時は、その声の伸びが際だった。

 

間に15分の休憩があったが3時間という長丁場。

しかし、知らない曲が多かったが、本人自身が

「歌を作るときには詞を先に書く」と言っていたように、

どの曲もその歌詞の内容に深く考えさせられた。

ふだんは、「どうせ死ぬし」と思うことが多いのだが、この日は彼の歌ったいろいろな曲から、「このまま生きてていいんだ」とか「生きててよかった」とか思わせられた。

 

会場全体(客も槇原も)が名残惜しい感じをもったまま、9時40分に終了。

今日も満足度は高かった。

去年の一青窈の時にも感じたが、詞を大事にしている人の歌が好きである。

« Tさんと一緒になんか観に行くシリーズ 番外 | トップページ | TV 「大人のソナタ」 みんなが歌える歌はどこへいった? 感想 »

音楽」カテゴリの記事

観に行ったイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 槇原敬之コンサート 5/16 松山 感想:

« Tさんと一緒になんか観に行くシリーズ 番外 | トップページ | TV 「大人のソナタ」 みんなが歌える歌はどこへいった? 感想 »