サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 名護屋城への道 | トップページ | 仕事をした人たちと、しなかった私 »

2009/08/06

日本100名城 その19 平戸城

hirado

10:35 名護屋城博物館駐車場発
12:40 平戸城着
13:40 平戸城発

 

かかった費用

  • 平戸城 \500
  • 平戸大橋通行料 \200

 

名護屋城から平戸城へは、

いったん唐津まで戻ってから、県道33→R204で伊万里。

そこからさらにR204で松浦鉄道と併走しながら田平。

平戸が島だというのを知らなかった。平戸大橋は有料。片道\100。

 

RIMG4234RIMG4236RIMG4237

駐車場はたくさんあるが、今回は亀岡公園の奥の方に停めた。天守に行くならここが一番近い。駐車場から料金所までは5分くらい。

写真にあるとおり、道は歩きやすいが、この道を歩いている1、2分のうちに、路上でイモリだかヤモリだかを2匹もみた。

 

RIMG4238RIMG4240RIMG4241

上の北虎口門(搦手門)と下の狸櫓は江戸期からの現存。

 

RIMG4247RIMG4248

本丸前門は2Fが売店になっていた。その付近に長い年表が掲示されている。平戸の松浦氏の歴史はとても長い。

 

RIMG4249RIMG4251 RIMG4253RIMG4262

海がすぐみえる平山城。立地としてはなかなかよい。

天守は鉄筋コンクリート。展示はまあまあ。松浦氏のすごーい長い系図とかがあった。この一帯を制圧してきた長い歴史を感じた。

 

 RIMG4267RIMG4272

天守から大手門方面へ歩いていくと、「日本最初 たばこ種子渡来之地」の碑。さらに歩くと、乾櫓。しかし、ここも1Fが売店になってた。

 

RIMG4273RIMG4274

さらに歩くと、「中山愛子像」。明治天皇の祖母。何でここにこの像があるかというと、ここの藩主の娘だから。

 

RIMG4275

その銅像の奥には記念植樹。

「敬宮愛子内親王殿下御誕生記念樹」。

…愛子つながり?

 

さて、今日のお城めぐりは終了。福岡まで帰らねば。

« 名護屋城への道 | トップページ | 仕事をした人たちと、しなかった私 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本100名城 その19 平戸城:

« 名護屋城への道 | トップページ | 仕事をした人たちと、しなかった私 »