サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の55件の記事

2009/08/31

第3次 夏休み終了日

であるが、9月以降も、インフルエンザがらみでスケジュールがどうなるかわからないような気がする。

かつて、2006年問題の時に超イレギュラーな営業を、孤独にやったことがあるので、行けと言われればいつでも行くが、9月の北海道行きと11月の職員旅行の時期だけは外してほしい。とくに職員旅行はもう中止したくはない。

2009/08/30

片付けた

昼過ぎ、「アッコにおまかせ」を観てたら、小橋が出てた。

日テレじゃなくてTBSなのに。

小銭稼がないと、ノアの選手たちは生きていけないのかもしれない。

 

午後。布団干して洗濯して、外出。

洗濯物の収納場所がなくなったので、収納ケースを買いにDAIKI竹原へ。

目の前の城西中学が投票所だったので、10数年ぶりに投票した。

 

帰ってきてから、ケース作成開始。

RIMG4694 RIMG4695

RIMG4696

フレームの内部にプラモデルのようにくっついていた柱をハサミとニッパーでプチプチ切っていかなければならなかったので、写真で見るとたいしたことなさそうだが、1時間弱かかった。

そのあと、押し入れの中を片付けて、ケースの中に服を入れて収納。

 

片付けてる最中に、こんなものが出てきた。

RIMG4697

かつて、あの和歌山旅行の2日目の夕食時午後8時にSさんに着てもらった、全員集合の陣羽織。

 

さらにこんなものも出てきた。

RIMG4698

nWoのTシャツ。 97年度にはTシャツだけで6億円も売れたらしい。

通販で買ったかどっかの新日の会場で買ったか忘れたが、なぜ黒地じゃなくて赤地なのかが、今となってはわからない。

 

さらにこんなものも出てきた。

RIMG4699

ザ・デストロイヤーのマスク。本物ではなく、グッズ。

写真だとわかりにくいが、かなり小さいので、子どもならかぶれるが、大人は無理。

93/7/28 横浜文化体育館での引退試合の時に買ったものと思われる。松山で就職して3ヶ月後だが、わざわざこれを観るために東京まで出ていったと思われる。

 

私の家の片付けはなおも続く。一時のゴミ屋敷状態に比べれば雲泥の差だが、一般的基準から言うとまだまだである。

2009/08/29

特記事項無し

執筆意欲減退中。

 

今日は2課の営業4つのはずだったのに、4つめの客が誰ひとりとして実習室に来ないので、キレ気味に呼びにいったら、その場で客たちと若干もめたが、大げんかになる前に、気づいた。

新型インフルエンザがらみで、彼らは急きょ自分たちの部屋に待機することになったらしい。関係部署にはその連絡がいったようだが、陸の孤島の実習室でずっと営業をやってた私には伝わっていなかった。

まぁ、緊急事態なので仕方がない。

 

 

夜。いつものジョイフル別府にいったら、6課の客10人くらいと鉢合わせして、ちょうど店を出るタイミングが一致してしまったために、そのうちの2人を急きょ彼らの住んでいるところまでクルマで送った。

できれば夕食は一人で静かに食べたかった。

2009/08/26

ゴルフⅥのGTIの発売開始と、ゴルフⅤのGTIの謎の警告灯3回目

新型VWゴルフGTI、211PSにパワーアップして燃費も3%向上

最初にこれをネタにしたのは去年の10月だが、それから1年弱が経って、ようやく日本でも発売開始。もちろん、買うわけではない。

 

いっぽう、うちのゴルフⅤのGTIは、1週間ほど前、速度計の近所に謎の警告灯が、また表示された。

 

エンジンをかけ直すと、「左のブレーキランプが不良」という英語のメッセージが、ディスプレイに表示された。

 

購入から丸2年を過ぎて、ちょこちょこトラブりたがるうちのGTI。

今日になってようやくDuo松山インターへ。

 

今回は単純に球切れだった。

作業時間10分。

球代が\168。技術料が\500。値引きが-\168。計\500。

あそこは、客がもともと少ないのでゆっくりできるし、営業の人も技術の人も全員、感じのよい応対をしてくれるし、トイレも喫煙室もきれい。トラブルで持っていってもイヤな気分になることは全くなく、むしろいい気分で帰ってこられる。

まあ、トラブルはないに越したことはないが、コーヒーも出してくれたし、500円なら安いもん。

2009/08/25

めっちゃ遠いやん

現在、全日本プロレスは北海道巡業中。

  • 2009/08/19 北海道・登別市総合体育館
  • 2009/08/21 北海道・旭川地場産業振興センター
  • 2009/08/22 北海道・札幌テイセンホール
  • 2009/08/23 北海道・浜中町総合体育館(霧多布
  • 2009/08/26 北海道・函館市民体育館

 

そして、この間の小島聡のブログから一部引用。

 

昨日は、釧路と根室の中間にある霧多布(きりたっぷ)という街で試合でした。
北海道をひし形として見た場合、右下あたりにある街です。(8/24付け)

 

霧多布の街から函館まで、バスで十時間以上はかかると聞いた自分は… (8/25付け)

 

!!!

 

約3週間後、私とMさんは、

根室チャシ跡群をみた後、函館よりさらに南の、松前城まで、

一気に行こうとしているのだが。

 

14~15時間かかるかも。

途中で眠くて事故るかも。

死ぬかも。

2009/08/23

第2次 夏休み終了日

夜。自分の部屋でG+の三沢特集を観ていたら、どこかから、

ドーン

という音が聞こえてきた。

 

同じマンションのどこかの部屋で、

だれかがボディスラムで投げられているのかもしれない。

 

と思いつつ、夕食を買いに出かけようと玄関を出たら、隣の部屋の親子3人がそこに立って空を見ている。

音の正体はボディスラムではなく、三津浜花火大会だった。

うちのマンションからでもまあまあきれいにみえるが、じゃっかん、山が邪魔だったので、ふだん行く南江戸のセブンスターではなく、別府のセブンスターに行ったら、駐車場に山のように見物客がいた。

その後、三津浜に向かって走ってみたが、TSUTAYAのある交差点から右折が困難だったので、左折。アイテムえひめあたりまで、見物客が大勢、道に立っていた。

 

 

すでに全開で営業その他の仕事をやってる人たちもいるが、とりあえず今日で夏休み終了。

 

実習室は、昨日まで業者による設定作業が続いていた。

今日は私が行って、明日からの営業用に設定の最終確認。

ここまでくると、あとは客を入れてみないとどうなるかはわからない。

2009/08/22

「第41回思い出のメロディー」を観た。

今日は、このブログの中にいくつかある毎年恒例のネタ。

 

NHKの公式ページはここ。30日にもBS2で再放送。

公式ページによれば、今年の「見どころ」は

  1. 「幻の第1回紅白」の曲目を再現
  2. 開港150年・横浜から中継!
  3. いしだあゆみ 13年ぶりのステージ
  4. 再結成!ザ・ヴィーナス
  5. 永遠の美空ひばり
  6. 時代を作ったアニメの名曲たち
  7. 夢の超特急・新幹線開業45年

ということらしいが、私の興味で言うと、3と4と6くらい。

その他、曲目リストを見て、とくに観てみたいと思ったのは、

  1. 石野真子 狼なんか怖くない 1978=昭和53年
  2. サーカス アメリカン・フィーリング 1979=昭和54年
  3. ジュディ・オング 魅せられて 1979=昭和54年
  4. T.AKIRA(フィンガー5) 学園天国 1974=昭和49年

 

今回は、岩崎宏美と堀江美都子が出るのは前もって知ってたので、それ目当てだったが、

岩崎宏美は、冒頭の尾崎紀世彦のあと、司会の菊川怜が目の前でかんだのをものともせず、あっさり2曲目で登場。(「ロマンス」・1975=昭和50年)。むろん安定感抜群。

 

その後、

宮路オサム→こまどり姉妹→園まり→布施明→(見どころ1。小林幸子→ジェロ→氷川きよし→菅原都々子)→(見どころ7。マヒナスターズ&藤あや子)→サーカス→三沢あけみ→ペギー葉山→二葉百合子→(見どころ6。平野忠彦水木一郎堀江美都子ささきいさお→(見どころ5。秋川雅史→天童よしみ)

ここまでで前半終了。

 

布施明の「愛は不死鳥」(1970=昭和45年)を知らず、そのいっぽうで、「また逢う日まで」や後半で出てきた「空に太陽がある限り」(どちらも1971=昭和46年)はよく知っている。

以前にも確認したことがあるが、私が一番さかのぼれるのはここまでのようだ。私は1969=昭和44年生まれ。

 

サーカスは、かつてはもっと声が出てたと思うのだが、今回は高音が伸びているとは言えず、なんだか重苦しい感じだった。ちょっと残念。

 

アニメな人々は、順に、

  1. ジャングル大帝 1965年 -4才
  2. マジンガーZ 1973年 4才
  3. ひみつのアッコちゃん 1969年 0才
  4. 宇宙戦艦ヤマト 1974年 5才

ということで、「ジャングル大帝」だけは記憶になかった。

客層が違ったからでもないだろうが、水木はいつもに比べるとテンション低め。あとの3人は好調。

「宇宙戦艦ヤマト」は、小学校時代、合奏の時間の持ち歌の一つだった。

が、わたしは例によって左脚が動かないので、かかとを支点にしてリズムを取ることが出来ない。したがってドラムは無理。

木琴とか鉄琴も、左手がまともに動かないので、思ったところをきちんと叩くことが出来ないので無理。もちろんピアノもオルガンも無理。

で、結局、左手を使わなくていいトライアングルとか大だいことか。

たまにシンバルとか。左手固定だったが。

 

 

ニュース明け。後半。

(見どころ4。ザ・ヴィーナス)→ジュディ・オング石野真子→錦野旦→T.AKIRA→(見どころ2&3。五木ひろし→水森かおり→安田姉妹→いしだあゆみ)→千昌夫→五輪真弓→氷川きよし→五木ひろし→(全員で「明日があるさ」)

 

ザ・ヴィーナスは、高音が出なくなったのであろう、たぶんキーを下げていた。テンポも若干遅かったような気がする。

まあ、久しぶりで、生放送で、レコードと同じクオリティを求めるのは酷かもしれない。

 

ジュディ・オングはかつてと同じ感じに思えた。もちろんカーテンドレスをまとっていたし、歌い終わったあとのMCで、「あのドレスは大中小と3種類持っているそうですが、今日は一番大きいのを着て歌っていただきました」と司会の2人が言っていたが、その割には、ぱっと見、そんなに大きくはみえなかった。

それは、大晦日に小林幸子を見過ぎたせいである。

 

石野真子は、年齢は書かないが、今でも充分、アイドルっぽさをかんじられたので、現役時はそうとうかわいかったと思われる。

が、その頃の私はアイドルどころではなかった。

 

T.AKIRAとは、フィンガー5のアキラなので、つまり本人なのだが、1974年の「学園天国」と2009年の「学園天国」では、あたりまえだが完全に別人の声だった。本人なのに、他人の曲をカバーで歌ってるような変な感じ。

が、かっこよかったので、よし。

 

いしだあゆみは、歌手だったという記憶は私にはほとんどない。

  • 「太陽は泣いている」を原由子や桑田佳祐がカバー
  • 「あなたならどうする」を柏原芳恵がカバー

などは知ってたが、本人が歌うのを観るのはたぶん初めて。

しかし13年ぶりという割には、破綻なく歌っていた。やはりもともと歌のうまい人なのだろう。

 

全体的に言うと、(どうしてもこの人のこの曲を観たいっ)というのはなかったが、しかし「思い出のメロディー」として、よくまとまった2時間半だったと思った。

2009/08/20

おそるべきWの世界

おとといのMさんとの「6課の今後はどうなっていくのかトーク」の最中、彼女が言う。

 

「『Wさんの話は、なんかすごいからつい聞いてしまうけど、あとで考えたら全然関係ない話で、あれ?何やったんやろう?って思うことがあります』って、客のひとりが言ってました。」

なんだかわからないが彼の話しぶりがすごいのは、昔からずっとそうである。

 

「私も最近、『Wさんの話は70%くらい聞いとけばいいんだ』って思うようになりました。」

私に言わせれば、70%も聞いたら、聞きすぎである。

 

 

そして今朝。Wさんを見かけたので、私は言った。

私:「明日、レイトで(映画「レスラー」を)観に行ってみます。」

W:「…」

私:「? どうしたんですか?」

W:「いや、内容が微妙なんですよ。」

私:「!!! ついこないだ、熱く語ってたじゃないですか?」

W:「私は最近、映画、ハズすからなぁ」

私:「何がダメなんですか?」

W:「事前に勝ち負けを決めてるシーンとか観たら、『こんな描き方してっ』とか思いませんか?」

私:「そんなのはアメリカのプロレス映画では既に出てるから何とも思いませんけど」

W:「じゃあ、もし観に行ってがっかりしても、私の責任じゃないですからっ」

 

…。

彼が私に熱く語ったのは17日なので、わずか3日前である。

3日で豹変

 

彼はかつて「10分で豹変」したことさえあるので、3日というのは意見を変えるには充分すぎる時間だが、それにしても。

 

「その時は心の底からそう思ったのだ。」

瞬間の真実を生きる人

それがWさんである。

業務連絡 CATV回線速度向上の道

8:30出勤。17:00退勤。

今日も一日、実習室の設定作業。朝から夕方までずっとやったが、何をどうやってもうまくいかないというのではなく、新しいシステムの使い方を覚える作業なので、まったく苦痛ではない。

 

途中、13時過ぎ。CATVインターネットの回線速度を向上させるため、業者に来てもらい、モデムを交換。

(モデムの交換だけなら自分でも出来るなあ)くらいに思いつつ、2人の業者がしばらく作業を続けているのを見ていたが、思ったような速度が出ないらしい。

 

CATVのテレビ放送の線とインターネットの線を分岐する保安器というものが社内のどこかにあるらしい。

業者がそれを確認しにいき、帰ってきて言うには、

「保安器がおかしかったので、交換しました」とのこと。

 

うちの社内で現在、CATV回線でインターネット接続しているのは、

実習室と、1Fのそこと、同じく1Fのそこだけである。

しばらく前に、ちょくちょく「インターネットが不調です」との申し出をその2箇所から受けていたが、その都度、原因がわからなかった。

当時は、私の何らかの設定ミスかと思っていたが、どうやらそうではなかったらしい。

 

で、CATV本社と電話連絡などしながら、彼らの作業は続いたが、

運悪く今度は、ウチの社内の問題ではなく、

CATVそのものが接続障害をおこしたらしい。

8月20日に発生しておりましたケーブルインターネットサービスの接続障害は、現在復旧いたしております。大変ご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。なお、現在も症状が出ている場合には、モデムのリセットをお試しください。リセット方法はこちら

(愛媛CATVのトップページより)

 

現在は実習室は高速でつながるようになったが、一連の作業によって、あとの2箇所は切れたままの可能性が大である。近々直しに行こう。

2009/08/19

シンクラばんざい

悪意があろうとなかろうと、実習室のPCで客たちがいろんな作業をしていると、月日が経つうちに、それぞれのPCの中身が変わっていってしまい、営業を実行するにあたってきわめてめんどうなことになっていた。

だから、長い休みになったら、定期的に、

  1. まず1台をクリーンインストールして、
  2. 必要なソフトを一つずつインストールして、
  3. 完璧な一台が完成したら、
  4. 他の50数台の配線を全部外して、ふたを開けて、ハードディスクを取り出して、
  5. これdo台を使って、1台ずつ、ハードディスクごとコピーして、
  6. それが終わったら、ハードディスクを取り付けて、ふたを閉めて、配線し直す

ということをしなければならなかった。

 

あるいは、ちょっと新しいソフトをインストールしてみたいなぁと思ったら、営業の合間を縫って、

  1. 50数台の電源を一つずつ入れてって、
  2. ログイン画面になったら、一台ずつ、ユーザー名とパスワードを入力していって、
  3. 新しいソフトを一台ずつインストールしていって、
  4. 終わったら一台ずつ電源を切っていく

という作業だった。

 

かつては、同僚Oさんといっしょにこれらの単純作業に明け暮れていた。

上記2つのうち、前者の、クリーンインストールからのやり直し作業は、2006/7/192006/7/27にその記録が残っている。

この間の通算作業時間は30時間5分

 

 

このたびの実習室の整備作業では、50数台のPCにはハードディスクが内蔵されていない。各PCのハードディスクのWindowsを起動させるのではなく、3台のサーバPCに保存されているWindowsのディスクイメージをメモリに読み込んで動かす。これをシンクライアントという。

 

ということで、

  1. ある1台だけに必要なソフトを一つずつインストールして、
  2. 完璧な一台が完成したら、
  3. サーバ機上で、完璧な一台のディスクイメージを作成
  4. そのディスクイメージを他の50数台にコピー。

 

1だけはいろいろ考えなければいけないが、そこからあとの作業は、

マウスクリック、5回くらい。

作業時間は5分。

…。

めちゃめちゃ楽になった。

2009/08/18

DVD「人間60年ジュリー祭り」 とか

10:00 出勤

すでに出勤している人たちは来週からの営業に向けて準備をしているが、私はまだリハビリ中。

 

実習室の設定作業は、今日の14時頃までかかるとのことだったので、待ち。

待っている間に、

  • 今度の同窓会用に、名刺を自作。写真入りにしようと思ったので、W君に写真を撮ってもらう。写真を撮ってくれと人に頼んだのは生まれて初めてかもしれない。
  • 古いPCとのデータのやりとりのために外付けFDDや外付けMDドライブを使ってあれこれ。孤立しているPCなので、問題は小さいが、それにしてもWin98。本体にMOドライブ内蔵という珍しい機種。
  • プログラミングしているFさんからの質問に答える。
  • Mさんと、6課の客ども(時々5課も)の現状について、ロングトーク。

など。

 

時間があいたので、到着したばかりのDVD「人間60年ジュリー祭り」を観始める。

いずれ出るだろうとは思っていたが、すでに6月に出ていた。 発売元が大手ではなく、CO-CoLO Corporationというジュリーの個人事務所だということもあるのだろうか、DVDの作りが微妙に甘い。

  • 382分4枚組という大ボリュームなのに、メニュー画面もなければチャプターも切っていない。よって特定の曲を頭出しするのはきわめて困難。 (というのは私の勘違い。帰宅後落ち着いて観始めたら、メニュー画面がないのは確かにそうだが、さすがにチャプターは1曲ごとに切ってあった。)
  • DVDケースの中に入っているのも歌詞カードではなく、曲目リスト(作詞作曲者は書いてある)のみ。
  • 音声がステレオだけなのは、まあしょうがないとしよう。

 

そういう細かいツッコミはありはするが、内容的には何の問題もない。

映像提供「NHK/NHKエンタープライズ」とあるので、去年放送された番組と基本的には同じ映像だが、なんといっても、

80曲。6時間22分。全曲ノーカットである。

 

会場は東京ドームという広いところなので、現場の臨場感を求めないのであれば、DVDの方が観やすくてよい。

あそこは新日ではよく行ったが、コンサートでは、美里(89/11/30  SUPER Flower bed BALL'89秋 史上最大の学園祭)で一回行っただけである。

会場が広すぎるので、本人が歌ってからその声が耳に届くまでにわりとはっきりしたタイムラグがあったのを覚えているが、DVDならもちろんそんなことはない。

 

まだ最後まで観ていないので、内容の感想は後日あらためて書くかもしれない。

2009/08/17

そのうち観に行くかも

8:30 出勤。

既に3人出社していた。

 

そのうちの一人が、いきなり言った。

サンシャイン(大街道)で『レスラー』ってやってるの、知ってますかっ?ミッキーロークがどーたらこーたら…」

…。

朝からテンション高いですな。いつものことながら。

 

ザ・グレート・サスケは映画「レスラー」に影響されすぎている~スーパーの惣菜売り場でバイトも開始か(BLACKEYE2 2009/8/5)

映画は知ってたが、松山くんだりでやってるような映画だとは思わなかった。

 

が、私は、優待券をもらったとか人に誘われたとか、よっぽどのことがない限り、映画は観ないのである。

 

毎日毎日、自分か他の同級生が、クラスの中の2、3人に、殴られるか、悪口を言われるか、その両方かで、担任の先生は、ノイローゼになって、朝礼だけやったらあとは職員室にひきこもり、自分の親はちっとも助けてはくれず、生きてても何にもいいことはないと思っていた小学生時代が終わったら、

 

中1の時の国語の先生は、授業:映画=6:4または7:3くらいで、授業中に自分が最近観た映画の話をしまくっていたが、

 

それを聞くたび、

現実は、映画のように次から次へと何かがおこるわけではなく、つらく厳しく、そうじゃなければただ退屈なだけだ

と思っていたのだから。

いちおう電話してほしかった

出社直後。

高1の時の国語の先生がつい数日前に亡くなったという話を聞いた。

正直言うと、高1のときの学校の記憶は、

理科(物理&化学)がわからなかった

というその一点しかないのではあるが、しかし、この先生とはその後も数年間のおつきあいはあった。

 

私が異動したせいで、私のところには連絡が来なかったらしい。

…。

私がそこにいたことはすでに忘れられたか。

ボンボンバカボン

ここ数年の夏休みはこんな感じだった。

  • 2008夏 社内サーバの更新作業に失敗→冬休みに継続したが、スパイウェア騒ぎでさらに大失敗。
  • 2007夏 ドラクエ8グランツーリスモ4のせいで生活がボロボロ。
  • 2006夏 いろんな人から電話でたたき起こされ会社に呼ばれる。実家帰省中は甥の相手。
  • 2005夏 オーストラリア出張。
が、この2週間は、例年になく、心穏やかな静かなゆっくりした夏休みだった。

 

で、「♪これでいーのだー、これでいーのだー」とか言ってたら、

そこらにいた人が、

「オマエは今後どう生きていくつもりだ」と言う。

…。

いや、別に今悩んでないんですけど。

…。

するつもりのない人生相談に引きずり込まれた。

…。

で、さんざん話した末の結論が、

「オマエは、もうそれでいい」

って。

いや、だから最初から、そのつもり。

 

以上、今日のWさん、3題。

2009/08/16

第1次 夏休み終了日

であるが、とくに昨日と変化はない。

 

今日も、10時半過ぎに、松山IC渋滞調査隊として、ヤマダ電器へ向けて出発。

天山交差点は昨日ほどではなかったが、R33に入ると、特に右車線は流れが悪く、椿神社付近からはロクに動かない。

なんばナンバーとか滋賀ナンバーとか、どうみてもこれから大変そうなクルマが多数いた。

 

ヤマダにはなにもなく、

コジマには、

ダウンスキャンコンバータ(=パソコンの画面をテレビに映す)はあったが、

アップスキャンコンバータ(=テレビの画面をパソコン用ディスプレイに写す)はなく、

いつものようにセブンスターで弁当買って帰った。

 

 

午後、昼寝。

 

夕方。

PCデポ→アプライド→デオデオ。

何も買わず。

昼前と同様、セブンスターで弁当買って帰った。

 

明日から、実習室の設定作業が再開されるので、出勤。

2009/08/15

♪いつかきたみーちー あのまちかどに

10:15。 買いたいものがあったので、アプライドへ行こうとしたら、左端の車線はそうでもなかったが、朝生田あたりから天山交差点付近が死ぬほど渋滞。今日は高速の渋滞のピークの一つである。

 

欲しかったのは、最近発売されたばかりのプリンストンのアップスキャンコンバータだが、値札は出ていたものの売り切れていたので、何も買わずにアプライドを出て、南江戸のセブンスターで買い物して帰宅。

 

その後は、

  1. 全員集合DVD
  2. マン最終回DVD
  3. BS11で放送してたセブン33話
  4. ルパン1stシリーズブルーレイ
  5. 聖子ライブDVD
  6. こないだBSでやってたアニソン特集
  7. 闘魂スペシャルのライガーDVD

等々を観ながら、一日中、部屋の片付け。

かなりやれたので、ここ数年は片付いてないワンルームマンション同然の居住空間だったが、何年かぶりに、3部屋のうち2部屋までは使えるようになった。

 

それにしても、平成も21年、西暦で2009年だというのに、

私の脳内は、

60年代後半から90年代前半どっぷりである。

 

アニソン特集では、ささき・水木・堀江の大御所たちは、毎度のことながら絶好調だった。

が、しまざき由理の「みなしごハッチ」は、聴いててつらかった。

Gメン75のエンディングテーマ「面影」(YouTubeで)のころは、もっと澄んだ声だったのに。

 

あと、クリスタルキングが独りになっててびっくり。

しかも、アニソン番組なので歌うのが「大都会」ではなく「愛をとりもどせ!!」なのは当然だが、オリジナルを歌ってた田中昌之ではなく、ムッシュ吉崎なので、高音部がそりゃもうエライことになっていた。

二度びっくり。

2009/08/14

東芝HDDレコーダー RD-XS38 HDD ハードディスク 交換 換装

九州から帰ってきたあとくらいからちょくちょく、ウチのアナログHDDレコーダー、東芝RD-XS38が「ER7061」エラー表示でフリーズするようになってきた。

現象としては去年の夏のDVDドライブを交換したときと同様だが、とりあえず今回は、HDDを交換してみることにした。

RIMG4668

1 背面のネジ3つと側面のネジ2つ×2を外して、天板を取りはずす。

RIMG4669

HDDを取り外したいが、隣のDVDドライブと干渉するような気がする。

もしかしてDVDドライブも外さなければならないのか?

…いや、よく見たら、垂直方向だけではなく水平方向にもネジがあった。こっちを外せば良さそう。若干HDDの電源ケーブルが邪魔っぽいが、押しのけたら大丈夫だった。

RIMG4670

2 ネジ4つを外して、土台ごと取り外す。

RD-XS38は2005年発売なので、HDDはSATAではなく、IDEである。MAXTORの6L200P0(200ギガ。ATA133。7200回転)。

RIMG4674 RIMG4672

3 側面のネジを4つ外して、土台からHDDを取り外す。

土台の方にゴムパッキンがついている関係で、ちょっと変わった形状のネジだが、普通のプラスドライバーでOK。

土台の裏面が焦げている。やっぱり熱暴走か?

 

4 土台に新しいHDDを取り付け、抜いていた電源ケーブルと信号ケーブルを挿し戻し、土台を本体に取り付ける。

新しいHDDは、去年DVDドライブを交換したときに、あわせて購入したが、そのままずっと寝かせてあった。日立のHDP725025GLAT80(250ギガ。7200回転。)

5 天板をかぶせてネジ止めし直して、関係するケーブルを元のように配線。

 

実は以上の1~5までの工程で間違いなかった(約1時間)のだが、それがわかったのはあとのこと。ここからしばらく悩むことになる。

 

 

6 電源を入れたら、前面のLEDに「WAIT」の文字。テレビには何も映らない。
→5分以上待っても変わらないので電源ボタン長押しで強制電源断。

RIMG4675

7 電源を入れ直したら、今度は画面が表示されたが、同時に警告も。了解を押す。

8 メッセージの通りに何度か電源を入れ直してみたが、変化無し。リモコンの各ボタンを押してみると、HDDを認識していない以外はちゃんと動いている。

RIMG4681 RIMG4682

9 HDDの初期化をすればいいのかなと思い、設定画面を表示させようと、リモコンのボタンを押してみたが、挙動不審。

具体的には、リモコンのふたを開けて「設定メニュー」を押したにもかかわらず、テレビ画面には、ふたを閉めたときの同位置にある「ズーム」を押したときと同じ画面が表示されてしまう。実はこれは今回のHDD交換とはまったく無関係な別の理由による不具合だったが、この時点ではそうとはわからなかった。)

10 もしかするとHDDのジャンパーピンの位置がおかしかったかなと思い、上記1~3の工程をくりかえし、ジャンパーピンの位置を確認。取り外した古いHDDも取り付けた新しいHDDもケーブルセレクトの位置になっている。特に問題はなさそう。でもいちおうMASTERの位置に変えてみた。

 

11 工程4・5をくりかえし、その後、もう一度電源を入れてみた。

今度は、前面のLEDに何も表示されない。これは、もしかして…。

 

12 もういちど工程1で中を開けたら、案の定、ケーブルを抜いたまま挿し直すのを忘れていたので、挿し直す。

RIMG4671

これが前面の7セグLEDにつながるケーブルだが、これも焦げ気味。 しかしこれはフィルムケーブルなので、簡単には入手できそうにない。

 

13 またふたをして失敗してたらイヤなので、ふたをしないまま 配線して、電源を入れたら、今度はLEDは普通に表示。RIMG4679

しかし、状況は変わらず。つまり、ジャンパーピンの位置は無関係

手詰まり。

 

なんとか初期化するしかないなぁと思いつつ、リモコンのボタンをあちこち押してたら、見つかった。

RIMG4676RIMG4677

リモコンの「簡単メニュー」を押したら、その中に「設定メニュー」という項目があった。

RIMG4687 RIMG4685

14 設定メニュー→管理設定→HDD/ディスク管理→HDD初期化(全削除)

上の写真では、「HDD初期化(番組表/ライブラリ保持)」を選ぼうとしているが、こっちでやるとエラーが出た。まっさらのHDDなので保持すべきライブラリがないからだと思われる。

 

というわけで、やっと成功。計2時間かかった。

 

不必要な手順をカットしてまとめると、

手順1~7 →リモコンの「設定メニュー」(または「簡単メニュー」から)手順14

ということになる。

ただし、これでER7061エラーが解消されたのかどうかはもうちょっと使ってみてからでないとわからない。

両方買うと31枚。

松田聖子、女性史上最多13作同時TOP100入りでひばりさん超え

やっぱり売れてる。松田聖子恐るべし。

松田聖子の再販アルバム16作(←amazonへ)

 

しかし、最近、斉藤由貴の旧譜も一挙に出たので、そっちに手を出すかどうかで迷い中。

斉藤由貴 紙ジャケ(←amazonへ)

 

30周年(聖子は正確には来年で丸30年)だの25周年だのは、デビュー年が同じアーティストだと当然ながら重なるので、全部に手を出してると、さすがに破綻。

2009/08/13

DVD 渡辺美里「VoiceIII」感想 とか

自分のブログ 死んだらどうなる? 訪問絶えぬ“墓碑”も

これは結構よく考える。

そもそも、部屋の中で死んでたとしても発見されない生活である。

家の電話は、ケーブルを引っこ抜いてるし。

携帯の充電が切れたら、外からの連絡手段はない。

 

 

そんな中、今朝は、100%寝ていたところを8時に携帯で起こされた。

会社からである。

「8時半から11時まで停電なので、サーバをなんとかしろ」

って。

モーニングコールが事務長なのは、イヤ。

 

 

8:15 出社。

工事で床がはがれてるのを飛び越えて、OA室へ。

校内サーバの電源を落とした。

ちょうど、美里の新しいDVDが会社に届いていたので、それを取って、8:40帰宅。

 

 

 

帰宅後、さっそく観た。

去年の自由が丘・大阪・東京・八千代松陰学園高校でのライブと、

今年の元日のC・Cレモンホールでのライブ。

 

関係ないが、私に言わせりゃ、C・Cレモンホールじゃなくて、

渋谷公会堂である。

 

以下、ちょっと感想。

  • 現時点の美里が高校の体育館でライブして、彼らに通じるのかどうかよくわからない。むしろ教員の中にファンがいたのかもしれない。
  • 「大阪ラプソディー」を歌っていたが、それは…。
    わざわざ上沼恵美子のあとを追わなくても…。
  • 「始まりの詩、あなたへ」は、岩崎宏美と甲乙つけがたい。
  • 各所のライブの寄せ集めなのでしょうがないが、同じ曲が複数回収録されているのが、やや気になる。

 

全体的には、安定感を感じられる歌唱と選曲だったように思う。

特別変わったこともないが、(あー、これが美里のライブだなぁ)と、
安心してみられる感じ。

amazonのレビューにあったように、2枚組みにする必要はなかったとも思わなくもないが、まあ、Disk2が東京美里祭りだけで独立してると思えば、それはそれでよし。

 

 

11:00。再度出社。サーバの電源入れ直し。こっちは問題ない。

実習室サーバの方は、切り忘れていたせいで強制電源断になってしまい、RAIDがおかしくなっていたので、再同期作業を開始。

再同期終了までには1日以上かかるので、ほったらかして帰った。

(TV) SONGS 中森明菜・歌姫スペシャル 第一夜 感想

8/12 NHK総合 公式サイトのセットリスト

 

最近ここでは、聖子ファン然とした書きっぷりだったが、もともと中学生のころは明菜ファンだった。

聖子のアルバムは買わずにレンタルで済ませていたが、明菜のはきちんと(カセットで)買ってたし。

で、中3の夏くらいから河合奈保子ファンにかわっていったのだが。

 

今回のSONGSは、ここ十数年のカバーを歌う明菜ということで出演しているが、レッツヤンでの「飾りじゃないのよ涙は」(1984)の映像もちらっと流れたりして、それはそれで懐かしい。

 

いっとき状態が悪くてすごく歌が下手になってた時期があったと思うが、いまはそんなことはなさそう。

しかし、「死ぬまでアイドル」の聖子と比べると、

なんとなく薄幸感が漂う。

 

今日の放送では、

  1. 悪女
  2. ダンスはうまく踊れない
  3. I LOVE YOU(尾崎豊)
  4. ベルベット・イースター

だったが、全部OK。

本人がコメントしていた。

「レコーディング前にオリジナルはあえて聴かないようにしている。」

それはあたりまえかもしれない。

が、しかし、そのおかげをもってきちんと自分の歌にできていると思う。最近は、「とりあえずカバーアルバム」の人たちが増えているが、明菜はそうではないと思う。

 

ということで、満足のいく番組構成だったが、

許し難かったのは、これ。

RIMG4666

その件はさっき書いたが、この速報、いいかげん長い時間、ずーーーっと表示されていた。

大事な録画の時にかぎって、

ニュース速報。

ま、再放送あるからいいか。

2009/08/12

歌詞は語る

九州道、17日ぶり暫定復旧=豪雨土砂崩れの福岡-太宰府間

ようやく復旧。長かった。

今日の地震でも東名道がやられたが、こっちは明日にはとりあえずなんとかなるらしい。

崩落の東名道、復旧は13日昼以降の見込み

 

 

1日の聖子のコンサートの時、MCで彼女はちらっと、

「豪雨で大変だった方もいらっしゃると思います」的なこと

を言っていたが、

 

その割には、このコンサートのオーラスは、

SQUALL

だった。

 

oh, スコール 突然の嵐
oh, スコール 巻き起こる洪水

って、元気よく歌ってたが、それはちょっとどうかなと思った。

 

 

ま、そうはいっても、「碧いうさぎ」の二番の一番最後の、

♪今の二人 救えるものは

きっと真実だけだから

の方がよっぽどイタいとは思う。

2009/08/11

サンミュージックだった人々

いろいろ大変だねとか思いながら、だらだら過ごす日々。

ものすごく片付いてない部屋をようやく片付ける気になって、本棚を整理していたら、こんなのが出てきた。

RIMG4665

あまりにも片付いてないので、一度買ったものを忘れてもう一回買うということをよくやってしまう。

  • こないだ高知のキタムラで買ったばかりのEOS3用の電池が、新品で2個も出てきたり。
  • 段ボール箱を作るために買ったガムテープがふと気づくと4つもあったり。

その他あれやこれや。

 

しかし、上の写真の本は、間違えて同じものを2冊買ったわけではない。

限りなく内容も装丁も同じだが、

左は1986/04/04発行。右は2002/12/20の復刻版。

亡くなったのが1986/04/08なので、遺作。

復刻版がなぜこのタイミングで出たかは忘れた。十七回忌かもしれない。

 

 

久しぶりに明屋に行ったら、松田聖子の旧譜がリマスターされて売られていた。実は以前から知ってたが、全16枚を買うほどではないなと思って保留していたのだが、1枚だけつい買ってしまった。

感想は、amazonのユーザーレビューとほぼ同じ。

  • DVDをつけて2枚組にしているせいでケースがデカくて邪魔。
  • しかもそのDVDが「天国のキッス」1曲だけで、しかも、ライブ映像のつなぎ合わせで、しかもそのくせ音はCD音源。
  • 歌詞カードがあっさりしすぎ(もしかしたらオリジナルにあわせたのかも)
  • ブルースペックCDだが、音質の良さはあまりよくわからない。
  • CDもDVDも、ジャケット写真でピクチャーレーベルなのは、よい。

収録曲の中では、シングル2曲(「天国のキッス」「秘密の花園」)はもちろん、「マイアミ午前5時」や「セイシェルの夕陽」は最近も聴いていたのでそうでもないが、久しぶりに聴いた「小さなラブソング」が非常に懐かしかった。アイドル歌謡の王道である。

2009/08/10

日本100名城 その24 高知城

kochi

8日(土)

9:15 松山IC発
(南国SAでトイレ休憩)
11:15 高知IC通過
(境町のキタムラで電池とフィルム購入)
11:50 高知城駐車場着
13:10 高知城見学終了→桂浜へ
13:45 桂浜駐車場着
14:40 桂浜駐車場発
(南国のガストでかき氷。)
16:00 南国IC通過
(石鎚山SAでトイレ休憩)
17:50 松山IC着

 

広島から帰ってきてまだ5時間しか経っていないが、起きて、身の回りやクルマの中などを片付けてから、松山ICの近所のU君の家へ。

U君と遠出は、こんぴら参り以来ぴったり2年ぶり

今日はO君はいないが、今日も2年前同様、死ぬほどいい天気で、非常に暑い。

RIMG4607 RIMG4611

RIMG4613 RIMG4614

駐車場からすぐ。

山内一豊の銅像と、追手門と、国宝の碑と、板垣退助の銅像

国宝の碑については、横の看板に書いてあるが、 旧国宝保存法による指定。現在の文化財保護法下では、国の重要文化財。

RIMG4619 RIMG4620

三の丸の石垣は修復中。

そのちょっと上には、一豊の妻の千代と、例の馬の銅像

RIMG4626

すっかり忘れていたが、ここは木造現存天守だった。

本丸御殿も含めて、やはり木造の城には風情がある。

が、四国の城としては珍しい高欄が、立ち入り禁止になっていた。

外から見ても見苦しいし、中に入って登っていっても、高欄へは出ていけないようにテープが貼ってあった。

RIMG4628

耐震補強工事というわけではなく、高欄の漆の塗り替えらしい。

内部展示は必要十分。幕末系の説明がやや不足かもしれないが、前にも書いたように、私はそれにはあまり興味がないので、問題なし。

 

「高知と言えば桂浜やろ」というU君の言葉に従い、13kmほど先の桂浜へ。

RIMG4633

強烈な逆光で露出に悩みつつ、坂本龍馬像

RIMG4639 RIMG4641 RIMG4646 RIMG4648 RIMG4656

太平洋の波は瀬戸内海のとは違ってすごいねぇ」とか言いながら、U君はEOS-1Vで、私はEOS3とR10で、それぞれ海岸を撮影。

それにしても暑い。

 

その後は2年前と同様、かき氷を食べて、帰宅。

これで、四国の城は、松山城を除いて、全制覇

8/7 新日本・G1クライマックス開幕戦 広島サンプラザ大会

15:55 広島城近所のタイムズ 発
(アルパーク近所のGSで給油)
16:40 アルパーク駐車場着

 

♪あとどれくらぁい せつなぁくなぁればぁ

とか

♪なぁみだいろの ほしをぉ なぁがめて ねがったぁ

とか

♪せかいじゅうの だれぇより きぃっと

とか歌いながら、

ナビの指示に従って走ってたら、

一方通行を逆に突っ込んだ

危うく事故るところだった。危なかった。

 

RIMG4495RIMG4497

アルパークの駐車場は、何も買わなくても4時間無料

近所にはパソコン工房とヤマダ電器があった。

右の写真の右の奥の方が広島サンプラザ

 

アルパーク内の飲食店を利用すればさらに1時間無料なので、早めの夕食。酔心アルパーク店の もつバター定食(\1260)はおいしかった。

 

17:50 広島サンプラザへ。すぐ横には日本庭園があった。

RIMG4498

 

\4000のチケット購入後、会場内へ。

入ると、そこにはG1の優勝カップやリーグ戦の対戦表とか。

RIMG4506

RIMG4500 RIMG4501 RIMG4502 RIMG4503

さすがに新日本の看板シリーズだけあって、松山の興行あたりでは感じられないメジャー感、全開。

 

ホール内に入った。

かなり広いが、試合が始まってからでも、残念ながら空席が多い。

DSC_0835 DSC_0837

試合開始前は過去のG1の試合をスクリーンで流していた。

が、そこに出てくるのが、

健介・馳・武藤・小島・藤波・橋本

って、みんな新日辞めてるし。

DSC_0840

テレビ収録(SXW)のために、山本小鉄と鍵野アナが、試合前煽りVの収録をしていた。

DSC_0875  DSC_0887

入場式もやってた。

がんばれ、杉浦。

 

新日の公式サイトに試合結果やレビューは出ているのでそちらも見てもらうとして、以下、各試合ごとの感想や写真。

■ 第1試合 30分1本勝負 ■

真壁刀義
5分18秒
トップロープから
のキングコングニードロップ→体固め
“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン×

DSC_0935 DSC_0942

序盤こそコーナーの鉄柱にとらえられて股関節への攻撃で若干苦しんだ真壁だったが、最後はあっさりキングコングニーでピン。

 

■ 第2試合 30分1本勝負 ■

G1 CLIMAX Aブロック公式戦

○TAJIRI
(1勝=2点)
10分33秒
バズソーキック→片エビ固め
ジャイアント・バーナード×
(1敗=0点)

DSC_0963DSC_0985DSC_0002DSC_0010DSC_0024DSC_0037

圧倒的な体格差の両者であり序盤は攻められまくっていたが、TAJIRIならどうにかするだろうと思ってたら、

DSC_0063DSC_0062 DSC_0067DSC_0072DSC_0078DSC_0088

案の定、切り返すときにレフェリーに脚をあてて、レフェリーをダウンさせてる間に、バーナードへグリーンミスト。そしてバズソーキックからまんまとフォール。

私の近所には熱狂的な新日ファンの一団がいて、外敵であるTAJIRIをヤジりまくっていたが、

TAJIRIが、らしい勝ち方をしたので、個人的には大満足。

 

■ 第3試合 30分1本勝負 ■

G1 CLIMAX Bブロック公式戦

○中西学
(1勝=2点)
11分58秒
反則
飯塚高史×
(1敗=0点)

DSC_0123DSC_0128

当然のように場外乱闘から開始。

DSC_0168DSC_0190DSC_0208DSC_0250 DSC_0213DSC_0294 流血もさせられてつらい中西だが、ミサイルキックやチョップやバックドロップやアルゼンチンバックブリーカーなどで応戦。

DSC_0317

イス攻撃がしつこすぎたので、反則負け。

ま、予定通り。

 

■ 第4試合 30分1本勝負 ■

G1 CLIMAX Aブロック公式戦

○田中将斗
(1勝=2点)
10分44秒
スライディングD→片エビ固め
矢野通×
(1敗=0点)

DSC_0362DSC_0379

田中はFMW時代以来の盟友、邪道&外道と一緒に入場。

矢野は例によって酒だか水だかをまき散らしながら入場。

DSC_0400DSC_0425

DSC_0452

この試合も、場外乱闘が多かった。

DSC_0499DSC_0506

ブレーンバスターは矢野が仕掛けたのだが、攻防の末、田中が切り返した。

いわゆる「菊タローのブレーンバスター投げられ」と同じ状態。とはいっても、もちろんこの試合はお笑いマッチではないので、矢野が長々としゃべったりしたわけではない。

DSC_0528DSC_0529DSC_0530DSC_0532

矢野は悪党キャラだが技術はしっかりしている。このジャーマンも見事。

最後は田中がランニングエルボーからピン。

かみ合ったいい試合だった。

 

■ 第5試合 30分1本勝負 ■

○タイガーマスク
獣神サンダー・ライガー
10分20秒
チキンウィングフェースロック
岡田かずちか×
永田裕志

DSC_0609DSC_0611

タイガー&ライガーという贅沢なタッグ。しかしいまはタイガーがチャンピオンなので入場曲はタイガーのもの。ライガーのテーマも聴きたかった。

DSC_0646

永田は、広島仕様のコスチュームで入場。

 

DSC_0718DSC_0724 DSC_0725DSC_0726 DSC_0728DSC_0731

トップロープからのブレーンバスター。(タイガー→岡田)

基本的にこの試合は、試合巧者3人の中での、
岡田死んでこいマッチ。

 

DSC_0759DSC_0760DSC_0761DSC_0762DSC_0768

この「その場ムーンサルト」(←正式な名前を知らない)は、なんとか切り返したが、

cwf

このチキンウィングフェースロックで残念ながらギブアップ。

がんばれ、岡田。

 

■ 第6試合 30分1本勝負 ■

G1 CLIMAX Bブロック公式戦

○天山広吉
(1勝=2点)
12分42秒
アナコンダバイス
杉浦貴×
(1敗=0点)

DSC_0839DSC_0860DSC_0861DSC_0883DSC_0951

私は天山も嫌いではないが、それ以上に杉浦の方が好きなので、外敵ではあるが勝ってくれないかと期待していたのだが、残念ながら、最後の天山のアナコンダバイスはあまりに強烈で、これは負けてもやむなし。

 

■ 第7試合 30分1本勝負 ■

G1 CLIMAX Bブロック公式戦

○中邑真輔
(1勝=2点)
16分42秒
顔面への膝蹴り→エビ固め
後藤洋央紀×
(1敗=0点)

 

セミ前までのほとんどの写真はD200で撮ってたので、ピントが合えば結構いい画質だが、セミとメインはD200のバッテリー切れのため、R10で撮ったのでイマイチ。

RIMG4518

セミは非常におもしろい試合だった。残念ながら写真はほとんど無い。

序盤は後藤が若干優勢だったが、中邑を場外に追いやったとき、客にのせられた感じでその場の勢いで大してうまくもないプランチャをやってしまい、その時にどこかを痛めたらしく、そこから攻守逆転。

後藤も何かとがんばりはしたものの、中邑が多用したボディへの膝蹴りの威力はすさまじく、ディフェンディングチャンピオンの後藤、初戦を落とした。

この試合では、興奮した客たちがいっせいに床を踏み鳴らす

「重低音ストンピング攻撃」

を何十年ぶりかに経験した。 ちょー満足。

 

■ 第8試合 30分1本勝負 ■

G1 CLIMAX Aブロック公式戦

○大森隆男
(1勝=2点)
18分20秒
アックスボンバー→片エビ固め
棚橋弘至×
(1敗=0点)

RIMG4530

相変わらずの棚橋クンは、客からバラの花をもらってご満悦。

この試合に関しては、ハッキリ言って勝敗への興味はない。

棚橋がハイフライフローで勝つのだ。絶対。

今日は、セミがいい試合だったからそれでいいのだ。

oomori

大森はちょっと荒井注に似てると思うが、最近の若いも んは荒井注を知らないかもしれない。

RIMG4585RIMG4587

最初はどっちかっていうと棚橋の方が優勢だった。

大森のアックスボンバーを棚橋がスリングブレイドで切り返すというのが2、3回続いたときは、やっぱり大森では無理かと思ったが、抑えられても大森が切り返し続けるので、興奮する場内。

そしてついにアックスボンバーが決まって、棚橋が負けたときはそりゃもう大騒ぎ。

 

勝った大森はおとなしく花道を引き揚げていったが、負けた棚橋はいつまでもリング上にいる。

すると私の近所の客が厳しいヤジ。

「負けて『愛してまーす』はねえだろっ!!」

そのヤジはかなり大声で何回も繰り返され、当の棚橋にもしっかり聞こえていたが、そんなヤジには負けない棚橋、

「今日は負けたけど、でもG1優勝するのはオレだ」

と言いはなったあと、いつものように

「愛してまーす」

と叫んで、興行終了。

 

 

その後、22:00にアルパークの駐車場を出て、自宅到着は25:00。

しんどかったけど、大満足。

2009/08/09

日本100名城 その22 岩国城

3日の夜に九州から帰ってきて、4~6までは家でじっとしていたが、6日(木)や7日(金)も高速1000円になっているということだったので、7日に、新日本のG1クライマックス広島サンプラザ大会を観に行くのにあわせて、岩国城広島城に行ってきた。

 

iwakuni

7:00 自宅発
8:20 今治IC
9:13 福山西IC
9:45 小谷SAで休憩
10:12 広島IC通過
10:50 錦帯橋 下河原駐車場 着
11:40 ロープウェイ 山麓駅発
12:20 ロープウェイ 山頂駅発
12:45 錦帯橋 下河原駐車場 発

 

R196が、菊間の中心部で謎の渋滞。事故でも工事でもないのに。おかげで今治まで結構時間がかかった。

これまでは広島方面にクルマでいくとき、すなおに分岐の指示に従って左方の「広島方面」にいっちゃあ、途中で高速を下ろされて尾道ICまで遅い一般道をしばらく走る目に遭っていったが、今日はようやく学習効果が発揮され、右方「岡山方面」でそのまま速いR2経由で福山西ICへ。

山陽道は格別混むこともなく、岩国ICで降りて、スムーズに錦帯橋へ。

 

駐車場はロープウェイ山麓駅のすぐ目の前にもあるが、錦帯橋を渡るために、下河原駐車場へ。この日は平日だったので、無料。

RIMG4399

錦帯橋の入り口で、入橋券&入城券&ロープウェイ往復券のセット券930円を購入後、渡る。写真だとそうはみえないが超快晴で暑い。

RIMG4397RIMG4403

渡ったあとは、すぐ右折して、佐々木小次郎の銅像前を通って、吉川資料館へ。

RIMG4441RIMG4404RIMG4408RIMG4409

吉川資料館は、けっこう重要な文書が展示されていたが、展示室がそれほど広くない1室だけだったので、500円の入館料はやや割高。

 

RIMG4414RIMG4416 RIMG4421RIMG4427RIMG4412RIMG4413

ロープウェイ山頂駅からは徒歩5分で岩国城へ。

これくらいだと全然きつくはない。 ここの天守は、下より上の方が大きくなっているところがあるのが特徴。

本来の天守は、現復興天守の裏側にあった。いまも天守台はしっかり残っている。

内部の展示は他の城と比べて標準的だったが、日本全国の橋の写真があったのが特徴的。

 

RIMG4435 RIMG4438RIMG4442

ロープウェイを降りて、吉香公園内を歩き、錦帯橋を渡って駐車場へ戻った。

道の駅や水の駅は知ってるが、ここには橋の駅があった。

さすが岩国。

 

さて、次は広島へ。

日本100名城 その23 広島城

hiroshima

12:45 錦帯橋 下河原駐車場 発
14:40 広島城近所のタイムズ到着

 

岩国からは高速ではなくR2で。わりとスムーズに車は流れたが、広島市内に入ってから西広島バイパスを降りる直前で若干渋滞。

その後も、間違えて右折レーンに入ったせいで遠回りになったり、ようやく城の近所まできても駐車場がみつからなかったり。

広島城には駐車場はないのかもしれない。まぁ、パーキングはそこら中にあるので最初からそのつもりでいけば問題はない。

 

RIMG4451

駐車場から城に向かって歩き始めたら、近所にワーゲンを発見。これならもしクルマがトラブっても大丈夫。

RIMG4454RIMG4459RIMG4461RIMG4457RIMG4463  RIMG4470

北の堀端(基町高校側)から、陸軍幼年学校跡を見て、RCC(中国放送)の裏側を通って、東側の入り口から、広島大本営跡の前を通って、天守へ。

RIMG4475

内部にはいるとすぐ、自動ドアでお出迎え。

大型の鉄筋コンクリート城ならではだが、「博物館」のつもりで割り切って見学すれば、かなり充実した展示内容。

いままでにまわった中国地方のほとんどの城を観て思ったが、やはり毛利氏の影響力は非常に強い。

RIMG4476 RIMG4479

武家屋敷や商家コーナーだけは撮影可能だった。

RIMG4483

天守最上階からの広島グリーンアリーナ

三沢が亡くなった体育館である。

 

暑くて疲れたので、南側の二の丸の櫓群は観ずに、元の道をたどって、駐車場へ戻った。

 

さて、次は10kmほど先の、五日市・広島サンプラザへ移動。

2009/08/08

日本100名城 その21 津和野城

tuwano

11:20 萩城駐車場発
12:10 道の駅うり坊の郷着
12:30 道の駅うり坊の郷発
12:48 津和野の道の駅前通過
12:58 津和野駅を越えた
13:10 コーナン駐車場
13:40 リフトの上着。登城開始
13:52 登城終了
14:00 下城開始
14:08 リフトの上着
14:15 リフトの上発
14:22 リフトの下着
14:32 コーナン駐車場発

 

ここまででかかった費用

  • うり坊の郷でパンほか \500
  • リフト往復 \450

 

津和野城は、あまり印象がよくなかった。

まず、メインストリートに突入すると、道沿いの駐車場に客引きしているおじさんが大勢。どこの駐車場も\400。

それらの駐車場をいきすぎると、津和野駅前に市営駐車場があり、そこが\500。

なんだか意地でも安い駐車場に停めてやろうという気になって、そこらへんをさまようが、まともな駐車場が見つからず、コーナンの駐車場に停車。

 

そこからリフト乗り場を探して徒歩でさまよう。

 RIMG4338 RIMG4339 RIMG4340 RIMG4342

櫓はこんなところにひとつあった。

右下の写真は大手登山口。

ここから徒歩で行けなくもないが、それは死ぬほど登山。

 

歩いていると、地元の女子中学生だか高校生だかが挨拶してくれた。どうせならリフト乗り場の場所を聞けばよかったが、聞かなかったのでさらにさまよう。

RIMG4382RIMG4343

さんざん悩んだすえに、津和野高校前を登っていけばいいということがようやくわかり、徒歩で登る。

RIMG4344

汗だくで上がってきたら、リフト乗り場が見つかった。

しかもそこには無料駐車場が。

…。

ウチのクルマのナビはこんな駐車場は指示してくれなかった。

コーナンの駐車場からここまで徒歩20分。

登城前に既に疲れた。

 

5分36秒間、リフトに乗って、そこからさらに山道。

RIMG4346RIMG4348

津和野は観光地だが、津和野城はあんまり売りにしていないみたいだ。説明のパネルの表面がグチャグチャ。

 

RIMG4350RIMG4356 RIMG4361RIMG4362 RIMG4364RIMG4367 RIMG4369RIMG4370 RIMG4376RIMG4385

ここも名護屋城と同様、建物は残っておらず、天守台や櫓門跡しか残っていないが、名護屋城は整備が行き届いていたがここは荒れ果ててる感があった。まあ標高が高いのでなかなか難しいとは思うが。

 

リフトからの景色はよかったが、全体的にはちょっと不満。

2009/08/07

大森、棚橋に勝った

おもしろかったぁ。

セミの後藤対中邑がどっちが勝つかわからないとても面白い試合だったので、どうせメインは棚橋がカッコよく勝つんでしょと思ったらそうではなかった。


今から松山に帰るのがだるいわ。

明日は高知やし。

会場前

会場前
無事、当日券二階4000円のチケットを購入。

結構今までに何度も行ってる新日本だが、G1CLIMAXは初めて。

広島城

広島城
駐車場を探すのに苦労したがなんとか停められた。今から見学。

錦帯橋と岩国城

錦帯橋と岩国城
新日本広島大会のついでに岩国に来た。

2009/08/06

日本100名城 その20 萩城

hagi

 

RIMG4298 RIMG4299 RIMG4301 RIMG4304 RIMG4306 RIMG4308 RIMG4310 RIMG4313 RIMG4314 RIMG4320 RIMG4331

 

せっかく萩まで来てみたが、

私は戦国オタクではあっても、幕末オタクではないので、

いろいろ見るべき場所はたくさんあったにもかかわらず、

滞在時間わずかに1時間。

 

萩城は、建物はないが、堀がきれい。

天守台は名護屋城と同様しっかり残っている。もし天守が立ってたらかなり立派にみえると思う。

 

さぁ、萩の次は津和野だ。

萩城への道

8/3(月) 5:25から11:20まで

5:25 起床
6:30 食事
7:10 ソラリア駐車場発
7:30 福岡IC通過
8:30 めかりPA着
8:50 めかりPA発
9:20 美祢IC通過→一般道へ
10:20 萩城駐車場着
11:20 萩城駐車場発

 

ここまででかかった費用

  • ジュース \150
  • 天神北→福岡 \600
  • 福岡→美祢 \1800
  • 萩城駐車場 \300
  • 萩城入園 \210

福岡→美祢の高速代が割引になってたような気がするが、何の割引なのか不明。

 

前日夜の時点では、大野城に行って、余裕があったら九州国立博物館も観て、福岡城に行って、それから帰ろうと思っていたが、

この日の朝、早起きしたので、もう一度確認してみたら、

  • 大野城のスタンプ設置場所は複数あるのだが、いずれも、
    月曜休館
  • 九州国立博物館も月曜休館

ということで、急きょ、萩城にチェンジ。

 

 

駐車場をでるやいなや、ピンチ。

給油サインが出ている。残り70kmくらいしか走れない。

にもかかわらず、ホテルからすぐに都市高速に乗ってしまった。

古賀SAで給油。助かった。

 

たまたまトイレ休憩のために降りた めかりPAというのが、関門海峡の目の前ということも知らなかったので、記念撮影。

RIMG4281

 

美祢ICで降りたあと、行先表示板を見ながら、秋芳洞にも行けたら行きたかったなぁと思いつつ、萩へ。

いいかげん遠いが、それもそのはず、萩は日本海側。

しかし私は萩が日本海に面してることも知らなかった。

ここに来るのは初めてである。

仕事をした人たちと、しなかった私

13:40 平戸城発
16:45 ソラリア駐車場
17:00 地下鉄天神駅
17:05 地下鉄博多駅
17:20 ドスパラ着
17:40 ヨドバシ着
18:10 クリオコート前着
18:55 クリオコートフロント
21:00 地下鉄博多駅
21:05 地下鉄天神駅
21:20 ホテル自室

 

ここまででかかった費用

  • 佐世保みなと→大野城 約\1500
  • 大野城→天神北 \600
  • 天神←→博多 \400
  • ジュース代 \300
  • たばこ代 \290
  • 宿泊代 \6500
  • 駐車場代 \1000

 

平戸から佐世保も松浦鉄道と併走してR204。(吉井から皆瀬までは県道40でショートカット)

佐世保駅前が、JRと港とICが全部かぎりなく近所にあるという、松山市民には想像できない立地であり、しかもこの日はお祭りだったらしく、死ぬほど混んでた。米海軍の船も間近にみえたが、写真を撮る余裕は無し。

 

佐世保からの高速は長崎道ではない(=西九州道)んだなぁ

などとあらためて思いながら、えんえんと高速を走り、都市高速を走り、ソラリアに戻ってきた。

 

その後は、既に書いたように、

  • 壊れたPCを持って地下鉄に乗り、博多駅から5分のドスパラに行ったが、修理は不可能。
  • 近所にヨドバシカメラがあったので中をのぞいたが、ここも例の電子辞書は\29800だったので、買わず。
  • 博多駅前のホテルクリオコートの前を通ったら、どういうわけか知ってる人が出てきた。
  • そこに何となく立ってたら、向かいのビルの電光掲示板に、アントニオ猪木酒場の広告が写った。
  • クリオコートの1Fはパチンコ&スロットだったが、そこには興味がないので、3Fのホテルのフロントに上がったら、知ってる人が8人もいた
  • 猪木酒場には行かず、ドスパラから徒歩1分の居酒屋で食事。
  • 食事中に携帯に着信があったが気づかなかった。福岡在住の後輩S君からだったが、タイミングが合わず、今回も去年に引き続き、会えず。

 

ホテルに戻って、今度はきちんと駐車場の件を連絡して1000円払ったら、サービス券を渡された。これで明日は大丈夫。

日本100名城 その19 平戸城

hirado

10:35 名護屋城博物館駐車場発
12:40 平戸城着
13:40 平戸城発

 

かかった費用

  • 平戸城 \500
  • 平戸大橋通行料 \200

 

名護屋城から平戸城へは、

いったん唐津まで戻ってから、県道33→R204で伊万里。

そこからさらにR204で松浦鉄道と併走しながら田平。

平戸が島だというのを知らなかった。平戸大橋は有料。片道\100。

 

RIMG4234RIMG4236RIMG4237

駐車場はたくさんあるが、今回は亀岡公園の奥の方に停めた。天守に行くならここが一番近い。駐車場から料金所までは5分くらい。

写真にあるとおり、道は歩きやすいが、この道を歩いている1、2分のうちに、路上でイモリだかヤモリだかを2匹もみた。

 

RIMG4238RIMG4240RIMG4241

上の北虎口門(搦手門)と下の狸櫓は江戸期からの現存。

 

RIMG4247RIMG4248

本丸前門は2Fが売店になっていた。その付近に長い年表が掲示されている。平戸の松浦氏の歴史はとても長い。

 

RIMG4249RIMG4251 RIMG4253RIMG4262

海がすぐみえる平山城。立地としてはなかなかよい。

天守は鉄筋コンクリート。展示はまあまあ。松浦氏のすごーい長い系図とかがあった。この一帯を制圧してきた長い歴史を感じた。

 

 RIMG4267RIMG4272

天守から大手門方面へ歩いていくと、「日本最初 たばこ種子渡来之地」の碑。さらに歩くと、乾櫓。しかし、ここも1Fが売店になってた。

 

RIMG4273RIMG4274

さらに歩くと、「中山愛子像」。明治天皇の祖母。何でここにこの像があるかというと、ここの藩主の娘だから。

 

RIMG4275

その銅像の奥には記念植樹。

「敬宮愛子内親王殿下御誕生記念樹」。

…愛子つながり?

 

さて、今日のお城めぐりは終了。福岡まで帰らねば。

2009/08/05

名護屋城への道

8/2(日) 6:00から10:35まで

6:00 起床
6:30 食事
7:00 ソラリア駐車場発
8:00 二丈パーキングエリア前通過
8:20 唐津城前通過→ローソンへ
8:30 ローソン発
9:00 名護屋城博物館駐車場着

 

 

疲れてた割にはきちんと起床。

6時半に1Fにおりて朝食。

ここのホテルは、おにぎりといなりと味噌汁と食パンとバターロールとハムとスクランブルエッグとコーヒーやオレンジジュースなどのセルフサービス。バイキングというほどではない。

しかし無料。16連泊の際には大いに助かった。

 

 

そして7時前にソラリア駐車場へ。

先に書いたように、ホテルのフロントに申し出なかったために、駐車場代が\5620

言っとけば\1000だった。

今思えば、まだ朝早くクルマが少なかったので、後退逆走して、もう一度停車して、ホテルに戻ればよかったかも。

 

ともかく、西へ向いて走り始めた。

節約のため、都市高速や有料道路には乗らず、

ひたすら普通のR202。

 

天気はあまりよくなかったが、機嫌良く玄界灘を歌いながらドライブ。

♪しらなぁい まぁぁちを あるいて みぃたぁい
どぉこぉか とぉぉくへ いぃぃきたぁい
しらなぁい うぅぅみを  ながめて みぃたぁい
どぉこぉか とぉぉくへ いぃぃきたぁい

さいきん歌ってないせいか、イマイチいい低音が出ない。

やめよう。

 

♪ あぁぁぁ にほんの どこかにぃ わたしをぉ まってるぅ

人はいそうにもない。

やめよう。

 

そうだ、きのうの今日だから、これにしよう。

♪てゅるりら てゅるりらぁ かぁぜにふかれてぇ
しらなぁい まぁちを たぁびしーてみたぁいー
てゅるりら てゅるりらぁ ひーとり しずかにぃ
あいを みぃつーめて はた…

いや、私はもう四十だ。

やめよう。

 

とかやってるうちに、唐津市中心部までやってきた。

しかし、強烈にトイレに行きたい。

虹の松原の中を思いっきり通ったが、ゆっくり観る余裕が全くない。

本当にやばい。

右手に唐津城がみえてきた。

唐津城は(模擬)天守がある城だが、100名城には入ってないので、スルー。

いよいよやばい。

直後、ローソン発見。助かった。

 

そして30分後、ようやく名護屋城博物館駐車場に到着。

日本100名城 その18 名護屋城

nagoya

9:00 名護屋城博物館駐車場着→名護屋城見学
9:45 名護屋城博物館見学
10:25 名護屋城博物館見学終了
10:35 名護屋城博物館駐車場発

RIMG4141RIMG4142RIMG4146RIMG4147RIMG4164RIMG4165RIMG4189RIMG4190RIMG4193RIMG4194RIMG4160RIMG4161RIMG4200

駐車場に停めたあと、右に行くと名護屋城址、左に行くと名護屋城博物館。

先に名護屋城址へ。建物は何もないが、櫓跡や天守台跡などの説明のための表示板が、しっかり整備されていてわかりやすい。

信長に追放された足利義昭、こんなところで秀吉に呼ばれてたとは知らなかった。

 

政宗ほかの東北大名をはじめとして、全国の諸大名をはるばるこんなところまで呼んだ上に、朝鮮にむりやり出兵した秀吉のわがままさを感じつつ、こんどは博物館へ。

 

RIMG4213RIMG4214

名護屋城博物館は、エラくまたものすごく立派な博物館。

なのに入館料無料

しかもつい2日前から、館内の写真撮影が可能になっていた。

展示物はそれほど多くはなかったが、その分、広々とした配置で、ゆっくり観られた。

RIMG4215RIMG4216RIMG4218RIMG4222

 

博物館裏手には、

 木下延俊の陣屋跡があった。

RIMG4224RIMG4226

しかし、ここはさほど観るものはなく、わざわざ行くほどのこともなかった。

ここでは何も得られず、 むしろ、

RIMG4231

蚊に血液を捧げただけで終わった。

 

以上、名護屋城は全般的に満足。

次は、平戸城へ。

ホテルは天神

14:47 ソラリア駐車場着
15:05 西鉄イン天神着
15:30 西鉄イン天神発
15:40 ソラリアステージ前でバスに乗車
16:00 マリンメッセ福岡着

 

ここまででかかった費用

  • 宿代 ¥6500
  • ジュース代 \120
  • バス代 \180

 

 

天神の駅ビル「ソラリア」の立体駐車場に停車。

駐車券はちゃんと持ち出したので、ホテルのフロントで申し出さえすればよかったのだが…(この項、別記事へ続く)

 

ソラリアから南に、西鉄線の高架下を歩いていく。

高架下は思いっきりビックカメラになっている。

ほかにもこの近辺にはローソンとかジョイフルとかジュンク堂とかがある。

高架下の先には西鉄イン天神。

6年前に某コンピュータ専門学校でスクーリングを受けたときは、ここに16連泊した。それ以来、福岡の定宿である。

 

部屋に荷物を置いたらすぐにソラリアへ逆戻り。

途中、ビックカメラの電子辞書コーナー。

当然ながら松山の電器店とは品揃えが違う。

探していたセイコーインスツルのSR-G6100は、あった。

が、\29800。

セイコーインスツルの直販価格と同じ。

ポイントがつくとはいっても、ビックのポイントでは使いようがない。

やめた。

 

マリンメッセ行きのバス乗り場を探そう。

ちゃんと事前に西鉄のホームページで調べといた。

80番のバスだ。

「松田聖子はこっちでーす」

!?

プラカード持って、だれかが叫んでいる。

直行の臨時バスが山ほど出てた。

さすがに13000人収容のマリンメッセ。

松山ではあり得ない光景、その1。

そしてバスへ乗り込み、マリンメッセへ。

8/1 松田聖子コンサート 2009 マリンメッセ福岡 感想

16:00 マリンメッセ福岡着
17:10 公演開始
20:14 公演終了
20:40 天神行きバス乗車
21:00 天神3丁目着
21:15 マクドナルド
21:55 西鉄イン天神着

 

ここまででかかった費用

  • バス代 \180
  • マクドナルド \1200
  • ジュース代 \570

 

最初に言い訳しておくと、

私は松田聖子の熱心なファンではないので、

「松田聖子 コンサート 曲目」などでここにたどり着いた方は、

期待はずれかもしれない。

たびたび書いているように、私は、80年組なら河合奈保子のファンである。

 

松田聖子は、あの当時の歌好きにとっては、

常識あるいは最重要事項の一つ

であって、

特にファンではなくても、

  • 15曲くらいは曲名がすぐに言えて、
  • 歌詞をみながらであれば10曲くらいは歌えて、
  • 歌詞をみなくても1曲や2曲は歌えなければならない、

そういう歌手である。

 

 

さて。

バスを降りた直後。

「チケットあるよー。余ってたら買うよー」

!!

ダフ屋だ。

松山ではあり得ない光景、その2。

東京時代以来約20年ぶりに聞くなつかしい響きであり、ずっと前に忘れていたが、特に甘い記憶ではない。

 

S席¥8000の人々が山ほど並んでる。

SS席\21000の人々は、別入り口から余裕を持って入場している。

並ぶ気はしないので、列の外側でじっとしてたら、またダフ屋にとめられた。

RIMG4136 RIMG4137

RIMG4138 

 

すぐそばに、

背中に大きく「松田聖子」という刺繍が入った白い特攻服

を着たおねえさんや、

そんな派手なワンピースだれが着るんや?

と突っ込みたくなるような格好のおねえさんがいて、

その人たちとは別の客が、「記念撮影させて下さい」とか言って、写真を撮っていた。

ちなみに、コンサート本編の聖子のMCによれば、

「そんな派手なワンピース」は、聖子のステージ衣装だった。

熱心なファンがマネして作るらしい。

 

さらにそこらへんにたたずんでいると、

「仙台ではあーだったこーだった」とかしゃべっている人たちもいた。

 

SS\21000の人々は、結婚式の引き出物をいれとく風の真っ赤な紙バッグを持っている。何かしらグッズが入っているらしい。でも中身は不明。

 

というわけで、ライトなファンにすぎない私はなんだか申し訳ないような気にもなりつつ、入場。

 

 

席はやはりそうとう後ろ。

よろしくないのは、目の前が完全に通路であること。

一般の市民会館レベルの通路ではなく、会場の端から端までを横断できるようになっている幅1.2~1.3mくらいの通路。

集中しづらい。ステージもはるか彼方である。

RIMG4395

画像は、去年の同所でのライブDVD。 私の席は、左のマイクの握る部分くらいではないかと思われる。

単眼鏡を持って行ってたのでまだマシだったが、なければどうなっていたことか。

 

全体を通じて正直にいえば、去年の鹿児島の方が満足度は高かった。

今回今ひとつだった理由は以下の通り。

会場の広さ

  • MC中に聖子と客とのやりとりがあっても、客が何言ってるかが聞こえない。
  • ステージまでが遠く、表情がみえない。
  • 客が歌う場合に歌声が拡散して、一体感がもてない。

私のコンディション

  • 長時間の運転疲れで眠かった
  • 序盤で英詞曲が続いたが、それが聖子の曲なのか洋楽のカバーなのかがわからない。

など。

 

聖子の方も、ツアー最終日で疲れていたのか、一部の曲では、むやみにビブラートかけてなんとかしようとしていたような気もしないでもない。

あと、レコード会社を移籍したばかりなので、アルバムお披露目コンサートになってない。よって今回は、終わったあとも何も購入しなかった。

MCでは、相変わらず感じのいい丁寧なしゃべりだったが、客に対して尊敬語でいくべきところを謙譲語を使ってしまい、そのおかしさにすぐ気づいて自分がハマったり。それはそれでいいけど。

 

アンコールが複数回あってもいいのだが、そのつど帰ろうとする客が上述の目の前の通路でうろうろするのでやっぱり集中できない。

 

演った曲は、覚えているものだけ順不同で書いてみる。

  1. 裸足の季節
  2. 青い珊瑚礁
  3. 真冬の恋人たち
  4. 制服
  5. 未来の花嫁
  6. SQUALL
  7. 20th Party
  8. 赤いスイートピー
  9. 続・赤いスイートピー
  10. 夏の扉
  11. Rock'n Rouge
  12. あなたに逢いたくて〜Missing You〜
  13. We Are The World

 

行き帰りのクルマの中で聴いたり、今、去年のDVDを観たりしたせいで記憶がかなり混乱してきているが、これだけということは絶対無い。

今年もツアーDVDが出るのかどうかわからないが、出たら買ってみよう。でもマイケルジャクソン追悼で歌った3曲くらい(ムーンウォーク込み)はカットされるかも。

 

また行ってみたいとは思うが、今度はチケットが取りにくくても2000人~3000人規模の会場にしよう。

2009/08/04

日本100名城 その16 佐賀城

8/1(土) 未明から昼まで

saga

2:40 自宅発
2:55 三津浜港着
3:20 三津浜港発
5:47 柳井港着→発
6:17 山陽道玖珂IC通過
7:35 王司PA着
7:55 王司PA発
8:55 福岡IC着→一般道へ
9:43 太宰府IC着→九州道へ
10:11 佐賀大和IC着
10:35 佐賀城着
11:25 佐賀城見学終了

 

ここまででかかった費用

  • フェリー代 往復\14000
  • フェリー内でジュース \150
  • 王司PAでおにぎり他 \600
  • 玖珂→福岡 \1000
  • 太宰府→佐賀大和 \650
  • 佐賀城で寄付 \500

 

長い一日のはじまりである。

防予汽船も他のフェリー会社同様、割引でがんばるしかないらしい。

通常は片道\12000のところを往復で\14000にしている。

この時間の乗客は、10人くらいだった。

柳井港から玖珂までは30分。

そこから福岡までは実質2時間。

事前にわかっていたとおり、福岡←→太宰府は、事故のため不通

今回の旅では、このことが全体的に微妙に影響した。

 

佐賀城本丸記念館は佐賀県庁のすぐ近く。

RIMG4092 RIMG4096

駐車場は記念館入り口のすぐ前にある。無料。

右は鯱の門。それ以外に櫓や天守は残っておらず、ただし本丸御殿は立派に復元されていて、これが記念館になっている。

RIMG4100

開館5周年記念とからしく、地元のボランティアの人たちが山ほど館内にいた。

中は靴をぬいで畳の間を見て回るようになっている。

展示物も、さすがに幕末明治期の雄藩だけのことはあって、かなり充実。

 

にもかかわらず

RIMG4097

  • 入館無料(お客様の満足度に応じた募金をお願いしております。)
  • 夕方6時まで開館(午前9時30分から午後6時まで。ただし、平成21年8月10日~16日は夜8時まで開館。)
  • 年中無休(但し、12月29日~31日は休館。平成21年度は6月29日~7月3日が臨時休館です。その他、臨時休館については、このホームページでお知らせします。)

ということで、どういうわけか、佐賀県は太っ腹。

 

出口付近に募金箱が置いてあったので、500円入れといた。

結構満足して、さあ、こんどは13kmほど離れた吉野ヶ里歴史公園へ。

日本100名城 その17 吉野ヶ里

8/1(土) 昼前から16:00まで

yoshinogari

11:31 佐賀城駐車場発
12:00 吉野ヶ里歴史公園着
13:12 吉野ヶ里歴史公園発
14:47 ソラリア駐車場着

 

ここまででかかった費用

  • 吉野ヶ里歴史公園 駐車場 \300
  • 吉野ヶ里歴史公園 入園料 \400

 

佐賀城からは13km、30分。

吉野ヶ里歴史公園は入り口が2箇所あるが、いろいろ見て回るためには、東口。

広い駐車場に停めて、入り口まで歩いていった。

RIMG4107 RIMG4110

入り口付近は、昔行ったレオマワールドにちょっと似てる。

 

チケット売り場近辺には、暑い中、歩いていて熱射病にならないように、陣笠とタオルが置いてあった。

すぐそばに水道と桶もあったので、タオルを濡らして首に巻いて陣笠かぶって、歩き始めた。

 

RIMG4116 RIMG4117 RIMG4118 RIMG4122 RIMG4124 RIMG4130 RIMG4131 RIMG4132

 

滞在時間が1時間ほどだったが、本当であれば2時間くらいはいるべきだった。

南内郭・北内郭・北墳丘墓・甕棺墓列・中のムラ

は観れたが、

倉と市・南のムラ

は観れず。

北墳丘墓も時間がないので外から見ただけで終わりそうだったが、もしかしてと思って裏に回ったら入り口があって、内部はきちんと展示館になっていた。みといてよかった。

 

最後にアンケートに答えて、お礼にハンドタオルをもらって、駐車場へ戻った。

 

その後、高速に乗らずに、ずっと下道で天神まで戻った。

途中、鳥栖では、ブリヂストンやキューピーや毎日新聞やココイチなどいろいろな会社の大きな工場を目にして、さすがに交通の要所だとあらためて感じた。

2009/08/03

発熱無し

21:30 帰宅。

熱はなかったが、ノドは痛く鼻はつまっている。

今回の2泊3日での総移動距離は1060.1km。

大長編旅日記は明日以降。

たぶん発熱中

津和野城が結構な登山で、汗を相当かいたあと、2分ほど雨に降られた。


柳井港に着いたあとから体調不良。

今は、とりあえず食事をしなければいけないのでいつもの別府のジョイフル。


おそらく今晩から2日間くらいは寝こむ予定。

柳井港到着

16:52柳井港に到着。
津和野からは2時間12分だった。

途中、降ったり晴れたり曇ったりの繰り返し。

山中で周南市に入った直後に

周南市街まで45キロ

という表示板をみてずっこけた。

このあとは、17:45発20:45着のフェリーで帰る。

ようやく帰る気になった

いろいろ問題はあったが津和野城見学を終えた。

駐車場に戻ってくる直前から雨がかなり降り始めた。

さあ、柳井に着くのは何時になるだろう?

萩に行ったなら

萩に行ったなら
津和野にも行くでしょ

というわけで、萩観光を全くせずに、津和野へ移動中。

現在、道の駅うり坊の郷で休憩中。

月曜日はあちこち休み。

月曜日はあちこち休み。
当初は土曜に大野城と福岡城に行くつもりだったが予定を変えて今日行くことにした。

が、大野城の関連施設がほとんど休み。

急遽、萩城に行くことにした。
萩城の関連施設も閉まっているかもしれないが、本丸くらいは開いているだろう。

現在は関門海峡の九州側。

2009/08/02

ドスパラとじゃんぱらは違う

博多駅前のホテルクリオコート前。

名護屋城のあと、平戸城まで行き、佐世保経由で3時間かけて天神まで帰ってきて、某同僚の壊れたパソコン持って地下鉄で博多駅へ。

そこから徒歩5分のドスパラへ行こうとしたが、正確な場所がわからないので、携帯のナビに頼ったら、ごく近所のじゃんぱらへ誘導された。

あやうく全然関係ない店に修理を依頼するところだった。

ちなみに液晶割れなのでパソコン保険に入ってない限り、修理するより買った方が安いと言われた。

ほぼ予想通り。

衝撃の5620円

名護屋城博物館ロビーにて。

今朝はソラリアの駐車場でミスって一泊で5620円も払ってしまった。

まあ、これくらいの失敗などどうってことはない。

2009/08/01

1日目終了

21時間起き続けたまま、松山から佐賀まで自分のクルマで行って佐賀城と吉野ヶ里を見学したあと福岡まで戻ってきて松田聖子のコンサートをみたら、さすがに疲れたので今日はこれで終了。

聖子のムーンウォーク

3時間の公演、無事終了。

現在、天神行き直行バス乗車待ちの列のなか。

感想はあれこれあるがとりあえず宿に戻ってからにする。

第1次眠気との戦い

下関市内 王司PA停車中。

柳井や徳山あたりは天気が悪かったが、この辺はそうでもない。

北九州まではもうすぐだが、案外そこから福岡までが遠かったりする。

柳井到着

今から約4時間走って佐賀城まで行く予定

魚市場はフェリー乗り場ではない

2:40自宅発。
雷は鳴ってるし雨も激しく降り始めた。

最近三津浜港には来てなかったので魚市場に突入しようとしてしまったが、守衛さんにとめられた。

往復割引キャンペーン中で、行きは13000円だが帰りは1000円。

客は10人くらい。思ったよりは多い。

今出発した。柳井到着予定は6時。

長い一日の始まり

いきなり予定が崩れた。

31日 22:30就寝

1日 0:30 暑さのため、起床。

現在 1:25。

 

今から寝ると、起きたら7時とか8時とかになりそう。

 

当初の予定では、5:25の三津浜港発に乗るつもりだったが、

3:20のに乗ることにする。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »