サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 業務連絡 CATV回線速度向上の道 | トップページ | 「第41回思い出のメロディー」を観た。 »

2009/08/20

おそるべきWの世界

おとといのMさんとの「6課の今後はどうなっていくのかトーク」の最中、彼女が言う。

 

「『Wさんの話は、なんかすごいからつい聞いてしまうけど、あとで考えたら全然関係ない話で、あれ?何やったんやろう?って思うことがあります』って、客のひとりが言ってました。」

なんだかわからないが彼の話しぶりがすごいのは、昔からずっとそうである。

 

「私も最近、『Wさんの話は70%くらい聞いとけばいいんだ』って思うようになりました。」

私に言わせれば、70%も聞いたら、聞きすぎである。

 

 

そして今朝。Wさんを見かけたので、私は言った。

私:「明日、レイトで(映画「レスラー」を)観に行ってみます。」

W:「…」

私:「? どうしたんですか?」

W:「いや、内容が微妙なんですよ。」

私:「!!! ついこないだ、熱く語ってたじゃないですか?」

W:「私は最近、映画、ハズすからなぁ」

私:「何がダメなんですか?」

W:「事前に勝ち負けを決めてるシーンとか観たら、『こんな描き方してっ』とか思いませんか?」

私:「そんなのはアメリカのプロレス映画では既に出てるから何とも思いませんけど」

W:「じゃあ、もし観に行ってがっかりしても、私の責任じゃないですからっ」

 

…。

彼が私に熱く語ったのは17日なので、わずか3日前である。

3日で豹変

 

彼はかつて「10分で豹変」したことさえあるので、3日というのは意見を変えるには充分すぎる時間だが、それにしても。

 

「その時は心の底からそう思ったのだ。」

瞬間の真実を生きる人

それがWさんである。

« 業務連絡 CATV回線速度向上の道 | トップページ | 「第41回思い出のメロディー」を観た。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おそるべきWの世界:

« 業務連絡 CATV回線速度向上の道 | トップページ | 「第41回思い出のメロディー」を観た。 »