サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 「鉄道模型 少年時代」 8号 フィギュア① 駅周辺の人々 | トップページ | 帰属するところの話 »

2009/10/18

私に五分間時間を下さい。

興毅、下半身強化の後は「らくだは楽だ」

17日付け日刊スポーツ。

鳥取砂丘でトレーニングしていた亀田興毅の一言。

まだ若いのにダジャレに走ってると、ろくな大人にはならないぞ

 

 

14日付でいろんな攻撃を受けたので自席を離れようと思ったが、
翌15日は朝イチでその辺にいなければならない仕事があったので、やむなく待機。

すると、

「あれをこーしたいけど、それはどーなん?」

という質問。

そう簡単に解決しそうな問題ではなかったので、彼の席まで行き、あれこれ試して彼に説明しようとしたが、その彼のところには次から次へと3課の客が訪れてきて、ちっとも説明にならない。

客の訪問が落ち着いたあと、

「聞くタイミングが悪いです。」と彼に言うと、

「もっと簡単に解決すると思ったんよ」という答え。

 

何でもすぐ解決するわけではない。

どんな簡単そうな質問であっても、解決までに最低5分は欲しい

 

そんな彼は、翌16日。

私が自席に着いた直後、相手をしていた3課の客に、

「aの解は、それで、えーのかい?」

というダジャレを炸裂させていたが、客はそれにはまったく気づかず、スルーされた。

 

例によってタイトルの元ネタが古すぎるな。

1984/12/31の紅白である。

« 「鉄道模型 少年時代」 8号 フィギュア① 駅周辺の人々 | トップページ | 帰属するところの話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私に五分間時間を下さい。:

« 「鉄道模型 少年時代」 8号 フィギュア① 駅周辺の人々 | トップページ | 帰属するところの話 »