サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の35件の記事

2010/08/31

夏休みが終わる

30日(月)

朝イチで2課営業2連発やった後、戻ってきたら、

どっかの課長が話しかけてきた。

 

ぐだぐだぐだ、ぐだぐだぐだ…。

 

基本的に彼が一方的にしゃべり、私はそれを聞いているだけである。

 

話の中身を要約すると、

 

夏休み前にCANONの7Dを買って、

オーストラリアに持っていってたくさん写真を撮ったが、

シャッターが切れる時の音が気に入らないので、

売り払おうかと思う。

 

 

というだけのことだが、

それを、「いや映りはいいんやけど」とか、あーだこーだ、いつまでも言い続ける。

 

この人は私と違って普段はグダグダいうことは全くないのに、

まあ珍しい。

 

そもそも彼は、パソコンにせよカメラにせよレンズにせよ、

「使えりゃ何でもいいよ」というがさつな私とは全く違い、

十分すぎるほど下調べした上で買うので、

手に入れてからグダグダ言うことなど、今までは全くなかったのに。

 

 

「いや、ちゃんと撮れるのは間違いないんよ。」

…。

私に言ってるというよりは、自分を納得させるために無理やりしゃべってる。

 

 

とりあえずひと通り話に付き合ってあげて、今まであまり見たことのないような微妙な表情をしている彼に、私は言った。

 

「ばーか。(笑)」

 

彼がわずか20日間ほど使用しただけの7Dを本当に手放すのかどうかは、誰にもわからない。

 

 

 

 

ビミョーな課長との話を終え、今度は部長のところへいってみた。

 

基本的に部長は忙しいので、あんまり邪魔をしてはいけないのだが、

今日に限っては、

新日本プロレスにおける山本小鉄の功績

について意見を交換しておかなければならない。

 

が、部長の新日の知識は、

第三世代(=永田・中西・天山・小島)で止まっている

ので、話しているうちに微妙に内容がずれていき、

 

最終的には

麺ジャラスK」と「中野のぶるちゃん」について
調べとけ。

と命令されて、話が終わった。

 

山本小鉄の話をしてたはずなのに、

どうして

川田利明のラーメン屋ブル中野の小料理屋の話

になったのかは謎。

 

 

 

その後、

  • 翌日の会議用の資料を副部長Oさんに提出。
  • 麺じゃらすKと中野のぶるちゃんの地図を部長Wさんに提出。

 

ちなみに「中野のぶるちゃん」は、その名の通り、中野にある。

 

私はブル中野のファンなので以前から知っていたから驚きはしなかっ たが、

部長は、やせた青木恵子さんの写真をみて驚いていた。

bullnakano

 

 

その後、残りの2課の営業2つやって、

O君とFさんが碁をやってるのをみて、

帰宅。

 

 

 

31日(火)8:45

出勤してみたら、机の上に今年の職員旅行の参加申し込み書が置いてあった。

まだ説明してないのに。

すでに行く気まんまんの天才Mさん。

 

 

9:00から会議。

オーストラリアに行ったSさんが出張報告で、こないだの謎のSさんの説明をしていた。

私は、職員旅行の概要の説明。

まだ8月31日なのに、すでに3ヶ月先のことしか考えていない私。

 

 

そして思ったより早く会議は終了した。

同僚たちは忙しそうであるが、

私は、

他人のコンピュータが壊れさえしなければヒマ

なので、とっとと帰宅。

 

 

相変わらず、今までずっと生活していた方の一室のエアコンは壊れたまま。

エアコンとテレビと洗濯機を一気に買い換えようかと思う今日このごろ。

しかしそのためには部屋を完全に片付けなければならないとも思う今日このごろ。

2010/08/29

そうだ、歯医者、行こう 2010 その1

27日(金)朝。

歯磨き中。

右上の歯の被せてた金属が外れた。

 

おぉ、これで歯医者に行ける。

 

私の数少ない娯楽である歯医者通い、決定。

 

 

前回は、2009/9/302009/11/4

その前は、2006/9/26の親知らずを抜いた話を中心に、前後何ヶ月か。

2009年の方は平和だったが、

2006年の方は、2006年問題やら3F会議やらが絡んで、

心身ボロボロのズタズタであった。

 

 

28日(土) 9:00過ぎ。

11ヶ月ぶりに、例によって自宅から徒歩30秒の行きつけの歯科へ。

例によって、病院ぽくない明るい待合室では、

オルゴールアレンジのドリカムやBzなどが流れている。

 

予約なしで行ったが無理やりねじ込んでもらって、

15分待ちくらいで治療室へ。

 

例によって人当たりの良い先生にいろいろ言ってもらった。

今回の外れた歯は、ここで治療した奴ではなくもっと昔のだった。

去年は外れた後何ヶ月もしてから行ったので先生に微妙に怒られたので、今回は即。

 

とりあえずの薬だけ歯に詰めてもらって、今日は終了。ちゃんとした治療は次回から。

所要20分。費用1590円。

山本小鉄死去 -腕引っ張り事件を回顧する-

山本小鉄氏死去…68歳低酸素性脳症

 

ネタはあるけど書く気が起こらなくて2日間ブログを書いてなかったが、書かなければならないことが起こってしまったので書く。

 

昨日はアントン・ヘーシンク死去のニュースがあったばかりだが、

69年生まれの私は、

ヘーシンクが柔道で強かった時代を知らず、

全日本でレスラーやってたのも73年~77年なのでまだプロレスを知らなかった。

したがって今ひとつピンとこなかったのだが、

山本小鉄となると話は違う。

 

 

今朝、ツイッター上で初めて知り、

グレート小鹿のブログ

安田拡了のブログ

などで情報を得た。

ブラックアイ2「山本小鉄さん、急死」には各サイトの情報のまとめ。

 

それらの記事からの推測でしかないが、闘病してたとかでなく、気管に何か詰まって脳に酸素がいかなくなってみたいな事故っぽい感じがする。

 

彼の現役時代は覚えていないが、古舘伊知郎との名タッグは今でもすぐに思い出せるし、現在のJSportsでの鍵野アナとのタッグも安心して聞いていられる解説だった。(ちなみに安心できなかったのは、言うまでもないが、辻義就&マサ斎藤のタッグである。)

 

鬼軍曹と言われた彼の指導法は今なら「非科学的」とか「理論的ではない」とかいう批判をするレスラーやファンもいるのだろうし、それはそれで正しいかもしれないが、

「レスラーはスーパーマンでなければいけない。パッと見で一般人と同じようにしか見えないのではダメだ」

という彼の姿勢は、プロレスラーとして尊敬に値するものだったと思う。

 

 

新日本に最後まで付き合ったが、新日所属と他団体所属とにかかわらず各レスラーに対して、いいところは認め、ダメな所はきっちりダメ出ししていたのも好感が持てた。

 

 

 

ついこないだ、

去年私が観に行った2009G1クライマックス広島サンプラザ大会

を再放送していた。

RIMG0003

 

 

そして、彼の試合映像はさすがにもっていないので、

代わりに、

1981/09/23田園コロシアムの

タイガーマスクVSソラールから、

小鉄の腕引っ張り事件

 

RIMG0005

小鉄:「おい大丈夫か?」

ソラール「うーん、肩、外れたっぽい」

 

 

RIMG0006

ソラール:「あー、イテェ」

小鉄:「…大丈夫か?」

タイガー:「…」

 

 

RIMG0007

タイガー:「小鉄さん、ボクどうすればいいんですか?」

小鉄:「まぁ、待て、何とかなるだろう」

ソラール:「くそ、イテーな」

 

 

RIMG0008

タイガー:「ほら、絶対肩外れてますって。ちゃんと見たほうがいいですよ」

小鉄:「そ、そうか?」

ソラール:「うるさいな、やるよ、やるって」

 

 

RIMG0010

小鉄:「ほら、ちょっと腕出してみろ」

ソラール:「え、あっ」

タイガー:「小鉄さん、そ、それはちょっと…」

 

 

 RIMG0011 RIMG0012

ソラール:「い、いてーよーっ、引っ張るなよぉーっ

 

以上、もちろんセリフは私の勝手な推測。

どうみてもレフェリーストップな状況だったのに、なぜか小鉄は結局レフェリーストップを宣言しなかった。

よって、しかたなくタイガーがソラールを蹴りまくって、勝利。

 

 

この試合での対応は謎だったが、

どうかあの世でも、解説なりレフェリーなり、やり続けていただきたいものである。

合掌。

2010/08/26

Sさんからいろいろ言われる夏休み 後編

16日 14:30。

Sさんとの打ち合わせが終わり、この日は用件はこれだけだったので帰ろうかと思ったが、

 

ふと向こうの方を見てみたらSさんがいたので、

「こんど野沢菜持ってきます」予告と長野遠征の顛末を話しに行こう

と思って近づいていったら、

 

S:「うちの自宅のパソコンが、まだいちおう動いてるけど、30秒固まって1分動くのを繰り返すんですけど。変な音もするし。」

…。

 

その現象はおそらくHDDの故障。きっともうすぐ全く起動しなくなるであろう。新しいパソコンを買う方がよいと思われる。

 

西の端のデスクトップパソコンを使って、お気に入りとメールアカウントと住所録ソフトのデータのエクスポートとインポートの方法をレクチャー。所要40分。

 

他人のパソコンのトラブルに対応する人。それが私。

 

 

 

その後、この週は生活がズタズタ。

あまり記憶が定かではないが、16日~23日までの1週間で、

起床時刻が、

18:00

19:30

20:15

という3日間があったような気がする。

このご時世にこんな堕落した生活してても食うに困らないでいられるのはありがたいことだ

という発想もなくはないが、しかし。

 

 

 

たぶん19日。

Sさんがいたので野沢菜を持っていったら、

S:「ノートパソコンをデフラグしようとしたら、『空き容量不足なのでできません』て出てきたんですけど。」

…。

たしかに、マイコンピュータで見てみたら、CとDに分けてあるCドライブの空き容量が1割前後である。

 

  • あまり使ってなさそうなアプリケーションやデータを削除。
  • ついでにノートンを削除してMicrosoft Security Essentialに入れ替え
  • ついでにAdvanced SystemCare Freeを使ってレジストリやらキャッシュやらの掃除。

所要1時間。

自分の家の掃除はできないが、他人のパソコンの掃除はする人。

それが私。

 

 

たぶん20日。

2Fを歩いていたら、Sさんに止められた。

 

S:「こんなん出てるんやけど、どうしたらいい?」

 

彼が示した画面には、マイコンピュータが表示されていて、

 

見てみたら、CとDに分けてあるCドライブの空き容量が少なくてバーが赤くなっている。

 

  • あまり使ってなさそうなアプリケーションやデータを削除。
  • ついでにノートンを削除してMicrosoft Security Essentialに入れ替え
  • ついでにAdvanced SystemCare Freeを使ってレジストリやらキャッシュやらの掃除。

所要1時間。

自分の家の掃除はできないが、他人のパソコンの掃除はする人。

それが私。

 

2日連続まったく同じ作業

コピーアンドペーストで説明できてしまう私の人生

 

 

たぶん22日。

家のエアコンが壊れ、

食料も飲料も何もなく、

動く気力も体力もなく、

このままだと自宅にいるのに遭難してるのに等しい

と思いながら、

そういえば、Sさんが「おすそ分け」と言ってアイスコーヒーのボトルくれてたなぁ

と思いだして、それで飢えをしのぐ1日。

 

 

たぶん23日。

そのコーヒーくれたSさんが、自分の担当の客のことをだれかに話しているのが聞こえてきた。

 

S:「『昼の2時過ぎてるのに起こしても起きない』って親が言ってるんですよ」

 

…。

とくに誰も起こしてくれないので、夜の6時7時8時まで寝ている。

それが私。

 

 

同じく23日。

 

「こんな生活はもういやだぁ」

とつぶやきながら2Fを歩いていると、真ん中あたりで言われた。

 

「ごちゃごちゃいわんとだれと結婚するか決めたらいいんや。今しかないぞ、お前がやるのは。
自分のことなんやから自分でやれ。っていってもなんだかんだ理由をつけてなんにもしないんだろうがっ。」

…。

Sさんは前田日明でも長州力でもないのでこんな言い方ではもちろんなかったが、大意を要約するとこんな感じ。

ほぼ当たってるのでとくに反論することもできず、しょんぼり、退勤。

 

しかし、

自分のことなんやから自分でやれ

って言われても、

自分のパソコンがトラブったときに自分でやらずに

私のところに持ってくる人のなんと多いことか。

 

 

 

24日。

営業再開日なのに、寝たのが4時。起きたのが6時半。

それでもなんとか営業3つやって、

終わって5分後には母校の高校に行って、

文化祭の準備を始めようとする生徒たちに付き合う。

 

 

この季節は、実習室の利用者が増えるがマナーが悪い者が多いので、常連であれ一見であれ、全生徒のアカウントをいったん使用不可にして、ひとりずつ申し出を受けてから使用可能に戻すことにした。

 

常連の高1生が3人やってきて、使用可能にしてくれるよう頼んできたので私は言った。

 

私:「君らが変な使い方しないのはわかってるけど、いちおう
地球の平和を守るため、いや、実習室の平和を守るためにいろいろ厳しめにしとくから。」

高1生Y君:「3つのしもべに命令するんですかぁ?

私:「…!!。なんでそんなん知っとんや?オマエ何歳?」

 

元ネタはバビル二世(の歌詞)。

アニメ版は1973年だけではなく2001年にもあったらしい。

 

 

 

その後、パソコン部部長の高2生と打ち合わせ。

その最中、ふと1mくらい横を見ると、そこに19年後輩が3人立っていた。

 

数年前に彼らを見かけたときにも書いたが、

電流の流れる有刺鉄線の中で闘ったことこそないものの、

社内で邪道を突き進んできた私としては極めて珍しく、

 

3人のうちの2人は直接担当、1人はパソコン部の副部長

 

というかなりちゃんとした形でつきあったことがある3人である。

 

 

したがって、これも私としては珍しく、昔話に花が咲いた。

そして私は言った。

私:「もう今は、君たちと付き合ってたころとはぜんぜん違う仕事やってるよ。」

I君:「え、どんな仕事ですか?」

 

 

まだまだ話は続きそうだったが、そこにSさんが現れ、言った。

S:「すいません。ブログに載せるための写真(のハードディスク)にアクセス出来ないんですけど。」

私:「…。見に行きましょう。な、わかったやろ。これがオレの仕事。」

3人:「わかりましたぁ(笑)」

 

 

他人のパソコンのトラブルに対応する人。それが私。

2010/08/25

Sさんからいろいろ言われる夏休み 前編

ついこないだなのにもうずいぶん昔のような気がするが、

少々さかのぼってみる。

 

4日の夜。

めったに鳴らない携帯が鳴った。

出たくない相手だったが、出た。

 

S:「インターネットに繋がらなくなったんですが…」

私:「…明日、会社に来てください」

 

 

5日 11:00

本当はもう彼の相手はしたくない。

しかし、とりあえず見た。

 

!!!

 

彼のPCにはシマンテックのノートンとキングソフトのアンチウイルスが同時にインストールされていた

 

同時に複数のアンチウイルソフトを入れると不具合が起こるからやめろ

と、つい3ヶ月前に言ったばかりなのに。

また同じことをしている。

 

キングソフトの方をアンインストールしたら治ったが、もう疲れた。

 

 

彼は言う。

「Oにも電話したけどおらんかったんよ」

私ならいつでもつかまると思ってる。

 

 

さらに彼は別の質問をする。

S:「国土地理院の等高線の入った地図はどうやったら手に入るんですか?」

いちおう調べてみたが、よくわからない。

 

S:「みんな使っとるんですよ。」

私:「『みんな使っとる』言うんやったら、そのみんなの誰かに聞いたらどうですか?ボクにはわかりませんっ。」

私の中のどす黒いものが大きくなっていき、私の言葉にトゲをしこむ。

もう速攻で家に帰りたいので、後始末して、帰ろうとしたら彼が言った。

S:「また電話するからよろしく。」

…。

私の中で何かが切れた。

 

特に大声を出すでもなく、静かにその場を離れ、

下駄箱に行くまでの階段で、

着信拒否を設定した。

 

 

 

6日(金) 9:30

「進捗状況を説明します」と約束していたので、朝から図書館へ行き、Tさんに報告。いろんな作業があったが、いちおうここまでのところは順調に進み、夏休み前半の作業はいったん終了。

 

その報告の途中、そこにSさんが現れたので私は言った。

私:「ボクの体内時計が狂うから、こんな朝早くから来ないでください。早くても昼過ぎくらいからにしてください。」

S:「あ、すいません。」

理不尽な要求をする私と、

なんだかわからないがとりあえず謝ったSさん。

 

Sさんは夜行性なので、

休日なのに18時とか19時とか20時とか以外の時間に見かけると、

私の時間の感覚が狂う。

 

 

そしてTさんへの報告を終えて、会社に戻った。

特に急ぎの仕事はなく、翌日から信濃攻めだったのにまだ旅程を全く決めてなかったので、自分の席でいろいろ調べながら計画を練っていると、そこに旧知の6課の客Tさんが現れた。

 

彼女とは5年前には前の職場で、去年と一昨年は今の職場で関わったのだが、どういうわけか彼女は2年くらい前から、私の使用法を間違えている。

 

T:「あ、おはようございまぁす。」

いつも気持ちよくあいさつしてくれるので、それはとてもよい。

 

しかし、

(「数学教えてください」って言うなよ。すぐ目の前にSさん座ってるし。ウソ教えたら恥ずかしい。)

そもそも私はいまだかつて数学の先生だったことなど一度もない。

 

T:「英語、教えてください。」

!!!

英語っ!

(現役の高3の時ならともかく今のオレに英語きくか?すぐ目の前のSさんの目の前にSさん座ってるし。ウソ教えたら恥ずかしい。)

 

今年の6課の客が英語がわからないからと言って夏休みのど真ん中のうちの会社に来てなんとかなると思ってる時点で大間違いである。

そもそも私はいまだかつて英語の先生だったことなど一度もない。

 

 

しかしいちおう持ってきてた問題を見てみたら、

「高校生が学校に携帯電話を持ってくることに賛成か反対か、60語程度の英語であなたの意見を述べなさい」

「あなたは大家族の一員であるのと家族の人数が少ないのとではどちらがよいと思いますか。70~80語の英語で答えなさい」

とか、そのパターンの問題ばかり。

 

東大や京大のあらかじめ文章が与えられている英文解釈や英作文なら今の私にはもう無理だが、

これは、自分の意見を明確にまず述べて、その後、その根拠や具体例をうまくつないでいけばいいのだろう。

「~語程度の英語で」のところを、「~字で」だと思えば、

英語というよりは国語の問題といえなくもない。

 

そもそも私はかつて。

…。

まー、見てやろうじゃないか。

 

 

私:「ここの『dependenting on~』て何や?形容詞にingつけて分詞構文とかいうなぁ。」

とか、そこそこ調子が出てきた頃。

 

そこへ日直だったKさんがやってきて言った。

K:「すいません。私のパソコンが電源入れたら『OSがありません』とか英語で出てきて、起動しないんですが。」

…。

きっと今の私の仕事はこっちなんだろうなぁ。

客からの質問を受けることなど、年に1、2回あるかないか。

でも、夏休みで2Fにはたった5人くらいしか社員が出社してないこのタイミングで、なんでコンピュータトラブった人が言いに来るかなぁ。

 

 

Kさんには少々待ってもらって、その後見に行ったら、

データしか入っていないUSBメモリを挿入したまま電源を入れたが、BIOSでUSBメモリからOSを起動するように設定されていた。

という割と単純な事例だったので、USBメモリを抜いて起動しなおしたら何の問題もなかった。

 

 

そして7日未明から3泊4日で信濃攻めに行った。

この話も写真入りできちんとまとめたいが、後日。

 

 

11日(水)

Tさんの英語に付き合う2日目。

自席の机の上に、なぞの長崎ちゃんぽんが置いてあった。

しかし、このタイミングでの長崎ちゃんぽんはSさんに違いないので、実は謎ではない。

なぞの野沢菜返ししとこうかと思ったが、この暑い中置きっぱなしはよくないかと思い、保留。

その後、いつものごとくもろもろのトラブル処理。

夜はS君と食事→カラオケ

 

 

12日以降、生活リズムが狂い始め、昼寝&夜寝の日々。

 

16日(月) 14:00

あらかじめ約束していたSさんがやってきたので、打ち合わせ。

打ち合わせが終わった頃、Sさんが言った。

 

S:「オーストラリア迎えに行ってきたんですよ。」

 

???

 

「に」の意味が分からない。

 

うちの会社には日本語が正しく使えない日本人が何人かいるが、

Sさんはうちの会社の客だったことはあるが今はうちの会社の人ではない。

 

私が5年前にSさんとオーストラリア出張に行ったときは、

Kさんが関空に迎えに来てくれて、

関空→松山の40分ほどの間、

プロレスの話だけし続けて、

それがのちの飲み会につながることになったのであるが、

関空に迎えに行くのは分かるが、「オーストラリアに」って?

 

数日たって、今年のオーストラリア出張に行ったSさんに、

「Sさんがよくわからないこと言ってたんですけど」

と聞いてみたら、

「いや、ふと見たらそこにおったから、私もびっくりしたんよ」

とSさんは答えた。

なぞ。

 

 

長くなったのでいったん終了。後編に続く。

2010/08/23

友近由紀子13歳 ふたたび

夏休みもついに終わり明日から仕事だというのに、

ここの記事タイトルの細かいことが気になる今日この頃。

久保田早紀のアルバム、紙ジャケ復刻で全部持ってる私は思った。

 

子供たちは空に向かい両手を広げ

鳥や雲や夢までもつかもうとしている

のであって、決して歌ってはいない。

 

しかしZARDのカバーはあれはあれでありだったと思う。

 

 

 

HEY HEY HEYに美里が出るというので観たら、

 

コブクロが織田哲郎の「いつまでも変わらぬ愛を」をカバーしていたが、コブクロにはあってないような気がした。

若い頃の八神純子が映ってた。かつてザ・ベストテンで久米宏が彼女の体型を常にネタにしていたが、確かに当時はかなり太め。

またクイズをやっていたが、そうか、この番組はもうずいぶん前から懐メロ番組なんだな。

RIMG0008 RIMG0007RIMG0006 

むろん、全問即正答。

 

で、美里はというと、某インタビュー記事で、

ただ、数々のテレビ番組で、他にいっぱい良い歌があるのに「とりあえずビール」みたいな(笑)扱いをされるのは「うーん……」ってなります。

とか言いつつ、今回は、

「My Revolution」「10years」。

RIMG0009

作曲は大江千里。

一般知名度は低くても、「10years」はもっとあちこちで歌っていくべきだと思う。

 

で、ゲストのひとりに友近がいたので、美里が歌う前に、

RIMG0011

こんな映像が流れて、他のゲストたちを驚かせていたが、

ずいぶん前にも書いたが、私は

この時(1987年4月)

この現場(=コミセンキャメリアホール)で観てた

ので、驚かない。

 

あれから23年も~

この先23年も~

 

私はちっとも進歩しないまま、ただ月日だけが過ぎてゆく。

2010/08/21

「第42回思い出のメロディー」を観た。

♪ にげてゆくぅ しろいはとぉ そーれとモアイ

…。

いや特に深い意味はない。

 

今週は真面目に働くつもりが全くその逆になってしまい、挙句の果てにエアコンが壊れたせいで生活スタイルが大きく変わってしまったが、その話はまたいずれ。

 

このブログもそろそろ6年目が終わるのであるが、

気がつくと定番化しているのが、

1月の「センター試験を可能な限り全部解いてみよう」

2月の「東大入試は文系数学と文系国語くらいはやってみよう」

そして、

8月の「思い出のメロディーを観た」。

 

NHKの公式ページはここ。再放送は不明。

 

まだ放送が終了していないのと、

エアコン故障の関係でパソコン使いながらテレビを見るというのができない環境になってしまったのとで、

とりあえず写真もないし、去年ほど詳しくはかけない。

 

今年の曲目リストは、これである。

 

毎年のように書いているが、

1969(昭和44)年生まれで

歌謡曲を聴き始めたのは1975(昭和50)年から

という私にとって、今年の選曲はなかなかキツい。

 

全37曲中、

  • 昭和20年代 2曲
  • 昭和30年代 7曲
  • 昭和40年代 18曲
  • 昭和50年代 9曲
  • 昭和60年代 1曲

そして、(その気になれば一応歌えるよ)というのが、22曲。

 

去年も同じことを書いていたが、

今年も、私にとってはやや引きが弱い出演者たちである。

 

岩崎宏美と榊原郁恵と風見しんごの3人を「アイドル」でくくってトークしようとしていたが、風見しんごは微妙に世代ずれ。

 

去年も出ていた岩崎宏美は今年は「シンデレラ・ハネムーン」。

若干声の調子が良くないような気がしたが、

アゴを引いて歌ってさえくれればそれでよい

 

風見しんごは思ったほどふけてはいなかった。久しぶりに観たので懐かしかった。

 

(今年はしいて言えば八神純子かなぁ)

と思いながら、「みずいろの雨」を歌うのを観た。

 

今月10日前後にBSでやってた999特集に出てたタケカワユキヒデがもうかつての歌声ではなくなっていたのがかなしく、

もしかすると八神純子もそうじゃないかと危惧したが、

キーはかなり下がっていて当時ほど強烈な高音ではなかったが、破綻せずに聴かせてもらえたのでとりあえず納得。

 

今日のところはこんな感じ。布施明と小椋佳と中村雅俊の安定感とかもありはするが、それは気が向いたらまた後日。

2010/08/15

暑くて寝たきり

この夏休みは毎朝きちんと目覚めるので、今日も6時半ころ目が覚めて、

 

ヒマだから新幹線でも観に行くか(鉄道歴史パーク in SAIJO

 

と一瞬思ったが、

 

渋滞してそうだからやめよう

 

と思って、また寝て、

2、3回目が覚めたけど、

最終的に起きたのが19時過ぎで、

ニュースを観てみたら

 

猛暑日:愛媛県西条市で観測史上最高の37.6度

 

…やめといてよかった。

 

 

 

セブンスターに買い物に行ったら、

店内BGMが小泉今日子の「for my life」って、

マイナーすぎてだれも憶えてないと思う。

 

 

昨日のめちゃイケ観てたら、放送開始早々に、

マツコ・デラックスと岡村隆史が、バラエティ番組なのに、マジトーク。

 

岡村:「逆にね、その、彼女いる、そして、結婚している、ほんとにそれで幸せなんだろうか、いうの思うことで自分を奮い立たせている。」

マツコ:「でもほらあたしなんか特にね、結婚はないわけじゃない、もうさぁ。だからなおさらそれがわかるんだけど、やっぱりひとのために生きてるってさ、それだけでがんばれたりするじゃない。やっぱすごい最近思うのが、自分…あたしなんかほんとテメーのためにだけ生きてるわけじゃない。限界あるよね。だってサボったってさ、それで死んじゃう人いないんだもん。

RMOV0005.AVI_000058399

 

いや、全くもってそのとおりである。めちゃイケとは思えないが。

 

 

ちなみに上の画像に写っているのは、マツコ・デラックスであるが、

RIMG0006

こっちはアキコ・デラックスである。

特殊メーク恐るべし。

2010/08/14

暑くて寝てしまい、暑くて起きてしまう。

すっかりぬるい夏休みに戻ってしまっているが、

とりあえず毎日出社はする。

そして社長は常にいる。

夜行性のはずのRちゃんもなぜか毎日朝からいる。

 

 

この3日間はこんな感じ。毎日昼寝している。

 

14日。今日は8:45~10:45。某データベースを昨日修正したのの使い方をFさんに説明。帰宅後は昼寝した。

 

13日。昨日はサーバの電源をいれるためだけに8:00出勤、11:30退勤。帰宅後は昼寝した。

 

12日。午前中停電だったが、いろいろわけあって、

7:30~9:30

11:00~13:30

16:50~17:30

の3回に分けて出勤。

その間は、自宅で洗濯物干したり、BSの999特番観たり、昼寝したり。

 

とりあえず来週の月曜からは真面目に働こう。

2010/08/11

90年代しばり

3泊4日の翌日でけっこう疲れてはいたのだが、ちょっと用件があったので定時に出社してみると、その用件とは別に、急に、

  • コンピュータが起動しない
  • 無線LANがつながらない
  • 新規に作ったAccessのデータベースに不備有り

など。

夏休みなのに。

 

 

夜は、高校&大学の16年後輩のS君と食事。

何が食べたいか聞いたら私に任せると彼は言った。

日ごろコンビニ生活で、バカ舌で、場合によっては一日一食しか食べないことすらある私に何食べるか任せるとは、S君もなかなかのチャレンジャーである。

 

こないだの長野のMさんの時は、「土地勘がないからどこで何食べるかは任せる」と言ったら、藤屋御本陣でイタリアンディナーになった。

 

が、

30代女子と2人で老舗ホテルでイタリアンディナー

は、ありだが、

20代男子と2人で老舗ホテルでイタリアンディナー

は、ありえない。

 

結局、とり泉で4000円のコースにして、東京タワーの真下で会社勤めの彼の近況とか私の微妙な日常とかの話をしながら、今回もあっという間に2時間経過。

 

S君やK君やI君と付き合っていた10年前は、

Mさんは部長ではなく課長であり、

まだ30才に過ぎない私が奥から2番目で、

いずれ部長になって死ぬほど出張に行くことになるとは予想してなかったであろうW君がその手前で、

掃除監督しなきゃいけないのに客と鬼ごっこしてて私にキレられたO君は、まだ若かった。

 

 

で、まだ20時半だったので、いつものカラオケボックスに行って1時間半歌った。

16歳も離れているとちゃんと調整しないと互いの歌う歌が分からなくなるので、今回は「90年代しばり」。

 

S君

  • Hello, Again 〜昔からある場所〜 (My Little Lover)
  • バンビーナ (布袋寅泰)
  • 願い事ひとつだけ(小松未歩)
  • 慟哭(工藤静香)
  • Automatic(宇多田ヒカル)
  • Yellow Yellow Happy (ポケットビスケッツ)
  • STEADY(SPEED)
  • そのままの君でいて(岡本真夜)
  • チョット(大黒摩季)

  • 奇跡の地球(桑田佳祐&Mr Children)
  • KISS ME(氷室京介)
  • あなたに会えてよかった(小泉今日子)
  • Goldfinger'99(郷ひろみ)
  • 宙船(中島みゆき)
  • ただ泣きたくなるの(中山美穂)
  • 碧いうさぎ(酒井法子)
  • 止まっていた時計が今動き出した(ZARD)
  • 田園(玉置浩二)

ラスト:96年メドレー

 

順不同。抜けもある。一部90年代じゃないのが混ざっている。

今回の私のベストシングは「あなたに会えてよかった」。

S君の方ではポケビがよかった。

 

 

22時過ぎにカラオケ終了。

次回は、私の関東攻めの時の再会を約束して、タクシーで帰宅。

今日も、3日前に引き続き、幸せな再会であった。

2010/08/10

豊浜サービスエリア

豊浜サービスエリア
ガソリンが切れそうなのでやむなく停車。


津山城からここまでちょうど2時間。


前回給油した駒ヶ岳サービスエリアからここまでは752キロ。

それにしてもなかなか帰り着かない。

津山城備中櫓

津山城備中櫓
去年行き損ねていた津山城。鳥取からは1時間40分だった。


これで今回の城攻めは終了。


詳細は後日書くが、とりあえず帰らなければならない。

鳥取城仁風閣

鳥取城仁風閣
鳥取城仁風閣
大阪から3時間強で鳥取まで来た。


私のクルマのナビには鳥取道がまったく存在しないことになっていたので多少わけわからん状態になった。

写真は


大正天皇が皇太子時代に泊まった仁風閣と、


29年前に西田敏行から兵糧攻めを受け、その結果自害した吉川経家。


そろそろ帰るかと思いきやまだ帰らない。

加西サービスエリア

加西サービスエリア
去年11月の竹田と篠山攻めの帰りに岩崎宏美のコンサートを見に来て以来の加西。


大阪から松山に戻るには方角が違うが、これから兵糧攻めしに行くのでこっちでかまわない。

2010/08/09

実家は豊中

もっとしんどいかと思っていたが、さすが平日だけあって、中央道も名神も大して混んではいなかった。瀬田東と大津でそれぞれもしかしたら停まるかなと思った瞬間はあったが、結局渋滞らしき渋滞は無し。

毎度のことながら、吹田とか千里とか小路あたりを通過するときはテンションがあがる。


で、どっかで阪神高速に変わるんだろうと思ってたら、ナビは豊中ICを指示。


降りようとしたが、ゲートの向こうの阪神高速がもうすぐそこから大渋滞。


阪神高速に向かうゲートに並んで、一般道にでるゲートもあった。


これってR176で梅田まで行けるやろ?


と思って、急遽そっちから降りてみた。


私の地元は豊中である。決して宮崎ではない。阪急宝塚線の宝塚から梅田までの駅名を今でもすぐ言えるくらい地元である。


で、降りたところは庄内の阪急バス本社の近辺だったが、


どういうわけか、そこに、


ダイキがあった。


松山に帰ってきたのかと思った。

その後、思った通りR176で梅田まで出られた。一回も通ったことない割に車線変更も全く間違えず、土佐堀の今日のホテルの前へ。


しかしこのホテルには駐車場がない。フロントで紹介を受けて、ごく近所の市立土佐堀駐車場に停めた。去年の福岡行きの時は、ホテルに連絡しないまま駅ビルの駐車場に停めたせいで法外な駐車料金を払うことになったが、今回はそんなことはないはず。

11F建てで1Fにつき40部屋もある大きなホテルだが、部屋は狭い。ただしベッドはセミダブル。


テレビがまさかのアナログ。


エレベータを降りて3秒でフロントに着くのも速いが、


エレベータを降りて1秒でデイリーヤマザキの店内へ入れるのがもっとすごい。


というわけで、今日の夕食は豚生姜焼き弁当。昨日との落差がありすぎ。


今日のうちに松山まで帰ってもよかったかなとも思うが、大して混んでなかったとはいえ、さすがにこの長時間運転では途中で死ぬような気がするので、今日はここで一泊。


で、アナログBS2で999の特番を視聴中。

とりあえず杏にメーテルのコスプレさせるのは間違ってると思う。


私はDVDBOXで全話持ってるから今さら観なくてもいいのではあるが。

多賀サービスエリア

多賀サービスエリア
駒ヶ岳からちょうど二時間で米原を通過し、ちょうど200キロで彦根の手前の多賀サービスエリア。


中は普通のサービスエリアとは違い、かなりちゃんとしたフードコート。

ちなみに今回は信濃攻めがメインだったので彦根と安土と小谷と観音寺はスルーする。

駒ヶ岳で休憩中。

駒ヶ岳で休憩中。
おみやげを買い込んだ。

レストランが混んでいるので、昼食はサービスエリア内のデイリーヤマザキの店内ベーカリーのパン。

上田城

上田城
小諸から少々戻ってきて上田城。


昔ここで西田敏行が足止めを食らって津川雅彦に怒られたらしい。

スター大名がいた城は、やはり人気があるようで結構観光客がたくさんいた。

さて、今日の城攻めは終了。あとは休憩をはさみつつ大阪まで走るのみ。

小諸城址懐古園

小諸城址懐古園
藤村記念館前の胸像を見てたら急にタバコを吸いたくなった。

今回の城攻めの東端はここ。これから西へ向かって走りまくらなくてはならない。

おはようございます

おはようございます
ここまで来てしまうと東京の方が近いような気がするが、帰ってこられなくなりそうなので、東京方面はまたいずれ。

今日は大阪泊まりの予定だが、移動が相当きつそうである。

2010/08/08

初心に戻る日

長野駅から徒歩7分くらいの某ホテルの一室。

昨日の名古屋の謎のホテルに比べると、全然まともなザ・ビジネスホテル。特別高級でもなくかといってずたずたでもなく。

ちなみに昨日のホテルはエレベータが途中で壊れてたり、部屋の照明が入り口横のふつうのスイッチで、真っ暗な中、ベッドまで歩いていかなければならなかったり。

さて。


ここに来るまでの間に、一瞬JR飯田線(と思われる)が見え、

(そう言えば大学時代に友人Hにつきあって、飯田線全線乗車とかやったなぁ)とか思いだし、友人Hを思い出すと、連鎖的に後輩S君を思い出す。(二人とも、会社は違うが、JRの社員)


初心を思い出すという点で言えば、福岡に行ってS君としゃべるというのも、まだ真面目だった自分を取り戻すにはよい方法である。


いまも真面目なつもりではあるが、年とってだいぶいい加減になってることは否めない。


そもそも、真面目に、他人の壊れたコンピュータの修理ばかりしてるのもどうなんだか。

S君にその時点で私が知ってることを一生懸命話したのは今から18年前、私が22歳の時だが、

今日久々に会ったMさんは、さらにさかのぼって21年前。


その当時、私は学校の先生のまねごとをしていた時期があり、Mさんはその当時の生徒。


京都で学生をやってた9年前に松山に遊びに来たことがあり、彼女は全く無関係なのに、

ちょうどそのとき我々が計画していた、

U君のフルマラソン&私のハーフマラソン&O君の10km&ドライバ−としてTさんが来てくれた、という宇部でのマラソン大会

に連れていって、応援してもらったりということもあった。

いまや彼女はもうしっかり女医さんで、

「おととい初めて胃の全摘やりました」
とか言ってたが、

どうかすると小学生の時の顔に見えてしまう。


私もこの年になっても、Wさんから、最初のインパクトでガキ扱いされることがあるが、なんかその気分がわかったような気がした。


善光寺の近所のかなり立派なホテルできっちりしたイタリアンディナーのコースを食べながら、

女医というか病院というかのいろんな人間関係とかの話やらなんやらであっと言う間に時間は過ぎ、

実は長野市内ではなく佐久平から来ていた彼女は最終の新幹線に乗って帰っていった。

医者すげー

とか思いながら、部屋に戻って携帯をみたら、今度は16年後輩のS君から「松山に帰省してるんで会えませんか?」とメール。とりあえず今日明日は無理だが、明後日かしあさってには会うだろう。

この100名城めぐりを始めたおかげで、

大学時代さんざんお世話になったTさんの消息も分かった(=宇和島城の項参照)し、

今回はMさんとも会えたし、


人間関係を切りまくってすっかり中年引きこもりと化しているが、数少ない知人は大事にしたいなぁと思った一日であった。

松代城

松代城
長野市内。旧名は海津城。

今日のミッションは終了。


今日はこの後、旧知の女の子と食事。
何でこんなところに知り合いがいるのかは、後の記事で。

大渋滞

天守に入るのに15分待ち。

中に入ってからも行列が続いている。

松本城

松本城
今日の国宝。

高遠城

高遠城
写真は公園の入口にある高遠閣。


スタンプはここにあるはずだったが、


押す人のマナーが悪いので置き場所を変えます。


という貼り紙が。


徒歩9分の高遠町歴史博物館へ。

でも徒歩は暑いので車で行く。

駒ヶ岳サービスエリア

駒ヶ岳サービスエリア
ホテルを出て早々に名古屋高速には乗り間違えるし、瑞浪から恵那まで事故渋滞12キロとかいうから急遽下におりて、恵那からまた乗って、トンネルはないなあとか思った途端に8.6キロのトンネルに突入。トイレに行きたくなったがPAが混みまくってて2つスルーした。

やっとのことで現在駒ヶ岳サービスエリア。

まだ先は長い。

2010/08/07

たぶん寮だった。

たぶん寮だった。
犬山から名古屋のホテルまではもっと混むかと思っていたが、あんがいすんなり到着した。


今回のホテルは3900円の激安ビジネスホテル。駐車場代が1200円。


歩いて2分くらいのところに大きな劇場があって、劇団四季がオペラ座の怪人をやっていた。知ってたら観に行ったのに。


ビジネスホテルを名乗ってはいるが、


フロントでいきなり靴を脱ぎ、スリッパにはきかえる。

部屋の床がフローリング。

部屋の中に風呂どころかトイレもない。

各部屋の前に、電気のメーターがついている。

各部屋の前に、名札を入れるスペースがついている。

1Fのフロントの横の壁一面にいろんなマンガがおいてある。

1Fの大浴場が狭い。

洗い場が2人分しかない。

浴槽に一般家庭の風呂用のふたが置かれている。


というわけで、ほぼ間違いなく、

この建物は、

元はどっかの学校の寮だったに違いない。

食堂らしき施設がないのがややひっかかりはするが。

どっかの学校とは言っても、どっかの学校の寮よりは部屋は広いと思う。


まぁ、600Km走ってくたくたなので寝に来ただけなので、ホテルがどうであれ、別に何の問題もない。


昨日の記事で「あずさ2号」を歌ったということは、明日どうなるかは推測できるであろう。

疲れたので寝る。

犬山城

犬山城
しかし犬山城の場合、近くで撮るよりも、下から川を含めて撮る方がほんとうはよい。


今日のミッションは終了。

岐阜城に今から登る

岐阜城に今から登る
名古屋から岐阜までの渋滞のせいで予定が大幅に崩れた。

とりあえず今からロープウェイに乗って上に上がる。

松阪城

松阪城
本居宣長記念館でスタンプ押した。

城そのものは、

もうちょっとがんばりましょう

という感じ。

針テラス

針テラス
針テラス
間違いなく去年の職員旅行の時に来た名阪国道上の道の駅、針テラス。

さらに東へ進む。

深夜の徳島港

深夜の徳島港
眠い。

2010/08/06

あした私は旅に出ます

いつのまにかぬるい夏休みに突入中であるが、

とりあえず、大した用事はないものの、毎日出勤している。

記録によれば、7月5日以降、毎日出勤しているらしい。

 

7月31日~8月5日までは、ほぼ全く同じ一日の繰り返しだったので、気が向いたらいずれ書く。

 

現在、6日の14:15だが、そろそろ寝ようかと思う。

 

明日私は旅に出ます。

 

8時ちょうどのあずさ2号で私は私はあなたから旅立つ

(しかし、現在の「8時ちょうど」は、スーパーあずさ5号らしい。)

 

わけではなく、

 

かといって、

 

1時ちょうどの宇和島運輸フェリーで旅に出る

(こっちは愛媛県限定ネタのような気がするので、元ネタのCMページへのリンクを張ってみた。)

 

わけでもない。

 

 

3時25分の南海フェリーで旅に出るので、

0時30分ころには松山を出ておきたい。

 

5:25に和歌山港に着いたあとは、

阪和道から、天理→名阪国道、…。

 

地味に、2009年職員旅行の逆コース

最終目的地がどこなのかは、いずれわかるだろう。

 

今のうちに寝とかんと途中で死ぬ。

2010/08/02

勉強したくないなら学校来なきゃいいのにと思ってた32年前。

19時女子プロレスを見るようになって以降、

ユーストリーム

という語をしばしば見聞きするようになったが、

そのたび、その音の響きだけで、

ビーチパラソルを低くして隠れたい気分

になるのは、私の実年齢から言えば、やや年齢詐称気味である。

 

とか思ってたところ、

たまたま岩崎宏美がVTR出演していたために勝手に録画されていた、今日の「HEY HEY HEY」。

 

RIMG0001

こんなの当たり前すぎてクイズにならないと思っていたのだが。

どうやら昭和は遠くなったらしい。

 

RIMG0003RIMG0002

 

その他、渡辺真知子とか庄野真代とかゴダイゴとかツイストとかが
流行っていたのが昭和53年(1978年)である。

 

RIMG0004

 

私は当時、小学3年生。

長崎から大阪へ転校したばかりで、

ワケの解らんヤツのせいで学校の授業はろくに成立せず、

放課後は使い走りさせられ、

月水金は草野球の練習でボロボロにされて、

リアルのび太状態に突入し、

生きていてもいいことはなにひとつないと思い始めた、

8歳の夏だった。

2010/08/01

夏休み5日目と6日目-ほとんど全部Windows2000だから。-

客観的にみると、なかなかにひどい毎日を過ごしている。

とりあえず、まともな食事はほとんどしていない。

もっぱらカロリーメイト。ときどきおにぎり。ときどきサンドイッチ。

 

さて。

司書と館長が絶口調だった28は、

業者の作業に付き合って、18:15

 

29日も、市内に泊まった業者が再びやってきて、14:30まで設定。

 

その途中で、またネットワークが急に不調になり困っていたようだったが、しばらくすると復旧して、彼女が私に言った。

「どうやらこのセキュリティソフトのせいみたいです。」

プロバイダと契約したときに同時に入れた、あまり見慣れないセキュリティソフトのファイアウォールが、きつすぎるのではないかとのこと。

 

確かに、2Fでも、

「ネットワークにつながらんつながらん」という人がいるので見に行ったら、

自分でセキュリティソフトをインストールしていたようだったが、

そのファイアウォールをオフにした途端、

何の問題もなくつながり始めた

ということがあった。

 

書籍検索ソフトに関するすべての作業を終えた業者さんは、

「次はこのまま広島に行きます」と言って、去っていった。

 

とりあえずこの日はファイアウォール関連の作業するのはやめて、16:00帰宅。

 

 

30日。8:20。図書館へ。

館内にある5台のクライアントPCにインストールされていた謎のセキュリティソフトをアンインストールして代わりのソフトをインストール。

どれも7、8年前のPCなので動作速度が遅い。

 

 

 

待ち時間の間にTさんが、

2000年に発売されたソニーグループ(=CBS&エピック)の邦楽オムニバスCD6枚組 (正式名称がわからない)

を見せてくれた。

松田聖子とか米米CLUBとか爆風スランプとか、その他有名どころはほぼ網羅、谷村有美や鈴木祥子すら入っている。野田幹子もあったかもしれない。

 

で、CBSだけではなくエピックも含まれるので、美里やTM Networkも当然入っているのだが、そこでTさんが言った。

「でも小室等は入ってないですね。」

…?

小室等。

フォーライフの初代社長の小室等

いちおう顔と名前は一致するけれど、なぜこのCDに小室等?

…。

もちろん、「小室哲哉」といいたかったのであろう

この日もまた、微妙に間違えたTさんであった。

 

 

 

遅いPCながらも、まあ何とかアンインストール&再インストールは、10時半ころには終了。

 

しかし、図書館に来た人が自由に使えるようになってるはずのPC2台は、謎の遅延書き込みエラーが出まくって、まるでまともには使えない。

しかたがないので、もともとはWin2000だったこの2台にWinXPをクリーンインストール開始。

 

 

 

待ち時間が長い。

PCを置いてあるところのほぼすぐ後ろが哲学棚だったので、

ちくま学芸の「ツァラトゥストラ」

と、

NHK出版の「ヴィトゲンシュタイン」

を読んだが、あまり頭に入らなかった。

こんな長期間長時間にわたってPC整備やってる最中に読むようなジャンルの本ではない。

 

 

16:30終了。17:00帰宅。

しかし、図書館はまだ終わらない。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »