サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 井上陽水の場合 -SONGS PREMIUM- | トップページ | 今後のコンサート予定 改訂 »

2010/09/13

石野真子の場合 -BSフジ「Life is beautiful」-

数ヶ月前、ローチケで、行きたいようなライブがないか検索していたら、

石野真子

という文字が見えた。

(ふーん、石野真子、ライブやるのか)

と思った。

 

石野真子のデビューは1978年。同年には石川ひとみとか。

年齢は1980年デビューの松田聖子より1つ上なだけだが、

この2年の差は、アイドル史的には時代の分かれ目という意味で

大きいような気がする。

 

私は78年時点で9歳に過ぎないので、石野真子のファンだったというわけではない。

よって、2003年から歌手活動を再開していたというのも知らなかったし、今年全国ツアーをするのも、つい最近知った。

しかし、当時からアイドル性はきわめて高い人だったので、

むかしのシングル曲ならたいてい知ってる。

 

 

で、昨日。BSフジでドキュメントまじりでライブを放送していたので、録って観た。

RIMG0004

RIMG0001

デビュー2曲目「わたしの首領」。

 

「首領」とかいて「ドン」である。

「首領」なんて単語、他では

「ショッカー首領の声 納谷悟朗」

とかでしかみたことないけど。

 

RIMG0002

デビュー3曲目「失恋記念日」。

 

この曲も知ってるけど、

曲名で「失恋…」と言われれば、次に来るのはやっぱり、

レストラン」である。

 

RIMG0003 

デビュー曲「狼なんかこわくない」。

石野真子の基本の一つ。

 

 

全体を通じてやはりアイドル性は高い。49には見えない。

 

今回は歌ってなかったように思うが、

ジュリーがライバル」と「春ラ!ラ!ラ!

も聴いてみたいところではあった。

 

 

むろん若いころのようなキャピキャピした声はもう出てはないのだろうが、

それでも49歳なりの石野真子として、

ちゃんとファンを納得させる歌声でありましたとさ。

« 井上陽水の場合 -SONGS PREMIUM- | トップページ | 今後のコンサート予定 改訂 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石野真子の場合 -BSフジ「Life is beautiful」-:

« 井上陽水の場合 -SONGS PREMIUM- | トップページ | 今後のコンサート予定 改訂 »