サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 無遠慮な人たち | トップページ | 2011年もセンター試験を解いてみた その2 »

2011/01/22

2011年もセンター試験を解いてみた その1

数学Ⅱ・数学B 100

所要時間 約50分。

 

第1問 三角関数・対数関数

第2問 微分積分

第3問 数列

第4問 ベクトル

 

以上の4問とも、引っかかりどころはほぼゼロ。

 

数列の最後の問題で、絶対値記号が出てきたのでめんどくさいのかと思ったが、それはむしろ計算を簡単にするためのものだった。

そしていちおう答えは出たものの、こんどは空欄にうまく当てはまらない。

しかし指数の選択肢をよくみたら、そこに正解がきちんとあった。

 

 

「第5問 統計」と「第6問 BASIC」は選択せず。

昨日書いたばかりの標準偏差もちょうど第5問に出題されていた。

BASICもやってみるべきだとは思うが、とりあえず今日は保留。

« 無遠慮な人たち | トップページ | 2011年もセンター試験を解いてみた その2 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年もセンター試験を解いてみた その1:

« 無遠慮な人たち | トップページ | 2011年もセンター試験を解いてみた その2 »