サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 上田と小沢と川田。 | トップページ | すごろくとかドンジャラとかカルタとかシャボン玉とかお絵かきとか »

2011/12/28

今年最後の曲は…

冬休み8日目。

28日(水)

9時に目が覚めた。

今日は水曜なので、カンごみの日だが、たいして溜まってないので出さない。

 

今日はもう出社しないはずだったが、帰省用の船の割引チケットを印刷したままOA室に放置していたので、それを取りに行く。

 

11:15 出勤。

今日も、

出勤前に新空港通のローソンでサンドイッチを購入。

 

どうやら休みがなさそうなW部長ほか数人が出社中。

 

昔の客と会う約束があると言って、Mさんも出現。

その横で自分の机の片付け。

年度末片付けのレベルで片付いた。いつでも机移動可能。

 

13:15 退勤。

 

 

 

一昨日の夜の「お試しか」の、

昭和人気カラオケVS平成人気カラオケ全国ランキング1位から10位を全て埋めるまで終われま10

がおもしろかった。

 

ミラクルひかるが上手いのは当然として、

えなりかずきがあんなに上手いとは

misonoが上手いのはなんとなく知ってたが、あんなに上手いとは。

ゲストの堀江美都子も相変わらず若いころとほとんど変わらない歌声だし。

 

 

 

13:48~16:15

というわけで、私も1人で1位から10位まで埋めてみようと思い

いつものキスケに行った。

 

が、「ジョイサウンドの部屋がない」と言われた。

他の部屋だと、採点ができないし、何を歌ったかの記録も残らない。

まあ、それならそれで、歌いたい歌を歌おう。

 

  1. たしかなこと 小田和正
  2. 春雨 村下孝蔵
  3. 三都物語 谷村新司
  4. 銀の雨 松山千春
  5. 安奈 甲斐バンド
  6. 関白宣言 さだまさし
  7. 青葉城恋唄 さとう宗幸
  8. 重いつばさ 岸田智史
  9. 贈る言葉 海援隊
  10. 鳥の詩 杉田かおる
  11. もしもピアノが弾けたなら 西田敏行
  12. ガンダーラ ゴダイゴ
  13. 銀河のロマンス ザ・タイガース
  14. さらば恋人 堺正章
  15. 赤い風船 浅田美代子
  16. 林檎殺人事件 郷ひろみ&樹木希林
  17. 愛が止まらない 西城秀樹
  18. この木なんの木 ヒデ夕樹、朝礼志 (作曲:小林亜星)
  19. Broken Sunset 菊池桃子
  20. 10年 鈴木雅之
  21. SEVEN YEARS AFTER プリンセス・プリンセス
  22. SEVEN DAYS WAR TM NETWORK
  23. ONE DAY KUWATA BAND
  24. 心の色 中村雅俊
  25. 約束 渡辺徹
  26. 夏のお嬢さん 榊原郁恵

 

今日は全体としては絶好調だった。

 

しかし、小田和正はどれを歌ってもいつも崩壊。その流れで2もイマイチ。

 

今日は、あのへんのオジサンたちの歌を歌おう

と決めて、1979年を中心に、あれこれ歌う3~7。

 

7を歌ったあと、シブがき隊に行きそうになるが、

それは今日のここまでの流れに反するので、

2年B組から1年B組、そして3年B組へ。

 

TBSから日テレに移籍するために杉田かおるをはさんで、

池中玄太から西遊記へ。

そして悟浄と悟空をそれぞれ歌っといた。

(↑いま調べたらミスってた。「銀河のロマンス」は岸部シローの加入前。)

「さらば恋人」はとてもいいカンジで歌えたので、えなりかずきにはたぶん負けない。

 

マチャアキといえば次はミヨちゃんでしょということで歌ったが、

無意識のうちにわざと音を外して歌ってしまった

恐るべき浅田美代子の世界。

 

 

ここからTBSドラマに戻ったが、

実はリアルタイムで観ていないのでわけがわからなくなり、

「時間ですよ」と「ムー一族」と「寺内貫太郎一家」が渾然一体。

しかも秀樹は90年代なかばのWinkのカバーだし。

 

で、小林亜星を何とかしたいと思い、

たぶん一番有名な「この木なんの木」を歌ったが、

このあと、悩む。

 

この木なんの木といえば日立。

日立といえば、世界ふしぎ発見。

坂東?黒柳?野々村?

…。歌を思いつきません。

 

 

ひったっちのゴミパックっ。

 

ファンとしては、

日立といえばゴミパックであるが、

河合奈保子を歌うのは今日の流れに反する。

 

 

やむを得ず、菊池桃子。

(↑これもいま調べたら、勘違い。大昔に日立のCMもやってるが、今は三菱である。)

 

林哲司全開の曲なので、その流れで杉山清貴にいきそうになったが、オーソドックスに鈴木雅之へ。

 

 

ここからのテーマは「期間を歌う歌」。

 

美里の「10years」はうまく歌えた試しが無いのでパス。

プリプリとTMはどっちもうまく歌えたが、

そうはいってもプリプリはやはり奥居香のあの声あってのもの。

 

TMのあと、「ドリームラッシュ」(宮沢りえ)に行ってしまいそうなのを抑えて、期間を歌う歌を探すが、いいのが見つからない。

 

苦肉の策でKUWATA BANDにしたが、

本当は「ONE DAY」は「ある日」だから、

期間を歌った歌ではない。

 

その後、

(あー、「365歩のマーチ」を歌えばよかった)

と思ったが、もう、24時間以下の世界に突入せざるを得ない。

 

というか、そろそろ予定の2時間半ではないのか?

最近、時計を身につけていないし、スマホもクルマの中なので、

いまが何時なんだか全くわからない。

 

(ヒロスエからのマッチで終了かなー、どっちもしんどいなー。)

 

 

 

テーマをやめにして、基本の中村雅俊へ。

しかし「空蝉」も「哀しい人」もなかなかうまく歌えないので、

基本の「心の色」。

 

(中村雅俊は「太陽にほえろ!」に出てなかったかなぁ?)

と思いながら、(←テレビ初出演作。が、刑事役ではない。)

渡辺徹につないだ。

 

気分よく「約束」を歌っている最中に、「あと10分」のお知らせ。

…。

じゃあ、もう最後の曲は、「夏のお嬢さん」しかないじゃないか。

冬だけど。

 

以上、今年の歌い納め、終了。

« 上田と小沢と川田。 | トップページ | すごろくとかドンジャラとかカルタとかシャボン玉とかお絵かきとか »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の曲は…:

« 上田と小沢と川田。 | トップページ | すごろくとかドンジャラとかカルタとかシャボン玉とかお絵かきとか »