サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 不愉快ではないが愉快でもない。 | トップページ | 国語惨敗・英語楽勝 2013年もセンター試験を解いてみた その1 »

2013/01/18

独り日本レコード大賞

去年の終わり頃のTBS「火曜曲」で、

レコード大賞全曲見せます

という回があったのを視て、

今年の歌い始めは、それ。

 

レコード大賞受賞曲一覧

 

18:18~22:15 ROUND1松山店

全体的には喉の調子は好調。

 

  • 1959年の「黒い花びら」(水原弘)こそ歌えなかったものの、
    60年代はだいたい歌えた。「いつでも夢を」(橋幸夫&吉永小百合)と「天使の誘惑」(黛ジュン)がいい感じ。
  • 70年代は、70年の「今日でお別れ」(菅原洋一)だけ歌えない。71年の「また逢う日まで」(尾崎紀世彦)からあと20年間は、余裕で全部いける。
  • 74年の「襟裳岬」(森進一)が95点超え
  • 78年の「UFO」(ピンクレディー)は、メロディーはちゃんと覚えているのに、80点くらいしか出ない惨敗。
  • 80年代は、82年の「北酒場」(細川たかし)で96点超え。
  • 85年・86年の中森明菜が、2曲とも「UFO」同様にメロディーはちゃんと覚えているのに、惨敗。
  • 90年~92年の演歌部門とポップス部門にわかれていた時期は、ポップス部門のみ歌った。
  • 94年の「innocent world」(ミスチル)からあとはうろ覚え地獄でほぼ崩壊。
  • 小室メロディーが難しくてほぼ歌えない。(TRF・安室・globe)
  • 2000年の「TSUNAMI」で終了。そこからあとは、3年連続の浜崎・3年連続のEXILE・2年連続のAKB48や倖田來未・コブクロなど、私の守備範囲外の人たちばかりなので、無理。

 

とりあえずEXILEとAKB48は一回ちゃんと聴いとかないといけないような気がしてきた。

« 不愉快ではないが愉快でもない。 | トップページ | 国語惨敗・英語楽勝 2013年もセンター試験を解いてみた その1 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独り日本レコード大賞:

« 不愉快ではないが愉快でもない。 | トップページ | 国語惨敗・英語楽勝 2013年もセンター試験を解いてみた その1 »