サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« エアコンが… | トップページ | 祖母の葬儀 »

2013/08/10

祖母の死

10日(土)

7:00 起床

今日も特になんにもやることがないなぁ。

 

8:15 母から電話。母はおとといから妹とおいめいとともに松山の叔母の家に来ている。

このクソ早い時間にメールじゃなくて電話か。

 

母:「おばあちゃんがついさっき亡くなった」

私:「…そんなに急やったんか」

 

「ここ最近ばあちゃんの具合がいまひとつと聞いたので、様子を見に行く」と5日くらい前にメールが来た。

その時は、(じゃあ久々に会いに行こう)と思っていたのだが。

 

 

10:00~11:00 祖母宅。

ここは私が中高時代を過ごした家である。

亡くなった祖母の顔を見ながら当時のことをあれこれと思い出した。

 

その後、2Fに上がってみた。かつての私の勉強部屋である。

中学2年の夏休み前、担任の先生がやってきて、お互い正座で向かい合って、

「キミは絶対東大行けるからっ」

という洗脳を受けたのはこの部屋でのことだった。

 

 

 

11:30 出勤

前々からOさんに依頼されていたデータベースの修正。

わりと簡単に終了。

13:00 退勤

 

 

 

19:00~21:30 通夜に参列。

家族葬であり、よく知ってる親戚しかいないので気楽。

 

喪主は祖母の養子になっていた従弟。

従弟たちの子どもが増えていた。

乳児・幼児・児童あわせて5人いたら、お通夜というより託児所。

 

普段はあまり意識しないが、久々にいろんな親戚に会ったら、自分も含めてみんな年とったなぁという感じがした。

« エアコンが… | トップページ | 祖母の葬儀 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祖母の死:

« エアコンが… | トップページ | 祖母の葬儀 »