サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の31件の記事

2014/10/31

8ビットの時代

こんな本が最近発売された。

ので、買った。

 

20141031-204803-0

 

20141031-204954-0

79年発売。NECのPC-8001

168000円。メモリ16キロバイト。

 

荒れ放題の小学校で、学校にいくと殴られるので、

毎日死にたかった10歳。

 

20141031-204930-0

83年発売。ソニーのSMC-777

148000円。メモリ64キロバイト。

 

しんどかったけど、勉強するためにその中学校に来たのだから、

勉強さえしてればよかった14歳。

 

 

あのころは、

こんな、ネットとかいうものの時代が来るとは、

まったく思っていなかった。

 

 

便利になったのやら、不便になったのやら。

2014/10/29

ひっそり

月曜以降、実習室とOA室でひっそりと過ごす日々。

 

9月のある日の夕方の実習室。

私:「『今日は朝イチでイベントがあったから、実習室は使用禁止』っていうルールがなかったか?」

1課の客たち:「え、え、そうなんですかっ?」

私:「ダメやな~。正解は、『そんなルールはありません』やぞ」

 

 

月曜の17時過ぎ。

私:「『夕方遅くにイベントがあったから実習室は使用禁止』っていうルールがなかったか?」

1課の客たち:「ありませーん」

 

火曜の夕方

私:「『ハープの演奏会があった日は実習室は使用禁止』っていうルールがなかったか?」

1課の客たち:「その細かいルール、何なんですかっ」

 

今日の夕方

私:「『外に出かけるイベントの日は実習室は使用禁止』っていうルールがなかったか?」

1課の客たち:「ないですっ」

 

 

1課の客たちをいじって、遊んでもらう日々。

 

 

そして、今日は年に1回か2回ある、営業5つの日であった。

イマイチ客が話を聞いてくれないので疲れた。

 

 

夕方は、Oくんをつかまえて碁。今日から3子局。

10月大会決勝戦の相手のSさんがつかまらないFさんの解説付き。

2014-10-29171959

左辺に打ち込んだ白の一団がほぼ死んでしまった状態

でしばらく進行していて、

 

そのまま行くと負けそうな勢いだったが、

どさくさにまぎれて黒3子がとれたので復活。

 

上辺でも、1線におさえたらいけないところを黒がおさえてしまったので、4子とれた。

 

この時点で勝ちはほぼ決定。

終局まで打って100VS31。

 

 

 

 

帰宅後。今日の夕食はモツ鍋。2014-10-29194613

そろそろ冬である。

2014/10/28

片目が見えなくても

25日(土)

15:00ころ。津和野駅のD51の前を出発。

津和野の入口の目印である鳥居のところから、山道へ。

…。

中央線がない。

でも、1.5kmくらいである。

決して15kmも続くわけではない。

 

 

17時過ぎ。錦帯橋に到着。

そしてJR岩国駅の近所の某ビジネスホテルへ。

 

 

 

部屋に入ってテレビをつけて、しばらくすると、

NHKBSで、独眼竜政宗をやっていた。

午前中の車内カラオケの時代と同じ、1987年の大河である。

2014-10-25184248

勝新秀吉が、

政宗の正室、愛姫桜田淳子に手を出そうとしたり、

鬼庭綱元村田雄浩を相手に、わがままきわまりないルールの将棋をやったり。

 

そして、大政所が病気の知らせを受けて、

上のシーンの直後に昏倒。

 

28歳の渡辺謙は、基本的に、1年を通じてキレっぱなし。

今回はキレた結果、竹下景子をクビにした。

 

 

しかし、

わざわざ岩国のビジネスホテルの部屋の中で一生懸命視なくても、

 

2014-10-28200454

もうずいぶん前(2004年)に買った、完全版のDVDボックス。

写真は第弐集。定価36000円。

 

第壱集の定価は42000円だったが、

今、Amazonで調べたら、かなりの高値がついていてびっくりした。

 

中古で59800円

新品で187000円って。

発売直後に買っといてよかった。

 

うちにはいろんなDVDがある。

2014/10/26

70年代以前にも対応-「衣をつけて油で揚げる食べ物」ではなくて。

25日 11:50

森鷗外旧宅(&森鷗外記念館)に到着

2014-10-25123458

 

前回来た時は場所を確認しただけで中の見学はしなかったが、

今回は中に入ってみた。

 

 

展示内容はなかなか興味深く、

2Fでは2フロア使って「鷗外の作品中の植物」(正式なタイトルは忘れたが、そんな感じ)という企画展示をやっていた。

 

鷗外の作品中に出てくる植物の写真と原文からの引用

のパネルがたくさん。

 

 

名前だけは知っていても、花を見てその名前がわかるかというと、まったく無理。

知識はないが、植物を見るのは嫌いではないので、一生懸命みた。

 

 

そうか、これがからたちの花か。

脳内で島倉千代子の声が聴こえた。

 

そうか、これがひなげしの花か。

脳内でアグネス・チャンの声が聴こえた。

 

さすがにひまわりは知らないわけはないけどね。

脳内で伊藤咲子の声が聴こえた。

 

 

順に、1958年、1972年、1974年の楽曲である。

 

1969年生まれの私にとってはいずれも世代ズレのはずなのだが、

なぜ脳内で完全に再生されるのだろう。

 

 

 

パネルを全部見終わって、フロアを出るころ、気がついた。

 

コロッケのおかげ。

2014/10/25

奈保子を聴き、明菜を歌う

今週のもろもろのネタが消化できていない。

  • 休むんやなかったんか。 →いや、会社じゃなくて、「長文書くこと」を。
  • モペラでしたっけ。→いや、ポメラ。
  • ヘッドマウントディスプレイ、処分した。→え、10万くらいしませんでしたか。
  • あると思うな春休み。繁忙期がもうすぐ始まるOA室。
  • Oくんが遊んでくれなくなった。
  • 長州のDVDボックスは要らないけど、リングスのならもらってもいい。

等々。

 

 

が、消化しないまま、

25日(土)

 

6:40 自宅発

9:50 柳井港着

11:50 森鴎外記念館&森鴎外旧宅着

14:40 津和野駅前駐車場発

16:30 セブン-イレブン岩国錦帯橋店着

 

 

船内は、そこそこ混んでいた。

2、3歳位の子どもたちとその親がたくさんいた。

 

父親があおむけになって、

子供の両手を持って持ち上げて両脚で支える。

 

当然、子供はキャッキャキャッキャいう。

それがいつまでも続く。

 

そういうことは船中ではなく、家でやってほしい。

 

 

 

さいわい、ヘッドホンを持ってきていた。

10月の下旬なので、

久しぶりに河合奈保子のアルバム「Scarlet」を聴きはじめた。

86/10/21発売である。

 

 

海の上にいても、

自宅のNASに保存してある曲を、

ネットを通じて、iPadで聴くことができる。

 

あぁ、なんて便利。

 

と思っていたら、5曲めくらいでプツッと切れた。

契約しているSIMカードの一日あたりの通信料上限80メガを超えてしまったらしい。

しかし、「一日限定、540円で使い放題」をツークリックくらいで申し込んで、すぐに再生再開。

 

あぁ、なんて便利。

 

 

そして86年発売の、Scarlet。

 

86年というと、

3月 同級生と一緒に初めて東大を見に行った。

4月中旬 (さあ高2になるから受験勉強しよう)と思ったが、岡田有希子のせいで泣き暮らす。

6月だか9月だか。松山市民会館で渡辺美里のコンサート。人生初の生ライブ。

12月上旬。 松山市民会館で河合奈保子コンサート。客入りは悪かったが、そんなの関係ない。

 

ちっとも受験勉強にならない高2であった。

 

 

 

 

柳井港を降りて津和野までの間は、

中森明菜のベスト(今年発売されたものではなく、2年前のやつ)を聴きながら。

 

いきなり1曲めが「DESIRE」なので、

オカッパ頭にして、

洋服だか和服だかわからない服を着て、

振りかぶって踊りたい

のであるが、

運転中なので無理。

 

以下、車内で勝手に中森明菜ライブ、実施。

  • DESIRE 情熱
  • ジプシー・クイーン
  • 難破船
  • TATTOO
  • I MISSED THE SHOCK“THE SHOCK"
  • LIAR
  • Dear Friend
  • 二人静
  • オフェリア

しっかり覚えてない数曲が抜けてるが。

 

 

例によって「駅」と「難破船」でおも~い気分になり、

 

持ち歌の「LIAR」をしっかり歌い、

 

もう貴方だけに縛られないわ

蒼ざめた孤独選んでも

次の朝は一人目覚める

それが自由なのね

 

「Dear Friend」で元の気分に戻したが、

 

最後に、「オフェリア」。

 

ひとの心が

わからないのと

わかりすぎてしまうのと

どちらが幸せ

 

 

さあ、津和野についた。

2014/10/23

○○か、そうでないか

21日(火)

午前中休みだったので、自宅の押入れの片付け。

  • 家の賃貸契約書
  • 生命保険の証書
  • 親に金貸した時の金銭貸借契約書

その他各種の書類を整理して、不要品は処分。

 

そして、高3の時の通知表が出てきた。

数字しか書かれていないが、この字は確かに担任のM先生の字だ。

 

高3の2学期末試験。

英語Rが95点で、英語GCが97点。

 

やはりあの当時は、英語の勉強をすることが仕事であった。

が、その後英語を使う機会は全くなかったので、

今ではもうほとんど何も覚えていない。

 

 

この通知表は手書きだが、

最近の学校の通知表はどうなっているのだろう。

 

通知表印刷用のパソコンソフトを使って、

どこかのボタンを押して待ってたら、

特に何の問題もなく印刷されるとか、か?

 

…。

 

さて、会社に行こう。

 

 

 

某さんがやってきた。

去年私がやった某作業が不十分だったらしい。

「すいませんすいませんすいません」

 

別の某さんもやってきた。

土曜にやった決算出力の一部がミスっていたらしい。

「すいませんすいませんすいません」

 

…。

ふたりとも激怒はしていなかったが、

ちょっと私の仕事が雑すぎるので、反省。

 

 

 

昼食時。

独りで食べていたところにXさんがやってきたので、

 

「死んだらどうしようかなーと思ってて。」

 

なんやかんやなんやかんや。

 

「私がYさんの年の頃は、そんなこと考えてるヒマはなかったぞ」

 

確かに。

Xさんが私の年の頃は、もちろん客の相手もきっちりしていたし、課長だったし、同じ課にいた、仕事になじめなくて毎日毎日「辞めたい辞めたい」と言い続けていた若い社員に「辞めるな辞めるな」と言い続ける日々だったはず。

 

「ヒマなのは確かにそうなんですけど、ヒマだけじゃなくて、最近○○やなぁと思うんですよ」

 

 

「○○といえば、私も○○だと思う」

 

!!!

 

(なに~?? あんだって?)

志村のバカ殿の声で心のなかで一回ツッコんどいたあと、

私は言った。

 

 

 

「Xさんは○○ってことはないでしょう。いっぱいいろんな客の相手もしてきただろうし。」

今の私のように、「ある客に一度会ったら、次に会うのは3週間後とか1か月後」とかいうことはあるまい。

 

「いやぁ、私も○○な方やと思うけど」

 

「いや、Xさんの場合、『自分は○○なんだっ』て言いたいタイプっていうだけじゃないですか。○○な自分。ほんとは違うのに」

 

「うっ」

 

Xさんが止まった。

顔が紅潮している。

怒ってるというよりは、痛いところを突かれたらしい。

他の人にも同じことを言われたことがあるらしい。

 

 

「だいたい、ほんとうに○○だったら、あんなことしないと思うんですよね。」

 

「グッ」

頭をかかえ始めた。

 

「あんなこと」とは、こんなこと。

2008/02/03 料理大会の憂鬱

 

 

 

無礼な言葉遣いではなく、

揚げ足を取ってるわけでもなく

事実を歪めているわけでもなく、

今までのこの人の言動を観察した上で、

その整合性のなさを淡々と指摘しているだけなのだが、

 

そろそろやめといたほうがいいような気がしてきた。

 

ちょうどそこへHさんが食事しに入ってきたので、終了。

2014/10/22

9年ぶりののび太

相変わらず書くべきネタは尽きないが、

昨日の話をいったん保留して、今日の夕方から夜の話。

 

 

購入当初から、

「クルマのカギが、まれにかからない時がある」

という症状があり、

先週の車検完了時にようやくその現象が出たので、

今日の17時から修理。

 

VWは「代車を用意してますよ」と言ってくれたが、

17時過ぎのR33をクルマでウロウロしても渋滞でしんどいだけなので、

「明屋かヤマダ電機にいます」と言って、徒歩でまず明屋へ。

 

 

1時間立ち読みしたあと、

ヤマダ電機に向かって歩き始めて2,3分後。

 

「ウッ…」

ひざと両手に痛みが走った。

 

側溝に右脚を突っ込んだらしい。

真っ暗で見えなかったが、15センチか20センチ位の深さだっただろうか。

 

ヤマダ電機の明るい照明のもとで見てみると、

ズボンには再起不能な穴があき、

左手には2箇所の擦り傷。

左ひざもそこそこの擦り傷。

 

その時は無意識に両手を地面についたが、右半身は無傷。

相変わらず左半身に意識がいかない。

また小児マヒで苦しんでいた子どものころを思い出した。

 

 

しかし、たしか9年前にも側溝に脚を突っ込んで、その時はもっと激しい怪我だったが、それに比べれば軽傷。あの時はあごからくずれ落ちているが、今回は両手をついているだけまし。

 

子どもならよくある程度の擦り傷だが、

しばらくすると、出血直後によく起こる、気分の悪さがでてきた。

 

 

 

18:45 VW。キーシリンダーの全とっかえ。保証で直ったので無料。

 

 

19:10 レディ薬局。

今まで使ったことはなかったが、

たしかこういう擦り傷の時は、これが役に立つのではなかったか。

2014-10-22215007

 

ま、そのうち治るでしょう。

2014/10/21

どの口?

Oさんから提出された原稿を適切に添削して、

どこがどのように伝わりにくいのかを説明する。

それは私の娯楽。

 

 

18日(土) 15時過ぎ。

 

決算処理がようやく終わったので、OA室で自分の予習中。

3課長Oさんが原稿を持ってやってきた。

 

「いつも悪いなー」

「いやいや、趣味なんで。いいんですよ」

「でも、直すとこほとんどないのに、いつも見てもらって…」

「…。『直すとこほとんどない』とか、どの口がそういうこと言うかなぁ」

「この口~」

 

両人差し指で自分の口を指すんじゃないっ。

かわいくないからっ。

 

というわけで、OA室でバカトークを繰り広げるオッサン二人。

 

 

 

その後、受け取った原稿のチェック。

例によって、Oさんは話し言葉のままで書きがちなので、

  • 読点の打ち方がおかしい
  • 主語の省略が多いので、だれがだれに伝えたいのかがわかりにくい

ところが、そこかしこに。

 

でも、むかしに比べると、直すべき箇所はたしかに減っている。

 

毎回毎回同じようなミスをして、毎回毎回指摘されてれば、

普通は改善されていくものだ。

 

 

 

15時半ころ。旧タバコ部屋では、13路10月大会準決勝。

私への挑戦者決定戦を、KくんとKくんがやっていた。

やがて終了し、Kくんが勝ったので、そのまま引き続き決勝戦。

 

しかし、普段打ってる回数が違いすぎるので、危なげなく私の大勝。

 

 

 

 

19日(日)

 

天気がよいので、

布団干して洗濯して窓ガラス拭いて掃除機かけて風呂に入る

という、昔はまったく考えられなかった、平和な日曜の午前中。

 

 

 

11時過ぎ。

身辺整理2014、OA室の部を開始するべく、出社。

 

OA室は自宅ではないので、

  • 勝手に高田引越センターとか呼べない
  • ゴミの分別法が違う
  • リサイクルが絡むものと絡まないものが混在しているので、今すぐには捨てられない

などの問題がありはするが、

私物の書類とか書籍とかを、結構な分量、とりあえず処分。

 

 

 

途中、午後から客の相手をしなければならないらしいOさんを発見したので、添削結果を説明。

説明は短時間で終わったが、その最後。

 

「ありがとう。こんなに直すとこ少ないのにわざわざみてもろて」

…。

その天丼、やめなさい。目指せ、赤ペンゼロ。

 

 

 

さらに、うちの部長を発見したので、そういえば処理しといてくれと言われたまま10日ほど放置していたデータ入力作業があったのを思い出し、入力したあと、提出。

 

するとそのへんに、かつて私が斜視をネタに客から激しいいじめを受けていたころにそれを見かねて解決の方向へ持っていってくれた某同僚がいた。

 

「目が見えませーん」

「病院に行きなさーい」

「行っても無理ー」

 

実際のところ、斜視は普通の治療では無理で、手術しなければ治らない。手術すれば治るが、まだ本気で手術する気にまではなっていない。

 

 

14:30ころ

「microSDカード1枚用のケースはないか?」

と数日前にKさんに言われて、ダイキに行ってみたが、1枚用はなかった。

 

そこで久しぶりにアプライドに行ってみた。

しばらく行かなかったうちに、ゲームソフトコーナーができていたが、

目当てのmicroSDカードのケースは、

8枚用とか12枚用とかはあったが、1枚用はない。

 

結局、いつものようにAmazonで購入。

 

 

20日(月)

 

ひさびさにノーマルな月曜である。

 

朝イチは、「しばらくそこに立っとけ」という仕事が30分。

 

その後は、身辺整理2014、OA室の部の2日目。

さらに片付いてきた。

 

 

 

昼前から4課営業だったが、前回の営業が9月29日。

3週間ぶりとあっては、向こうもこっちも、何が何だか。

 

 

この日は営業といっても、

やってることは小学校の算数

である。

2014-10-10103256

 

800×600×24÷8÷1000

ごときで間違えないでほしいのだが。

むしろ、暗算してほしいのだが。

 

48×24を一生懸命計算して、

しかも間違えて、

そして8で割ってない

 

のをみていると、とても憂鬱になった。

 

ま、8で割るのはITの話なので、

なじみがなくてもしょうがないのだが。

そして、1000で割ることにしてもこの感じだったら、

1024で割ることにしたら、どうなってしまうのだろう。

 

 

また長くなりそうなので、今日はここまでで終わる。

2014/10/20

今日は休みます。

同僚の皆さんのおかげで、

 

昨日は3591字という大長編を書くことができたが、

 

書きすぎて疲れたので、

 

今日は終わり。

2014/10/19

達観

各人から提出された数値を適切に集計して、

帳票と単票を出力する。

それが私の仕事。

 

 

 

16日(木)

駐車場。

「昨日、打つヒマなくてすいません」

「いいよ、別に。碁は遊びなんやから。それより、あさっての決算、ちゃんとして。マジで」

「はい」

 

 

 

同じく16日(木)

6課S君の席。

全角数字開始フィールド名問題を愚痴ろうとする前に別件を入れられた時の話、再び。

「どうする?いつやる?」

「あしたはYさんの営業が朝イチと午後最後で、僕がちょうどその間4つなんで無理なんで、土曜の9:45からで、どうですか?」

「それは無理。営業ないけど決算やから」

「あー、それは無理ですね。じゃあ、この後5時くらいからでもいいですか?」

「いいよ」

 

こうやって事前に自分と私のスケジュールを確認した上で話をしてくれるのは、話がスムーズに進んで大変ありがたい。

 

で、仕事のなんちゃら。

老眼と斜視が混ざって画面がよく見えない。

単純作業がつらいので、20箇所位の打ち直しをSくんに依頼。

 

 

 

17日(金)

10:00~14:00

朝イチの営業後、一人で前日の、仕事のなんちゃらの続き。

ちょっとした思いつきがうまくいって、

全角数字開始フィールド名を漢数字に変換するコードが書けたので、

少しだけ作業が楽になったが、相変わらず目は見えない。

 

この日はクエリーだけではなくレポートの修正もあったので、

さらにつらい。

が、やるべき修正は無事に完了。

 

 

 

途中で、コーヒーを買いに自販機へ。

S君がやってきたので、聞いてみた。

 

「あ、もしかして明日決算の作業やってくれるとか?」

「あ、いや、午前中休みなんで、Mac mini買わなければならないんですよ」

 

世間では、iPad Air2やiPad Mini3が発売されたというのがニュースなのだが、

Apple、厚さ6.1mmになった「iPad Air 2」 ~GPU性能2.5倍のA8X搭載、Touch ID対応

Apple、Touch ID対応となった「iPad mini 3」

 

S君にとっては、Mac miniの新型が発売されたことのほうが重大ニュースであるらしい。

Apple、GPUを90%高速化したHaswell版「Mac mini」

 

 

「別に、『買わなければならない』ってことはないんじゃないん?」

「いやいや、今、家にパソコンがない状態なんで。」

「しょうがないなー。休むんか。で、用事は何?」

「あ、だから休みます」

わざわざ言いに来てくれたらしい。ありがたいことだ。

 

 

 

そして、今度は、5課と6課の間の通路。

「だれか、急に営業のスケジュールが変更になって、明日ゼロになった人とか、いないかなー?」

無駄に大声を出してみたが、

Y:「いませーん」

K:「いませんねえ」

 

そうですかそうですか。じゃあ、独りでやるよ。

 

 

 

 

18日(土)

よく寝たので頭はスッキリしているが、

眼の調子はいまいちである。

 

出勤前に呪文を唱えた。

(ドウセマチガエルンデショ)

 

 

出勤後まもなく、某同僚が言う。

「今日締め切り9時やけど、9時10分位になるから」

「わかりましたー」

スケジュールの関係で客への確認ができなかったらしい。

OA室にとって決算作業が重要な仕事であるということをそこそこ知っているはずの人なので、それでも遅れるというのは、かなり仕事が忙しいものと思われる。

 

しかし、事前に遅れる連絡があって、しかも10分の遅れなら、なんとでもなる。

 

 

 

そして数値提出状況の確認を始めたが、

提出終了未報告者多数。

その他、軽微なミスも少々。

当初は自分で該当者のところへ確認しに行っていたが、

ちょっと多すぎるので、途中からはIさんに連絡をお願いした。

 

 

10時ころ。

ミス者を探してウロウロしていたら、S君が何か言おうとするので、

「増やすなよっ、仕事増やすなよっ」

「大丈夫でした。ちゃんと出ました」

そりゃ、よかった。別のトラブルが出てきても、対応できません。

 

 

 

OA室で集計結果の帳票を確認中。

(???)

 

この数値は変じゃないか?

ここと、ここと、ここ。

 

ミスとしては軽微な内容なので、

本人に確認しなくても修正はできるのだが。

 

 

 

だれや?

 

 

おぉぉぉっ!!

 

すごいなぁ。

 

長年かかったが、ようやく私の中で何かが突き抜けた。

日本語が通じないのだ。

 

怒りでも哀しみでもなく、笑ってしまった。

いや、すごい。

 

とりあえず、ミスの内容をIさんに報告。

 

 

 

 

 

 

さて、各課の帳票の印刷がとりあえず終わったので、

2F西の端の、荷物があんまり置かれていない机を勝手に借りて、

帳票の仕分け作業。

 

 

作業をしながら近所のWさんとFさんと雑談。嬉しかったり楽しかったり残念だったりおそれおおかったりする内容だったが、詳細は省略。

相変わらず老眼(と斜視)がつらいが、このオジサンたち2人と話していると、20代後半くらいに若返る。さらに雑談の内容次第では10代前半まで若返る。

 

 

仕分けが終わったので、ロッカーに収納したあと、そこらに、

仕事の都合でいやおうなくさわっているうちにパワーポイントのスキルが上がっていった結果、作りこみまくってようやく完成しそうなので、自分の作った新作スライドをだれかに見てもらいたい、実は凝り性のSさん

がいたので、見せてもらった。

 

 

が、パワーポイントあるあるの一つ、

「アニメーションに凝り過ぎて、じゃっかん騒々しい」

にハマっていたので、ついついダメ出し。

 

これだけは覚えておきたい!パワーポイントで行うプレゼンをより良く見せる工夫

ただし、注意点としてアニメーションの使いすぎには注意しましょう。アニメーションを多用しすぎると、パワーポイントの資料が見にくくなったりお客様からしつこいと思われてしまいます。そのため重要な点や動きを付けたい所に活用していきましょう。

 

素直に「すごいですね~がんばりましたね~」と言ってあげればよかったのであるが、そこでそう言えずに後で反省するのが、私の弱点。

 

 

 

そして帳票配布作業は続く。

3課にはMさんがいた。

 

「♪Mさんは、真ん中~」

 

私が帳票を配る時に、誰にどれを配るか確認するためにでっちあげた「帳票配布の歌」を歌っていると、

 

「そうでーす。でも一番手前がいいなぁ」

「もう無理ちゃうか?」

 

一般的に、年をとればとるほど奥のほうで仕事をすることになる傾向がある、うちの会社。

 

 

 

 

さて、SさんとMさんをつついたので、次はSさんのごきげんをうかがいに行ってみよう。

 

「最近、登場してないんですけど、お元気ですか?」

 

 

Sさんは、ちょっと前に、

「ある特定の状況下におかれると、信じられないような力を発動させる、どっかの課長」の話

の時に、脇役で出たっきり。

 

「ハイ、最近は何も失敗してないので。」

 

 

いやいやいや。

このブログは私の好きなものと好きな人について書く場であって、

人の失敗をあげつらう場ではない

 

…はず。

たぶん。

 

 

 

 

 

さて、旧知のおねえさんたちをつつき終わったので、

今度は単票を印刷するためにOA室に戻ろうとしたが、

 

彼女たちと同じ課だが私にとって旧知とはいえないKさんに停められた。

 

「某書類を出すのに某データベースを使うのだと言われたんですけど、そのデータベースはどこにあるんでしょうか?」

「あ、それはね…」

 

 

 

社内のコンピュータに関する諸々の疑問や質問に答え、トラブルが生じたらそれを直す。

それが私の仕事。

 

 

 

 

 

12時。午前中休みだったS君が出勤してきた。

 

「で、Mac mini、買ったん?」

「いや、購入ボタンの手前で、奥さんストップが…」

「ふぅん。じゃあ、ちょっと作業手伝って」

 

 

OA室。

「ここにミスがあってさぁ」

「でも、1年目だからやり方がよくわからなかったんじゃないんですか?」

「違うよ。1年目の方の人だったら、何も言わんよ」

「あ、ほんとや」

 

 

 

13時ころ。

4連チャン営業終わりの5課Y君の席。

「お疲れさまでした。特にトラブルもなく?」

「過去形で言うなー。まだ終わってへんわ。」

「何かトラブルが?」

「こんなところでは言えません」

「…わかりました。」

 

 

旧タバコ部屋。

私をみた4課長Oくんがいった。

「やりますか?」

 

土曜の午後なので、ふだんなら「やる」というのだが、

 

「やりません。なぜなら4課と5課の単票がまだ印刷できてないから。で、Oくんがもし打ちたそうにしてたら、Oくんが打ってあげて」

「何かトラブルがあったんですか?」

「うーん、トラブルっていうか、気分的なもんかな」

 

 

 

15:00 単票印刷が、ようやく終了した。

 

20年前のOA室主任、Iさんに報告。

 

「独りでやるのはつらかったです。」

「お疲れさまでした」

 

深々とお辞儀していただき、おそれおおいことである。

 

 

 

やっと達観したので、もうこの件についてこの場に書くことは二度とない。

2014/10/18

驚き呆れ、あきらめた

各人から提出された数値を適切に集計して、

帳票と単票を出力する。

 

それが私の仕事。

 

客観的に言うと、

10月決算は12月決算や3月決算と比べればかなり楽なはず

なのだが、今日は土曜日なので人手不足。

 

途中S君が30分くらい手伝ってくれたものの、

9時から15時までほぼ独り。

 

その間、ネタになるようなことはなんやかんやあったが、

激しく疲れたので、詳細は明日。

2014/10/17

ゴングを読まねばならないので。

たくさんの同僚の皆さんが日替わりで登場して、

ここのネタにまったく困らない10月。

 

今日もそこそこいろいろあったが、

明日の決算処理作業を独りで全部やらなくてはいけないので、

体力温存のため、今日は以上で終了。

2014/10/16

わかってもらえた話のいくつか

昨日の夕方の旧タバコ部屋。

 

3課長Oさんがいたので、

私:「おらおらおら~、決算が近いから、ちゃんと通じる日本語の文章書いて提出しやがれ~、今回もきっちり添削してやるぞー(笑)」

O:「はぁい、がんばりまーす(笑)」

 

という、定期的に行われる会話をしたあと、

その場にいた6課の某さんと一緒に雑談。

 

 

某:「Yさんの家のドアホンが黄色いのはヤニのせいか、何のせいや?」

 

某さんは16年前に1回うちに来たことがあるだけなのに、

どういうわけで、うちの家のドアホンの黄ばみを知っているのだろう?

 

たぶんこういうわけだろう。

 

うちに帰ってから洗剤使って拭いてみたが、

あまりきれいにはならなかった。

ヤニというよりは日焼けのような気がする。

 

 

 

某:「一人で焼肉に行きたいっ」

 

6課の人々は仕事が忙しくてとても大変そうだが、

よくわからないが仕事以外でも大変であるらしい。

妙に「一人で」に力が入っていたが、私にはよくわからない。

 

20141016-190130-020141016-192842-0

今日は久しぶりに焼肉きんぐに行ってきた。

もちろん一人である。何をやるのも一人である。

 

 

 

 

同じく昨日の夕方。自席にいったん戻って荷物をとって帰ろうとすると、

「竹内まりや、残念やったねぇ」

と声をかけてくる人がいる。

 

この人とその件について話した記憶はないのだが、

どういうわけで私が竹内まりやのチケット抽選に外れたことを知っているのかというと、たぶんこういうわけだろう。

 

 

竹内まりやのライブのレア感と、それに外れたこの残念感を、

わかってもらえそうな人が周りにあんまりいない中、

むこうのTさんもこっちのTさんも、

特にダジャレを言うでもなく、私の残念感を共有してもらい、

ありがたいことである。

 

 

 

 

そして今日。

営業は朝イチから三連チャンで終わったので、

その後は冬休みの宿題を進めていこうとした。

 

が、またも、

全角文字開始フィールド名によるトラブルが生じている。

また、数十個だか数百個だかのフィールド名とそれに関連するクエリーとレポートをちまちまと修正していかなければならない

 

やる気が強烈になくなってきた。

 

 

 

このやる気のでない感じをわかってくれるのは社内ではSくんだけなので、

午後の営業終わりのSくんの席に行って、

「2分だけ愚痴聞いてくれ~」

と言おうと思った。

 

が、私がしゃべるその前に

「某データが戻ってきたけど、エラーが出てインポートできないんですよ」

 

…。

別件ですかそうですか。グチはあとにします。

 

 

 

 

17:00~18:00 3F。

仕事の都合上やむを得ず私に説明してその返事を聞いてるうちに、特に知りたくもなかったが、クエリーとかレポートとかのしくみがちょっとだけわかるようになってしまったSくんへのAccess講座。

 

…。

前に書いた時のをコピペしたのでめんどくさくはなかったが、

講座の名前が長すぎる

 

某アイドルグループのちょっと前の曲を見習って、

今後は、

仕事のなんちゃら

と書くことにしよう。

 

 

 

さて。

エラーがでていたいくつかの案件のうち、一件目。

私:「ここ、『ⅢC』になってるけど、ことしから『C』要らないよね」

削除して、再実行。しかし動かない。

 

S:「ここ、2670じゃなくて2660じゃないですか?」

修正して、再実行。動いた。

 

例によって、無駄にスキルが上がっていくSくんであった。

 

 

 

二件目は、またも全角文字開始フィールド名によるトラブル。

…。

だるいなー。

 

データベース作った先輩とか外部の業者が、

特にいいとも悪いともなんとも思わずに全角の「1」とか「2」とか「9」とかで始まるフィールド名を設定した、そのせいで、

最近のAccessで開くとクエリーの構造が破壊されてグチャグチャ。

 

 

とりあえず、完全に修復完了はしなかったが、今日は60分で終了。

続きは一人で明日。

あるばむと制服であってゴングではない

15日(水)

この日の午後の営業のテーマは、

「文字と音と画像と動画の記録方法の歴史」。

 

キーワードとしては、

  • 壁画・甲骨文字・粘土板・パピルス・羊皮紙・活版印刷と世界三大発明・電子書籍
  • エジソンの蓄音機・アナログレコード・カセットテープ・大ヒットしたCDプレーヤー、ソニーのD50・ICレコーダー
  • 世界初の写真・世界初の映画・ビデオデッキ・世界初のデジカメ・大ヒットしたデジカメ、カシオのQV10・世界初のDVDプレーヤー

等々。

 

いろいろ興味深いのだが、特に、「世界初のデジカメ」はなかなか激しいので、ぜひリンク先で見ていただきたい。

 

 

というわけで、出勤時の駐車場。

Sさんがいたので、

「今日はこれを見せるんですよ。近頃の若い者はみたことないやろうから」

20141015-213408-0

「うちの子もたぶん知らないわ」

とかいう会話をしているうちに、

 

 

靴箱に到着すると,、そこにちょうど、

ときどき思い出したように「聖子ちゃん聖子ちゃん」と唱え始めるMさん

がいたので、

「ほらほら~、『赤いスイートピー』のレコード~」

20141015-213417-0

「あ、どうしたんですか、それ」

 

とかいう会話をしていたところに、上から階段を降りてきた某。

 

 

「あ、それはゴングですか?表紙がいいですよね。」

 

違います。今は歌謡曲文脈であって、プロレス文脈ではありません。

私が持っているものの表紙に写っているのは、

河合奈保子であって、中邑真輔ではありません。

到着したらすぐ持っていくから、もうちょっと待っていてください。

 

そしてWくんはそのまま出張へ出かけていった。

 

 

 

 

で、午後の営業。

客にEPとLPをそれぞれ見せてはみたものの、ほぼノーリアクション。

まあ、生まれる前のシロモノなので当然といえば当然か。

 

客たちは松田聖子でさえもまったく知らないようだったので、

 

世界初のDVDソフトは谷村新司の「シンジラムニタ」である。

 

という話はカット。谷村新司など通じそうにない。

 

 

 

 

終わって2F中央に戻ると、Mさんが言う。

「で、どこに行けば『制服』が聴けるんですか?」

 

私はけさ、「赤いスイートピー」としか言わなかったのだが、

そのB面が「制服」なのを知っているとは、

さすが松田聖子を語らせると社内で一二を争うだけのことはある。

松田聖子を語る三人目が社内にいるのかどうかは知らないが。

 

 

アナログレコードプレーヤーが社内にあるとすればあの部屋だろうが、今日になって、そこの管理者のOさんに尋ねてみると、

「今の場所に部屋を移転した時に、処分した」

らしい。

 

そしてアナログの時代は終わっていく。

2014/10/15

ぶっ飛んだ

1時間かけてがんばって書いた今日の長文の記事が、

送信直前にソフトが謎の強制終了をしたせいでぶっとんだ。

 

ダメージが大きいので、今日はもうやめる。

2014/10/14

日常

10時ころ出勤して、

ひっそりとOA室で15時ころまで明日の予習。

 

 

途中、

冬休みの宿題に手を出してみたものの、

「先生、問題文にあいまいなところがあるので解けませんっっ!!」

とSくんに報告する一方で、

 

 

「例のブツはAmazonで買ったよ」

と、相変わらずWくんとは仕事の話をする気がなく、

 

 

「また棚橋がIWGP取りかえしやがって、新日はどうするつもりなんや?」

と、相変わらずHくんとはそんな話しかせず、

 

 

午後はプリンタが同時に2台不調になったので、

エプソンの人に2人も来てもらい、

 

 

夕方になると、Oくんに遊んでもらったが、

とうとう25目差で負けてしまった。

次回から3子局。

 

 

特に楽しくも悲しくもない、日常。

 

 

 

そして、

市内の某中学校に仕事で行ってきたというWさんが、私に言った。

「おじいさんの写真が飾ってあったよ」

 

ほう、それはそれは。

50年くらい前に某中学校で校長をやっていてそのあと私の母校でもちょっとだけ教えていたらしい父方の祖父は、20年くらい前に亡くなった。

校長だったのは50年も前のことなのに、写真が飾ってあるらしい。

 

私は母方の祖父母の家から学校に通っていたので、

母方との付き合いはいまだにあるが、

父方とはまったく縁が切れてしまった。

 

 

祖父のことも祖母のことも、

すっかり思い出すことがなくなってしまっていた。

 

20年も経てば忘れてしまうのか。

 

しかし、岡田有希子も、ジャイアント馬場も、三沢光晴も、橋本真也も、いかりや長介も、私の家の中では、みんな生きている。

 

誰がが覚えていれば死んでも生きているのだが、

100年も経てば一切関係ないような気もしなくもない。

2014/10/12

台風前の車検とビフォーアフター

台風が来るらしい。

 

台風でJR西が運転取りやめ 13日夕から京阪神地区

 

京阪神の全線運休とは思いきったなぁと思うが、

大事故になったらヤバイという判断なのだろう。

 

つくづく松山は平和なところである。

さすがに今回のは来るかもしれないが。

 

 

そんな中、まだ普通の天気だった今日は、

 

9:30 VW。

乗ってるカブリオレが3年経ったので車検へ。

 

代車は2年前にも乗ったヴァリアントだった。

例年、代車に乗るときは写真を撮るが、今回は撮らなかった。

 

ワゴンではあるが、ゴルフには違いないので、

乗ってしまえば中は一緒。

 

 

 

 

15:00~15:40 高田引越センターから作業員が訪問。

2014-10-12132911

この状態だった台所が…

 

 

2014-10-12174248

なんということでしょう~

14040円でこんなにキレイに。

 

最近多用していた「なんということでしょう~」。

やっと正しい使い方ができた。

 

 

身辺整理2014自宅の部は、これでほぼ終わり。

しかし、身辺整理はまだ続く。

2014/10/11

ビール券プレゼント終了のお知らせ

今朝。

会社の駐車場でクルマを降りると、某同僚に声をかけられた。

 

某:「こんなとこで聞いて悪いけど…」

朝っぱらからコンピュータ関連のちょっとした質問だが、

その内容は別記事で。

 

 

 

それよりも、こんなタイミングで「この人」に声をかけられるなんて。

これはもう、言ってみるしかない。

 

ここで会ったが百年目。

…いや、日本語の使い方がおかしい。

 

なんということでしょう~

…それはついこないだ別の文脈で使ったばかりだ。

 

 

質問内容をひと通り聞いたあと、言ってみた。

私:「ところで、ビール券あるんですけど、要りませんか?」

某:「ありがとう。どうしたん?」

 

どうしたのかというと、こういう事情であるが、

 

それにしても、

私の言葉から1秒経たない、想像をはるかに上回る即答

さすが、私の中の「ビールといえばこの人」だけのことはある。

 

その後、質問内容のとりあえずの解決法を伝えるとともに、

ビール券を渡し、

無事、紙ゴミになることなく、この人のところで有効活用されることになった。

 

 

帰宅後、高田引越センターに電話して、引きTRYを依頼。明日来てもらうことになった。

2014/10/10

10月大会13路1回戦

3日前の10月大会19路1回戦は対Tさんだったが、中押し負け。

 

今日は13路。対Sさん。私が黒。

 

20141010-170503-0

左上。Sさんが定石をミスったので、切った。

 

20141010-172059-0

上は白を団子石にできた。右上は活きられた。

上の黒がオイオトシあるいはウッテガエシになりそうなことには気づいている。中央の白がウッテガエシで取れないかなぁとか思ったが、たぶんもう無理。

 

20141010-173921-0

下辺で、切られて守ったら切られて3目取られる図が見えたので、事前に守ったりしつつ、終局。

 

盤面で黒36、白28。

6目半のコミで、黒の私の1目半勝ち。

Sさんはかなり負けてると思っていたようだが、そうでもない。

 

次は、Kくん VS Kくんの勝者と。

当たらなかった

♪あなたをつれさーるー あのひとのかげーにー

おびえてくらしぃた ひびは もぉとおいぃ

 

11月末の広島グリーンアリーナでの竹内まりやコンサート。

初日のチケットを申し込んでいたが、抽選に外れてしまった。

 

「絶対に当たる」とは思ってはいなかったが、

「絶対に当たらない」とも思っていなかったので、残念だ。

 

 

先日の、下敷きになってた岡田有希子のたたりかもしれない。

 

 

残念すぎるので、この手の話を聞いてくれそうなTさんのところへ行ってひと嘆き。営業終わりの忙しいタイミングに、つきあってもらって申し訳ない。

 

 

でもまぁ、当選すれば、チケット代が10000円に、交通費。

最近、金の消費が激しいので、

神様が「もうやめとけ」と言っているのかもしれない。

 

でももしライブがDVDされたら、その時は買おう。

2014/10/09

ビフォーとアフター

ふと気がつくと、

目の前に数字が見えた。

 

 

758

 

 

もう少しよく見てみた。

 

7:58

 

…。

 

 

とりあえず深呼吸して、

ゆっくり起き上がって、

落ち着いて着替えて、

ヒゲを剃るのだけあえてやめて、

家を出た。

 

 

見えたのが「815」とか「830」とかだと、

もうちょっとあわてるのだが。

 

 

 

 

8:17 会社2F。自席前。

(おぉっ!!、こ、これは…)

 

「なんということでしょう~」

というサザエさんの声が聞こえたような気がした。

 

 

私の机の上には、なにやら、英語の書類の束がおかれている。

 

 

(すごいなー、なんで今日になったら置いてあるかなー。いまさら驚く話ではないがやっぱりすごいなぁ。オレはマネできんなー。)

 

何に感嘆しているのかわかりにくいと思うが、詳細は省略。

2014/10/08

いろいろな処分依頼

♪腰は夜更け過ぎに鈍痛に変わるだろう

字余り。かつ、季節外れ。

 

今日は機嫌は悪くないが、腰と肩が痛いので、動きが鈍い。

小児マヒの後遺症の左脚の細さの影響はやはり大きく、

普通に歩いていても体がゆがんでいる。

 

 

朝イチから順に、

  1. あさっての営業の予習60分。
  2. 70分座っとくだけの仕事
  3. 仕事の都合上やむを得ず私に説明してその返事を聞いてるうちに、特に知りたくもなかったが、クエリーとかレポートとかのしくみがちょっとだけわかるようになってしまったSくんへのAccess講座60分。

 

 

3Fのこの部屋の一番えらい人はSくんではないのだが、

えらい人と直接仕事の話をすると、

重すぎてお互い幸せになれないので、

 

柴田 中邑と禁断決着へ(東スポ)

 

とかのほうがよい。

 

 

 

で、今回の、来年1月のイベントその2用のAccess修正は、

急に生じた話ではないので心の準備はできていたが、

今日ちょっとやってみて、やはりかなり時間がかかりそうということがわかった。

冬休みの宿題である。

 

 

 

昼食。

Wさんがいた。

どういうわけかFさんの話になり、

Fさんの本の収集癖が激しすぎるという話になり、

古本屋に出したらたいした価値にもならない本を、どうしてあんなに買いこむのだろうという話になり、

しかし、その人その人の趣味嗜好はその人だけのものだという話になり、

 

私:「でも、僕は今家片付けてて、テレビ番組録画したDVDとかブルーレイとか500枚くらい捨てましたよ。録っても視てなかったから。あと、買ったプロレスのDVDとかだって、生きてて自分が視てたら意味があるけど、死んだら他人にとっては何の意味もないんだから」

W:「そうですね」

私:「片付けとかないと、あとどうなるかなーと思ってて。カメラ関係は防湿庫にまとめといたらUくんが何とかしてくれるはずで、あと、家にいるときに急に倒れたら、O君に電話したら助けてくれることになったんですけど」

W:「家で倒れたら、電話なんかする余裕ないやろ

 

…。

実はそのとおりなのだが、

そこは冷静なツッコミしてほしくなかったわ。

 

 

私:「じゃあ、僕に何かあったら、力道山のDVDは持ってってくだださい」

W:「わかりました」

 

よし、DVD1枚、処分先が決定した。2014-10-08220817

ついでに、猪木の初期のこのDVDも持っていってもらおう。

2014-10-08221121

三沢光晴BOXとか

小橋建太BOXとか

天龍源一郎BOXとか

長州力BOXとか、

他にもいろいろあるのだが。

 

 

 

昼食を終え、2Fに戻って自席から荷物をとって帰ろうと思ったが、

その前に4課長Oくんに挨拶してから帰ろう。

 

と思って彼の席に近づいていくと、

おそらく私の腰痛を知っていたのであろう口ぶりの5課のSさんが、

後ろから言う。

S:「大丈夫ですか?」

私:「うん、僕はこれから整体に行くんで大丈夫なんですけど、Oくんがたぶんすごくいそ…」

O:「(小声で)もういいから、静かに帰ってくださいっ」

私:「帰りまーす」

 

どうやら私は、まったく空気を読まずに、

彼がやっている仕事のじゃまをしていたらしい。

 

いや、わざとだけど。

 

 

靴箱から駐車場までの間に、たまたまUくんと一緒になったので、

上記カメラ関係の処分を依頼。

U:「わかった。パソコン関係は、よう分からんけど、カメラは何とかする」

 

そして私の片付けはまだまだ続く。

ビール券プレゼントのお知らせ(応募資格に制限があります)

引き続き、人生がときめくかどうかを確かめるべく、片付け実行中。

 

どっかで手に入れた商品券が山のように出てきた、その一部。

2014-10-08151411

いよてつそごうの商品券、11万円分。

 

 

いよてつそごうかぁ。

そんなデパートはとうの昔になくなってしまい、

今あるのは、いよてつ高島屋である。

 

ネットで調べてみた。

 

いよてつそごう発行の全国百貨店共通商品券は、いまでも使えるのでしょうか? ...

 

上のYahoo知恵袋の質問とその答えによれば、

特例により、いよてつそごう発行の商品券は、いよてつ高島屋で使うことができる

とある。

 

上の写真に写っているのは、全国百貨店共通商品券ではなく、

そごうの商品券だが、きっと大丈夫なのだろう。

 

しかし、日常がデパートに行かない生活なので、特に買いたいものもみつからない。

 

 

 

 

さらに。

2014-10-08151514

ビール券もそこそこ大量に出てきた。

 

が、私には不要の品である。

このままでは単なる紙ゴミになりそうである。

 

 

2014-10-08151655

23年も前の券なので、そのままでは使えなくて、差額を払わなければならないのかもしれない。

 

 

私の中のイメージでは、

「ビール」というと、あの人か、この人か、その人だが、

あの人はすでに退職している。

 

さて、「この人」と「その人」とはだれでしょう。

 

正解者のうち、直接私のところへ取りに来ることができる方に、

ビール券を差し上げます。

 

正解も応募もない場合は、次にごみ回収業者に来てもらう日に、ゴミとして処分か。

2014/10/07

そして私は壊れ、彼女は下敷き。

紙が詰まった

トナーが切れた

マークシートがなくなった

ネットにつながらん

本の貸出ができん

 

はいはいはいはい。

 

 

人々がいろんなことを言ってくるのに対応していった結果

(+自宅身辺整理の結果)、

今日の夕方から、激しく、右肩痛と腰痛。

 

 

もう、トシだなぁ。

 

こういう時は、自宅の一角を眺める。

2014-10-07170456

85年近辺の河合奈保子写真集数冊とか、

ヤンタンブックとか、その他。

 

!!

 

例の「人生がときめく片づけの魔法」の、190ページ。

積んではダメ、基本は「立てて収納」する

(略)

そしてもう一つ。積まれた下のモノがつらいからです。

(略)

すると、下にあるモノの存在感はどんどん薄くなってきます。いつしか、そのものを持っていること自体、忘れてしまうのです。

 

よりによって、

一番下が、岡田有希子のフォトブックって。

しかも、同じものを2回買うシリーズで、

1986/04/04発行版と2002/12/20の復刻版、

それが2冊とも一番下。

 

こりゃいかん。祟られてるような気がする。すぐ救出しよう。

昨日の緊急出動 -主語をはっきり!!-

昨日の朝イチ。

 

自席に着くやいなや、

はるばる西の端からWさんがこちらへ向かって歩いてくる。

 

不穏なものを感じたので、天災なみに机の下に隠れてみたが、

まっすぐ私のところに来て、言う。

 

W:「プリンタが紙詰まりです」

 

…。

あのプリンタはどうも調子が悪いことが多い。

 

とりあえず、

「何がどんなだ」

で簡潔に連絡してもらったので、対処は難しくはない。

 

現場に行って、

トレイをゆっくり外して挿し直して、

電源を入れ直しただけで解決。

 

 

 

 

 

昨日の朝ニ。

客のところに書類を持っていくべく臨戦態勢の時に、

息せき切って私のところへ来て、言う人がいる。

 

「前もあったんやけど、ルーターがおかしいんよ。

朝イチで客のとこ行かないかんのは知っとるし、

朝イチで機嫌が悪いのはわかっとるんやけど、

今日中に見にきてくれませんか?」

 

 

待て待て待て。

私の機嫌がいいか悪いかは、私が決める。

 

 

私の気分の何をわかっていると言うのか。

私の気分は私じゃないとわからない。

あるいは私自身にもわからない。

 

 

…。

はいはい、どうせ朝イチだろうが昼間だろうが夕方だろうが、

機嫌は常に悪いですよ。

 

だから、極力、人には会わないようにしているし、

飲み会もめったに出ないし、

飲み会に出るときは、暴れたり途中で帰ったりしないように、

気をつけているのだ。

 

 

 

しかしとりあえず。

1Fで座っているだけの仕事60分の間に、反省。

 

(まぁなー、いつもあんな感じのしゃべり方やしなぁ。

「アダプター」と「バッテリー」の区別がつかん人が、

「ルーターがおかしい」って言えただけでほめてあげないかん

かもなー)

 

 

まあ、あんまりふてくされてないで、状況を見に行ってみよう。

 

 

 

9:50~15:30。社内某所に、ほぼ軟禁。

 

とりあえずインターネットに接続できない。

 

「ルーターがおかしい」の言葉を信じて、

OA室に転がっていた未使用のルーターに交換してみたが、

無関係。

 

 

  • サーバ機からはWebを見ることができる。
  • しかしクライアント機からはWebを見ることができない。

 

…!!

これは、今年の春の実習室と同じ状況か。

 

理由は不明だが、

フィルタリングソフトがファイアウォールで遮断されてしまっていた。

フィルタリングソフト用のポートを開放して、解決。

 

 

 

11:50 帰ろうとしたが、別の問題が発覚。

某データベースシステムが作動していない。

この建物内でこのデータベースシステムが作動しないのは、

ネットが見られないことなどよりずっと致命的である。

 

 

調査継続。

しかしこのデータベースシステムは、

ふだん使っているAccessではないので、仕組みがよくわからない。

 

 

いろいろ調べているうちに、

 

  • サーバ機からはそのデータベースシステムにアクセスできる。
  • しかしクライアント機からはサーバ機内に保存してあるデータベースにつながらない。

 

共有設定は正しいのに。

 

…。

これは、午前中と同じ話か。

 

 

ファイアウォールを完全にオフにしたら、

クライアント機からもデータベースにつながるようになった。

 

 

いったんファイアウォールをオンに戻し、

そして、ネット上であれこれ検索して、

このデータベースシステム用のポート番号を調べて、

それだけを開放したら、うまくいった。

 

 

治った。

 

もし私が治せなかったら、

このデータベースシステムの開発元のメーカーの人に、

大阪だか東京だかから来てもらわなければならないところだった。

 

 

今日。

「『朝イチで機嫌が悪い』のは、『機械の機嫌が』のつもりやったんやけど」

…。

ま、そういうことにしときましょ。

今日の部活動 -売り切れてました-

私:「ケニーオメガがDDTから新日に移籍するらしいよ」

H:「え、じゃあ、飯伏とのタッグはどうなるんですか」

私:「いや、飯伏はDDTと新日の両方所属やから…」

H:「あぁ、じゃあ新日で見れるんか」

私:「でもなんか最近、飯伏はヘビーに転向とか言ってるぞ」

H:「えー、ケニーと飯伏でジュニアタッグ取らせて、それで回していけばいいじゃないですか。『回していく』っていう言い方もどうかと思いますけど。

 

プロレスは大河ドラマなので、

マニアは勝手に今後のストーリー展開を作りがちである。

で、その展開通りになればなったで「やっぱりね」といい、

たまに想像していなかった展開になると、それはそれで盛り上がる。

 

 

 

今日の午前中。

1Fの客のところへ書類を持っていく途中。

逆に1Fの客のところから書類を持って帰ろうとする副部長が、

すれ違いざまに言う。

 

W:「ゴングが復活してましたよ」

私:「え、週ゴン?週プロじゃなくて?ゴン格でもなくて?」

W:「はい。金沢さんがやってるらしいです」

 

このくそ忙しいタイミングで、仕事の話でなくプロレス話をねじこんでくるWくんもかなりのものである。

 

そして、「金沢」だの「小佐野」だの「ターザン」だの、

プロレス雑誌の編集長の名前であーだこーだ言い始めたら、

立派なマニアといえよう。

 

 

 

夕方。

宮脇書店。

それらしき本はない。

 

明屋空港通店。

やっぱりそれらしき本はない。

 

帰宅後、Amazonで検索。どうやら新品は売り切れ気味。

あー、中邑ですか、そうですか。

2014/10/06

身辺整理2014

おとといの夜、

私:「自宅で倒れたら不安でさぁ」

O:「じゃあ、なんかあったら僕に電話してください」

私:「ありがとう」

という会話が成立したせいか、

 

ここ数年ときどきやってくる、

「家の中の不要品を徹底的に捨てましょう」ブーム

が昨日あたりから来ている。

 

去年もほぼ同じ時期だった。

この話の時のバイブル

がドラマ化されたのをきっかけに、

そこそこ大量の不要品を処分したのが1年前。

 

 

そして最近もう一回まじめに読みなおして、

 

p146~p153

「小物類あれこれ なんとなく置いてある『捨てるべきモノたち』」

の中の小項目から、

 

  1. 携帯電話を買った時の箱類一式
  2. 用途不明のコード類
  3. 洋服の予備ボタン
  4. 電化製品の外箱
  5. 壊れたテレビやラジオ(正確には、使わなくなったAV機器)
  6. 「永遠に来ないお客様」用ふとん

 

がたくさん発掘された結果、

現在、6畳の台所の半分くらいが不要品で埋もれている

 

2014-10-06183227

「♪余計なものしかないよね~」

とか歌いたい気分である。

「♪ムダなものに囲まれて~生きるのも幸せと知った」

というのもありはするが。

 

結局、自炊もしないということがわかったので、

食器も食器棚も炊飯器も全部処分。

 

「永遠に来ないお客様」用ふとんも大きい。

もう10年以上1回も使わずに押し入れを占めていた。

 

映ってないが、ふとんの奥には、

こないだ壊れたばかりのNASや、その他使わなくなったAV機器。

 

何年も使っていなかった扇風機も処分だが、

上の写真の扇風機の左には、じゃっかんこわいものが写っている。

 

 

 

まだ探せば不要品はありそうだが、

日曜が終了してしまったので、中断。

 

 

そして今朝。

(よし、今日は実は10時過ぎには帰ってこられるから、続きをやるぜっ)

と勢いこんで出社した。

 

が、想定外の仕事がやってきて、予定は完全に崩壊。

ヘロヘロになって17時帰宅。

その件は別記事で。

2014/10/05

飲み疲れ

昨日の飲み会。

 

退屈しそうになったら、

ケニー・オメガの新日移籍についてどう思うか、Hくんと話す

とか、

取ったり取られたりを繰り返している中邑真輔は、このままインターコンチのベルトと心中するのかどうか、Wくんと話す

とか思っていたが、

2人ともいなかった。

 

ちょっと遠くを見るとOさんがいた。

「ここ最近のドラゲーの流れの解説」

とかしようかなと思ったが、

 

まだ1次会なのできわめて普通なOさんは、

その隣の席でビールをがんがん飲んでるおねえさん

に注いであげるのにとても忙しそうだったので、

話すのはやめといた。

 

まだ12月じゃないし。

会社の飲み会だから。

 

 

そうこうしているうちに、

酒が進んだ対面のTさんが、10秒に1回のペースでダジャレを言い始めたが、

まわりのだれもツッコまないので、その都度ツッコんでいたら、

退屈はしなかったが、帰宅後、どっと疲れが押し寄せてきた。

 

 

5

2:00 起床

6:00 就寝

9:00 起床

 

体がだるい。

気分的なダメージは何もなかったが、

年に3回くらいしか酒を飲まないので、

アルコールの方のダメージが大きい。

 

10:30~13:00 会社

  • 1月のイベントその1用の某データベースの改良。
  • 某同僚のノートPCのちょっとした調整

 

 

そして、台風18号は松山にはきっと来ないので、

明日も普通に出社。

2014/10/04

酔えなかった。

4

昼食時。

Tさんが言う。

T:「Yさんならわかるやろ。日本武道館で100回以上ライブをやったアーティストが3組、さてだれでしょう」

私:「とりあえず矢沢永吉」

T:「あたり」

私:「あとは?」

T:「あと一組は女性」

3分悩む。

私:「武道館じゃないけど、行ったことあるかも。松田聖子?」

T:「正解」

私:「もう一組のヒントは?」

T:「元グループ。今ソロ。」

私:「うーん、わかんない。もうちょっと時間をください」

T:「うん。夕方まで待ってます」

 

 

 

18:30ころ。市内某所にて。

 

私:「藤井フミヤ!」

T:「正解!!」

 

よし、全部わかった。

 

 

 

18:30~20:30

正座。

何の罰ゲームかは不明。

 

 

 

途中、

私:「で、例の書類は完成したんですか?」

S:「できましたできました。」

私:「そりゃよかった。」

 

終盤、

私:「で、書類はできたんですか?」

O:「オマエ、何言よん?最終日やのにできとるわけなかろが」

という趣旨のことを、ていねいな言葉で言う、4課の主任。

 

 

無事に終わってよかった。

2014/10/02

動詞と助動詞と酔っ払い

数日前の昼過ぎの実習室。

掃除担当の2課の客達はとても真面目である。

ほぼ全員、開始時刻の3分前には来て、黙ってても掃除をし始める。

 

そんな中、開始時刻の10秒前から10秒後くらいに駆け込んでくるIくん。

大幅遅刻ではないので特に問題はないのだが、毎日駆け込んでくるので、聞いてみた。

 

私:「毎日、何しよん?」

I:「廊下で拉致られてました」

私:「拉致とか言うなよ」

周囲の客たち:「らちらない、らちります、らちる、らちるとき…」

私:「やめんかいっ。拉致は名詞だから活用しませんっ」

周囲の客たち:「らちれば、らちれ」

私:「らちるなー」

 

平和な午後のひとときである。

 

 

 

昨日の午後の4課一番奥の営業開始直前。

講師席近所の客たちがしゃべっている。

A:「『けり』ってなんだっけ?」

B:「けり、けり、ける、…ける? けれ?けろ?」

私:「『けろ』って。けりは過去の助動詞やろ。過去の助動詞の命令形って、なにをどうしたいんや?

A&B「???」

 

口語文法も文語文法もすっかり忘れてしまったが、

客たちよりはたぶんマシ。

 

 

今日の午後。

先日Iさんから受けた某システムの構築関係の打ち合わせが一段落したので、そこらへんにいたSさんにいちおう聞いてみた。

私:「Sさんは僕に仕事ないですよね」

S:「はい。ないですけど、なんなら、この書類作ってください。」

私:「それはイヤです」

とっとと逃亡。

 

Sさんの言うことはほぼ100%聞くが、その書類作成は範囲外である。

 

そもそも、その種の書類をスラスラ作って客にわからせることができてれば、いまごろは転職せずにこんな荒んだ生活よりはもうちょっとマシな生活ができてるはず。

 

 

明後日は4課の飲み会である。

十数年前、前の職場にいた時の飲み会。

泥酔したあげくに、

事前に徴収していたから現場では払わなくてよいはずの食事代を払おうとして、

その場にいた全員に

「おまえはバカか。この酔っぱらいがっ」

と総ツッコミを受けた、

その店である。

 

気配を消そう。おとなしくしておこう。

iVIS mini Xを注文

さっきみたばかりのニュース。

キヤノン“置き撮り”ビデオカメラが長時間駆動になって新登場「iVIS mini X」

キヤノン、置き撮り/自分撮りできる小型HDムービー「iVIS mini X」- マイクやバッテリー強化

 

新型が出たら買おうと前から思っていたので、

発表当日だというのにさっそく購入の手配。

 

発売は10月16日。

 

最近、大型消費が激しい。

まあ、破産することはないと思う。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »