サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の19件の記事

2016/06/28

そういうもんなんだよ

今日は営業はなかったが、今年もまた、

五大装置や音声のディジタル化や画像のディジタル化

の話をしている。

 

そして、

ここ何年も買おう買おうと思っていて買っていなかったものを、

ついに買った。

 

2016-06-24114326

アナログレコードプレーヤー(スピーカー内蔵。USB出力付き)

9980円。

 

 

何年も前から、

「レコード盤というのはこういうものだよ」

という説明のために、

LP「あるばむ」河合奈保子

(と、EP「赤いスイートピー」松田聖子)

を実習室に置いていたが、

ついに再生可能状態へ。

 

 

興味を示す客と示さない客。

「あるばむ」には「けんかをやめて」が収録されているが、

現役を離れて20年経つ河合奈保子を、

彼らが知っているはずはない。

 

 

いっぽう、「赤いスイートピー」は、知ってる客が結構いた。

1Fに降りていって、Mさんにそのことを伝えたら、

「ありがとうございます」

って、なんの感謝なんだか、よくわからない。

 

 

そして針を落としてしばらく再生していたら、

それを見ていたある客が、言った。

「(針が)だんだん内側に進んでいってますっ!!」

…。

うん、そういうもんなんだよ。

2016/06/27

姫路とたつの

今月、そして特に先週は、本当に不調であった。

体調最悪とまでは言わないが、ずーっと不調。

ついでにプリンタも不調。

季節労働者であって今はシーズンオフであるにもかかわらず、

1時間に依頼6件連続とか。

実家のPCが壊れたという連絡とか。

朝6時半に仕事依頼のメールとか。

おとといから3連休だったが、初日は起床14時。

 

そろそろどうにかしたい。

 

 

26日(日)

8時から、姫路城へ向かって出発。

6年前にも行っているが、平成の修理が終わってからは初めて。

 

12時頃到着して14時過ぎまで見学。

IMG_3292IMG_3298IMG_3294RIMG0041IMG_3317IMG_3319IMG_3320

1枚、6年前の写真を混ぜてみたが、すぐわかると思う。

 

この歳になるまで播州皿屋敷の知識がなかった。番町しか知らなかった。

 

で、そこそこ観光客は多かったが、たぶん姫路城的には少ない。

 

 

 

そして14時過ぎに姫路城の姫山駐車場を出て、15時すぎに、

たつの市総合文化会館アクアホールへ。

2016-06-261510462016-06-261512.04

18時過ぎまでの2時間の公演だったが、わけあって、詳細は省略。

 

21時半頃、帰宅。

2016/06/20

役に立ってない感

といいつつ、すでにネタがない。

ここ最近、あんまり、人と喋ってないし。

毎週月曜日には来客があるが、

会って話をすればするほど、リストラされてる気分になるし。

 

とりあえず、今週末は、

姫路城へ行ってからの、たつの市で八神純子

なので、そこを目指してがんばる。

2016/06/19

みちのくプロレス・愛媛県西予市野村町大会

今年は元日から1日も欠かさずアップしようと思ったが、

失敗した。

 

今日からもう1回やり直す。

 

 

昨日の野村町のみちのくプロレスは面白かった。

IMG_2743

これは、今回のではなく、20年前の興行のポスター。

ここに写っている人たちのほとんどは、

もう、みちのくプロレスにはいない。

 

IMG_2745

こっちが今回のポスター。

 

 

 

IMG_2294IMG_2298IMG_2301

 

 

IMG_2340

 

IMG_2425IMG_2389

 

IMG_2535IMG_2664IMG_2707IMG_2684IMG_2568IMG_2572

IMG_2606IMG_2621IMG_2699

 

 

IMG_2744

 

IMG_2780IMG_2884IMG_2832

 

IMG_3035IMG_3112IMG_3196IMG_3274

 

 

 

そして、今日のコミセンの昼のDDTと夜の大日本は行かなかった。

 

 

今は大阪城の新日本を視ている。

セミのエルガンVSオメガのラダーマッチは、

両者のラダーを使っての攻防があまりにも凄まじく、

非常に面白かった。

メインのオカダVS内藤は、普通の試合と違って、

試合内容そのものというよりも、観客を意識した闘いという意味で、

非常に面白かった。

2016/06/15

何も

15

帰宅後、G1クライマックス高松大会のチケットが到着。

引き続き、体調が今ひとつで、何もやる気がおこらない。

2016/06/14

まにあわない

とたんにネタが無くなる日常。

忙しすぎることもないが、見た目よりは忙しいので、

自分一人で勝手に疲れている。

とりあえず、土曜のみちのくをめざす。

2016/06/13

三沢光晴の鶴田戦初勝利と60分時間切れ

昨日の猪木VSアリ戦の放送について、

私の周辺では、

おもしろかったという声と、

まぁひどいという声が、

1件ずつ。

しかし私はまだ視ていない。

 

 

 

それよりも、今日は6月13日である。

三沢光晴が亡くなって、7年が経った。

 

 

「三沢というと、どの試合?」

と訊いてみた。

 

 

私の場合は、

リングサイドで生観戦して、テレビにもうっすら映った、

1990/6/8の、VS ジャンボ鶴田

(フォールされたところをひっくり返して初勝利)

IMGP1802IMGP1803

misawatsuruta

IMGP1815

であるが、

W: 「どこか忘れたけど、タッグマッチで60分時間切れのが…」

 

調べてみた。

 

  1. 1995/1/24 山形県体育館 世界タッグ選手権
    王者・三沢光晴&小橋健太
    vs挑戦者・川田利明&田上明
  2. 1995/3/24 後楽園ホール
    三沢光晴&小橋健太&スタン・ハンセン
    vs川田利明&田上明&ジャイアント馬場
  3. 1995/10/15 愛知県体育館 世界タッグ選手権
    王者・川田利明&田上明
    vs挑戦者・三沢光晴&小橋建太
  4. 1997/9/15 後楽園ホール
    三沢光晴&川田利明&馳浩
    vs田上明&小橋建太&秋山準

 

4回もやってた。

馬場さんやハンセンさんや秋山や文科大臣も、

四天王につきあってた。

 

みんな、すごかった。

2016/06/12

岸谷香「はじめてのひとり旅」 愛媛・WStudioRED

岸谷香が10年ぶりソロアルバム発表&「はじめてのひとり旅」で全国行脚

 

行ってきた。

2016-06-12172436

 

松山市湊町。銀天街の某ビルの地下1F。

そこに、WstudioREDはあった。

 

エレベータで降りたのに、

降りた先が開場待ちの列のどまんなかにあたってたので、

別方向の階段へ並び直し。

 

 

開場後すぐにニューアルバムを購入。握手券が入っているらしい。

 

そしてフロア内に入った。(フロアマップ

 

去年の美里の時に行った、老舗のサロンキティに比べると、

かなり広い。

 

そもそもイス席だし。200席くらい。

岸谷さんの話によると、

最初は、Monkでやりそうな予定だったらしい。

が、ここのキャパで正解。

ドリンクスペースもかなり余裕があった。

 

しかし、4月にはここで愛媛プロレスの旗揚げ戦をやったのだが、

プロレス会場としてはかなり狭い。

 

 

私の座席は、フロアに入るドアの1m先。本当に目の前。

全部で10列あるうちの6列目。ステージまでそんなに遠くはない。

ここの客席はステージに対して左右均等になっておらず、下手側が長い。

しかも下手の奥からは、ステージとの間に大きな柱があって、見えない。その柱には、ステージを映すモニターが設置されていた。

あとで、「東京ドームでもないのに」と岸谷さんがツッコんでいた。

 

 

 

15:30開演

1曲めは、「世界でいちばん熱い夏」。

わかりやすさの極み。

 

そして、最初のMC。

岸谷:「みなさん、こんばんは~」

私:(昼の3時半過ぎですけれども?)

 

 

2曲めは、「ジュリアン」。

以下、

歌唱力、しゃべり、ピアノ&ギター演奏

いずれをとっても、安定感抜群。

 

プリプリの曲も混ぜつつ、

ニューアルバムからも4曲演り、

過去のソロアルバムからも何曲か演り、

 

本編終了前は、「M」。

アンコールは、「Diamonds」。

 

そして、

(それを演ってしまったら、もう演る曲はないだろう?)

と全員が思ったのに、

ふたたびピアノに向かう岸谷さん。

 

客席:(???)→(笑)

 

クラシック無知なので曲名が出てこないが、

いかにもな、「あれ」を弾きながら、

「本日の公演は全て終了しました」を自分でやった。

 

(早くもどなたかが、LiveFansにセットリストをあげていた。

「あれ」は、「ジムノペディ 第1番」というらしい。)

 

 

 

終了後、フロア内で握手。

ドームも行ったけど、今日は近くで観られてよかったです」

的なことを言ってみた。

 

 

満足した。

冷静に考えると、公演時間は1時間半くらいなのだが。

 

去年、似たような公演時間のイベントがあり、微妙だった。

が、今回は大満足。

ファンが聴きたいと思ってる曲をちゃんとやってくれたからであろう。

 

また来てくれるといいなぁ。

2016/06/11

S11(61-19)○ そしてOくんが優勝

11

午後。囲碁5月大会の決勝、TさんVS Oくんをやっている横で、

Sさんと対戦。

 

20160611-141426-0

右下。手筋の本に載っているユルミシチョウの形になって、黒4子を確保。

右下が厚くなったので、左上から中央にかけて白が逃げ、

黒はそのすぐ上とすぐ下を両方逃げねばならず、つらい形。

 

20160611-145451-0

結局、中央は上の方の黒を取り、さらに右辺も巨大な白地。

そこに無理やり入ってきた黒も撃退。大勝利かと思われたが…、

 

20160611-153723-0

終局図。

形が悪いのはわかっていた左辺を、放置していたら、

一か所切られただけで、左下の白があっさり死んでしまい、

かなり大きい黒地に。

 

まぁ、それでも勝ってはいる。

61 VS 19で勝ち。

9勝2敗

 

 

ところで、隣でやっていた囲碁5月大会の決勝、TさんVS Oくんは、

Oくんが優勝してしまった。

社内ランキング的には最弱のはずだったのに。

次回7月大会では誰かがやっつけてくれるであろう。

2016/06/10

まちがえるな

あいかわらず、不調というか疲労というかが、続いている。

あさっての岸谷香でひと息。

2016/06/09

1976年6月26日

モハメド・アリさん:猪木との“世紀の一戦”を緊急放送 テレ朝が追悼特番で感動秘話も(まんたんウェブ)

今月3日に74歳で亡くなった元プロボクシング世界ヘビー級王者のモハメド・アリさんの追悼番組「モハメド・アリ緊急追悼番組 蘇る伝説の死闘『猪木vsアリ』」(テレビ朝日系)が12日午後8時58分から約2時間にわたって放送されることが7日、明らかになった。

 

「アントニオ猪木vsモハメド・アリ」は1976年6月26日に行われ、土曜日昼間の放送にもかかわらず、38.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録。3分×15ラウンドの戦いは引き分けに終わり、当時は“世紀の凡戦”と非難されたものの、最近では“すさまじい名勝負”と評価が変わっている。番組では歴史に残る猪木VSアリの大一番、全15ラウンドの全貌を公開。試合を中継した同局に保存されていた秘蔵映像も紹介される。

 

歴史上の最重要事実の一つなので、録画はもちろんするが、

さて、内容はどうであろうか。

2016/06/08

ちゃんとやらない人たち

今日もまた、他人のミスで仕事が増えた。

しかし、疲れたのでやらずに帰った。

明日やる。

2016/06/07

殺さないでください

7日(火)

昼食時。

かつてしんやに散々お世話になった先輩Tさんが、言った。

T:「今日は雨降ってたせいか、ラジオで徳永英明のレイニーブルーが流れてて、久しぶりに聴いて、やっぱりいい歌やなと思った」

その後、なんやかんや。

 

T:「むかしは『雨の歌しばり』でカラオケやってたなぁ。中西保志の『最後の雨』とか。」

そこにいた某:「それは知らないです」

私:「ほら、そういう話は、相手の年考えて言わないと、こっちが悲しい気持ちになりますよ」

 

そして、こないだの、なんとか百恵の話をしてみた。

すると…

 

某:「山口百恵って、死んだと思ってました。」

…。

昭和の大スターを、勝手に殺さないでいただきたい。

 

ちょうど今日はこんなニュースも。

日テレ、八名信夫の「故人」表記誤認を謝罪

八名さんのことも、勝手に殺さないでいただきたい。

 

たぶん代表作は違うだろうが、

私にとっては、八名さんは、

ゴレンジャーの黒十字総統またはゴレンジャーの死神博士である。

 

 

ともあれ、Tさんと某さんは20歳差。歌の話が通じるわけがない。

そういえば、Tさんはいなかったが、雨しばりは2015/2/28のカラオケ部でやっていた。

 

私:「三善英史がどーしたとか、森高千里がどーしたとか、(八代亜紀とか、日野美歌とか、小柳ルミ子とか、)今の若いもんに通じるわけないんだから。」

T:「そうやなぁ」

 

人はわかりあえないものである。

2016/06/06

外道が勝てない

6日(月)

昨日一日中スライド作りをやり過ぎたせいか、疲れた。

夕方はOくんと13路で打ったが、盤面3目差で負け。

 

愛媛朝日では5月3日のレスリングどんたくの内藤VS石井を放送していたらしい。ほぼ1ヶ月遅れ。2001年までは福岡ドームでやっていたが、ここ最近は福岡国際センター。

 

帰宅後は、仙台サンプラザの新日本を視ようとしたが、途中で寝てしまった。

今年も6月は体調があまりよくなさそうだが、イベントが多いので、なんとか頑張らねばならない。

2016/06/05

「ライジングプロダクション熊本地震復興支援ライブ」を視た

5日(日)

昨日の午後から今朝にかけて、体調不良。

発熱方面ではなく、全身の倦怠感。

 

しかし、9時半出勤。

今日は、明日の営業用のスライドを作らなければならない。

15:30まで、作業に集中。

体調は戻った、ような気がする。

 

 

帰宅後も、音声合成ソフトやWindowsLiveムービーメーカーなどを使って、ナレーションを編集。

その途中で、

「なんということでしょう」というナレーションを入れたい箇所

が出てきた。

音声合成ソフトで合成するのではなく、

テレビに撮ってあった加藤みどりさんの声を、

iPadの録音ソフトで撮りなおして、挿入。

 

そんな無駄に凝った作業をやりながら、

いつものように新日本プロレスワールドでも視ようかと思ったが、

 

 

18時半から、AbemaTVで、

ライジングプロダクション熊本地震復興支援ライブ

というのを生放送するらしい。

これは、視なければなるまい。

 

20160605-192220-0

西内まりやはかわいいと思うが、ハニーではない。

というか、ハニーに関しては、だれであれ、実写は認めたくない。

 

 

20160605-200405-020160605-201024-0

SPEEDも今は昔。

 

20160605-204715-0

知らない間にDA PUMPが大勢になっていたが、ISSAはいた。

 

20160605-211649-0

MAXも年を取り、動きがきつそうではあるが、

出演することに意味がある。

 

20160605-212735-0

観月ありさもずいぶん年をとった。

久しぶりに、デビュー曲の「伝説の少女」(1991)を聴いた。

さらに、「TOO SHY SHY BOY!」(1992)も久々に聴いた。

久々だったが、やっぱり聴いた瞬間に小室哲哉だった。

小室に限らず、誰が作ったのかすぐにわかる曲を書く人たちは、

すごいと思う。

 

彼女は最近は歌ってないのであろう、あんまり声が出てるような気はしなかったが、出演することに意味がある。

観月ありさ 25年ぶり「伝説の少女」歌った[そのまま歌うのはキツい」

 

 

ここまで、総勢13組が出演したが、最初の方に出てきた人たちは、よく知らない。w-inds.は本人たちの曲の時の写真は撮りそこねた。

 

MCは、比嘉愛未とキャン×キャンだった。

20160605-215530-020160605-214905-0

 

 

そして、ライジングプロのトリを務める大御所といえば…

20160605-214528-020160605-214032-0

  1. 「六本木純情派」
  2. 「手紙~拝啓十五の君へ~」の弾き語り
  3. 「ダンシング・ヒーロー」

の3曲。

 

そうですか、荻野目ちゃんが最長老ですか。

 

 

そしてエンディング。

20160605-215351-020160605-215355-0

20160605-215519-020160605-215517-020160605-215538-0

無料で視られたのはよかったし、内容も満足できた。

出演者の皆さんも、熊本の皆さんも、私も、あなたも、

明日も生きていく。

2016/06/04

昔の新日、今の新日

<ムハマド・アリさん死去>最強伝説に幕 3度王座君臨

猪木氏 アリ戦は「大変な興奮と怖さ」 かつての敵を弔い、思い出明かす

1976年6月26日は、まだ6歳だったので記憶にはないが、試合経過がどうであれ、重要な試合だったことは間違いない。

 

 

【新日本プロレス】棚橋が大阪城大会を欠場 G1での完全復帰を目指す

一方、現在の新日本はすっかり猪木の影響はなくなってしまった。

そして棚橋さんは毎年下半期しか活躍できない。

2016/06/03

オイオトシに早く気づいて

今日も特に何事もない。

何事もないとはいえ、チェックするべき書類を常に抱えているので、あまり心に余裕はない。

そんな中、あいかわらず添削を依頼してくる5課長。

だいぶお疲れのようで、スケジュールを間違えて、

営業を一つぶっ飛ばしていた。

 

夕方は、OくんとSさんが囲碁5月大会の準決勝をやっていたのを観ながら書類処理。

 

 

帰宅後はAmazonプライムビデオで、

さよなら銀河鉄道999」を視たが、

やっぱり1作目よりはすっきりしない。

 

昨日は、同じくAmazonプライムビデオでハイジも視たが、

その感想は後日。

2016/06/02

何年経っても、フォームは同じ

というわけで、6月12日から7月16日までで観に行くイベントが7つ。

  • 12日 岸谷香
  • 18日 みちのくプロレス
  • 19日 大日本プロレス
  • 26日 八神純子
  • 3日 ドラゴンゲート
  • 9日 落語
  • 16日 よしもと

19日のコミセンは昼からDDT、夕方は大日本のダブルヘッダー。

ここ数年このパターンが続いている。

去年はDDTに行ったが、今年は大日本。

 

 

さて。

昼間は、2課営業の一部が若干だるいほかは、どうということもない。

 

今年度の私の業務の一つである、

史上最強に騒々しい1課へのツッコミは、

今日から3日間、彼らが全員出張のため、中断中。

仕事がはかどること、このうえない。

 

しかしまあ、彼らがたとえどんなに騒々しいとしても、

目の前でひそひそ話をされるのよりは、

よっぽどマシである。

 

 

帰宅後。

テレ朝チャンネルが最近、古い新日本の個人別特集をいろいろ放送している。

猪木、藤原、ヒロ斉藤、後藤達俊、ライガー、矢野、天山など。

 

その中の、とある試合。

20160602-220228-0

一本背負い的な技をかけている選手がいた。

20160602-221340-0

練習生ぽく見えなくもない若手選手。佐々木健介

20160602-221303-0

いずれ桂歌丸に表彰状贈ってやるぞっ

とは絶対に思っていない、

日本デビュー戦からまだ半年もたってないころの、馳浩

桂歌丸さんに文科大臣表彰 落語界の向上と発展に貢献(FNN)

 

 

20160602-215917-0

自軍のコーナーで敵の背中をみんなで殴りつける。

太鼓の乱れ打ち」という技である。

こういうことをするのは長州力の一派であるが、

この中に長州はいない。

 

20160602-220536-0

こんなにケツを高く上げてぶつかっていってるのは、

越中詩郎以外の何者でもない。

IMG_0525

いっぽうこれは、2015/11/15の両国。

高さは少々低くなったが、

27年経っても基本的にフォームは同じ

藤原の一本足頭突きもそうだった。

 

 

20160602-215811-0

左から、新日正規軍の、星野、越中、山田、野上。

 

そして、上の写真に映りそこねた、もう1人は、

20160602-215521-0

まるで、どこにでもいるサラリーマンのような後藤達俊

 

 

20160602-220359-0

山田恵一は、

吊り天井(=ロメロ・スペシャル)とか、浴びせ蹴りとか、

その他いきのいいファイトを展開していた将来有望な若手だったが、

この試合の1年後くらいに、急にいなくなった。

どこへ行ってしまったんだろう。

 

 

上の写真ではロメロ・スペシャルがどんな技かよくわからないかもしれないので、

2016/5/3福岡で、

獣神サンダー・ライガーが、

KUSHIDAにかけた、ロメロ・スペシャル。

liger

2016/06/01

水曜は疲れる

暑さのせいなのか何なのか疲れやすく、帰るとほぼすぐ寝てしまう。

12日から1ヶ月間、週末ごとに観に行くイベントがあるので、疲れている場合ではないのだが。

とりあえずあと3日のりきらなければならない。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »