サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 何回目かのやり直し | トップページ | 2年ぶりのチキン »

2016/07/09

東西特撰落語名人会

2016-07-09194413

行ってきた。

演者 マクラ ネタ
1 桂竹もん 自分の名前の由来 元犬
2 桂雀々 おそるべき丸亀市民会館 手水廻し
3 三遊亭円楽 14時時点での歌丸の生存確認報告 いたりきたり
(15分休憩)
4 桂小枝 夏休みにプールに行きたい娘 次の御用日
5 三遊亭小遊三 15時時点での歌丸の生存確認報告 鮑のし

 

期待通り、どの人もとてもおもしろかった。

4人とも、テレビタレントとしては大昔から視てはいたが、

彼らの落語を観るのは初めてである。

小枝はNGKで何度か観ているが、その時は小咄のみ。

 

そして、落語は好きだが、

ふだんからしょっちゅう見聴きしているわけではないので、

どのネタも常に初見。

 

したがって、

  • のしが昔はアワビだったということを私は知らなかったので、「鮑のし」の中にわかりにくい部分があった。しかも、落ちとして、歌丸が使われた。
  • 「次の御用日」の落ちで「声が出なくなった」という説明があったのを、小枝の本当の訴えだと思った。

など、私自身の無知によるわからなさはあったものの、

 

  • 「手水廻し」の長頭回し(雀々)
  • 「次の御用日」の「あー」(小枝)
  • いかにもかみそうだが結局かまない「いったりきたり」と「でたりはいったり」(円楽)

等々、今回も、文字では言い表わせないおもしろさ

 

「いたりきたり」は枝雀の作だそうだが、

今日演ったのは円楽なので、大阪弁ではなく標準語になっていた。

 

あと、雀々のマクラの「おそるべき丸亀市民会館」が面白すぎたが、詳しく書くとやばそうなので、書かない。

 

 

今日の4500円は安かった。

10月には木久扇と文珍が2人で来るらしい。さあ、行くかなぁ。

« 何回目かのやり直し | トップページ | 2年ぶりのチキン »

観に行ったイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東西特撰落語名人会:

« 何回目かのやり直し | トップページ | 2年ぶりのチキン »