サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の16件の記事

2016/09/30

残り3か月の観に行くイベントと観に行かないイベント

ネタはないこともなかったが、

激忙とはいわないまでも、忙ではあったので、

しばらくかけなかった。

 

 

テレビをつけていたら、

♪もぉ なみだは いーらなぁい

というのが時々聴こえてくる。

鈴木雅之コンサート(11/3)のCMだが、

とうの昔にチケット確保済み。

 

さらにテレビをつけていたら、

清水ミチココンサート(11/18)のCMもやっていた。

これもずいぶん前から知っていたが、

その日は会議なので、行けないと考えて、チケットは買っていない。

 

明日は、新日本今治大会(11/27)のチケット発売日。

行くかどうかは未定。

 

毎年に近い感じで必ず来てくれる谷山浩子さん(12/4)は、

まだ買っていない。

 

 

 

そして、一昨日の荻野目ちゃんのブログを読んでいたら、

記事のタイトルが、君住む街へ

 

(そういうタイトルのオフコースの88年の曲があったなぁ)

と思いながら読み進めていくと、

そのものずばり、

荻野目ちゃんが小田さんのコンサートに行った話だった。

よい記事であった。

 

私は、10月10日、高知へ観に行く。

 

 

そして、その荻野目ちゃん自身のライブも近々あるが、

東名阪の3か所、いずれもライブハウス。

そして日程的に全部無理だったので、今回は断念。

しかし、もう一度観に行きたいものである。

2016/09/26

世界遺産劇場 春日大社 第六十次式年造替奉祝 薬師丸ひろ子コンサート

25日(日)

 

会場内は撮影禁止だったので、入場口の手前から数枚。

 

20160925-152129-0

20160925-155513-020160925-151937-0

中は前後40列×左右110席。ただし前の20列は110席もはなかったので、合計3000席くらいだろうか。

 

そして開演。

今回は、

  • とある新兵器を持って行っていたこと
  • もともと彼女の曲はほとんど知っていたこと

によって、セットリストが完璧。

 

いつものLiveFansにはまだ登録されていなかったので、

私がセットリストを書いておいたが、ここにも書いておく。

 

  1. 時代
  2. セーラー服と機関銃
  3. メイン・テーマ
  4. 元気を出して
    ///MC1
  5. あなたを・もっと・知りたくて
  6. 探偵物語
  7. 語りつぐ愛に
    ///MC2
  8. 戦士の休息
  9. 愛のバラード
    ///(衣装チェンジ)
  10. かぐやの里
    ///MC3
  11. 故郷
  12. 黄昏のビギン
  13. ステキな恋の忘れ方
    ///(バンド紹介)
  14. すこしだけ やさしく
  15. 夢で逢えたら
  16. 風に乗って
    ///MC4
  17. Woman "Wの悲劇"より
    アンコール
  18. 僕の宝物
    ///MC5
  19. ムーン・リバー

 

1曲目から出し惜しみなく数々のシングルを歌う。

2曲めで早くも「セーラー服と機関銃」を歌った。

私が好きな方のイントロだったので満足。

 

 

若いころと比べて歌唱力が落ちてる感じは全くしない。

彼女は「私がカラオケで最も高得点を出せる曲」を歌う人であるので、本物を勉強させてもらった。

2012/8/23の27時ころ。8時間耐久カラオケでメドレーを歌って96.103点

 

 

私の前の席の客が、5曲目が終わった時点で、

「電話のは知らなかった」

と言っていたが、民営化直後のNTTのCMソングではなかったか?

 

途中で台詞が入る曲だが、かつてとは異なり、

今の年齢なりの落ち着いたトーンで、でも決して照れることなく、

きっちり。

 

 

ちなみに、この「あなたを・もっと・知りたくて」は、

「急激なIT革命の進行に伴って、ちょっと何言ってんのかよくわからなくなってしまった曲」ランキング

の第2位。

 

そして、ランキング第1位は、いうまでもなく、

「ポケベルが鳴らなくて」

 

私が独りで勝手に決めたランキングなので、3位以下は不明。

 

 

中盤から後半も、MCも含めて、安定感抜群。

最初の方のMCでは、

「歌手デビューして35年、芸能界デビューして、ウン十年」

とか言って、ぼかそうとしていたが、

後半のMCでは、結局あきらめて、

「40年」と言ってしまっていた。

が、正確には今年でまる38年。

 

 

 

かなり後方の席だったので、顔の表情がわかる距離ではなかったが、聴きたい曲はほぼ全て完全な歌唱で聴かせてもらった。

個人的には、大ヒット曲ではないが私の持ち歌の「語りつぐ愛に」が聴けたのがよし。

しいて言えば、「天に星、地に花」があればなおよかった、というくらいだが、ぜいたく言い過ぎだとも思う。

 

 

19時ころ終演。

 

満足した。

 

 

 

増発されていたバスに乗って、近鉄奈良駅へ。

なんばまでがそう遠くないことは知っていたが、

余韻を味わいたかったので、

あえて特急券を買って、ガラガラの特急に乗って、

20時半頃、なんば着。

 

 

定食屋に入って、夕食を摂り、バスのりばへ行こうと思ったが、

乗り場を間違え、南海バスターミナルへ向かって歩き始めてしまった。

本来はOCAT(=湊町バスターミナル)なので、JRのなんば駅へ行かねばならない。

 

「なんば」の表す範囲が広すぎると思う。

 

しかし、バスの出発は23:05なので、じゅうぶん時間の余裕はある。

21:30ころ、到着。定時に出発。

 

 

 

26日(月)

日付が変わり、

6時2分に竹原のJR四国バス松山支社着。

歩いて帰宅。6時20分。

 

シャワーを浴びて、7時20分出勤。

 

日常に戻った。

2016/09/25

京都鉄道博物館へ

今日は薬師丸ひろ子コンサートのために出かけている。現在は湊町バスターミナルのベンチ。松山行きのバス発車まではあと30分。


7:23のバスで空港に向かい、33分に着いて、カウンターにはいかずに直接手荷物検査場へ。iPadで二次元バーコードを見せて、荷物も特に問題なく通過。

40分に搭乗待合室。45分過ぎに搭乗開始。

家から空港までが遠くないこともありはするが、それにしても昔に比べれば飛行機に乗るまでにかかる時間が格段に短くなった。


飲み物サービスといいつつ、生茶のパックと紙コップを手持ちで歩くキャビンアテンダント。ワゴンはどうした。


定時に到着したが、席を立ち上がったときに、後ろの人から「落としましたよ」と言われた。コンサートのチケットが落ちていた。礼を言って、降機した直後、もう一度チケットホルダーを確認すると、高速バスのチケットがない。


引き返してCAに連絡して探してもらったら、すぐ発見された。危なかった。危うく帰れないところだった。

たばこを吸ってトイレに行って、ターミナルを出て、京都駅行きのリムジンバスのチケットを買おうとしたら、なんば行きを買ってしまった。押し間違いなのか、券売機の不良なのかはわからない。610円損した。本当は1370円。コーヒー買った。130円。

バス車内ではずっと碁を打っていたので、あっという間。10時前に到着。途中、自分で運転してるときには見られない太陽の塔を久々に見た。


そこからは距離的に微妙なのは知っていたが、あえて山陰線に乗って丹波口へ。140円。


結局歩いて梅小路公園まで行かねばならないので、あんまり意味はなかったのかもしれない。昔、エミフル松前に初めて行ったときに、敷地の中の距離感がわからなくて、意味なく郡中線を1区間乗ってしまったことがあるが、似たような感じ。


京都鉄道博物館は、立派な博物館だった。
梅小路蒸気機関車館だったエリアも別に潰されたわけではなく、ちゃんと残ってはいたが、かつての出入り口だった旧二条駅舎の中に土産物ショップを作ってしまっていて、むやみに混んでいた。
博物館本館の各展示も、もちろんかなり見応えはあったが、客が多く、しかも当然ながら子どもが多いので、泣き声や親を捜す声や異様に盛り上がる声で、疲れた。


12:50ころ博物館を出て、帰りは京都駅まで徒歩。途中、京都水族館前は通ったが、通過。

ゆっくり歩いたので、13:20ころ京都駅へ。
13:47だかのみやこ路快速で奈良へ。
15時前に到着。

駅前からバスで春日大社の飛火野へ。
開場16時開演17時なのでかなり時間がある。
日陰に入って、碁で時間を潰す。

16時半ころ会場内へ。

この記事はここまで。

2016/09/24

こーのままー何時間でもー

24日(土)

11時半出勤。

休日だが、会社に荷物が届くので取りに行った。

 

 

興味ない人は興味はないが、プロレスがブームなのではなく、

新日本プロレスがブームなのである。

ここ数年は、愛媛だけでも何ヶ所も興行にやってくるし、

今年は、四国全体では、

  • 1月 高知
  • 4月 徳島・北島町
  • 5月 松山
  • 8月 高松
  • 9月 新居浜
  • 11月 高知
  • 11月 今治

7ヶ所もある。

 

そんな中、週プロを読んでいたら、11月にコミセンにノアが来るらしい。

ノアはずいぶん前に行った興行の内容があまりにもひどくて、それ以来行ってなかったが、久々に行って、現状がどうなっているのか、みてみようと思う。危険が伴うので今回はだれも誘わない。

 

とかいう話を、仕事の合間のWくんと話しつつ、

その後、営業の予習。

 

14時ころ退勤。

 

 

夕方、宮脇書店に行ってみた。

数日前にも行ってみたがそのときには置いてなかった、

河合奈保子さんの写真が、3冊も置いてあった。

 

河合奈保子、写真集バカ売れのワケ

1980年代にアイドルとして一世を風靡した河合奈保子(53)の写真集が8月31日に発売され、破竹の勢いで売れているという。

「当時の河合の魅力を余すところなく伝えた写真集は、水着や未公開写真を見たがるファンの心をしっかりと掴み、すでにアマゾンの写真集売り上げランキングでは4位(9月4日現在)になり、現役の若手グラビアアイドルを抜く快挙となりました。おそらく20万部は確実に売れるでしょうが、運がよければ40万部超えも夢ではありません」(フリー編集者)

よいことである。

 

その他、囲碁コーナーとか、プロレス本コーナーとか。

前田日明と天龍源一郎と長州力と飯伏幸太の、それぞれ分厚い単行本が並んでおかれてあったが、どれも買わず。

 

 

明日は、奈良遠征。

京都鉄道博物館にも行く予定。

 

だいぶ前から行方不明の自転車の鍵が見つからないので、

月曜の朝はJR松山駅から歩いて自宅へ帰って、そのまま出勤。

2016/09/22

基準がよくわからない

ミニスカ酒井法子キレキレ!単独公演でよろぴくぴく

 

酒井法子は割と好きだが、

いいとか悪いとか好きとか嫌いとかいう話は置いといて、

なんかやってしまった後で、戻ってこられる人と、戻ってこられない人

の違いは、何なんだろうと思う。

 

 

今日は一日家でパワポで資料を作っていた。

途中で、10日の高知の小田和正のチケットが到着。

25日の奈良遠征のチケットはすでに確保済み。

 

 

体調はようやくまあまあだが、

休みが多いために生活リズムが整わないのは相変わらず。

たぶん明日はそこそこ激忙。

 

昨日は新日新居浜大会だったが、行かず。

今日は新日広島大会を新日本プロレスワールドで視聴。

YOSHIHASHIはよく頑張った。

 

そして、寝る前に、今放送中なので、視ないといけない。

志村けん&高木ブー10年ぶり共演の舞台裏 急きょ指名に二つ返事

2016/09/20

会社への行き方を忘れそう

ここ最近、

発熱と、

祝日と、

台風とで、

ろくに会社に行ってない。

 

さすがに熱は下がったが、咳が続く。

 

ほぼ引きこもりの日月火であった。

昨日は、まる5年経って車検だったのでディーラーに行った。

預けた後は、すぐ帰ってきて、家でじっと。

夕方取りに行った。

2年の延長保証38000円込みで、計171000円。

 

 

生きてる意味が、ほぼない。

2016/09/16

50前後の人々が

16日(金)

謎の長期発熱がようやく収まったので出勤。

「『どうなってるか知ってますか?』って訊かれて初めて、(欠勤に)気がついたんよー」

と言う、筋向かいのU君。

…。

ま、普段から、存在感は無いので。

 

ちなみに、私のケータイの非常連絡番号2番に登録してあるOくんからは火曜日にかかってきた。

ちなみに、1番に登録してある会社には、毎朝指定の時刻に、欠勤連絡のためにかけたが、いっこうにつながらないので、しょうがなくIさんに直接かけたりした。非常連絡番号の役割を果たしていない。

 

しかし、せきと、体温調節の不備(=変な大量の汗)が続くので、営業だけ行って、夕方の会議は出ずに早退。

 

 

 

帰宅後。こんな記事を見た。

元アイドル三田寛子「50歳には見えない」騒動で注目集めた若々しさ

1991年に中村と結婚し、3人の男児を出産。梨園の妻を第一に活動してきたが、ファンはアイドル時代と変わらないキュートさに驚きつつ、「50歳でこんなかわいいのに旦那なにしとんねん」「三田寛子さんあんなにかわいいのに浮気だなんて ほんと無い物ねだりのアイウォンチューだぜ」「三田寛子可愛すぎか。不徳の致すところ過ぎるぞ」などと、中村の“不徳”を責めるコメントも見られている。

 

会見の動画も視たが、確かに。

が、アイドルとしての三田寛子は、大ヒット曲があったわけではない。

田尾安志とデュエットで「初恋」とかあったが、

「初恋」はあくまでも村下孝蔵の歌だと思う。

 

で、上記赤字の表現になんか引っかかったので、調べたら、

C-C-Bのシングルのタイトルだった。

つぶやいた人の世代がわかる。

茶色字の表現は日本語がおかしいが、

橋之助の会見での言い過ぎが原因なので、言いたいことは伝わる。

 

 

 

こんなのも見た。

これでアラフィフだと……? 早見優、森口博子、松本明子のセーラー服姿にアイドルおじさん召還される

 

皆さん、元気である。ちょうど今は、CMで小泉今日子を視た。

 

ずっと出てる人たちには、今後も頑張っていただきたい。

が、奈保子さんはもう出てこない方がいいような気がする。

2016/09/12

発熱3日目

2行目が「38.9℃」ではなく、「38.5℃」であるだけで、

昨日の記事の完全コピペな今日一日。

 

春にも発熱したが、あの時は1日寝てたら治ったのだが。

 

 

 

昨日ぼうっとした頭でテレビを見ていたら、

 

熱が出てつらいところに夫が帰ってきて、

妻:「熱が38.7℃あるの」

夫:「へえ、そう、で…」

2016-09-11170549

というのをやっていた。

 

ま、私には関係のないことだ。

熱があってもなくても、メシは自分で確保、

である。

2016/09/11

発熱2日目

欠勤した。

最高38.9℃まで上がった。

 

今日は一日中、

寝て、水分摂って、発熱時の嫌な汗をかいて、シャツ着替えて。

の繰り返し。

 

途中、徒歩5分のファミマで食料は確保。

 

まだ今も、37.3℃。下がったとは言い切れない。

2016/09/10

発熱中

10日14時ころ。

(?)

寒気がする。

 

測ってみると、

37.6℃。

 

…帰ろう。

 

イベントの準備作業の指示を少しだけしておいて、

15時帰宅。

 

17時。眠りから覚めたので検温。

37.6℃。

…。

 

19:00 37.7

20:30 38.3

2016/09/08

やっぱり地上波は…

10・1開始、アニメ『タイガーマスクW』の後は『ワールドプロレスリング』

テレビ朝日で土曜深夜に放送される新アニメ『タイガーマスクW』の初回が10月1日に決定した(毎週土曜 深2:45※一部地域を除く)。新日本プロレスの選手が登場することでも話題のアニメ。放送直後の枠では、プロレス番組『ワールドプロレスリング』が放送される予定だ。

深夜2:45って。

そのあとでさらにワールドプロレスリングって。

 

やっぱり地上波はもうだめだな。

 

 

 

今日は、そこら辺を歩いていたら、

「G1が始まりましたっ」

と言われた。

愛媛朝日テレビでは今週からG1クライマックスが始まったらしい。

2か月弱遅れ

 

やっぱり地上波はもうだめだな。

 

 

 

帰宅後、広島のマジックが2だというので、

JSPORTSで広島中日戦を視た。

 

が、9時前だったかに、

「広島テレビをご覧の方は放送終了です」

との告知。

どうやら、CSのJSPORTSと、地上波の広島テレビとで、

同時に放送していたらしいが、広島テレビは途中でカット。

 

巨人が阪神に勝ち、今日の優勝決定とはならなかったので、

やむを得ないともいえるが、

どうせなら試合終了まで放送すればいいのに。

 

やっぱり地上波はもうだめだな。

2016/09/06

しゃべるよりも書く。

そうは言ってもなかなか毎日ネタが有るわけでもなく。

とりあえずきょうは無事だった。

 

数日前から作り始めた、

骨折しても大丈夫シリーズその2 「新年度処理のすべて」

というOA室用のマニュアルが、

14ページまで完成した。

トータルで何ページになるのかは、不明。

2016/09/05

河合奈保子写真集「再会の夏」と「トレフェン」と、月刊平凡最終号

さて。写真集。

20160905-205906-0

2016年の現代に、奈保子さんの写真集が発売されただけで、

十分満足。

 

20160905-210831-0

水着写真も多いが、ここに載せるのもどうかと思うので、

地元大阪での写真。(阪堺電気軌道 住吉停留所)

 

20160905-205906-1

あぁ、ポスターも買わねばなるまい。

 

 

画質が、紙質が、サイズが、

といろいろ言う人達もいないでもないようだが、

そもそも、元が80年代の写真なので、

画質や紙質をどうこう言ってもあんまり意味はないと思う。

 

サイズはB5の縦がちょっと短いサイズだが、

でかすぎるよりはいいと思う。

 

 

と書いて思い出したが、

この人は昔、巨大サイズの写真集を出したことがある。

20160905-220216-0

1987年発行の写真集「トレフェン」。B4サイズ。

20160905-220559-0

すでに24歳になってアイドルとしては晩年だし、

秋のドイツだかベルギーだかでの撮影なので、水着はなし。

 

 

押し入れ開けてすぐ見えるところに29年前の写真集を置いてあり、

その隣には、ずいぶん以前にここに書いたが、同じく87年発行の、

月刊平凡の最終号

もあった。

20160905-220800-0

20160905-220945-0

今回の奈保子さんの写真集はマガジンハウスから出ているので、

月刊平凡に由来する写真が多いが、

この最終号は87年発行なので、

奈保子さんはもう単独では載っていない。

 

20160905-220945-0

87年当時のアイドルたち。

解散して、もう復活しそうにないグループが4つと、

解散してないけど活動もしてないグループが1つ。

私がコンサートを観に行ったことがあるのは、4人。

 

20160905-220918-0

巻頭にはステッカーが付録としてついていた。

(画像をクリックすると別タブで拡大表示します。)

 

今見ると、とても豪華な顔ぶれ。

渡哲也と松方弘樹がとても若い。

 

 

奈保子さんの写真集の話のはずだったのに、

おじさんたちの話で終わってしまった。

2016/09/03

河合奈保子DVD「けんかをやめて」

2016-09-03230915

というわけで、まずはDVD。

定価は3500円だが、

Amazonでは、生写真付きは品切れ、通常版はむやみに値段が上がっている。

 

2016-09-03230915

2012年と2014年に単体で発売されたライブDVD6枚ももちろん全部買っているし、

その当時にVHSビデオソフトとして購入したものもあるくらいなので、

映像そのものは観たことがあるものばかりだが、

ほぼすべてのシングルをほぼリリース順に編集してあるので、

観やすいといえば観やすい。

2016-09-03230915

歌唱力はきわめて高かったが、

世間的な大ヒット曲には恵まれなかった。

上記の曲の中で、

どれが最大売り上げで、どれがオリコン1位になった曲か

など、普通の人はきっと知らないだろう。

 

 

が、それはそれとして。

 

ここに、日々、いろんな歌手やアイドルの話を書いていると、

(で、結局おまえは誰のファンなんだ?)

と、我ながら思うことも時々あるが、

河合奈保子ファンなんだろうなぁと思う。

2016/09/02

80年代アイドルの復活

2日(金)

金曜日なのに土曜日感全開の日中。

昨日のPCトラブル2件の対応をした後は、

特に忙しくなかったので、午後はOくんと碁。

 

2子局になって3戦目。前回は私が投了で負けたが、

今日は92VS34でボコボコにやっつけた。2勝1敗。

 

 

 

17時半帰宅。

ここ数日の流れ的には河合奈保子さんの写真集とDVDの話を書くべきところだが、別の話。

 

柏原芳恵さんのファンサイトを見ていたら、

「山田のかかし村祭り花火大会」というのに、出演するらしい。

いわゆる地方営業。

 

9月24日(土)。

その日は休み。

「山田」とはどこだろう。

都城市。

松山からは遠い。

が、実家からなら1時間。

 

…。

 

いやいやいや。

翌25日は奈良で薬師丸ひろ子さんのライブである。

 

24日から26日にかけての

松山→宮崎→大阪→松山

の移動は、

自家用車と飛行機と高速バスの組み合わせになってしまうので、

物理的に無理。

 

さて、死ぬまでに柏原芳恵さんの生歌声を聴くことはできるであろうか。

 

 

 

さらに。

 

中森明菜、7年ぶりステージ復帰へ 12月に7公演「精一杯頑張ります」

 

いろいろ大変だった、あるいは今も大変なのかもしれないが、

ともかくまた人前で歌えることになって何よりである。

一番近くて大阪で、しかもディナーショーで40000円以上するので行けはしないが、まずは歌えるようになったことがよろこばしい。

 

 

上記リンク先の「関連記事」に、

中森明菜&河合奈保子共演映像が蘇る

というのが出ていた。

 

前にここで書いたような気もするが、

「スローモーション」と「スマイル・フォー・ミー」を入れ替えて歌ったら、

どちらもお互いのキャラに全く合ってなくて、

これ以上ないほどの、原曲殺し。

ちなみに司会は、まだ3人とも少年だった頃の、少年隊。

2016/09/01

それでいいのかもしれない

1日(木)

まだ通常スケジュールではないので、

昼ごろ帰って家でだらけた生活をしているが、

午前中は、

  1. マークシートを補充してください
  2. microSDがなんかおかしい
  3. なんか変なファイルが残る

などの問い合わせ。

…。

日常。

 

 

2は、microSDHCカードを、HCに対応していないカードリーダーで読み書きしようとしたせいかどうかはわからないが、「書き込みが禁止されています」との表示が出てきて使えない。

帰宅前にダイキで別のカードリーダーを購入。明日やり直してみる。

 

 

3は、エクセルで作業をした後、テンポラリファイルが同じフォルダに残ったままになるという現象。

私自身も最近目にはしていたが、問い合わせがきたので、

ネットで調べてみたら、同じ現象が出ていた。

 

ExcelやWordで一時ファイルがそのまま残ってしまう

 

なぜ最近になって急にこの現象が出始めたのかは分からないが、

これも明日解決策を試してみる予定。

 

 

 

数日前の荻野目ちゃんのブログによれば、

売野雅勇35周年記念コンサート」というのがあったらしく。

稲垣潤一・中村雅俊・山本達彦・森口博子・中西圭三・Max lux・浜崎貴司・麻倉未希・ティナ・クロエ・南佳孝・Be Choir・荻野目洋子・藤井フミヤ・藤井尚之・鈴木雅之・佐藤善雄・桑野信義

東京にいれば絶対行きたいコンサートではあった。

 

売野雅勇といえば、芹澤廣明とのコンビでのチェッカーズの各楽曲である。だから藤井兄弟が出ている。

 

が、それ以上に、売野雅勇といえば、

筒美京平とのコンビでの河合奈保子の中期の各楽曲である。

NO1ヒットメーカー売野雅勇が明かす“80年代アイドル”の戦乱(1)河合奈保子が初めて見せた涙

〈作詞活動35周年おめでとうございます。せっかくのお誘いですが、まだマスコミの前に出る状態ではなく、記念コンサートの出演を辞退させていただくことをお許しください〉

文面に誠実さがにじみ出る。松田聖子と同じ80年にデビューし、幅広い層に愛された河合奈保子(53)が、作詞家・売野雅勇氏に送ったメールである。

売野氏の作詞活動35年を祝い、8月25日には詞を提供した藤井フミヤ、鈴木雅之、中村雅俊らが集い、中野サンプラザで盛大な記念ライブが開催される。多くのヒット作を手がけた奈保子にも“ダメ元”で依頼したが、約20年の「事実上の引退」に終止符を打つことはなかった。それでも、と売野氏は言う。

「メールの最後を〈日本は暑いですか? オーストラリアは今、冬だから寒いです〉と結ぶのは、彼女らしい気遣いを感じました」

 

 

河合奈保子さんの写真集とDVDは昨日発売されたが、

まだ到着していないので、感想はあす。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »