サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ

« バリカンを振り回す人たちと、大岡越前 | トップページ | どうでもよい体の一部の話 »

2017/12/20

荻野目ちゃんは泡ではない

20日(水)

8:30 出勤 13:00 退勤

 

10:30~11:30

実習室にて、とある案件に関して、某IT業者に対して、プレゼン。

 

「某IT業者『が』」

ではないところが、ポイント。

 

 

その他の時間帯は、引き続きOA室の掃除をしようかと思ったが、

あれこれと細かい依頼が集中したので、それへの対応。

 

職種が違う。

もはや同じ会社の社員ですらないような気がする。

 

 

 

帰宅後。

 

ここ最近の荻野目ちゃんのメディア露出はかなりのもので、それはそれでよいことではある。

荻野目「ダンシング・ヒーロー」振り付け、とんねるずが“元ネタ”だった

 

が、実は数か月前から感じてはいたが、あえて言うまでもあるまいと思って、言ってなかったことが、

最近、ネットニュースになり始めた。

 

読み替えられる「バブリー」イメージ──「ダンシング・ヒーロー」再ヒットの行方

 

「ダンシング・ヒーロー」は1985年11月発売の曲で、

いっぽう、「バブル景気」は、

1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までの51か月間に、日本で起こった資産価格の上昇と好景気、およびそれに付随して起こった社会現象とされる
(ウィキペディアの「バブル景気」)

というわけで、その当時、この曲とバブルな空気とは、結びついてはいなかった。

 

私のイメージだと、

ユーミンとか達郎とか、私をスキーに連れてってとか、シンデレラエクスプレスとか、牧瀬里穂とか、

そのへんがバブルな感じである。

 

ま、今となっては、そのへんのズレはもういいのだけど。

 

で、ちょっと前まで、荻野目ちゃんの紅白出場があるかと思っていたが、

安室奈美恵さんが出ることになったので、荻野目ちゃんはないような気がしてきた。

 

まぁ、テレビ出演を視るのもいいのだが、どっちかというとまたライブを観に行きたい。

« バリカンを振り回す人たちと、大岡越前 | トップページ | どうでもよい体の一部の話 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荻野目ちゃんは泡ではない:

« バリカンを振り回す人たちと、大岡越前 | トップページ | どうでもよい体の一部の話 »