サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 実質的にはザックの勝ちだと思った。 | トップページ | 平和な4月の開始 »

2018/04/03

最後のめちゃ日本女子プロレス

20180403-194753-0

めちゃ日本女子プロレスももう視ることはできない。

最後の最後で、紫雷イオが登場。

20180403-193915-0

 

めちゃイケ最終回(紫雷イオオフィシャルブログ)

 

オンエア直後、

誰だあれは?ということになったらしく、yahooのリアルタイム検索で上位に入っていたが、

プロレスマニアな私にとっては、特にいまさら驚くことはない。

かつて、新居浜八幡浜でスターダムの興行を観た。

 

 

ちなみに、キャッチフレーズの

天空の逸女

という、あんまり聞いたことのない単語は、

かつて週刊プロレスで対談した

「100年に1人の逸材」棚橋弘至

にあやかったものである。

 

 

20180403-194134-020180403-194159-020180403-194220-0

長い年月が経ったがようやく戻ってきたダンプ山本に、ヒザをぶち込む紫雷イオ。

 

20180403-194404-0

タッグパートナーは、90年代前半から闘い続けている、大ベテランの井上京子

 

 

20180403-194516-020180403-194528-020180403-194549-0

紫雷イオが、トップロープからのプランチャー。

この構図は、去年の記事に書いた、かつての豊田真奈美とまったく同じだが、

どうやらイオはどこも怪我しなかったようで、よかったよかった。

 

 

20180403-194648-020180403-194706-0

試合終了後には、

身長が低いジャイアント馬場さん

が降臨して、いろいろな人に技をかけていった。

 

 

20180403-194806-020180403-194837-020180403-194848-020180403-194903-0

馬場さんは、イオにも16文キックを放ったが、

このときの彼女の後ろ受け身が完璧で、上の写真の後、そのままコーナーまで転がっていった。

実際にはそんなはずはないのだが、受身のうまさによって、かなりの威力に見えた。

さすがプロ。

 

 

20180403-195026-020180403-195112-0

最後は京子への32文キックで終了。

 

 

 

プロレスマニアであり、かつ、めちゃイケファンである私にとっては、

大変面白い試合だった。

 

が、プロレスに興味がない人は、

「あんなひどい暴力をふるうのはいかがなものか」

と言うのであろう。

とくに、先日放送された、AKB 対 光浦靖子は、そんな感じに捉える人たちもいたようである。

 

本当は、バラエティ番組であれ、プロのプロレスであれ、

ある意味での信頼関係があるからこそ成立するのが、プロレス

なのだが、まぁ、すべての人にわかってもらえる話でもない。

 

 

関根さんの馬場さんにしても、

最近の若い世代の人たちが視ても、だれのものまねをしているのか、さっぱりわからないであろう。

 

しかたのないことである。

始まれば、いつか終わる。

« 実質的にはザックの勝ちだと思った。 | トップページ | 平和な4月の開始 »

プロレス・格闘技」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後のめちゃ日本女子プロレス:

« 実質的にはザックの勝ちだと思った。 | トップページ | 平和な4月の開始 »