サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« OCRの話、その2 Word2016でPDFをひらけばよい。 | トップページ | 情緒不安定かつ記憶のない私 »

2018/08/08

家康さんが亡くなった

かなり久しぶりに、本棚から、

「独眼竜政宗」(1987年NHK大河ドラマ)のDVDを引っ張り出してきた。

vlcsnap-2018-08-08-19h00m49s873

1991年の「太平記」で主役をはる前の真田広之は、松平忠輝(=徳川家康の六男。いろんな意味で乱暴者)

1983年以降シングルリリースがなく、しかし1992年の例の結婚式よりは前なので、女優専業状態の桜田淳子は、愛姫(=伊達政宗の妻)

主役の渡辺謙は、上記画像の時点で49歳の政宗を演じているが、実年齢は28歳。

 

 

そして、「第四十七回 天下の副将軍」の中盤。

vlcsnap-2018-08-08-19h08m24s677

乱暴者すぎていろいろやらかしたために、

お父さんの家康に怒られて、

奥さんの五郎八姫(政宗の娘。演:沢口靖子)とも別居を余儀なくされたが、

にもかかわらず、深夜、無理やり会いに来た、

相変わらず無茶すぎる、松平忠輝

 

 

vlcsnap-2018-08-08-19h04m31s251

 

いろいろやらかしてくれたので、今までの行きがかり上、息子の忠輝にはもう逢えない。本当は逢いたかったけど。

 

と、政宗に伝えている、徳川家康こと津川雅彦さん。

この後すぐ、ナレーションによって家康は亡くなってしまった。

 

 

 

そして津川さんの訃報が今日、流れた。

津川雅彦さん死去 78歳 4月、愛妻の朝丘雪路さん亡くし追うように…

 

なかなか時間が取れないが、録画したDVDは持っているので、

同じく彼が家康を演じた「葵 徳川三代」も、もう一度視なおしたいものである。

 

合掌。

« OCRの話、その2 Word2016でPDFをひらけばよい。 | トップページ | 情緒不安定かつ記憶のない私 »

テレビ」カテゴリの記事

訃報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家康さんが亡くなった:

« OCRの話、その2 Word2016でPDFをひらけばよい。 | トップページ | 情緒不安定かつ記憶のない私 »