サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 別冊近代映画 河合奈保子スペシャル PART3 | トップページ | 平和な年末と、力道山のライバルたち »

2018/12/22

T02(46-23)●

21日(金)

10:30~12:00

臨時営業終わりのTさんを待って、囲碁7月大会の決勝。

…。

7月大会って。

 

20181221-103618-0

私が黒。まあまあ無難な立ち上がり。

このままだと上辺が大きいが、今からどうにかする。

 

 

20181221-110947-0

打っていた1時間半の間、基本的には私がずーっとペースを握っていた

右下に入られたのはしゃくだが、下辺は黒地のはずなので、打てる。

 

20181221-114638-0

しかし、左辺の黒地をかなり削減されてしまった上に、

取っていたはずの下辺から中央が、まさかの、セキになってしまった。

 

これでは勝てない。

悲しい気持ちのまま、いちおう終局まで打った。

 

 

20181221-115844-0

そして終局。

 

ここでTさんから、衝撃の発言が。

T:「そこの白石、取ってや」

私:「え!!セキですよ」

T:「…あ、セキか。」

私:「…気づいてなかったんですか?」

T:「うん。もうとられてると思とった」

 

…。

私より上手のはずのTさんが、セキに気づいてないまま打っていたとは。

ともかく、

46VS23で、負け。

 

その後、もしセキではなくて取れてたならとして、数え直してみた。

しかし、1目だか2目だかの差で、それでも負けだった。

 

Tさんとも互角に戦えるところまではきたが、勝ち切ることはなかなかできない。

« 別冊近代映画 河合奈保子スペシャル PART3 | トップページ | 平和な年末と、力道山のライバルたち »

囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T02(46-23)●:

« 別冊近代映画 河合奈保子スペシャル PART3 | トップページ | 平和な年末と、力道山のライバルたち »