サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の14件の記事

2019/07/31

プログラミングと母校訪問

29日(月)9:00~16:30

出勤直後の駐車場でIさんに停められた。

I:「インターネットを見ていたら、『トラブルが発生したのでここに電話して下さい』という画面がいつまでも出て、消えないんです」

私:「それはすぐ調べてみましょう」

 

どうやら何らかのマルウェアに引っかかったらしい。

しかし、こういう場合にいつも使っているadwcleanerでスキャンして、

検出されたものを削除したら、すぐに解決した。

重大事にならなくてよかった。

 

 

その後は、前々日前日に引き続き、Yくんと一緒に、現5課で来年使う某Accessデータベースの改修。

当初から予定していた3日間ではあるが、毎日7時間の3日連続はきつかった。

まぁ、かなり進捗したのでその意味ではよかったが、一つ完成させようとするとその途中で新たな問題がまた発生してということが繰り返され、結局、まだかなりやらねばならないことは残っている。

 

 

30日(火)9:30~10:30

高校時代の同級生で自治医科大学のお医者さんのIくんが、

愛媛県内で仕事があるついでに久々に母校見学したいと言ってきたので、

私も一緒に行ってみた。

 

高2の夏の時点で「今受けても東大理3に絶対受かる」と言われていたIくんは、

成績優秀かつ人格者だったので、我々は敬意を込めて在学時から「さん」付けで呼んでいた。

30年以上経ってももちろんその雰囲気は変わっておらず、昔話をしながら一生に校内を見てまわった。

 

もう我々が教わった先生たちはほとんど在職していないが、

物理のI先生がたまたま出勤していたので、Iくんは丁寧に挨拶していた。

が、私はごく最近I先生には会ったような気がしたので、あまりきちんとは挨拶しなかった。

 

その後はすぐに帰宅して、14時前に家を出て、Hくんを彼の自宅近所のファミマまで迎えに行き、G1クライマックス高松大会の観戦に出発した。

 

以下、別記事で。

2019/07/28

プログラミングとG1クライマックス29高松大会予想

27日(土)8:30~16:15

28日(日)9:00~16:30

Yくんと一緒に、現5課で来年使う某Accessデータベースの改修。

かなり大掛かりな改修なので、1日や2日では終わらないが、

Yくんが、いろいろアイデアを出してくれたり、実際のマウス操作やキーボード入力をやってくれたので、

自分一人でやるのに比べれば疲労度はかなり軽減された。

 

 

昨日の作業の途中の休憩時間。

自席に戻ると、近所のKくんがいた。

最近発生した某トラブルについて、彼がいろいろと話してくるので、

プログラミングで疲れていたが、真面目に話を聞いていた。

 

彼の話の内容はいろいろとややこしいことを含んでいたので、あんまり考えたくはなかったが、

しかし、せっかく説明してくれるので、ちゃんと聞かないと失礼だと思い、

だるい体を持て余しながら話を聞き続けたら、

Wくんに電話したつもりでしばらく話していたが、間違ってWさんに電話していた

という小ネタを途中でぶっこんできたので、疲れた。

 

 

 

そのWさんもWくんも今年は不参加だが、明後日はHくんと一緒に恒例のG1クライマックス高松大会観戦。

引き続き、各選手ともヘビーな戦いを繰り広げている。

 

高松大会の公式戦の対戦カードと勝敗予想は、

飯伏 幸太 VS バッドラック・ファレ
ウィル・オスプレイ VS ザック・セイバーJr.
オカダ・カズチカ VS ランス・アーチャー
KENTA VS SANADA
棚橋 弘至 VS EVIL

赤字が、勝つと私が思う方。

まあ、各試合の結果がどうであれ、みんなすごい試合をしてくれると思うので、問題はない。

2019/07/25

S02(49-54)●

22日(月)

臨時営業が終わった午後。

まだ決算前なので若干余裕があった2課長Sさんと同じく余裕があった私とで、囲碁7月大会の一戦。

四子局。私が黒。

 

20190722-153100-0

右下があんまり見たことない形になったが、全体的にはまあこんなもん。

 

20190722-160846-0

特に何がどういいとも悪いともいうことなく、両者ともちゃっちゃと打ち進める。

生き死にがどうこうというしびれる箇所は双方ともないが、天元のやや上の黒1子が取り込まれたのがよくない。

20190722-163423-0

終局。私はもちろんSさんも、どっちが勝ったか、数えるまでは判然とせず。

結果、

49VS54

で、黒の私の負け。

惜しかった。やはり中央の黒を取られたところで負けたらしい。

 

 

これで私は1勝1敗。

たぶん、Sさん VS OくんもSさんが勝つだろうから、私は2位のはず。

全部で3人しかいないが。

2019/07/21

選挙には行かなかったが

21日(日)

若干残していた書類処理を午前中に終え、

気がついたら寝てしまい、

参院選の投票には行かないまま、

夜になってそれ関連のニュースを視ていたら、

大学時代に同じ学科にいた人が当選していて、驚いた。

あれから30年弱、経ったらしい。

2019/07/20

私のマスターピース(女性編)

2週間くらい前、ふと思い立って、

私が聴いてきた中での名曲

というのを選んでみた。

女性・男性・バンドの3部門のうち、女性だけ選び終わったので、以下に挙げてみる。

 

01

02

1975年の岩崎宏美さんの「ロマンス」以降、2005年くらいまでは音楽を聴いてきた。

シングル曲もそうではない曲も含まれているが、どれもいい曲だと思う。

 

私は基本的に自分のことがあまり好きではないが、

これらの曲を聞いていると、ある種の共通点が感じられ、

そしてこれらの曲を選んだ自分のことは嫌いではない。

2019/07/18

On01(58-40)○

16日(火)

囲碁7月大会。

今回は参加者が3人しかいなかったので、トーナメントではなく総当たり戦。

まずは、対Oくん。私が黒。

 

20190716-115920-0

立ち上がりは、まぁ普通。

 

20190716-121422-0

3隅取られた上に、下辺も食い込まれたので、形勢がいいとはあんまり思えない。

 

20190716-121714-0

中央に白地を作られると完全に負けるので、消しに行こうとしたが、失敗した。

 

20190716-123405-0

だが、左辺の白を狙って2の13に置いたら、受け方を間違えてくれたので、まず、下の白7子を確保。

 

20190716-130044-0

終局図。

動揺したOくんがその後も間違えまくったので、本当なら逃げ切れるはずだった上の白6子も確保した。

中央は白地になったものの、左辺で大きく得をしたので、逆転勝ち。

 

危ないところだったが、58‐40で勝ち。

所要時間は1時間10分という、最後まで打った割にはかなり短い時間だった。

 

次回、対Sさんがいつになるかは未定。

2019/07/16

久しぶりに

12時前。

自席に座っていると、2課の某客に呼ばれた。

何の用であろうか。

10進数から2進数への変換の仕方についてか、

あるいは、エクセルの絶対参照についてか。

 

某客:「宇治拾遺物語の一節について、これはこれでいいでしょうか?」

私:「はい?」

 

古い記憶をさかのぼると、20年くらい前にそんなようなことをやっていたような気もしないこともないが、

その件であれば私に聞かなくても、

専門家があの辺に。

 

…。

ふりかえってみたが、専門家はいなかった。

 

Sさんは最近、特に忙しそうである。

忙しいにもかかわらず、名古屋出張のあと、おみやげをくれたので、食べた。

20190711-182653-020190711-182807-020190712-185858-0

最近はうなぎを食べることもめったになくなっていたので、美味しくいただいた。

 

 

そして、とりあえず、某客からの質問は、私でも答えることができるレベルだったので、対応しておいた。

久しぶりに、他人の役にたっている感じがした。

2019/07/15

大田区3連戦と札幌を視る

20190713-183135-020190713-201145-0

 

この3日間はずっとプロレスを視ていた。

13日14日は新日本の大田区総合体育館をNJPWワールドで。

15日はDDTの大田区総合体育館をAbemaTVで、そのあと新日本の北海きたえーるをNJPWワールドで。

 

【新日本】内藤哲也まさかのG1黒星発進 矢野の策略にはまる

【新日本】KENTAが飯伏に続き棚橋も撃破 今年のG1台風の目に

【新日本】EVILにも敗れた飯伏 左足不安も「まだ諦めてない」

 

新日本G1は、毎年のことながらどの試合も激闘の連続。

そして、毎年のことながら矢野通の秒殺勝利

G1に限らずいつどこの試合でも同じだが、石井智宏の試合は常に名勝負

ジェイ・ホワイトの試合が好きになれないのも去年と同じ。

最近好きなのはSANADAの試合。

今回のG1で好きになれないのはKENTAの試合。

まあ、個人の好みの問題なので、異論はあっても差し支えない。

 

 

2019-07-15203700

 

 

今日の13時から20時までというロングラン興行だったのはDDT。

前日前々日の新日本と同じ会場だが、まさかの全席無料興行

 

柔らかい試合から激しい試合まで振り幅が大きいのはDDTの常であるが、

今回もどの試合も見どころの多い良い試合ばかりだった。

 

特に以下の2試合が凄まじかった。

○第七試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&高梨将弘 vs MAO&マイク・ベイリー

○メインイベント BLACK OUT presents KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>遠藤哲哉 vs 竹下幸之介<挑戦者>

 

先日のDDT松山大会の観戦後、会場を出ようとすると、ドアの手前で募金箱を持った選手が立っていた。

あぁ、これは。

新日本の観戦時に、やらねばいけないと毎回のように思いながら、いつも忘れてしまっていた、

高山善廣選手を支援するための募金箱だ。

箱を持っていたのは高梨選手。

私は普段あまりそういうことはしない人間だが、この日はとても良い興行だったので、お礼の意味を込めて握手してもらって、1000円募金して、会場を出た。

 

今日の試合でも高梨選手は絶妙の動きで、パートナーのクリス選手をサポートしつつも自分の見せ場もしっかり作って、勝利した。

 

 

さすがに7時間もの興行は長すぎるとは思ったが、その後、連続して新日本札幌を視聴中。

本当に、毎年思うが、よくみんなこんな激しい試合を毎日のようにやっているものだ。

2019/07/11

プロジェクタを買った

2009年に現在の設備を導入した、私の職場の実習室が10年経った。

什器もPC本体もディスプレイもネット環境も、もう限界を超えている。

 

そして、10年ぶりの全面リニューアルまであと1ヶ月半となった、先月6月1日。

中間ディスプレイへの画面配信設備が完全に故障した。

 

…。

このタイミングで壊れるかね。

あと1ヶ月半とはいえ、ここで営業をやらねばならないのだが、

中間ディスプレイが使えないのは困る。

 

しょうがないので、プロジェクタを自費で購入した。

昔に比べると、EPSONのそこそこちゃんとしたプロジェクタもずいぶん安くなった。

 

 

そして、今日、営業での使用が終わったので、自宅に持ち帰ってPCにつないでみた。

ちょうどよい壁面があってよかった。

2019-07-11131743

ルパン三世第2シリーズ最終回「さらば愛しきルパンよ」から。

逃げそびれた子供を助け出した銭形(ルパン)と、

特にそのことについて礼を言うこともなく、我が子を銭形から奪い取っていく母親。

 

2019-07-11181101

「ウルトラ警備隊西へ」の前編だか後編だか。

キングジョーにボコボコにされるウルトラセブン。

 

2019-07-11195602

森口博子さんの30周年記念シングル「I wish~君がいるこの街で~」。(2015年)

 

先日、10歳下のSくんに、「森口博子さんのライブに行く」と言ったら、

「ZとF91しか知りません」

という、かなり省略された返事が返ってきたので、

「キミはそれでいいや」

と言っておいたが、

ガンダム以外にも森口さんの良い曲はたくさんある。

2019/07/07

禁煙とダイエットとG1開幕

今回は7月2日からの禁煙再開だったので、4日か5日が最初のピークかと思っていたが、

6日にずれこみ、営業中のだるさがこの上なかった。

しかし今日はかなり楽になってきた。

そろそろ本当にやめたいので、一日一日を積み重ねていくしかない。

 

この1ヶ月ほどは、禁煙と同時に、ダイエットサプリも摂取している。

運動は全くせず、食事の量を若干減らしているだけだが、今日は久しぶりに70kgを下回った。

本気の食事制限をすれば65kgくらいまではいけそうな気はするが、まぁ、ほどほどで止めておこう。

 

G1クライマックスが始まった。

今年はアメリカ・ダラスで開幕戦なので時差があり、今朝、生中継を視た。

KENTA VS飯伏とオカダVS棚橋が印象に残ったが、結果があれでよかったかどうかはわからない。

2019/07/05

ただ眠たくなるの 2019

ただ泣きたくなるの

好きだから 好きだけど

いつも胸が

恋よりあたたかい

ぬくもりをあげたい

忙しいあなたへ

 

 

眠い。

ニコレットでなんとかしのいでいるが、やはりそれでも眠い。

6年前に同タイトルの記事をアップしているが、そのときは禁煙による眠気ではない気がする。

 

 

ところで、中山美穂さんが、来年、久しぶりにライブをやるそうである。

オフィシャルサイトのライブ告知ページ

 

彼女は80年代アイドルの中にあっては間違いなくA級であるが、

1980年代女性アイドル一覧/年代流行

中高時代の私にとっては、女性アイドルは「ちょっと年上のお姉さんたち」だったので、

同じ年の彼女にはさほどハマらなかった。

とはいえ、数々のヒット曲を持つ人なので、私でもカラオケで5曲くらいは歌えるが。

 

 

そして、「色・ホワイトブレンド」を久しぶりに聴き、

あの時代の竹内まりやさんの仕事ぶりをあらためて思い出した。

しかし、河合奈保子さんはもちろんのこと、

中森明菜さんも出てこないし、

岡田有希子さんはとっくにいない。

 

もう、35年くらい経ったのだなぁ。

2019/07/04

2019年夏休みの予定

何回もやっているので、すっかり慣れてしまったが、

禁煙を始めた直後の離脱症状で、死ぬほど眠い。

猛烈に眠い、身体がだるいというのも、「離脱症状」のひとつです。禁煙開始後、ニコチンが入っていた身体の中からニコチンが抜ける時におこるものですが、アセチルコリンが少ない上に、ニコチンが減るので、脳を覚醒させることが難しくなり、急激に眠気が襲ってくるのです。依存度によって離脱症状の重度や期間も異なり、依存度が強い人の場合、幻覚などの重い症状が現れることもあります。(禁煙すると眠い|つらい「離脱症状」の対処法は?)

 

今日は午後休みだったので自宅で寝ていたが、

そろそろ作らねばならない書類があるので、

昼夜逆転してボロボロにならないように気をつけたいところである。

 

 

私たちには春休みはないが、夏休みはある。

今年の夏休みは、

  1. 実習室全面リニューアル(7/24~)
  2. 某Accessデータベースの全面的作り直し(7/24~)
  3. G1クライマックス29高松大会(7/30)
  4. 人間ドック(8/1)
  5. 森口博子さんライブ(8/17)

などが予定されている。

 

2が、かなり大規模な話なので、夏休みだけで終わるかどうかは微妙であり、

場合によっては、2006年問題への対応と同レベルの数年がかりの作業になるかもしれない、

が、まだ手を付け始めていないので、どうなるかはわからない。Yくんの手は借りる予定。

2019/07/03

上手い人達を聴き、上手く歌えるようになりたい

7月に入ったが、社員に新しいノートPCを配布しなければならなかった去年に比べれば、今年はヒマ。

24日から数週間、10年ぶりの実習室の完全リニューアルはあるが、

これは、業者と私とSくんだけでなんとかなる話なので、どうにでもなる。

 

 

日常は、特に悲しいことも楽しいこともない。

ややブルーな気持ちになりそうなことは、ないでもないが、

特に何かがだめになったとかいうことではないので、来年になればたぶん解消する。

 

 

5月上旬から、タバコをやめようとして失敗して吸い始めてもう一回やめて、を繰り返している。

1週間やめて、3日吸って、1ヶ月やめて、10日吸って、今日からまたやめた。

おそらくそろそろ本気で職場では吸えなくなりそうだし、

月に15000円の出費はもったいないし、

上手に歌うためにも吸わないほうがよい。

 

 

先日来のマイブームの森口博子さんや、

 

 

その流れでおすすめリストに出てくる高橋真梨子さんの映像を視ながら、

私も上手に歌えるようになりたいものだと思うが、

そのためには、練習に行かねばなるまい。

 

 

高橋真梨子、70歳「まだ歌いたい曲ある」 ソロ50周年初のセルフカバーアルバム来月発売

高橋真梨子3035公演目で動員700万人達成

2019/07/02

私が観に行ったあと、何かが起こった その3

6月2日(日)

それは、中村時広愛媛県知事がプロレスのチャンピオンになった日である。

 

しかし、

今日はその試合ではなく、

昭和から平成、そして令和へ!時代とともに突っ走り続ける松山名物スペシャル8人タッグマッチ
谷津嘉章&高木三四郎&納谷幸男&ライジングHAYATO
vs 藤波辰爾&竹下幸之介&彰人&勝俣瞬馬

をとりあげる。

 

  • DDT所属になった納谷の初戦
  • 愛媛プロレス所属のライジングHAYATOが存在感を出せるか
  • 昭和のレジェンド、谷津嘉章と藤波辰爾の戦いぶりはどうか

 

などの見どころがあったが、今回はその中でも特に、谷津嘉章

IMG_0247

IMG_0263IMG_0279IMG_0383

 

今年になって、DDTに定期参戦するというニュースを見たときには、

60歳を過ぎてもやはりレスラーはリングに上がりたいものなんだなぁと思った。

 

そして、松山大会にも参戦するというので、私はそれなりに注目してみていた。

 

もちろん長州や鶴田と組んでいた80年代のような機敏な動きではなかったが、

決して、グダグダで見るに耐えないということはない、試合ぶりだった。

 

 

そして1ヶ月たち、今日の午前中。

ふとブラウザを視ていたら。

!!

 

荒武者レスラー谷津嘉章、糖尿病で「右足切断」を告白

アマレスでの華々しい実績をひっさげて、1980年にプロレスに転向。先ごろ引退した長州力(67)の “右腕的存在” として活躍した。その後、「ジャパンプロレス軍」として、全日本でも共闘した。
2019年4月からは、「DDT」のリングに月に一度のペースで上がっていた。
6月2日には、愛媛で普通に試合をしたのに、23日には『切断です』と言われて、25日には手術でしょ。心の準備も何もあったもんじゃなかったですよ」

 

そうそうそう。

1ヶ月前、アイテムえひめのリング上でブルドッキングヘッドロックや監獄固めをやっていたのを、

私は現場で観ていたのだよ。

 

なんだろうこれは。

前日1日の全日本西条大会で観た青木篤志選手は、3日に交通事故で亡くなった。

そして2日のDDT松山大会で観た谷津嘉章選手は、25日に右脚を失った。

ついでに、23日に新宿ルミネtheよしもとで観たレイザーラモンHGは、24日に謹慎処分が発表された。

 

谷津選手のコメントを見る限り、義足でリハビリをして動けるようになったら、

またリングに上がるかもしれないが、

それにしても…。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »