サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月の13件の記事

2019/11/26

フィギュアはいずれホビーオフへ

ここ数年、何かあったときのための家の中のいろんなものの処分方法を考えようとしている。

 

今までCDやDVDやカメラ関係については行き先を託してきたが、

今日は、フィギュアをどうするか。

 

ここ数年で新品とかヤフオクとかであれこれ買ってきた結果、現在はこうなっている。

20191126-175639-0

 

20191126-175446-0

フィギュアーツの仮面ライダー新1号と、ミニカーのゴルフカブリオレ

ゴルフカブリオレは、色も含めて、現在の私の実車。

 

20191126-175453-0

前にも載せたことがあるが、

実在する人間1人(蝶野正洋

アニメのキャラクター2人(ルパン三世峰不二子)と、

特撮に登場した改造人間1人(本郷猛)と宇宙人1人(モロボシ・ダン)。

蝶野だけfigmaで、あとはフィギュアーツ。

 

20191126-175437-0

ガンプラ

上段左から、シャア専用ザク、黒い三連星ザク、シャア専用ズゴック

下段左から、ジムⅡ、シャア専用ゲルググ、量産型ズゴック、Zガンダム、ドム、ガンダムMk2(ティターンズ仕様)

 

20191126-175615-0

上段左から、ガッツ星人、メトロン星人(ちゃぶ台付き)、パンドン

下段左奥から、ウルトラマンエース、ゾフィー、新マン、ウルトラマン(Cタイプ)、ウルトラセブン

エースだけウルトラアクト、あとはフィギュアーツ。

 

20191126-175556-0

上段左から、アマゾン(真骨彫製法)、クルーザー、X

下段左から、新1号(真骨彫製法)奥に改造サイクロン、ライダーマンマシン&ライダーマン、2号&新サイクロン、V3&ハリケーン、手前にストロンガー、カブトロー

 

 

20191126-175534-0

MGフィギュアライズ(=プラモデル)の、新2号、旧1号、新1号

 

20191126-175549-0

ゼットン、バルタン星人、ウルトラマン(Aタイプ)

と、

ジャングラー

 

 

1969年生まれの私が仮面ライダーだと思っているものとウルトラマンだと思っているものは、

だいたいそろった

 

ウルトラマンは、エースがフィギュアーツで出てほしい。

仮面ライダーは7人全てバイク込みでそろったので全員を並べたいが、スペースが足りない。

 

 

そして別室の天袋には…

20191126-175721-0

以上に挙げたすべてのフィギュアとガンプラの箱とか、

その他にも、飾りきれていないルパン一味&銭形とか、マジンガーZとか、アカレンジャーとか。

 

 

ところで、おととい、十何年かぶりに、JR松山駅前のハードオフに行ってみた。

いや、ハードオフというよりは、ホビーオフに行ってみた。

 

めったに街の中に出ていかないので私は知らなかったが、

松山にも、こういう店ができたのだなぁ(2018/6/9開店)

 

この日は特に何も買いはしなかったが、

いざというときは、ここで全部引き取ってもらおう。

2019/11/24

第9回プロレス部会の準備を始める

2005年から断続的に続けてきたプロレス部会を、4年ぶりにやることにした。

今年のテーマは、

平成30年間を振り返る

である。

 

残念ながら今回はWくんが不参加。

前回2015年は、私の左脚骨折からの退院翌日だった。そしてKさんがいなかった。

前々回2014年はTさんがいなかった。

なかなか全員がそろうのは難しいが、今後も私にやる気はあるので、いずれ全員参加の回もあるだろう。

 

 

ここ数年の感じでいうとどうしても新日本の話だけになりそうだが、

明日以降、G+で、

  • ザ・デストロイヤー追善興行
  • 85年の世界最強タッグの馬場ドリー組VSレイス&ジェシーバー組

等の放送があるので、昔の全日本も少しはおさえておこう。

あとは、DDTユニバースに入っとくとか。

1985年くらいの曲

22日(金)

21時過ぎ。

2次会には誘ってもらったが、やはり私にとってはアルコールは特に必要のないものである。

 

というわけで、あんな場所で飲み会だったからには、

目と鼻の先にある、

JOYSOUND松山大街道一番町店

に行かざるを得ない。

 

1 涙の影 シャ乱Q
2 リ・ボ・ン 堀ちえみ
3 水の星へ愛をこめて《アニメカラオケ》 森口博子
4 恥ずかしすぎて 南野陽子
5 未来航海 ~Sailing~ 荻野目洋子
6 殺意のバカンス 本田美奈子
7 青春のいじわる 菊池桃子
8 め組のひと ラッツ&スター
9 ロンリー仮面ライダー 子門真人
10 ロンリー・カナリア 柏原芳恵
11 俺ら東京さ行ぐだ《生演奏》 吉幾三
12 ふられ気分でRock'n' Roll TOM・CAT
13 シンデレラは眠れない THE ALFEE
14 ミ・アモーレ [Meu amor e…] 中森明菜
15 デビュー -Fly Me To Love- 河合奈保子
16 にくまれそうなNEWフェイス 吉川晃司
17 天使のウィンク 松田聖子
18 夏のステージ・ライト 荻野目洋子

 

がんばってもどうにもならないことはあるなぁと思いながら1を歌い始め、

AmazonMusicで最近聴いた堀ちえみさんのアイドルカバーアルバムがなかなか良かったのを思い出しつつ2を歌い、

森口博子に「紅白出場してほしかった!」の声 「ガンダム姉さん」と愛される

そーかー、森口さんは今年紅白出られんかったかーと思いながら3を歌い、

3が彼女のデビュー曲だった流れで、4~7までは80年代なかばデビューの人たちのデビュー曲を歌い、

菊池桃子さんと経産省局長が結婚 経済再生相「ことば出ず」

菊池桃子さんは最近ニュースになってたなぁと思いつつ、

田代まさし容疑者、覚醒剤「どちらも自分のものです」宮城県警に認める

別のニュースがらみでラッツアンドスターを歌い、

その流れで「ロンリーチャップリン」を歌おうとしたが、曲を入れ間違えて、9を歌い、

そのまま寂しいので10を歌い、

11~17は、1985年縛りでいこうとしたが、記憶が曖昧なので微妙に間違って、

1984年も混じった(あるいはヒットしたのは85年だが発売が84年とか)。

 

そして、

なぜ歌うかと聞かれたらそれが私が生きていることの反射であるからだと、

思いつつ歌いつつ、終了。

2019/11/22

ざるを得ない話と、13年前に終わった話

16時過ぎ。会議中。

(いや、その言葉を何回も使うのはどうかなぁ。たぶん無意識だろうけどさ)

 

16:35 会議終了。

全体会議は終わったが、このあと、部署によっては別の会議を行うところも結構ある、そういう季節である。

 

が、私は関係ないので、17時退勤。

 

今年の私のアルコール摂取許容量はとっくに超えているのだが、

今日の飲み会は幹事が幹事なので、行かざるを得ない

 

 

19:00 飲み会開始。総勢8名。

なかなか謎な面子だったが、Kくんが招集したのでこうなったとも言える。

 

いろんな話が出てきた中の一つ。

私:「『せざるを得ない』ってあんなに何回も何回も言ったらダメだよ。『ほんとはやりたくないんだけどね』っていうふうに聞こえるよ。まぁ無意識だろうけど。『しなければならない』の方がいいと思う。」

K:「あー、そうですね。無意識ですけど、言われたらそのとおりですね」

 

 

もう一つ。びっくりした。

 

対面のNくん:「全体会議のあと、あそこは会議やってたんですか?」

私:(私には関係ないので無視したが…)

N:「あそこは会議やってたんですか?」

私:「え、もしかして俺に聞いてる?…もうあそこは13年前に辞めてるけど?

N:「あっ、そうか」

私:「あ、じゃねーよ。もうだれも知らないぞ、俺があそこにいたことなんか」

 

実際、その場にいたあとの5人は知らなかった。

遠い昔の話である。

2019/11/20

とても豪華ではあるが、ちょっとなんか悲しい

こんな動画を見つけた。

BSフジの公式なので、消されるようなことはないと思われる。

私はあんまりあれこれ言うつもりはないが、

ちょっとなんか悲しい。

2019/11/17

50年経って、25年経って、やめてみた

『サザエさん』がギネス記録更新 サザエ役の加藤みどりが喜び「声優として成長できた」

1969年10月5日に放送を開始した『サザエさん』は、今年の10月で放送50周年に。これを記念して、フジテレビではあす18日からの1週間を「サザエさんウィーク」と題して、関連したさまざまな番組を放送していく。

 

というわけで、サザエさんは放送50周年を迎え、私は今日50歳になった。

 

とりあえず、今日の昼ごろタバコが切れたので、今年何度目か忘れたが、やめてみることにした。

 

しかし、「やめたやめた」と言っても、なかなかやめられないものもありはする。

田代さんとか沢尻さんとかのニュースが続いている。

 

田代さんはともかくとして、来年の大河はどうなるのだろうか。

1月スタート大河撮り直し間に合わない 沢尻容疑者 初回から登場「最悪中の最悪」

 

そして、酒井さんとか清原さんとかには、頑張っていただきたいものだ。

2019/11/16

白覆面の魔王

昨日の大田区総合体育館。

ザ・デストロイヤーさんの追善大会に『金曜10時!うわさのチャンネル!!』徳光和夫&和田アキ子&せんだみつおが参戦!

徳光さん、デストロイヤーさんへ捧げた弔辞全文…11・15「ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト」

和田アキ子 デストロイヤーさん追悼興行「行ってよかった」改めて人柄しのぶ

 

ザ・デストロイヤーといえば、力道山のライバルである。

1963/5/24のWWA 世界選手権は、視聴率64.0%で、歴代視聴率ランキングの第4位になっている。

 

そして力道山の死後は全日本プロレスの常連外国人だったたが、

いっぽうで「うわさのチャンネル」(1973~)にも出るようになり、バラエティタレントでもあった。

 

1979年で定期参戦を終え、その後は、毎年夏のシリーズにのみ特別参戦するようになり、

1993/7/29に日本武道館で引退した。

ちょうどその年の4月に就職したばかりの私は、最後のデストロイヤーの闘いを見届けるべく、松山から東京まで観戦しに行った。

試合内容は覚えていないが、「あの鐘を鳴らすのはあなた」が場内で流れていたのは、うっすら覚えている。

 

昨日の興行は、新日本系やインディ系のレスラーもたくさん参戦していて、

(デストロイヤー追善という意味てはどうなの?)と言いたい試合もあったように思うが、

しかし、デストロイヤーの必殺技の4の字固めは、今後のプロレス界にも永遠に残り続けることだろう。

2019/11/14

WH-1000XM3を買った

2019-11-14141119

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」を買った。

 

作業に集中するためのマストアイテム。SONYノイズキャンセリングヘッドホン『WH-1000XM3』レビュー

上記リンクのほかにもあちこちでレビューされているので細かいことは書かないが、

ノイズキャンセリングは確かにかなり効く。

 

ここ最近、作業に集中できないとある事情が発生しているのだが、

これを使えば、静寂の中、プログラミングに集中できそうである。

 

 

ついでにAmazonMusicのキャンペーンにも乗っかってみた。

【期間限定】4ヶ月99円!Amazon Musicが破格のキャンペーンを開催中!

 

自宅のNASに自前でリッピングした音源が15000曲くらい入っているが、

よく聴くような曲はAmazonMusicにも入っているものが多いので、

わざわざNASにアクセスしなくても簡単に聴ける。

あるいは、今までは(CD買うほどでもないなと思って買っていなかった、

70年代アイドルとか2000年以降の色んなアーティストの曲とかも聴ける。

 

とても便利ではあるが、

あぁ、だから現代はCDが全然売れない時代なんだなぁ

と思ったりもした。

2019/11/10

年末進行開始

10日(日)

 

今日は一日中家でじっとしていた。

録画していたWRESTLE-1後楽園とか、新日本サンノゼの生中継とかを視ながら、

ふと思い出したが、今日はテクスポート今治でノアがやっているらしい。

しかし思い出したのが15時半過ぎで、開始が16時なので、行くこともなく、やはり家でじっとしていた。

 

そろそろ年末進行で動かなければならない。

OAの仕事や営業の仕事や忘年会や、その他あれこれ。

 

さいわい体調は最近悪くないのでなんとかなるとは思うが、OAのプログラム作成がかなり重い。

仕様がはっきりしないので作りにくいが、

会社の問題というよりは国の方向性の問題なので、どうすることもできないのが困ったものである。

2019/11/06

森高千里この街ツアー2019 愛媛・西条市総合文化会館

2日連続で東予方面に観に行ったコンサートその2。

 

3日(日)は、森高千里さん。

20191105-201007-0

20191103-171725-0

この会場は結構昔からある。

今までにも渡辺美里さん(2004/12/1)一青窈さん(2011/10/7)を観に来たことがある。

キャパは前日のしこちゅ~ホールよりやや多い1100人くらい。

 

20191103-171955-1

 

わりとギリギリに到着したので会場内の駐車場に停めることができず、

ちょっと離れた場所に停めたが、徒歩10分以内だったし幸いにも無料だったので、まあよし。

 

そして17時半過ぎ。開演した。

いきなり客席はみんな立ち上がったが、私は脚が不安なので着席のまま。

ノリは非常によい。

大昔からの親衛隊あるいはファンクラブ会員だろうと思われる人たちも前方の席に結構な数いて、

ツアーTシャツを着て、振り付けを一緒にやっていたり。

 

 

そして、安定の選曲と歌声と構成

数曲歌って、MC冒頭で曲名をちゃんと言ってくれて、その後はしばらく地元トークして、また歌う。

数十年ぶりの全国ツアーとあって、意図的にほぼシングル曲しか歌わないので、知らない曲は1曲もない。

セットリストは、LiveFansのここ

 

途中、「SNOW AGAIN」のときに、明らかに高音部が出なくなっていて、聴いていて少し不安になったが、

その後のMCで自分でその件に触れたので、重症ではなかったようで安心した。

 

その他、どの曲も非常に気持ちよく聴くことができた。

特別な大ヒットはないものの、売上20万枚~40万枚の曲が多数。

しかし最大のヒット曲が「二人は恋人」なのはかなり意外。

 

楽器は、ギターで1曲演ったが、ドラムも観たかったような気もしないこともないが、まあ、それはまた今度。

 

MCでは、

「若い頃は会場入りしてライブをやったらすぐ帰る感じだったが、今回のツアーでは、事前に現地の特産物や名所を調べて、あちこち見てまわっている」

とのことで、西条のアレコレを紹介してくれたのであるが、

 

上記の熱心なファンの人達は地元民ではないし、

私のように「愛媛県民だが西条以外から来た」という客も、かなりいたので、

いま一つ地元トークへの反応は薄かった。

 

この投稿をInstagramで見る

「この街」TOUR 2019  愛媛県 「西条市総合文化会館」でした。  今日も初めてコンサートに来てくださった方が多かったですが、盛り上がりました。 楽しかったです。  「うちぬき」 の井戸、嘉母神社ご神水とても美味しかったです。 天川地区の棚田で天川花祭りがあり、コスモス畑になっていました。すごく綺麗で癒されました。  星加のゆべし郷土料理のにごみ、いもたき、西条沖で取れたワタリガニ、肉巻きたまご、かぶら酢、うちべっぴんポーク、鬼板、山車絵巻、ポンジュース、みかん、紅マドンナのジュース。全部美味しかったです。  今度は西条まつりの時に来たいです。   次は、静岡県「富士市文化会館 ロゼシアター」です。  #chisatomoritaka #森高千里 #この街TOUR2019 #愛媛  #西条市総合文化会館 #石鎚山 #西条まつり  #だんじり祭り #うちぬき #嘉母神社 #ご神水 #一番おいしい水  #天川の棚田 #コスモス畑 #天川花祭り #星加のゆべし  #にごみ  #いもたき #ワタリガニ #肉巻きたまご #かぶら酢 #ひうちべっぴんポーク #三谷鬼板本舗  #鬼板 #山車絵巻 #ポンジュース #一国屋  #いよみかん #紅マドンナのジュース 

森高千里_Chisatomoritaka_official(@chisatomoritaka_official)がシェアした投稿 -

 

 

そして、MCのときの口調をよく聴いていると、

(あぁ、年齢相応だなぁ)と感じられる瞬間はあったが、

しかし、歌っているときの様子は、50歳とはまったく思えないアイドル性

 

 

「26年ぶりの愛媛でのライブ」と言っていたが、遅くなっても、観ることができて非常によかった。

 

最後は何を歌って締めるのかと思ったが、(あぁ、この曲があったなぁ)という、

「コンサートの夜」

で終了。

 

 

終演後、客たちが席を立ち始めると、最前列の熱心なファンの人達のうちの一人が大きな声で叫んだ。

「西条の皆さん、今日もよいライブでした。ありがとうございました。最後に三本で締めましょう!!」

というわけで、ホール内で、みんなで三本締め。

よい一体感であった。

 

 

彼女は「また会いましょう」的なことを言っていたので、いずれまたライブがあれば観に行きたいものだ。

 

 

これで今年の観に行くものはすべて終了。

よい1年だった。

2019/11/05

一青窈ライブ「窈窕關關」愛媛・四国中央市 しこちゅ~ホール

さて、2日連続で東予方面に観に行ったコンサートその1。

 

2日(土)は、一青窈さん。

20191105-200926-0

20191102-171424-0

会場のしこちゅ~ホールは、今年の夏に開館したばかりで、全体的にとてもきれいだった。

 

20191102-173646-0

入場開始前に入口前に客がたくさん待っていたが、

(???)

全体的に、客の年齢層が高い。私よりも10歳20歳上の人が多い感じがする。

一青さんはアイドルではないから、熱狂的なファンというのはいないかもしれないが、

それにしてもこの感じは。

 

 

そして18時過ぎ。開演した。

(ん?)

 

普通に数曲歌って、MCを挟んで、また歌うというのではなく、

歌っている途中で台詞が入り、何かを演じている。

舞台装置も、普通のライブというよりは、演劇っぽい作り。

 

これは、どこかで同じようなものを観たことがある。

あぁ、4年前の大阪で観た斉藤由貴さんのコンサートの冒頭がこんな感じだった。

 

ただ、斉藤さんのときは冒頭の数曲のみだったが、

今回の一青さんは、全編がこの演劇風のペースだった。

別のたとえでいうならば、

一青窈版の「夜会」(from中島みゆき)

という感じ。

 

というわけで、空気が重い。

歌声そのものは相変わらずのあの一青窈であり、そこに不満はまったくないのだが、

ストーリーを理解しようとするのに頭を使ってしまい、歌そのものになかなか集中することができない

 

 

20191102-201255-0

 

終演後、ロビーにセットリストが掲示されていた。

基本的に知らない曲はほとんどなかったが、どうにもモヤッとした気持ちなのは否めない。

 

ただ、中盤の「好きになった人」は圧巻だった。

もちろん私はオリジナルの都はるみ(1968年)を知っているが、

それを知らない人が観たら完全に一青窈のオリジナル曲と思うに違いない

と感じさせられる見事な歌いっぷり。

 

 

全部がダメというわけでは決してないのだが、

(うーん)とうなりながら、帰宅した。

2019/11/03

西条市へ行った

3日(日)

午前中は、洗濯したり、洗濯物を畳んだりしながら、

しばらく前に放送された

LIVE ON!うた好きショータイム(BS-TBS)の森高千里さんの回を視て、今日の予習。

 

午後は、2時からAbemaTVでDDT両国大会の生中継を3時半まで視てから、家を出た。

昨日と同じく松山ICから東へ。

 

11月東予2連戦の2戦目。(だれも戦わないが、あえて戦うとすれば、ストレスと戦うのであろう。)

森高千里さんのコンサート。

 

今回は、

100%の気持ちで「よかった」と言い切れる、

わかりやすい内容のコンサートだった。

 

 

よい、わるいということではなく、

コンサートの構成が、

非常にわかりやすい森高千里さんと、

非常にわかりにくい一青窈さん。

 

それと、両者の客層の大きな違い。

 

日付が逆じゃなくてよかった。

 

それぞれ、詳しくは後日。

2019/11/02

四国中央市へ行った

2日(土)

午前中は、3週間ぶりに土曜の営業があった。

特によくもなく悪くもなく終了。

 

午後は、社長室のPCのWin10化に関連して、

大昔(1999年ころ)のソニーのICレコーダーで録音したMSVファイルがそのままでは再生できないので、
MP3に変換する作業。

参考にしたのは以下のページ。

Windows 10 で .MSV ファイルを mp3 に変換する

 

15:15 退勤

そのまま、四国中央市のしこちゅ~ホールへ。

 

11月東予2連戦の1戦目。(いや、だれも戦わないが。)

一青窈さんのコンサート。

 

今回は、

100%の気持ちで「よかった」とは言い切れない、

かといってすべてがダメだったわけでも決してない、

評価するのが難しい内容のコンサートだった。

 

頭を冷やして、明日以降にあらためて書くことにする。

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »