サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月の14件の記事

2020/01/31

闘龍門興行をGAORAで視た

今日は馬場さんの命日(1999/1/31、享年61)だなぁと思い出しつつ、

 

最近のNOAHの買収のニュースを見たりしながら、

独走新日打倒へ ノア×DDT強力タッグで規模拡大

 

夜はGAORAで、闘龍門興行の生中継を視た。

 

 

闘龍門出身者は、直接の後継のドラゴンゲート以外にも各プロレス団体にいっぱいいる。

今日の興行では、普段は他団体に出ている選手も集結して、いろんな試合をみせてくれた。

 

しかし、いくら闘龍門出身とはいえ、さすがにオカダ・カズチカは来ないよなぁ

と思いつつ、

別のことをしながら、メインイベントをぼんやり視ていたら、

いつの間にか私服姿の男性がリングに上がっていた。

 

そして彼は、新日本のSANADAの持ち技であるパラダイス・ロックを相手選手にかけていた。

20200131-220644-020200131-220708-020200131-220723-020200131-220740-020200131-220815-0

 

おぉぉ、これは。

新日本の中継でもっとも安定感のある解説者のミラノコレクションATさんだ。

今や解説者だが、もちろんかつては素晴らしいレスラーだった。

そしてパラダイス・ロックのオリジナルはミラノさんである。

 

 

20200131-221232-0

 

2020-01-31223640

ミラノさんだけでなくこれだけ数多くの選手を育成してきたウルティモ・ドラゴンが、

いかに優れた指導者であるかということも強く感じられた、よい興行であった。

2020/01/29

HDDからSSDへ換装

正月。

実家のデスクトップPCが故障したというので、見てみると、HDDからカタカタと異音がしていた。

これは、今までに何度も見たことがある、HDDの物理的な損傷であろう。

 

というわけで、実家から自宅に持ち帰って、しばらく放置していたが、

26日(日)

ヒマだったので、自宅に転がっていたSSDを使い、Windows10をインストールしてみた。

 

DSC01146

 

 

DSC01147

背面四隅のネジを外すだけでかんたんに内部にアクセスできた。

 

DSC01148DSC01149DSC01150

HDDのマウント金具の四隅のネジが外れないのかと思ったが、

ちょっと力を入れてゆがめたら簡単に外れたので、SSDに換装。

 

DSC01155

メモリも当初は2ギガしか載っていなかったが、

そこらへんに転がっていた1ギガのメモリを追加して、計3ギガに。

Win10が32ビット版なので、3ギガあればまあ十分。

 

10年以上前のPCだが、じゅうぶん快適に使えるようになった。

2020/01/27

片付けなければならないのは私だけではない

25~26の土日が休みで、明日も臨時休業日。

というわけで、死ぬほど家を片付けている最中である。

 

 

20年間ほぼ模様替えしていなかった押し入れの中身を全部取り出して、モノの分野ごとに整理し直した。

 

いずれ、会社も、死ぬほど片付けなければならない時が来るので、

今のうちに自宅の方を片付けておかないと、モノの置き場に困ることになる。

 

片付け以外にも、先週20日ころからあれこれと新しいことをやってみているが、

結果が出るのはもう少し先なので、その時書くことにしよう。

2020/01/23

仕事ロスになってない人

今日の19:30から、NHK総合の、所さん!大変ですよを視た。

 

今日のテーマは、

シニアを襲う燃え尽き症候群 “仕事ロス”の恐怖

ということらしい。

20200123-201407-0

 

そして、番組後半は、結構な時間をかけて、ある人の最近の様子に密着していた。

20200123-201525-020200123-201548-0

最近仕事を辞めたばかりだが、特に仕事ロスになることもなく、

福岡にある自宅で、食虫植物を300鉢以上も栽培している、55歳男性

 

 

20200123-201653-0

この男性は、東京の別宅では、もう何十年も前からガレージキット製作を行なっているらしい。

 

20200123-201739-0

彼は55歳なので老眼鏡をかけてももちろんかまわないのだが、

その状態でメガネをかけるのは、どうなんでしょうか。

まぁ、テレビで放送されるから、マスクかぶらないとダメなんだろうけれど。

 

20200123-201816-0

そして奥さんをはじめとして家族を大事にする獣神。

 

 

20200123-201842-020200123-201909-0

テレ朝から借りてきた引退試合映像が、NHKで思いっきり放送された。

 

 

ここではすべてを紹介することはできないが、他にもいろいろな側面からの映像があり、

引退直後のライガーさんの特集として非常によい番組だった。

2020/01/20

やせようとしてみる

体組成計を買った。

2020-01-20193047

今まで家にあったのは何十年も前に買った普通の体重計だが、

最近のはスマホアプリと連携して、乗れば自動的に体重や体脂肪やBMIなどが記録されていくらしい。

 

去年は某ダイエットサプリのおかげで68kgくらいまで落ちたが、

正月の帰省でリバウンドしたらしく、現在は70kgちょうど。

 

今年のうちに63kgくらいまで落とせないか、今後、あれこれやってみるつもりである。

2020/01/15

間接照明とリモートプラグ

15日(水)

今日から通常営業再開日だが、私は無し日なのでまだ始まらない。

今年は何をしようかなどと考えていたが、特に何の目標も決まらないまま10日程過ぎた。

 

しかし、昨日と今日のいくつかの打ち合わせを終えた結果、

忙しくなりそうな案件と、ヒマになりそうな案件が、立て続けに来た。

差し引くと、若干忙しくなりそうであるが、

まだどちらも未決定なのでどうなるかはわからない。

 

 

1ヶ月位前にふと思いたって、間接照明を買ってみた。

20191216-203047-0

 

なかなかいい感じではあるが、

電源のオンオフがコードの途中の押しボタンなので、

手が届かなくて不便。2020-01-15212514

 

というわけで、スマートプラグを買ってみた。20200115-183928-0

 

 

説明書のQRコードを読み込んでkasaアプリをダウンロードして設定したら、

すぐにアプリからのオンオフはできるようになった。

 

しかし、アレクサとの連携の仕方が最初はわからなくて少し悩んだ。

10分ほど考えた末に、アレクサアプリもダウンロードして設定したら、ちゃんと音声でオンオフできるようになった。

 

便利にはなったが、とはいうものの、スマートプラグはそれほど使い道はないのかもしれない。

また気が向いたら、いずれスマートリモコンにも手を出してみよう。

2020/01/12

ファンタスティカマニア2020 松山大会

11日(土)

15:30 私の自宅にH君が到着

15:50 アイテムえひめ到着

~17:00 年始の新日本・全日本・NOAHの試合結果についてiPadで動画等をみながら会話。

17:00~19:15 第1試合~第6試合

 

DSC00401

2試合。今日も元気な、田口隆祐ヒップアタック

 

DSC00501

3試合。フライヤーラ・ケブラーダ

DSC00485

同じく、第3試合。

 

本日一番ビックリしたのは、

何十年かぶりに観たネグロ・カサスが、すっかりおじさんになっていたこと。

上の写真だと、かけている技がドラゴンスリーパーであることもあって、ちょっと藤波辰爾に見えないこともない。

 

DSC00642

4試合のフィニッシュ。

ニエブラ・ロハが、サンソンに、ラ・カンパーナ(=釣り鐘固め)

 

 

 

 

DSC00678

5試合の6人タッグは、5人が日本人で、メキシカンは1人だけ。

左端は、今治工業高校出身、上村優也

右端が、ドゥルセ・ガルデニア

 

DSC00672

そしてドームや大田区は終わったが、本シリーズにも参戦している棚橋弘至は今日もかっこいい。

 

 

DSC00697

6日前にライガーの引退試合の相手を務めた高橋ヒロム

 

 

新日本本隊VSロスインゴという普段でも観られそうなカードかと思いきや、

ドゥルセがオカマキャラであり、敵味方問わずすきあらばキスしようとするので、

リング上はやや混沌としていた。

ただ、オカマキャラではあるが身体能力は高いので、そのギャップで観客をわかせていた。

 

DSC00859

ピントが合っていないが、ドゥルセトペ・コンヒーロ

 

DSC00778

2冠チャンピオン内藤哲也に挑む、上村優也

 

 

DSC00892

しかし最後は上村がBUSHIの逆エビ固めで破れ、リング上ではロスインゴの3人がいつものポーズ。

 

 

 

DSC00946

6試合(=メインイベント)

 

DSC00985

小島聡とウルティモ・ゲレーロのぶつかり合い。

DSC01028

小島のいつもの水平チョップだが、写真撮るには、白いニュートラルコーナーが邪魔

DSC01102

めったにみられない小島のプランチャー。ルチャの動きに影響されたらしい。

 

DSC01000

ルードの3人の連携技。飛んでいるのは、バルバロ・カベルナリオ

くらっている青いマスクは、ソベラーノJr

 

DSC01111DSC01112DSC01110DSC01113DSC01114DSC01115DSC01134

最後は、ゲレーロ・スペシャルでゲレーロがソベラーノJrから勝利した。

 

 

 

興行終了後、駐車場からクルマを出すのがきわめてスムーズで、会場を出た後も右折ではなく新空港通方面に左折で出たが、結果的には右折するより早く、別府のジョイフルに到着。

19:40~20:50 食事

21:10 帰宅

 

 

普段の新日本の流れとは独立している興行なので、今年も気楽に楽しむことができた。

 

そしてメキシカンレスラーたちの入退場時のファンサービスが、非常に丁寧だった。

我々の近所に座っていた男の子は、

レプリカのチャンピオンベルトを、

誰だったか忘れたがとある選手が退場時に真後ろを通ったので見せたら、

その選手が持っていた本物のベルトに触らせてもらい、

しかも記念写真まで撮ってもらった結果、

感極まって泣いていた

あとでHくんとも話したが、よい光景だった。

 

 

最近、毎年のように愛媛県内でやってくれるのはどういう理由かはわからないが、ありがたいことである。

2020/01/11

元井さんを見た

11日(土)

恒例の1月イベントが13時半ころ終わり、14時半には退勤。

 

今年も、日本で5か所しか行われない新日本のファンタスティカマニアが松山で開催されたので、Hくんと一緒に行ってきた。

が、写真の整理ができていないので、詳細は後日。

 

ダブル前哨マッチはルード軍が勝利! ゲレーロがマイクアピールでタイトル防衛をアピール!【1.11松山大会結果】

 

我々が座った席の左方に記者席があったが、

そこに、プロレスの記者とは思えないきれいな人が座っていたので、よく見たら、元井美貴さんだった。

 

新日本プロレスワールドの解説をするわけでもないのに、

わざわざ松山まで取材に来られていたようである。

さすが日本屈指のルチャマニア。

気象予報士の方の仕事もお持ちだが、私はそっちは全く視たことがない。

 

2020/01/09

上原正三さんが死去

1969年生まれの私の幼少期。

テレビで、特撮番組やアニメ番組ばかり視ていた。

  • ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンA、ウルトラマンタロウ
  • ロボット刑事
  • イナズマン、イナズマンF
  • がんばれ!!ロボコン
  • 秘密戦隊ゴレンジャー、ジャッカー電撃隊、バトルフィーバーJ
  • 宇宙鉄人キョーダイン、大鉄人17

等々。

ギャバンなどの宇宙刑事シリーズはすでに中学生になっていたのでほとんど視ていないし、

仮面ライダーBLACKも、87年で高3なので視ていないが、

 

以上に挙げた作品で数多くの脚本を書いた上原正三さんが亡くなった。

上原正三さん死去 ウルトラセブンの脚本など手がける

 

彼がメインで書いたもののうち、私がよく視ていたのは「帰ってきたウルトラマン」と「ゴレンジャー」である。

とりわけ、ゴレンジャーは、もう結構前になるがファミリー劇場で放送されていた時に録画したものを、作業用BGVとして何十回となく繰り返し視た。

『ゴレンジャー』キレンジャーはなぜカレー好きなのか - 上原正三氏が語るスーパー戦隊ヒストリー「悪の立場で正義を考える」

 

無意識ではあるが、彼の書いたものを視ることが、私の人格形成にかなり影響したような気もしないこともない。

 

合掌。

2020/01/08

東京3日目 須賀川は光の町

6日(月)の続き

 

100名城としては、白河から北には二本松や会津若松があるが、

北上しすぎて帰りの飛行機に微妙に間に合わなくなる可能性があるのと、

せっかくここまで来たのなら行っておこうと思ったのとで、

円谷英二の出身地である須賀川市へ。

DSC00290

 

 

白河から30分ほどで、11時25分ころに須賀川駅に到着。

DSC00260

DSC00261

銅像のすぐそばに貸自転車があった。

 

スマホアプリで利用登録して、スマホでロックを解除する

という仕組みだそうだが、

何度やってもどの自転車もロックが解除できなかったので、あきらめて徒歩で移動開始。

 

 

 

DSC00267

駅前から市街地までの松明通りに、

ウルトラ兄弟と怪獣のモニュメント

があったので、全部撮った。

今までに行ったことがある場所でいうと、境港の水木しげるロードと同じ感じ。

 

DSC00265DSC00268DSC00273DSC00274DSC00276

ゾフィーの向かい側にゼットン。どうせならここにウルトラマンを置いといてほしかった。

 

DSC00279DSC00282DSC00285DSC00288DSC00292DSC00297

DSC00298DSC00307DSC00316

 

 

そして、結の辻に到着。

須賀川は、芭蕉の奥の細道にもからんでいるので、こんな銅像が。DSC00299DSC00302

芭蕉記念館もあった。入らなかったが。

 

 

結の辻からは、市街地を離れて東進して須賀川上野郵便局へ。

今回は、須賀川市内の6つの郵便局で風景印を押してもらうことにした

 

2020-01-071502492020-01-07150249

sukagawa20200106

もはや障害と言ってよい私の左脚で、

しかもリュックサックを背負ったままで、

8km以上歩くのはしんどかった。重い。

 

6つのうち5つまではほぼ直線コースなのでまあよかったが、

一つだけ離れている須賀川西川郵便局が遠かった。

 

 

DSC00314

その途中、須賀川中町郵便局のすぐ隣の円谷英二の生家跡の記念碑

 

 

そこから須賀川郵便局に行く途中には、円谷英二ミュージアムという場所があるらしい。

が、マップには表示されるのに、どこなのかよくわからず、さまよい歩いていると…、

DSC00318

たまたま、目の前に須賀川城址があった。

ただし、100名城ではない。私の知っている場所でいうと、愛媛の松前城址みたいな感じ。

 

そして再度、円谷英二ミュージアムを探す。

あぁ、ここか。

DSC00320

この、tetteという建物の中にあるらしい。

ここは、市立図書館が入っているし、会議室みたいな部屋もあるようだし、

私の知っている場所でいうと、コミセンみたいなものだろう、きっと。

 

 

5Fの円谷英二ミュージアムを見学。

入場料は無料。

写真撮影は基本的には禁止だが、部分的には撮ってもいいところもあった。

DSC00321DSC00323

 

見学を終えて1Fに降りると、1Fにはウルトラのロボットと怪獣と宇宙人がいた。

DSC00324DSC00325DSC00326

 

この後、須賀川郵便局まではそれほど遠くなかったが、須賀川から須賀川西川までは遠かった。

DSC00329DSC00328

しかもどういうわけかすごく混んでいて、押してもらうまでにかなり時間がかかった。

 

 

 

西川から須賀川駅までひたすら歩く、その途中。

DSC00330

宮脇書店があった。フライブルク通りだろうか。いや違う。

 

 

DSC00333

焼肉きんぐがあった。向かいに青山があるだろうか。いや、ない。

 

ようやく駅に戻ってきた。

駅から徒歩1分の駅前郵便局で6つ目の風景印(ウルトラの父)を押してもらい、風景印収集は終了。

 

もう一度駅に戻り、駅舎内の須賀川市コミュニティプラザで光の町の住民票を取得。

2020-01-07150436

住民票は1通300円。

背景画像は20種類もあったが、私はセブンと父の2通を取得した。

2020-01-07150413

クリアファイルは3種類のうちから1つ、サービスでもらえた。

 

今回の須賀川ウルトラマンめぐりは、以上で終了。

 

 

途中、目の前を通ったが入らなかったウルトラマンショップ

入ると多分松山に戻ってこれなくなっていたと思われるのでまあしょうがない。

DSC00296

 

15:26 須賀川発

16:05 郡山発

(省略)

19:35 羽田発

21:20 松山着

 

搭乗後若干待たされたが、それでも須賀川から6時間で松山に到着した。

2日は、宮崎から7時間半で松山に到着だった。

さすが新幹線と飛行機である。

 

というわけで、2020年の年始早々の旅行は終了。

全体的に、いろいろ観ることができて、よい旅行だった。

2020/01/07

日本100名城 その88 白河小峰城

2020-01-07150355

6日(月)

7:00 神田のホテルを出発

人生初の東北新幹線やまびこ205号に乗って、新白河へ。

DSC00216DSC00217

 

東北本線に乗り換えて、1駅先の白河へ。

DSC00221

 

 

DSC00226

DSC00231DSC00232DSC00241DSC00235DSC00246

天守ではなく三重櫓でありしかも木造復元なので、中の展示はさほどなかったが、

建物としての外観はなかなかかっこいいお城だった。

 

 

その後、公園の端っこの方に、「小峰城歴史館」があったので入ろうと思ったが、

入り口の10mくらい手前で気が付いた。

 

今日は曜日である。

 

DSC00248

 

というわけで、休館日

DSC00249

 

 

仕方がないので、駅を戻ろうと思い歩き始めた。

しかし、来るときの電車の中からお城がはっきり見えたので駅はすぐ近くだと思ったが、

自分が線路の東側にいるのか西側にいるのかわからなくなり無駄にさまよい歩いた。

 

その途中の「こみね・ふれあい通り」の中の展示で少しだけ勉強。

DSC00259

DSC00251DSC00253DSC00255

 

その後、駅にもどり、11時前に、次の目的地の須賀川へ出発。

 

これで88城。

1城ずつが松山からはずいぶん遠くなってきた。

残りは、

北海道:3城 福島、青森:2城 秋田、岩手、石川、新潟、愛媛:1城

 

さて、何年かかるだろうか。

2020/01/06

東京2日目

5日(日)

実は前日のドームの観戦中から異様に眠く、試合の真っ最中なのにウトウトしていた。たぶん昼間少し歩いたのとドーム内の空調が効きすぎていたせいと思われる。

 

というわけで、ホテルの部屋で目覚めたのが11時過ぎ。

 

前日は15時入場16時ダークマッチ開始17時本戦開始

だったが、

今日は13時入場14時ダークマッチ開始15時本戦開始

なので、午前中どこかへ行くにも時間が中途半端だったので、遅く起きてもそう問題ではない。

 

身支度をしてホテルを出たのが12:30

13時ころドームに着いたが、すでに人でごったがえしている。

 

今回は、前日の3塁側とは逆で1塁側。前日はスタンド9列目だったが、この日は5列目で、アリーナは目の前。どうやら客入りは昨日より悪そう。

しかし、やはりリングまでは遠いので、写真はあんまり撮れない。しかも充電するのを忘れたのでダークマッチの途中で切れてしまった。

 

どうして石井選手がダークマッチなんだと思いながら、14時からのガントレットマッチを観終わったのが14時半。

 

ドームは広いので、中でいろんな食べ物を売っている。おにぎり2個と唐揚げ5個980円は高いが、ドームの中ではどれもこんなものだろう。

 

15時からの本戦については後日。最後の最後だけあまりにもひどかったが、ほかは概ね満足した。

 

19時半ころ帰路についた。さほど混むこともなくスムーズに神田駅に到着。電車を降りた直後、NOAHのロゴが入った袋を提げた女性を発見。そうだ、昨日今日はドームのすぐ目の前の後楽園ホールではNOAHがやっていたのだった。

 

20時 ホテル着

2020/01/04

東京1日目

日(土)

去年も何度か東京には行ったが、全部ジェットスターで成田経由だった。今回は久々の羽田。

9:35松山発11:00羽田着だったので、かなり時間が余っている。

ホテルは神田だが、とりあえずまず秋葉原へ。

 

私が東京にいた30年前とは、とっくの昔に変わってしまっている。

ソフマップのフィギュアフロアをちょっとだけ見て、そのあとは神田のホテルまで徒歩で移動。

 

しかし着いたのが13時過ぎで、チェックインには早すぎたので、荷物だけ預けて、神田駅へ。

 

駅前の食券型のガストで食事をした後水道橋へ。

15時開場、16時ダークマッチ開始、17時本選開始の予定だが、

14時に私がドームについた時点で、グッズ売り場には死ぬほど人が並んでいた。

 

15時25分頃、自分の席に着いた。

1Fスタンド、3塁側9列目は、1Fスタンドとしてはまあまあ前の方だが、しかし200㎜でもリング上はあまり大きくは撮影できなかった。

 

ダークマッチ以降の試合内容は後日。

 

セミの内藤VSジェイが終わった時点で自席を離れ、メインは上の立見席で観た。

メインの3カウントが入った直後に、ドームから出て、総武線と中央線で神田の、社長が有名なことで有名な某ホテルへ。

 

メインの試合後のやり取りは、持ってきていたPCで新日本ワールドで視た。

今日あれだけの試合をしたのに、明日も明日で、選手の皆さんは大変である。

 

今日の観客は40000人を超えたらしい。

明日も新日本はドーム大会である。

 

今日はこの辺で終了。

2020/01/02

実家でのできごと

28日から今朝まで実家にいたが、すでに帰ってきた。

  • 数十年前から溜め込んでいた実家内の領収書や給与明細や保険関係書類の処分
  • 父が壊した2in1PCを回収
  • 父が壊したデスクトップPCを回収
  • 義弟とともにさんざん飲んだ挙げ句、洗面所で足腰が立たなくなって座り込んだ父を、母とともに救助

 

アルコールを摂取できないわけではないが私が酒を飲むことが好きではないのは、この父のせいである。

若い頃から飲んだくれであったが、78歳にもなって、飲みすぎて倒れこむのはやめてほしい。

 

その他、まともに会話ができるうちに書類整理ができたのはよかったが、

借金の取り立ては、「今年は家の修繕費があれこれかかるので待ってくれ」と言われてしまい、

できなかった。

 

明日は一日空いているが、あさってからはいよいよ新日本東京ドーム観戦である。

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »