サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ

« HDDからSSDへ換装 | トップページ | 東京へも大阪へも »

2020/01/31

闘龍門興行をGAORAで視た

今日は馬場さんの命日(1999/1/31、享年61)だなぁと思い出しつつ、

 

最近のNOAHの買収のニュースを見たりしながら、

独走新日打倒へ ノア×DDT強力タッグで規模拡大

 

夜はGAORAで、闘龍門興行の生中継を視た。

 

 

闘龍門出身者は、直接の後継のドラゴンゲート以外にも各プロレス団体にいっぱいいる。

今日の興行では、普段は他団体に出ている選手も集結して、いろんな試合をみせてくれた。

 

しかし、いくら闘龍門出身とはいえ、さすがにオカダ・カズチカは来ないよなぁ

と思いつつ、

別のことをしながら、メインイベントをぼんやり視ていたら、

いつの間にか私服姿の男性がリングに上がっていた。

 

そして彼は、新日本のSANADAの持ち技であるパラダイス・ロックを相手選手にかけていた。

20200131-220644-020200131-220708-020200131-220723-020200131-220740-020200131-220815-0

 

おぉぉ、これは。

新日本の中継でもっとも安定感のある解説者のミラノコレクションATさんだ。

今や解説者だが、もちろんかつては素晴らしいレスラーだった。

そしてパラダイス・ロックのオリジナルはミラノさんである。

 

 

20200131-221232-0

 

2020-01-31223640

ミラノさんだけでなくこれだけ数多くの選手を育成してきたウルティモ・ドラゴンが、

いかに優れた指導者であるかということも強く感じられた、よい興行であった。

« HDDからSSDへ換装 | トップページ | 東京へも大阪へも »