サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 追悼番組で笑う | トップページ | ザ・ドリフターズはミュージシャンでした。明菜さんが町娘でした。 »

2020/04/02

ミュージシャンとコメディアンとタレントとお笑い芸人とミュージシャン

引き続き、志村けんさんに関する話。

いろんな著名人や一般人が哀悼の意を表している。

 

実際の全員集合の映像であの曲を聞いてもなんとも思わなかったのだが、

布袋さんが演奏する「ヒゲダンスのテーマ」をみたら、泣きそうになった。

この投稿をInstagramで見る

志村けんさんの訃報を知りとても寂しく思う。「8時だョ!全員集合」は楽しいコントだけではなく、生演奏に合わせて日本の演歌やポップスやブルースやロックの生歌が聴ける素晴らしい番組だった。西城秀樹もジュリーもピンクレディーもCharも、石川さゆりもちあきなおみも尾崎紀世彦も、全ての歌手が個性的で歌唱力と表現力に溢れていた。僕はいつもテレビの前にギターを抱えて座り、画面から流れる様々なジャンルの音楽に合わせてコピーをしたり勝手にソロを弾いたりコードを探したりしていた。ビデオもYouTubeもなかったあの時代に、あの番組は僕にとってのギター教室でもあった。ドリフターズの皆さんはどなたも音楽愛に溢れた方々で、中でも志村さんのブラック・ミュージックへの造詣の深さは有名でした。あの頃笑い転げながら見たヒゲダンス。ぽろっと弾いたら懐かしい。昭和の良き日の思い出が胸に広がった。最高のエンターテイナー、志村けんさんの御冥福を心からお祈りします。いつの時代もシュールで深いユーモアを私たちに届けてくれてありがとうございました。そして我々はコロナウィルスの脅威に対し、また気持ちを引き締めましょう。天国の志村さんも強くそれを望んでいらっしゃると思います。#rip #stayhome #ステイホーム #志村けん

HOTEI Official(@hotei_official)がシェアした投稿 -

 

 

NHKは先日の「ファミリーヒストリー」に続き、出演番組の再放送を決めた。

NHK、志村けんさんをしのび『となりのシムラ』など再放送

 

 

そして、たくさんの関連記事の中で、こんな記事が。

「ビック3」とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

多くのメディアは志村さんの肩書を「タレント」と表記するが、NHKは一貫して「コメディアン」としていたように、コメディアン・喜劇役者だ。今の芸能界は総タレント時代。芸人、モデルから俳優出身者まで「タレント」としてくくり、おしゃべりタレントとしてバラエティーのひな壇に座る。志村さんは動を主にした笑い。動き、表情に「アイーン」の言葉などを入れて志村ギャグが生まれる。

 

 

さらにちょっとツッコみたくなった、こんな記事も。

「田代まさしとのコントが流れなかった」 志村けん追悼特番に「最期くらいいいでしょ」との声も

 

文脈的には「最期」じゃなくて「最後」のほうが正しいと思うが、そこをツッコみたいわけではない。

以下は上記記事から引用。

田代まさしさん(63)といえば、近年こそ薬物事件で世間を騒がせており、最近では2019年に起こした薬物事件で2020年3月4日に一部執行猶予付き有罪判決を受けたが、かつては第1線で活躍するお笑い芸人だったことは紛れもない事実だ。

 

いや、田代まさしは、いわゆる「お笑い芸人」ではない、と思う。

元はといえばミュージシャンである。

「お笑いタレント」ならありかとも思ったが、

ウィキペディアでは「お笑い芸人」と「お笑いタレント」は同義扱いされていた。

 

上記記事は署名記事であり、筆者が何歳くらいの人なのか私は知らないが、

70年代や80年代から活動していた芸能人に関する記事には、

(変なこと書いてるなぁ)と思わせられるものも増えてきたような気がする。

まあ、仕方ないのではあるが。

« 追悼番組で笑う | トップページ | ザ・ドリフターズはミュージシャンでした。明菜さんが町娘でした。 »