サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 地震に耐えられなかったヒーローたち | トップページ | ミスターと燃える闘魂と変なおじさん »

2022/02/04

わたぼうしと恵方巻

コロナの第6波で世の中が落ち着かない中、受験生のおいは今日から東京の私立4校を受けに行った。

ここ最近は、1Fで勉強しているおいからLINEで受験票PDFが送られてきて、印刷を頼まれるというのを繰り返していた。Web出願が一般化しているらしい。

私の現役時は、とにかく「金が無い、金が無い」と親が言い続けるので、私立は一つも受けず、当時は前期後期ではなくA日程B日程だったので、Aで阪大人間科学、Bで東大文3を受けた。2年後の妹も東京学芸大と大阪教育大の2校だけ。

そしていまだに「金が無い」と言い続けているが、それならまず食事のおかずを減らせと私は言いたい。2年前より9kg太って体が重い。

 

昨日は節分だった。さすがに豆まきはやらないが、恵方巻きはわざわざ買いにいった。どうやらこの家では毎年ちゃんとやっているらしい。

しかし私は今まで一回もやったことはなかったので、由来をウィキペディアで調べてみたら、その中にこんな記述があった。

 

ウィキペディア 恵方巻  http://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=48105

1983年5月には、1981年10月にNHKホールのセリから転落事故に見舞われ大怪我をした大阪市出身の河合奈保子が綴った闘病記『わたぼうし翔んだ』が出版され、文中には上京する前に毎年家族内で行われていた恵方巻きの風習の事が書かれていた。

 

河合奈保子さんの「2大NHKホール事件」の一つ、「セリから転落事故」

のあとに書かれた本の話が書かれていたが、

そんな40年近く前のアイドル本の話をされてもわかるわけが…

 

…いや、河合奈保子ファンは根強いので今でもあちこちにいる。

 

長らく廃刊だったが、

「300票を超えるリクエストに応え、復刊がついに実現!」

とのことで、去年復刊した。

 

DSC_0006DSC_0007

 

内容は今さらどうこう言うようなものでもないが、まあ無事でよかったと思う。

 

急に思い出したが、今日は、高山善廣選手の近況という記事も見た。

帝王・高山善廣の妻が近況報告「最近ちょっとムチムチしてきてしまいました」

 

 

奈保子さんについてはデビューから40年を過ぎてもうさすがに新しく出てくるものはないかなとも思うが、

いちおう「夜のヒットスタジオ」DVDボックスを期待しておこう。

« 地震に耐えられなかったヒーローたち | トップページ | ミスターと燃える闘魂と変なおじさん »