サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ

カテゴリー「音楽」の450件の記事

2017/08/18

KAORI PARADISE 2017 HAPPY 50th ANNIVERSARY ぶらりひとり旅 愛媛

愛媛・W Studio RED 19:00~20:40

2017-08-18183321

行ってきた。

1年2ヶ月ぶりの岸谷香さんのライブ。

 

前回記事は、

2016/06/12 岸谷香「はじめてのひとり旅」 愛媛・WStudioRED

 

MCで岸谷さんが調査。

  • 前回来た客と今回初めて来た客は半々くらい。
  • プリプリ全盛期に中高生だった40代が中心だが、上は70代、下は10代と20代はおらず、7才と9才の兄弟。
  • 明日のモンバス(MONSTER baSH2017・香川県国営讃岐まんのう公園)に岸谷さんも出演するが、それに行く人も、ちらほら。

 

前回も思ったが、若い頃より歌がうまくなってる気がする。

もともとがああいう声質なので、年をとっても変化を感じにくいのかもしれない。

「たとえその曲自体を知らなくても、声を聴いただけでだれの曲かわかる歌手は偉大」

と、前々から思っているが、この人もその一人。

 

客席は全体的に基本おとなしめだったので、何度も「楽しんでますか?」と確認された。が、みんな楽しんでたと思う。

 

各曲を聴きながら、生きてきたことや生きていくことに関するいろんなことに思いが至り、涙が出そうになった瞬間もあったりしたが、何がどうとは書かない。

 

 

セットリストは、今回も、早くもLivefansに上がっているので、

そちらを見ていただくとして。

 

以下、演った曲関係の感想。

 

今日の私の中でのベストアクトその1は、

絶望的に泣いている生きものへ《涙が海とおなじものなら、海も涙とおんなじなんだ》

 

タイトル長いけど。聴いてて重いけど。何をどう感じたとも書かないけれども。でも今日の一番。

岸谷香さん『絶望的に泣いている生きものへ《涙が海とおなじものなら、海も涙とおんなじなんだ》』の歌詞

 

 

今日の私の中でのベストアクトその2は、

ポラロイドGIRL

 

「絶望的に~」の紹介のときに、

「この曲は糸井重里さんが作詞で」

という話を聞いた。

この曲を知らなかった私は、

糸井重里といえば沢田研二の「TOKIO」だが、
それとはぜんぜん違うこんな歌詞も書くんだなぁ。)

と思っていた。

 

すると、その数十分後。岸谷さんが他の人に提供した曲の話をし始めた。

おぉ…。私の心のつぶやきが聞こえたわけでもあるまいが。

そうだそうだ、沢田研二の「ポラロイドGIRL」だ。

あと、松田聖子の「Precious Heart」の話も。

 

 

そしてギターで「ポラロイドGIRL」を演ったが、

途中で「GET CRAZY」に変わった。

最初から予定してたのかと思ったが、どうやら、演奏中に指が勝手に動いたっぽい。おそらくコード進行の関係で、スムーズに移行できてしまったのであろう。

 

「ポラロイドGIRL」は、沢田研二の中でそんなにメジャーな曲ではないと思うが、

私はカラオケではよく歌うし、

12年前にはジュリーが松山市民会館で演ったのを観ている。

が、岸谷さんで観られるとは思わなかった。

 

…。

ここまでずっと「岸谷さん」と呼んでみたが、

どうしても、ダンナさんの顔を先に思い浮かべてしまう。

やっぱり、「奥居香」だ。

 

 

さて、本編終了時。「最後の曲です」と言いつつ「M」を演ったけど、
実はもう1曲あることをその場の全員がわかっていた。

 

というわけで、今回も実質1時間半だったが、大満足。

ただし今回は自分の中でのいろいろな余韻を味わいたかったので、

握手会には参加せず。

 

来年もまたぜひ来てください。

2017/07/22

ヘッドホンを耳に当てていた人

作曲家の平尾昌晃さん死去 「カナダからの手紙」など多くのヒット曲手がける

平尾昌晃といえば、

  1. カナダからの手紙
  2. レッツゴーヤングの司会
  3. ものまね紅白の審査委員長

の3つである。自分が生まれる前なので、ロカビリー歌手時代は知らない。

 

私が歌えそうなのはこんな感じ。

アグネス・チャン 「草原の輝き」
梓みちよ 「二人でお酒を」
アン・ルイス 「グッド・バイ・マイ・ラブ」
五木ひろし 「よこはま・たそがれ」「夜空」
小柳ルミ子 「わたしの城下町」「瀬戸の花嫁」
ささきいさお 「銀河鉄道999」「青い地球」
沢田研二 「あなただけでいい」
平尾昌晃&畑中葉子 「カナダからの手紙」
松田聖子 「Eighteen」
水木一郎 「キャプテンハーロック」
水谷豊 「カリフォルニア・コネクション」
「やさしさ紙芝居」

久しぶりにカラオケに行かねばならない。

2017/06/21

Best Songs 1981-2017〜Live in 春日大社〜

今日は、こんなBlu-Ray&CDが届いた。

20170621-185222-0

基本的にはライブアルバム(=CD)だが、

初回限定盤Aは春日大社で行われたライブ映像のBlu-Rayつき。

(初回限定盤Bは同じくDVDつき)

 

 

そうか、奈良でライブをやったのか。

行きたかったなぁ。

…。

いやいやいや、私は行きましたよ。

飛行機で伊丹へ行って京都までバスで行って

鉄道博物館経由で、奈良まで。で、帰りは夜行バスで。

2016/09/26 世界遺産劇場 春日大社 第六十次式年造替奉祝 薬師丸ひろ子コンサート

 

20170621-211555-020170621-211616-020170621-211719-0

 

2017/2/23 南野陽子コンサートのBlu-Ray

で、すでに一度書いているが、

2015~2016年の関西遠征シリーズの4つは、

どれも本当に良いライブだった。

 

 

そして、今回のCD&Blu-Rayで使われている写真やブックレットは、

ナンノの時と同様、かなりしっかりしたよいものだった。

 

そのブックレットの中では、井上陽水と対談していたが、

今までに2人の接点がどこにあったのか私は覚えていなかった。

 

が、♪すてきなこいのー わすれかーたー 以来、

32年ぶりに新曲を提供したらしい。

薬師丸ひろ子、初のライブアルバムに井上陽水書き下ろしの新曲も

 

そしてその対談の中には、

「僕とタモリさんとでお宅へおしかけたことがありましたよね(笑)」

という一節が。

 

(陽水とタモリが薬師丸ひろ子の家に押しかけるとは、

いったい、どういうつながりであろうか?)

と思いつつ、続きを読むと、

 

「とにかく、私が絶賛結婚中の頃でした(笑)」

あぁ、そうか。

それなら何の不思議もない。

 

♪あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ

2017/06/09

35年を通して聴く

安全地帯と玉置浩二のベストが最近発売された。

それぞれ35周年と30周年である。

が、購入はせず。

 

玉置浩二のソロアルバムは若干買っていないものもあったが、

安全地帯の方は、今までのアルバムをすべて購入しているので、

その音源を使って、今回のベスト盤とほとんど同じものが作れた。

anzenchitai

30曲を通して昨日聴いてみた。

あらためて、素晴らしい歌声、良い曲ばかりである。

 

「ワインレッドの心」の時、私は中2だった。

35年はあっという間。

2017/06/05

大大掃除継続中

天袋の中に全然使っていなかったバッグがたくさんあったので処分。

 

そのバッグの下に敷いてあったダンボールも取り出してみたら、

20170605-224722-0

1996年2月発表のFMV DESKPOWER SP。

かんたんな紹介が富士通のこのページに。

  • Pentium(133MHz)を採用したデスクトップ・ハイパワーモデル
  • ハードディスク1GB、メモリ16MB、4倍速CD-ROM標準装備 ステレオスピーカ標準添付

だそうである。

 

 

3部屋あるうちの1部屋はすでに片付いたが、2部屋目が崩壊中。

押し入れの中の細々したモノを処分していかなければならない。

 

作業の最中、AmazonStickを使って、GYAOで動画を視聴。

ベスト盤が出たばかりの安全地帯とか、

こないだミュージックフェアに出ていた原田知世とか、

杏子とか大塚愛とか椎名林檎とか。

 

やはり玉置浩二の歌声は素晴らしいが、

今年の高松のライブには行かない。

むしろ鳴門の鈴木雅之に行きたい。

あるいは同じ鳴門の米米CLUBとか。

2017/05/04

年に2日しか飲まない、1日目

1日(月)の夜

一つ前の記事で、

もう若くないさと自分に言い訳した。

と書いた数時間後。

 

ホテルでテレビを視ていたら、

ばんばひろふみが「いちご白書をもう一度」を歌っていた。

 

名曲。

しかし私には、「もう若くないさと言い訳する君」がいない。

 

 

2日(火)

当初の予定通りに境港の水木しげるロードに行ったものの、

やはり観光客が多すぎたので、見学はやめて、

玉造温泉にUターン。

 

14年前に泊まった佳翠苑皆美の前を通過して、

その後10:30から帰路。

 

13時には今治通過。14時過ぎに自宅。

尾道道がつながってくれたおかげで、松江は思いのほか近くなった。

 

 

3日(水)

7:40出勤

~10:00 職員旅行時程の策定

~17:00 某データベースのリニューアル

 

 

4日(木)

8:00出勤

~17:30 前日とは異なる某データベースのリニューアル

 

19:00~23:00 数年ぶりの飲み会。

嫌いな人、苦手な人がいなかったので、きわめて平和。

2017/04/22

2017年4月版・今年観に行くかもしれないイベント

恒例の、今年観に行くかもしれないイベントのリスト。

イベント 日付 会場 状況
新日本プロレス 2017/5/5 松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール ×
特撰!ひめぎんホール寄席 2017/5/14 ひめぎんホール メインホール ×
大日本プロレス 2017/6/18 松山市総合コミュニティセンター 企画展示ホール
DDTプロレスリング 2017/6/18 松山市総合コミュニティセンター 企画展示ホール
WAHAHA本舗全体公演「ラスト3~最終伝説~」 2017/7/22 松山市民会館 大ホール
辻本茂雄 絆で30周年記念ツアー
2017/7/30
松山市民会館 大ホール
新日本プロレス 2017/8/4 アイテムえひめ
岸谷香 2017/8/18 W studio RED 
松竹大歌舞伎 2017/9/12 ひめぎんホール メインホール
渡辺美里 2017/11/23 松山市民会館 中ホール

 

  • ◎チケット確保済み
  • ○行くつもり
  • △考え中
  • ×行かないまたは行けない

 

 

今年1月にファンタスティカマニアで松山に来た新日本

今度の5月のチケットもほぼ売り切れ。

 

そして、

去年まで高松遠征を3年続けてきたが、

ついに、

松山にG1クライマックスがやってくる

 

アイテムえひめはG1の会場としてはかなり狭いとは思うが、

とにかく地元開催は非常にありがたい。

 

 

大日本とDDTの昼夜興行は、ここ数年の恒例。

どっちも行かないか、どっちかは行くか、両方行くか。

考え中。

 

 

岸谷香は去年の6月に観た。もう来ないかと思っていたが、

1年2ヶ月ぶりにまた来てくれるようなので、

さっそくチケットを確保した。

 

ワハハ本舗と辻本茂雄は、どっちかというと行く方向で考え中。

 

松竹大歌舞伎は、平日だがうちの会社のイベント代休日なので、

これも行く方向で。

いや、奥さんは出ないけど。

2017/04/07

私がオジさんになったから

疲れた。

 

31日(金)から7日(金)まで、

つまり、14日目から21日目までの間に、

激怒案件が1件。

詳細省略。

 

 

その他、

  • LANケーブルの破損3件を、Sくんが私の代わりに直してくれたこと。
  • 書類を取りに来たか何かの理由でFさんがOA室に現れたおかげで、とある書類を新規作成しなくて済んだこと。

 

以上2点に感謝する以外の、

この間の仕事内容の一切は、省略。

 

 

21日間以上のフル稼働で疲れてはいるが、

3日目に購入したストレッチ棒

のおかげで肩と脇と首の激痛がないのが救い。

 

 

疲れた。

 

わかってくれとはいわないが、そんなに俺が悪いのか?

20170407-163928-0

 

15:00~17:00 キスケ。

 

20170407-150246-0

今日の最高点は松田聖子。

 

20170407-153647-020170407-160151-0

中森明菜と菊池桃子でバーチャル花見。

 

 

今日の曲目は、私の基本、80年代女性アイドル

曲順 曲名 歌手名 デビュー年 発売年
1 エスカレーション  河合奈保子 1980 1983 13thシングル
2 野ばらのエチュード  松田聖子 1980 1982 11thシングル
3 し・の・び・愛  柏原芳恵 1980 1985 25thシングル
4 SHADOW SUMMER  石川秀美 1982 1986 19thシングル
5 信じかたを教えて  松本伊代 1981 1986 19thシングル
6 誘惑光線・クラッ!  早見優 1982 1984 9thシングル
7 迷宮のアンドローラ  小泉今日子 1982 1984 10thシングル
8 二人静-「天河伝説殺人事件」より  中森明菜 1982 1991 26thシングル
9 悲しき恋人たち  長山洋子 1984 1987 10thシングル
10 軽井沢コネクション  荻野目洋子 1984 1987 7thアルバム「246コネクション」より
11 恥ずかしすぎて  南野陽子 1985 1985 1stシングル
12 卒業~GRADUATION~  菊池桃子 1984 1985 4thシングル
13 憧れ  岡田有希子 1984 1984 1stアルバム「シンデレラ」より
14 情熱  斉藤由貴 1985 1985 4thシングル
15 つばさ  本田美奈子 1985 1994 19thシングル
16 ただ泣きたくなるの  中山美穂 1985 1994 28thシングル
17 私がオバさんになっても  森高千里 1987 1992 16thシングル
18 ギザギザハートの子守唄  チェッカーズ 1983 1983 1stシングル

 

  • 痛恨の、堀ちえみ忘れ
  • もしかしたら間違えたかもと思ったらやっぱり間違えてた、
    南野陽子は84年ではなく、85年デビュー
  • 83年デビューと86年デビューの人たちの曲がないのは、私の場合いつものこと。
  • 87年の工藤静香は時間切れで歌えず。

 

どれも基本なのでそこそこ高得点が出せたが、

本田美奈子の「つばさ」だけは、やっぱり難しかった。

 

参考:デビュー年で振り返る栄光のアイドル達(女性編)

2017/02/19

会社の端っこで全力で歌う

18日(土)

昼前に4課の営業が1つ入っていたが、

その前に、

「うちの会社の広大な敷地の一番端っこに、

寒風吹きすさぶ中、四、五十分、立ってろ」

という、

前後の文脈無しで書くと単なる罰ゲームのように見える、

ほぼ毎年恒例の仕事があった。

 

前にもやったことがあるような気があるが、

10時からでいいところを、9時45分くらいに行って、

半径100メートル以内にだれもいないことを確認して、

声を張り上げ、

歌ってみた。

 

歌詞を覚えていて歌えたのは、

  1. また逢う日まで 尾崎紀世彦
  2. 異邦人 久保田早紀
  3. 勝手にしやがれ 沢田研二
  4. 時の過ぎゆくままに 沢田研二
  5. ガンダーラ ゴダイゴ

 

その時心が何かを話すとはかぎらず

心の傷は埋まらない

朝まで独りでふざける元気はすでになく

私はすっかり疲れてしまった

どうしたら行けるのだろう 教えてほしい

 

とりあえず10分だけだったが、

最近歌いに行っていないので、満足した。

2017/02/13

さらば恋人と私の城下町

今日の新聞を見るまで知らなかったが、こんな番組が。

歌のゴールデンヒット〜オリコン1位の50年間〜

 

というわけで、まったく予定していなかったが、

堺先生を連日投入

20170213-205032-0

1位を特集している番組なのに、「さらば恋人」は2位。

私がカラオケで歌うときは、「街の灯り」よりもこっちのほうが得意。

「熱き心に」の数年間のあと、しばらくこの曲が最高記録だった。

 

20170213-205125-0

そして、その時の1位は、

20170213-205154-020170213-205239-020170213-205900-020170213-205932-0

 

この番組は4時間番組なので、

これを書いている最中もまだ放送中で、

この場面のあともまだまだ紹介したいことがいっぱいあるが、

とりあえず、この記事はここで終わり。

より以前の記事一覧