サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ

カテゴリー「芸能・アイドル」の493件の記事

2018/07/15

7月13日 ノートPC交換の準備をしてください。

13日(金)

中森明菜さんと石川秀美さんの誕生日(1年違い)

それを見越して、前日2人ともカラオケで歌っておいた。

 

会社はイベント真っ最中。

特に何事もなく終了。

 

 

途中、Aさんから、ノートPC交換の準備として、データバックアップ作業を依頼された。

Aさんの仕事はテキストベースなので、さほどのデータ量ではない。

メールもThunderbirdなので、バックアップソフトMozBackUPを使って簡単にバックアップ完了。

 

12時。Kくんに挨拶して退勤。

2018/07/12

7月12日 歌があるので生きている

12日(木)

渡辺美里さんの誕生日。

朝から平方根からみの計算問題に取り組むが、

字が小さすぎて、見えない。

12時半退勤。

 

18時。1年ぶりに自転車に乗って外出。

3月以来の飲み会だが、体調が必ずしもよくはないので、烏龍茶メイン。

メンバー的には大丈夫な人ばかりだと思うが、私もすっかり年をとってしまい、上から数えたほうが早い。Sさんはいたが、隣のテーブル。こっちには年上のOさんがいるが、ほぼ同世代。

…いや、ここにはAさんがいる。おかげでだいぶ若返った。

 

トークテーマは、

老眼の苦労

宝くじがあたったら

など。

やっぱりみんな歳をとっている。

 

20時半の終了の間際。

財布を探って、とあるカードを取り出すと、向かいの席のSくんが言った。

S:「行くんですか?」

私:「行くよ。ここからなら帰り道やから」

S:「いや、そこ通るのは、Yさんの家への最短経路じゃないでしょ?」

私:「…細かいツッコミありがとう。でも行くけど」

 

 

20:45~22:45 キスケカラオケWAO

前回、JOYSOUNDの厳しすぎる採点でとうとう見切りをつけたので、今日はDAM。

1 待つわ(生音) あみん
2 3年目の浮気(生音) ヒロシ&キーボー
3 ハイティーン・ブギ(生音) 近藤真彦
4 聖母たちのララバイ(生音) 岩崎宏美(益田宏美)
5 渚のバルコニー(生音) 松田聖子
6 セカンド・ラブ(生音) 中森明菜
7 心の色 中村雅俊
8 すみれSeptember Love(生音) 一風堂
9 約束(生音) 渡辺徹
10 ラ・セゾン アン・ルイス
11 色つきの女でいてくれよ ザ・タイガース
12 もっと 遠くへ… 渡辺美里
13 虹をみたかい(tokyo mix) 渡辺美里
14 ロンリー仮面ライダー 子門真人
15 SHADOW SUMMER 石川秀美
16 竹内まりや30周年記念メドレー 竹内まりや
17 哀しい人(生音) 中村雅俊
18 空蝉 中村雅俊

 

今日は調子が良い日だった。2018-07-122124592018-07-12214614

7月11日 80年代歌謡曲を歌う若い客たち

11日(水)

橋本真也さんの命日。

 

私と同様に岡田有希子さんの命日は必ず覚えている新日本プロレスの小島聡選手は、

橋本選手の元付き人であるが、

 

忘れかけていたらしい。

 

 

さて。

通常営業が今日でいったん終わる。

しかし、今日は朝から新たな仕事をぶっこまれた。

が、言われたことのほとんどは聞くことになっているので、15日と18日の出社がほぼ決定。

 

 

今日はいつもの実習室ではなく、別の部屋へ。

13時50分から営業開始だが、13時40分過ぎに行ってみたら、

客たちがわいわいがやがや雑談していた。

その中の数人が、歌っていた。

 

某1:「『♪涙の数だけ強くなれるよ』って何だっけ?」

私:「95年の岡本真夜、TOMORROW…ってなんでそんな古い歌を?」

某2:「♪わたしまーつわ」

私:「82年、あみん」

某1:「いーなーせだねっ」

私:「それはあれだな。最近倖田來未がカバーしてる」

某2「何でしたっけ」

私:「『め組のひと』、ラッツアンドスター」

某2:「私、『異邦人』好きなんですよ、♪こどもたちがーそらにむかいー」

私:「それは79年。で、君たちはいくつなんですか?」

某1:「80年代のうた、好きなんです。」

某2:「わたしがおばさんになぁあってもっ」

某1:「はろーうぇー」(←Wink「淋しい熱帯魚」)

私:「私はそのへんが専門です」

某2:「じゃあ、『スニーカーぶる~す』は?」

私:「基本。」

某2:(某3に向かって)「この子、『天城越え』を知らないっていうんですけど、どう思います?」

私:「いや、しらんやろ。もし知ってたとしても『津軽海峡・冬景色』じゃないか?」

 

この手の話をし始めると、いつまででも話し続けられるのであるが、

13時50分になってしまったので、終了。

 

彼女たちがなぜ80年代歌謡曲を知っているのかと思ったが、おそらくは親の影響。

2018/06/16

ケニーさんと珠理奈さん

9日の新日本プロレス大阪城ホールの、メインイベントの試合終了後のリング上.。

 

オカダ・カズチカとの時間無制限三本勝負というものすごい激闘を制したケニー・オメガは、

日本語が達者。

 

「この10年、いろいろなことが達成してきた。もちろん、最後は、最後の目標は、このIWGPヘビー級チャンピオンです。

(場内、拍手)

もし、このベルト獲ったら、もう日本に離れるかもしれないと思ってました。

(場内、ざわめく)

「ですけれども、今日の大会中で、さっきの試合中で、プロレスの未来を見てました。」

(場内、拍手)

「プロレスはほんとに進化したのを感じ、だから、だからさぁ、新日本のリーダーで、新日本のチャンピオンで、次のステップ、前を進みたいと思ってます。」

(場内、大歓声)

 

 

 

16日の第10回AKB総選挙ナゴヤドームの、1位発表後のステージ上。

 

1位を獲得したのは、松井珠理奈

 

「だから、大切なファンの方をがっかりさせるようなことは言いたくないけど…、

私は総選挙1位がゴールだと思ってやってきました。

今1位になりました。

だからぁ、、卒業、しません

(場内、大歓声)

「やっと気づきました。48グループにまだ必要と思ってもらえてるんだなって。」

(場内、拍手)

(泣き顔で)「うれしい…本当にうれしい。…泣かない。チャンピオンが泣いてちゃいけない。」

 

 

松井さんはワールドで大阪城ホールの試合を視たと言っていた。

それを意識したのかどうかはわからないが、この部分の話の展開は、ケニーとほぼ同じ。

 

 

ともあれ、私は投票してないが、一プロレスファンとしては松井珠理奈さんの1位は、めでたい。

今後も可能な範囲でプロレスを観続けていただきたいものである。

2018/06/11

設定がおかしい

11日(月)

17時半過ぎから、Hくんと会議。

議題は、

オメガがオカダの長期政権に終止符を打つ ジェリコ大暴走で内藤からIC王座奪取

小川直也がプロレス&格闘技引退!柔道界正式復帰へ

 

 

新日本は大幅に王座交代が行われたので、今後の展開が謎。

 

そして、松山に住んでいると、小川直也を生で観る機会などなさそうに思えるが、

実はZERO-ONE参戦時に松山で試合をしたことがあるので、その時観た。

 

たぶんWくんと一緒に、

橋本&小川組の対戦相手だったザ・プレデターが場外乱闘でチェーンを振り回すので、

逃げ惑ったような気がする。

 

 

 

 

日々、

会社に行って、

セブンスターに行って、

帰って、

風呂に入って、

寝る

 

の繰り返しで、つまらないので、

今日は、六軒屋のセブンスターに行ってみた。

 

床面積は南江戸より狭い気がしたが、

イートインスペースが南江戸より入りやすい感じだったので、

買い物直後に、そこで夕食。

 

 

そして、自宅へ戻ろうとしたが、このコースだと、

 

19:20~21:20 キスケカラオケWAO

 

明日は午前休みなので、今日は少々疲れても大丈夫。

久しぶりに、年を追って1曲ずつ歌ってみることにした。

 

 

が、しかし…

JOYSOUNDのリモコンで検索した「あの頃のヒット曲」が、おかしい。

各年の1位の曲を歌うことにしたが、

1曲めの1969年の1位が、「長崎は今日も雨だった」だという時点で、かなりの違和感。

2年続けて同じ曲が1位の場合は2位を歌うことにしたが、それにしてもちょっとおかしい

 

その後も、「確かにヒット曲ではあるが、1位ではないだろう」という曲ばかりが1位に。

ランキングの基準がわからない。

ピンク・レディーやジュリーが無視されているような気がする。

  曲名 歌手名  
1 長崎は今日も雨だった 内山田洋とクール・ファイブ 1969
2 LET IT BE《本人映像》 THE BEATLES 1970
3 雨の御堂筋 欧陽菲菲 1971
4 喝采 ちあきなおみ 1972
5 YESTERDAY ONCE MORE《本人映像》 CARPENTERS 1973
6 神田川 かぐや姫 1974
7 サボテンの花《本人映像》 チューリップ 1975
8 なごり雪 イルカ 1976
9 津軽海峡・冬景色《本人映像》 石川さゆり 1977
10 酒と泪と男と女 河島英五 1978
11 いとしのエリー サザンオールスターズ 1979
12 恋《本人映像》 松山千春 1980
13 ツッパリ High School Rock'n Roll〈登校編〉《生演奏》 横浜銀蠅 1981
14 赤いスイートピー《生演奏》 松田聖子 1982
15 ロンリー仮面ライダー 子門真人  
16 ロンリー・チャップリン 鈴木聖美 WITH RATS&STAR  
17 捨てられて《本人映像》 長山洋子  
18 夏のステージ・ライト 荻野目洋子  
19 AGAIN -アゲイン 渡辺徹  

 

横浜銀蝿の時点で嫌になり、

松田聖子の次の1983年の1位が「居酒屋」(五木ひろし&木の実ナナ)なのを見て、やめることにした。

 

そして数年前のJOYSOUNDの採点基準の変更に伴って私が高得点を取れなくなったのも、相変わらず。

 

今日は、満足できたのは最後の2曲だけだった。

久々に歌ったが、「夏のステージライト」はやっぱりいい曲。

 

 

そして、小泉今日子が若い。

2018/05/28

亡くなった人と、人を殺した人

28日(月)

先週末から引き続き、私は直接関係しないイベント期間中なので、ヒマ。

スマホ版のドラクエがセール中だったので、3をダウンロードしてずっとやっている。

ネット囲碁も毎日5局くらい。

 

昨日の坂井泉水さんの命日は覚えていたが、今年はまだDVDは視ていない。

 

西城秀樹さんのニュースはいろいろあったが、こんなのとか。

27日放送に「ヒデキ」登場 西城秀樹さんら昭和スターを『ちびまる子ちゃん』で知った世代も

記事中に挙がっているのは、西城秀樹・にしきのあきら・山口百恵・山本リンダ

みんな、私にとってはあたりまえのスターたちだが、

70年代は、すでにはるかかなた。

 

 

別方面のニュースではこんなのとか。

4人死傷事故 運転していた90歳女を逮捕へ

28日午前11時前、茅ケ崎市元町の国道1号線で、90歳の女が運転する車が、横断歩道を渡っていたとみられる男女4人をはね、女性1人が死亡し、男女3人が軽傷を負った。
女は、任意の調べに対し、「赤信号とわかっていたが、歩行者が渡り始めていないので行けると思った」という趣旨の話をしていて、警察は自動車運転過失致死傷の疑いで逮捕状を請求する方針。

なかなかにひどい供述である。そして、その結果、人が一人殺されている。

 

その一方で、こんなのも。

70年前死別の兄を名乗る電話、ニセ札束で対応

約70年前に死別した兄を名乗る電話を受けた男性(85)が詐欺に気づき、チラシで偽の札束を自作するなど、だまされたふりをしたことが逮捕につながったという。

 

 

若くして亡くなる人もいるし、年とってから人を殺す人もいるし、年とってもまともな判断をできる人もいる。

 

死ぬのは怖いが、長生きするのがいいことだとも思わない。

さて、私はいつまで生きていることやら。

2018/05/17

あのころの芸映の人たち

私の専門は、昨日の記事にも表れているように、

80年代のアイドルあるいは歌謡曲

であるが、

しかし…

 

 

17日(木)

営業が終わって、昼ごろ。

iPadにニュース記事の通知。

 

!!

これは…。

 

前回がいつだったか覚えていないくらい、ここ最近行っていなかったが、

今日はどうしてもカラオケに行かなければならない

 

 

 

 

18:50~20:50 キスケカラオケWAO

曲順 曲名 歌手名
1 激しい恋《生演奏》 西城秀樹
2 情熱の嵐 西城秀樹
3 愛が止まらない ~Turn it into love~ 西城秀樹
4 抱きしめてジルバ -Careless Whisper- 西城秀樹
5 ブーメラン ストリート 西城秀樹
6 ブルースカイ ブルー 西城秀樹
7 眠れぬ夜 西城秀樹
8 愛の園 西城秀樹
9 ギャランドゥ 西城秀樹
10 傷だらけのローラ 西城秀樹
11 YOUNG MAN[Y.M.C.A.] 西城秀樹
12 唇のプライバシー 河合奈保子
13 熱風 石川秀美
14 女優 岩崎宏美
15 赤い風船 浅田美代子
16 雪にかいたLOVE LETTER 菊池桃子
17 PRIDE《本人映像》 今井美樹

 

今日のテーマはとてもはっきりしている。

今日歌ったのは、

芸能事務所「芸映」に所属していたことがある人たち。(菊池桃子さんは系列事務所)

 

 

 

西城秀樹さん死去 63歳 最期まで「生涯歌手」

浅田美代子、西城秀樹さんを追悼 同時期にデビュー「どれだけ無念だったことでしょう」

西城秀樹が遺したメッセージ「2度の脳梗塞には感謝している」 追悼・西城秀樹 生前語った「3度目の人生」

 

 

彼がいなければ、河合奈保子さんも、石川秀美さんも、芸能界にはいなかった。

 

めったなことでは世間に出てこなくなっている奈保子さんだが、今回はコメントを発表した。

『秀樹の妹』河合奈保子「ショック過ぎて言葉が出ません、、」

 

 

奈保子さんのファンを長年やっている者としても、

子どもの頃に、「カックラキン大放送」や「8時だよ全員集合」や各種歌番組で彼を視ていた者としても、

気づくのに47年くらいかかったが、

軽度とはいえ彼と同じく脳梗塞によるマヒで苦しんだことがある者としても、

たいへん残念なことである。

 

 

松山で彼が歌うのを観る機会は、あったような気がするのだが、

結局行かなかったのが、今となっては悔やまれる。

 

 

 

青空よ 心を伝えてよ

悲しみは余りにも大きい

青空よ 遠い人に伝えて

さよならと

(「ブルースカイブルー」)

2018/05/16

昭和を代表するスーパーアイドル

16日(水)

15時前。夏のイベントの前哨戦で、1FのMさんのPCをWin10化。

必要な作業はあらかじめOA室でやっておいたので、短時間でセットアップは済んだ。

 

その終了後。

私:「今日の夜、斉藤由貴がテレビに出るらしいよ」

M:「あぁ、そうそう。視ます」

 

 

というわけで、私も視た。

「1周回って知らない話 芸能人の事情SP」

斉藤由貴、テレビ初登場の長女の「普通のお母さんよりスリリングな方が好き」に涙ぐむ

 

 

 

斉藤由貴はアイドル以外のなにものでもない

と、私は思うのだが、

どうやら世間ではそうではないらしい。

 

20180516-223324-020180516-223349-020180516-223150-020180516-223211-020180516-223227-020180516-223405-020180516-223432-020180516-223522-020180516-223546-020180516-223606-020180516-222840-0

69年生まれの私には、あのCMも、「卒業」も、基本中の基本。

 

 

20180516-222952-020180516-223030-0

本人が思ってるほどには下手ではないと思う。スタジオの他のゲストの反応もそう。

 

20180516-223059-020180516-223114-0

ただ、歌番組へのやる気の無さはみんながそう思ってた。

 

20180516-223643-020180516-222431-0

私は視ていなかったが、流行った「スケバン刑事」と、

当時みんながツッコんだ、謎の振り付けの「夢の中へ」

 

 

20180516-222239-0

コーナー後半では本人の長女にインタビュー。

長女の強烈な発言。

なかなかの内容の記者会見だったのに、テレビに普通に出られているのが不思議。

ベッキーとの違いがよくわからない。

 

 

 

その他、日テレなので「ザ・トップテン」の過去映像が多数流れた。

20180516-222524-020180516-222718-020180516-222748-020180516-222556-020180516-222622-020180516-222643-0

平成も30年ともなると地上波ではめったに見られない河合奈保子さんをひさびさに視た。

取り上げられ方はいかがなものかと思うが、「唇のプライバシー」は名曲。

 

 

 

荻野目ちゃんはこの時代によくまぁ再ブレイクしたものだと思うが、

荻野目ちゃんや斉藤さんのみならず、売れた80年代アイドルは大勢いた。

が、それももうずいぶん昔のことになってしまった。

2018/04/13

オマエはヒラタだろうっ

なんやかんやで忙しい。

 

人々が書類処理などを行っている中、

私はというと、

 

昨日は、

汚れのせいでうまく動かないマークシートリーダーをクリーニング。

かなり長時間かかったが、イマイチ。

 

今日は、

2F某所で原因不明で接続できなくなったLANケーブルの修理をSくんに頼んだが、

それでもうまくいかなかったので、

ついに自分で端子の交換。

 

しかし結局失敗したので、新たにハブとケーブルを持ってきて配線のやり直し。

その配線の確認のために、

ありえない高さの踏み台昇降運動

を繰り返すことになってしまって、疲れた。

 

ただし、例年のこの季節は呼吸が苦しい感じがあるのだが、今年はそれはない。

 

 

 

この間、プロレス方面のニュースはいろいろあった。

 

 

そして、去年もまったく同じことを書いていた、私と、小島聡選手。

 

 

やっぱり、春は、楽しくはない。

2018/04/08

25周年と、32年

6日(金)

12:30出勤

例年とは比較にならないほど楽だったとはいえ、

仕事が落ち着いてみると、やはり、右肩と右脇が痛い。

11時から、いつもの整体に行って、施術してもらって、完全に回復。

 

恐ろしいのは、わずか2日前なのに、すでに何の仕事をしたのかの記憶がない。

夕方、私を除くOA室のメンバーがスケジュール表の印刷をしていたのは覚えているが、

あとは何をやっていたのかさっぱり。

 

17:00退勤。

 

 

7日(土)

7:30出勤

会議&写真撮影日。

 

4人しかいないうちの課のメンバーが、全員なんやかんやで会議中に登場。

  • 会議開始直後のまだみんながあんまり落ち着いていない状況で結婚報告をしたTさん。
  • 会議でしゃべりなれていないのに、そつなく説明をこなすYさん。
  • 会議でしゃべりなれていないので、無駄に話が長いSくん。
  • 私の計算では2006年以降の12年しか働いていないのだが、どういうわけか25年勤続表彰された私。

 

どうやら前の職場から通算で数えられたらしい。

会議終了後、前の職場のFさんや、カラオケ部だったOさんたちから、

もう25年も経ったかぁ

と言われた。

 

会議終了後、写真撮影。

何度も書くが、

私は斜視なので、写真撮影は嫌いである。

 

そしてうちの課はメンバーの入れ替わりがないので、

写真撮影に対して、4人ともあんまりやる気がない。

 

写真屋さんの指示に従って、みんなが真面目に立ち位置を決め服装を整えている最中。

向かい側から急に割り込んできた人がいた。

 

私:「社長、じゃまっ!どっか行ってください。」

C:「ごめん」

 

別棟に用事があったらしい社長は、通り道で写真撮影していたので、ちょっと遊んでみたかったらしい。

 

 

その後は、人々がバタバタしている一方、私には特に急ぎの用がない。

私は職種が違うのだ。

人々が忙しい時、私はヒマで、

私が忙しい時、人々はヒマなのだ。

 

12:30退勤

 

 

 

 

8日(日)

9:30出勤

あぁ、なんとしあわせな日曜日。

 

…!!

これを書いている今、思い出した。

今日は、

岡田有希子さんの命日であった。

 

32年経った。

あとで、アルバムを聴こう。

 

 

 

例年のこの時期はまだ、精神も肉体も疲弊しきっているので、

自分の営業の準備や実習室の整備をすることができないのだが、

今年は余裕。

 

実習室は今年で10年目を迎え、各種設備がぼろぼろである

今回は、

  1. どういうわけかここ数ヶ月、点かなくなってしまっているた中間モニタ数台の、原因追究。
  2. バックアップサーバーの新規導入
  3. シンクライアントイメージの更新

という3つをどうにかしなければならない。

 

 

営業で地味に一番困るのは、1の中間モニタの不調であるが、

なんやかんや調べた結果、ようやく原因判明。

中間モニタの管理機と中間モニタを繋いでいるLANケーブルの破損

であった。

さいわい新品の10mのLANケーブルがあったので、それに変えたら点いた。

が、ケーブルを床に埋めるのがだるい。

明日Sくんに手伝ってもらおう。

 

 

2Fメインフロアには何人かの人が出勤していた。

1課Mさんが言った。

「LANが断線してるんです」

…あぁ、それもSくんに頼もう。

LANケーブルは消耗品だ。

 

 

そして1課長Sさんと雑談していると、彼が言った。

S:「もしおヒマなら、あれをもう一回出してほしいんですけど」

私:「えっ!何で?あれは明日客に配るやつやろ?で、しばらく経ったら失くす客が現れるから、そのための予備としてあらかじめ2枚印刷したやん?何でこのタイミングで2枚とも使えなくなったん?」

S:「すいません。切り損ねたのと、ホルダーに入れそこねてぐちゃぐちゃになったのと」

私:「まじかー。長年これ印刷してるけど、客に配る前のこのタイミングで2枚ダメにするって、ないわぁー。オレが元気だからよかったけど(笑)」

S:「すいません(笑)」

 

というわけで、1課長のために、追加で3枚、名札を印刷した。

 

12:30退勤

より以前の記事一覧