サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ

カテゴリー「芸能・アイドル」の445件の記事

2017/08/18

KAORI PARADISE 2017 HAPPY 50th ANNIVERSARY ぶらりひとり旅 愛媛

愛媛・W Studio RED 19:00~20:40

2017-08-18183321

行ってきた。

1年2ヶ月ぶりの岸谷香さんのライブ。

 

前回記事は、

2016/06/12 岸谷香「はじめてのひとり旅」 愛媛・WStudioRED

 

MCで岸谷さんが調査。

  • 前回来た客と今回初めて来た客は半々くらい。
  • プリプリ全盛期に中高生だった40代が中心だが、上は70代、下は10代と20代はおらず、7才と9才の兄弟。
  • 明日のモンバス(MONSTER baSH2017・香川県国営讃岐まんのう公園)に岸谷さんも出演するが、それに行く人も、ちらほら。

 

前回も思ったが、若い頃より歌がうまくなってる気がする。

もともとがああいう声質なので、年をとっても変化を感じにくいのかもしれない。

「たとえその曲自体を知らなくても、声を聴いただけでだれの曲かわかる歌手は偉大」

と、前々から思っているが、この人もその一人。

 

客席は全体的に基本おとなしめだったので、何度も「楽しんでますか?」と確認された。が、みんな楽しんでたと思う。

 

各曲を聴きながら、生きてきたことや生きていくことに関するいろんなことに思いが至り、涙が出そうになった瞬間もあったりしたが、何がどうとは書かない。

 

 

セットリストは、今回も、早くもLivefansに上がっているので、

そちらを見ていただくとして。

 

以下、演った曲関係の感想。

 

今日の私の中でのベストアクトその1は、

絶望的に泣いている生きものへ《涙が海とおなじものなら、海も涙とおんなじなんだ》

 

タイトル長いけど。聴いてて重いけど。何をどう感じたとも書かないけれども。でも今日の一番。

岸谷香さん『絶望的に泣いている生きものへ《涙が海とおなじものなら、海も涙とおんなじなんだ》』の歌詞

 

 

今日の私の中でのベストアクトその2は、

ポラロイドGIRL

 

「絶望的に~」の紹介のときに、

「この曲は糸井重里さんが作詞で」

という話を聞いた。

この曲を知らなかった私は、

糸井重里といえば沢田研二の「TOKIO」だが、
それとはぜんぜん違うこんな歌詞も書くんだなぁ。)

と思っていた。

 

すると、その数十分後。岸谷さんが他の人に提供した曲の話をし始めた。

おぉ…。私の心のつぶやきが聞こえたわけでもあるまいが。

そうだそうだ、沢田研二の「ポラロイドGIRL」だ。

あと、松田聖子の「Precious Heart」の話も。

 

 

そしてギターで「ポラロイドGIRL」を演ったが、

途中で「GET CRAZY」に変わった。

最初から予定してたのかと思ったが、どうやら、演奏中に指が勝手に動いたっぽい。おそらくコード進行の関係で、スムーズに移行できてしまったのであろう。

 

「ポラロイドGIRL」は、沢田研二の中でそんなにメジャーな曲ではないと思うが、

私はカラオケではよく歌うし、

12年前にはジュリーが松山市民会館で演ったのを観ている。

が、岸谷さんで観られるとは思わなかった。

 

…。

ここまでずっと「岸谷さん」と呼んでみたが、

どうしても、ダンナさんの顔を先に思い浮かべてしまう。

やっぱり、「奥居香」だ。

 

 

さて、本編終了時。「最後の曲です」と言いつつ「M」を演ったけど、
実はもう1曲あることをその場の全員がわかっていた。

 

というわけで、今回も実質1時間半だったが、大満足。

ただし今回は自分の中でのいろいろな余韻を味わいたかったので、

握手会には参加せず。

 

来年もまたぜひ来てください。

2017/06/21

Best Songs 1981-2017〜Live in 春日大社〜

今日は、こんなBlu-Ray&CDが届いた。

20170621-185222-0

基本的にはライブアルバム(=CD)だが、

初回限定盤Aは春日大社で行われたライブ映像のBlu-Rayつき。

(初回限定盤Bは同じくDVDつき)

 

 

そうか、奈良でライブをやったのか。

行きたかったなぁ。

…。

いやいやいや、私は行きましたよ。

飛行機で伊丹へ行って京都までバスで行って

鉄道博物館経由で、奈良まで。で、帰りは夜行バスで。

2016/09/26 世界遺産劇場 春日大社 第六十次式年造替奉祝 薬師丸ひろ子コンサート

 

20170621-211555-020170621-211616-020170621-211719-0

 

2017/2/23 南野陽子コンサートのBlu-Ray

で、すでに一度書いているが、

2015~2016年の関西遠征シリーズの4つは、

どれも本当に良いライブだった。

 

 

そして、今回のCD&Blu-Rayで使われている写真やブックレットは、

ナンノの時と同様、かなりしっかりしたよいものだった。

 

そのブックレットの中では、井上陽水と対談していたが、

今までに2人の接点がどこにあったのか私は覚えていなかった。

 

が、♪すてきなこいのー わすれかーたー 以来、

32年ぶりに新曲を提供したらしい。

薬師丸ひろ子、初のライブアルバムに井上陽水書き下ろしの新曲も

 

そしてその対談の中には、

「僕とタモリさんとでお宅へおしかけたことがありましたよね(笑)」

という一節が。

 

(陽水とタモリが薬師丸ひろ子の家に押しかけるとは、

いったい、どういうつながりであろうか?)

と思いつつ、続きを読むと、

 

「とにかく、私が絶賛結婚中の頃でした(笑)」

あぁ、そうか。

それなら何の不思議もない。

 

♪あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ

2017/06/20

抱えられている私

先週末のマシントラブル以降は特に大きな問題もなく、

昨日今日は営業無し日だったが、

今日はOA系のいろいろな仕事が舞いこんだ。

 

今年はもう終わった。

私の仕事は来年と再来年である。

 

 

帰宅後、ネットをみていたら…

以下、本記事の最後の方に続く。

 

 

歌番組を視なくなって久しい。

たまにミュージックフェアはなんとなく視ているが、

それほど視たいような人が出ているわけでもない。

SONGSもここ数年はすっかり視なくなった。

放送曜日が変わったのが、一因と思われる。

およそ30年前、金曜8時のワールドプロレスリングから枠を奪ったミュージックステーションは、その当時からあまり視ていなかった。

 

夜のヒットスタジオとザ・ベストテンとザ・トップテン。

そして、ミュージックフェア。

この4番組を視ることによって、私の中高時代は出来上がっていた。

 

夜ヒット関係のDVDがいくつか発売されている。

私の場合、全部持っていてもよさそうな人々だが、

実際にはどれも持っていない。

 

 

ザ・ベストテン関係のDVDもいくつか発売されている。

これらも、一つも持っていない。

 

 

さらに、忘れかけていたが、紅白&レッツゴーヤング関係のこんなDVDも。

これも持っていない。

 

 

というわけで、これらのいずれも持っていないのであるが、

 

しかし、帰宅後、ネットをみていたら、

 

河合奈保子のTV歌唱シーンが初商品化! 貴重な映像集が発売へ

1980年代に活躍したアイドル・河合奈保子が出演した「NHK紅白歌合戦」「レッツゴーヤング」など、NHKに残る歌唱シーンを収めた3枚組DVD『河合奈保子 プレミアムコレクション ~NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤング etc.~』が、8月30日に発売される。


1980年にデビューした河合奈保子は、当時活躍していたアイドルの中でも、人気・実力ともにトップクラスに君臨。「スマイル・フォー・ミー」「けんかをやめて」などヒット曲を連発し、「NHK紅白歌合戦」には1981年から6年連続で出場を果たしている。

80年代の後半からは、自ら作曲やピアノ演奏を手がけるなどアーティスティックな一面を見せていたが、1997年に芸能活動を休止。以降、表舞台に出ることはないものの、20年以上経った今も多くのファンを抱えている。

今作は、1980年から1995年まで、NHKで放送された「NHK紅白歌合戦」「レッツゴーヤング」などのテレビ番組の中から彼女の歌唱シーンを収録したもので、テレビでの歌唱シーンが商品化されるのはこれが初めて。アイドルからアーティストへと変化していく河合奈保子の軌跡が、3枚組のDVDで蘇る。詳細は後日発表される予定。

 

あぁ、これは。

買わねばならない。

2017/06/09

35年を通して聴く

安全地帯と玉置浩二のベストが最近発売された。

それぞれ35周年と30周年である。

が、購入はせず。

 

玉置浩二のソロアルバムは若干買っていないものもあったが、

安全地帯の方は、今までのアルバムをすべて購入しているので、

その音源を使って、今回のベスト盤とほとんど同じものが作れた。

anzenchitai

30曲を通して昨日聴いてみた。

あらためて、素晴らしい歌声、良い曲ばかりである。

 

「ワインレッドの心」の時、私は中2だった。

35年はあっという間。

2017/05/15

正しく好きでいる人たち

15日(月)

今日は、昨日のイベントの代休。

去年は濡れ衣を着せられてとても悲しい気持ちになったたが、

今年は平穏に終わった。

 

今日はようやく普通の一日だった。

掃除して布団干して、出勤してOA室作業マニュアルの作成3時間。

12時半に帰宅して昼寝。

夕方からダラダラ。

 

 

最近見た記事。

松井珠理奈がプロレス愛を語る。「もはやプロレスは生活の一部!」(NumberWeb)

私がこうやってプロレスのことを話したり、Twitterでプロレスのことを書くと、ドラマが終わったらどうせプロレスツイートも無くなるんでしょ、と言われることもあるのですが、そんなことは絶対にありません! もはやプロレスは生活の一部になっています。プロレスのおかげで頑張れているので、これからもお世話になります。
そして、これからもプロレスファンでいることを約束します!

 

芸能人の中には、

かつてのK-1の藤原紀香とかプロレスの有田哲平とか南原清隆たちのように本当にそれを好きな人たちと、

ビジネスで「好きだ」と言うだけの人たちとがいるが、

ツイッターの様子から見ると、松井珠理奈は本当に好きになったのだと思う。

よいことである。

 

 

 

もう一つ、、同種のネタ。

「1987年の河合奈保子」秘蔵写真に石破茂氏が感慨
(NEWSポストセブン)

私が特に好きだった曲が2曲あります。1曲目が明るくてノリの良い『エスカレーション』(1983年)。今でも、夏になると歌いたくなりますね(笑い)。もう1曲は、打って変わって大人のしっとり感を感じさせた『ハーフムーン・セレナーデ』(1986年)。彼女自身で作曲して、ピアノを弾きながら歌う姿がとても良かったですね。

政治家の中に彼のようにきちんとアイドル好きな人が他にいるのかどうかはしらないが、彼は本当に河合奈保子のファンだったのだと思う。河合奈保子の曲の選択として上記2曲は、正しい。

2017/05/04

年に2日しか飲まない、1日目

1日(月)の夜

一つ前の記事で、

もう若くないさと自分に言い訳した。

と書いた数時間後。

 

ホテルでテレビを視ていたら、

ばんばひろふみが「いちご白書をもう一度」を歌っていた。

 

名曲。

しかし私には、「もう若くないさと言い訳する君」がいない。

 

 

2日(火)

当初の予定通りに境港の水木しげるロードに行ったものの、

やはり観光客が多すぎたので、見学はやめて、

玉造温泉にUターン。

 

14年前に泊まった佳翠苑皆美の前を通過して、

その後10:30から帰路。

 

13時には今治通過。14時過ぎに自宅。

尾道道がつながってくれたおかげで、松江は思いのほか近くなった。

 

 

3日(水)

7:40出勤

~10:00 職員旅行時程の策定

~17:00 某データベースのリニューアル

 

 

4日(木)

8:00出勤

~17:30 前日とは異なる某データベースのリニューアル

 

19:00~23:00 数年ぶりの飲み会。

嫌いな人、苦手な人がいなかったので、きわめて平和。

2017/04/26

それは、基本。

神田沙也加の結婚発表より衝撃?ネット反応「松田聖子の娘だったの?」

 

いや、だから、昨日同じ趣旨のことを書いたばかりなのだが。

 

つい2週間前にも♪トゥルリラトゥルリラ歌っていた、

いつまでも80年代を引きずる私としては、

もうなんか、

若い人と新しい話をしようという気が、まるでわいてこない。

2017/04/25

どうやら、トシを

営業の数は少ないが、まあまあ忙しい日々が続いている。

書いても言ってもわかってもらいにくい社内のOAシステムの改良が、いつまでも続く。

土日もOA室にこもっていたが、モノを作るのは嫌いではないので、それほどストレスではない。

 

 

一昨日のしくじり先生を録ったのをいま視ている。

松方弘樹の息子の仁科克基が出ている。

最初にこの人のことを視たのは、2006年のウルトラマンメビウスの隊員役だった。

その時はこんな人だとは知らなかったが、メビウスに関しては、この人がどうこうというよりは、主役が芸能界引退とか、隊長が自殺とか、出演者全体になにかしら不幸なオーラが漂っているようなきがする。

 

 

阿部四郎が亡くなった。

 

 

最近、いろんなニュースなどを見ていると、年月の経過を強く感じる。

私自身は、20年以上前から日々の生活が全く変わらないので、年をとった感じがあんまりしない。

 

しかし、

尾崎豊の息子とか、藤井フミヤの息子とか、野沢直子の娘とか、

という人たちがテレビやニュースで取り上げらているのを目にすると、

どうやら年をとったらしい。

2017/04/12

♪ウルトラの父がいる ウルトラの母がい…

会社の歓迎会に行ったら、

前の職場の歓迎会も同じホテルでやっていて、

彼らが幹事をやっていたので、

頼まれもしないのに、勝手に受付係ごっこを実施。

そしてそこになぜTさんも一緒にいたのかは、はなはだ謎。

 

しかし、歓迎会が始まった頃から、

この春休みと呼ばれる期間中の仕事の疲れが、

背中と腰に強烈に出始めた。

 

痛みがあまりにも激しいので、ロビーに脱出して独りのたうち回る。

 

 

終了後早々に自分の車で帰路につく。

その車内で聞こえてきたNHKのニュース。

歌手のペギー葉山さん死去 83歳 「ドレミの歌」「南国土佐を後にして」

 

しかし69年生まれの私としては、

ペギー葉山さんの訃報にネットでは「ウルトラの母が逝ったか…」

やはりこっち。

 

ウルトラマンタロウは1973年。

東光太郎こと篠田三郎はいま何を思うだろうか。

2017/04/09

両国大会の前

9日(日)

8:45 花見。「出勤」とも言う。

 

9:00~13:00 もろもろの仕事。

その中の一つ。

ここ最近、Sくんに頼んでいた破損LANケーブルの修理。

1回直してもらっていた人のが、

「やっぱり調子が悪い」と今日言われたので、

私が修理。

 

今回は20分でスムーズに修理できた。

(業者に頼むと、いちまんえん!!)

…帰ろう。

 

13:15 花見。「退勤」とも言う。

 

 

 

昨日の記事で、岡田有希子さんについて、

みんなが忘れても、私は忘れない。

と書いた。

 

4月8日という、この新年度開始の忙しい時期。

4月8日という、両国大会というビッグマッチの前日。

 

しかし、忘れていない人は、私以外にもいた。

201704091918

彼は70年生まれ。私は69年生まれ。

いまはプロレスラーで、いまは一般人だが、

同じように大きなショックを受けた高校生がたくさんいた。

より以前の記事一覧