サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ

カテゴリー「芸能・アイドル」の472件の記事

2017/12/08

いろいろ終わっていく

職員旅行は終わった。

 

来週から忙しくなるのだが、まだ大丈夫。

明日は今治遠征。

しかし棚橋弘至がケガで欠場。

 

めちゃイケが終わり、

みなさんのおかげでしたが終わり、

海老一染之助が亡くなり、

野村沙知代が亡くなった。

 

 

宇多田ヒカルが久しぶりにライブツアーをやるらしい。

前回のツアーは2006年だった。

あっという間にもう12年も前のことになったが、愛媛県武道館に、私は観に行った

 

月日が経つのは早い。

2017/11/23

渡辺美里 M・Generation Tour 2017  11/23 松山

松山市民会館・中ホール 約600人

 

3月のライブ発表から8ヶ月が経ち、ようやく当日がやってきた。

2004年の西条から始まった、「Tさんと一緒に美里を観に行くツアー」の第5回目である。

 

今年は、プロレスは結構観に行った一方で、ライブにはまったく行っていない。

8月の岸谷香さんに続いて、まだ2回め。

 

 

岸谷さんのときもそうだったが、今日のライブも満足度は非常に高かった。

 

前回のサロンキティは会場としては狭すぎたが、今日の市民会館中ホールはちょうどよい。

そして、開演直後の音楽がなり始めたほんとうにその瞬間から手拍子が始まった。

(えらくノリがいい客が多いなぁ)とその時点ですでに思ったが、

公演時間の最初から最後まで、客席全体の非常にいい雰囲気は続いた。

美里さんも演りやすかったのではないかと思う。

 

途中、バーのセットとともにトークコーナーが始まった。

東京育ちではあるが生まれは京都の美里さんの関西弁とか、

デビュー前後(1985/4~87/3)に出演していたMBSヤングタウンの話など、

地味におもしろかったが、若干、時間がおし気味。

 

 

ヤンタンの話では、「はがきを読まれるとステッカーとかがもらえて~」などの話があった。

帰宅後、押し入れを開けてみた。2017-11-23223306

うちにはヤンタンのキーホルダーがあった。

しかしこれは美里さんが出ていた水曜ではなく、

河合奈保子さんが出ていた火曜ではがきを読まれて貰ったものである。

 

 

同じ押し入れにはこんな本もあった。

2017-11-232236122017-11-23223510

1985年12月に発売されたヤンタンブック11。

当時19才だった美里さんのアンケートへの回答が、若い。

 

 

 

ライブ本編については、満足しきったので、特に言うことがない。

観終わった後で久米の焼肉きんぐにいったが、2人とも満足していたので、別の話ばかり。

 

 

セットリストは、LiveFansのこのページに。

12曲めに「ムーンライトダンス」とあるが、やらなかったような気がする。

 

今年の新曲の「ボクはここに」は聴いたことがなかったが、

残りの曲は、

「ここから」と「オーディナリー・ライフ」だけは曲名が思い出せなかったものの、

すべて知っている曲だったので、全体的に安心して参加できた。

 

盛り上がる曲としての、「虹をみたかい」と「恋するパンクス」と「恋したっていいじゃない」は、今回も鉄板。

演らなかった曲で聴きたかったのは、「すき」とか「悲しいね」とか「チェリーが3つ並ばない」とか。

 

 

さて、これで今年も終わった。

といっても、今年の終わりはあと3回くらいあるような気がするが。

2017/11/21

2年ぶり14回めまであと2日

荻野目洋子 登美丘高校ダンス部とレコ大特別賞受賞、授賞式でもコラボ切望

「この度、日本レコード大賞特別賞を登美丘高校ダンス部の皆さんと共に受賞することが出来て、本当に嬉しいです。有難うございます。そして、いまだお会いしていない平野ノラさん、登場曲として使ってくれたおかげで、若い世代の方達に浸透することが出来ました。有難うございます。めちゃイケで「俺はダンシング・ヒーローになりたいんや」と何度も何度も踊りながら連呼してくださった岡村隆史さん、有難うございます。時代を遡ればコントで面白可笑しく毎回踊ってくれた、とんねるずさんにも感謝、です。それが無ければ2014年バージョンのダンスも生まれていません。32年前、そして2014年バージョン、共に振り付けは三浦亨先生、有難うございます。」「たぶんどんな言葉を並べても、今の私の気持ちは伝えきれないです。

 

地味に荻野目ちゃんが盛り上がっているので、まさかの紅白出場がないかと思ったが、それはなかった。

こないだのうたコンに続き、もう何年も視ていなかったミュージックステーションまで、録って視た。

そして、めちゃイケにせよ、みなさんにせよ、面白い時はあった。

 

 

さて。

書類作成の仕事が少し落ち着いたので、新しいプログラミングプロジェクトを開始した。

やはり、壊れたモノの修理より、新しいソフトウェアを作るほうが楽しい。

完成してもだれも使ってくれそうにないのが悲しいところであるが、

他人には期待しない。

 

 

先週土曜は久々にOくんと碁を打ったが、終盤に大石を取られて投了した。

これで3連敗。もう勝てる気がしない。

 

 

 

明日で営業は一段落して、明後日の夕方は渡辺美里さんのコンサート。

 

以前まとめたことがあるのではっきりしている。

2017/03/19 勤労感謝の日までは生きとく

2009/6/12「渡辺美里コンサート前日企画」

今度で通算14回め。

 

 

彼女がデビューして30年以上経った。

歌う方も、聴く方も、無事に生きていれば、それでよい。

2017/11/15

森口博子さんとGメン'75

こんな記事を見た。

中学時代の写真も 森口博子、“大ファン”若林豪と35年ぶり2ショット

 

どうやら本当に大ファンらしい。

 

 

以下、森口さんのブログ記事へのリンク。

 

宝物

この記事には、中学生の時の森口さんが、イベントで当時の若林さんと録ったツーショットが。

 

憧れの若林豪さんと!

こっちの記事には、現在の森口さんと現在の若林さんとのツーショットが。

そして、ちょっと長いが、引用。

赤字は私が強調のためにつけた。

 

憧れの豪さんが、

コマーシャルの合間に、

Gメンの撮影秘話を

話して下さって感激ラブ

出演者のみなさまが1列になって

滑走路を歩く、

あのカッコ良いタイトルバックの苦労話が

聞けて得した気分です。

信じられないひとときでしたキラキラ

子供ながらに、ドラマの内容はもちろん、

オープニングの重厚感に

にやられてました。

「あのメンバーに入りたい、

もしくは、悪者から私を

救い出して欲しい」と、

真剣に思ってました。

今、観ても唸るカッコ良さグッ

♪チャチャチャ〜♪

とブラスからはいる♪レクイエム♪

作曲は、菊池俊輔さん。

キイハンターや、仮面ライダー、ロボコン、

タイガーマスク、ドラえもんなど、

幅広いですね。

そして、しまざき由理さんの

哀愁漂うエンディングの切なさったら。

胸が締め付けられるあの感覚。

♪面影♪はじめ、

どのエンディングも名曲揃い。

同世代の方は、

分かってくれるよねウインク

帰ってきてから、

Gメンの動画を観て涙がこぼれました。

 

 

こないだ、篠沢教授が亡くなった時に書いたが、「クイズダービー」と同様に、「Gメン'75」も基本。

同世代なので、森口さんのこの感じは、非常によく分かる。

 

ビジネスではなくて誰かが誰かをほんとに好きなのを見ると、こちらもうれしい気持ちになる。

2017/11/08

12月9日までは生きておく

11月23日までは生きていなければならない。

渡辺美里さんのコンサートがあるから。

 

 

11月30日の朝は、骨折してはいけない。

職員旅行の幹事だから。

 

 

 

そして、

12月9日までは生きていなければならない。

 

新日本「WORLD TAG LEAGUE」の出場チームが決まり、

【『WORLD TAG』出場チーム決定!】 “新顔”が続々登場! ジュース&キャラハン組! エルガン&ジェフ・コブ組!バレッタ&チャッキーT組! 復活のヘナーレは真壁とタッグ結成!

 

新日本今治大会のカードも決まった。

タイガーマスクやKUSHIDAは来ないが、今年の1月の松山大会と同じく第1試合でライガーは出る。

カードを見たところ、このシリーズで初めて来日する新顔の外国人が数人。

去年もそうではあったが、初めてでも、観る者に強烈なインパクトを残したウォーマシーンのような人達もいるので、今年も期待したい。

 

 

とりあえず、そこまでは生きておこう。

2017/11/04

難破船と予感

ここ最近、自分の車内はテレビ音声を流していたが、

先日の旅行下見の日から、内蔵HDDに取り込んだアルバムを聴くのに久々に戻った。

 

しかし、一昨日は朝イチで乗ってすぐに再生されたのが、

難破船(1987年・中森明菜。オリジナルは1984の加藤登紀子)

 

重い。

朝から聴くには重すぎる。

さあこれから仕事しようという時に聴く歌ではない。

 

これは、私が勝手に決めた

中森明菜の「重い」シングルベスト3の1位である。

 

ちなみに、

  • 2位 二人静 -「天河伝説殺人事件」より(1991)
  • 3位 LIAR(1989)

と続く。

 

 

 

 

そして今日は、同じく朝イチが、

予感(1985・アルバム「BITTER AND SWEET」収録)

だった。

 

これは、私が勝手に決めた

ASKAが他人に提供した名曲ベスト3の1位である。

  • 2位 ゴールド ウインド 長山洋子
  • 3位 おんなになあれ 森川美穂

いや、ほんとうは光GENJIのいろんな曲を入れるべきなのはわかっているが。

 

 

 

そして、

「予感」というタイトルの曲は斉藤由貴にもあって、

という話は書いたことがあるが、

 

今回は、ここでさらに思った。

 

「予感」という曲は何曲あるだろう。

あるいは、

「同名異曲が最も多いのは、なんという曲だろう」

 

 

「予感」じゃなくて、「〇〇の予感」ならば、

  • 恋の (安全地帯)
  • 別れの (テレサ・テン)
  • 春の (南沙織)

などが、何も見なくても、すぐ挙がる。

 

うたまっぷの後方検索で検索してみた。

33曲くらいあった。

あぁ、雛形あきこの「笑顔の予感」を忘れていた。

 

 

とりあえず、もうすぐ「めちゃイケ」が始まるので、そっちを視ることにしよう。

…。

……。

 

視た。

その件については別記事で。

 

 

疑問だけ投げといて結論は保留。

ネット上には同じ疑問を持っている人もいるようなので、もうちょっと調べて、気が向いたらまた後日。

2017/11/03

受章した人たちと、たぶん受章しない人

今日は文化の日。

 

紫綬褒章の受章、おめでとうございます。

 

宮川大助・花子、漫才を憎んで、憎んで、そして愛した結婚生活41年

「こんなこと、今日、初めて言います。…漫才に誘ってくれて、ありがとうございます」

夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」の紫綬褒章受章が2日、発表された。発表に先立ち、先日、大阪市内で受章への思いを語る会見が行われた。その場で、花子が大助に語ったのが冒頭の言葉だった。

「こんなこと、今日、初めて言います」と花子が言った段階で、大助が“食い気味”に涙を流したシーンでは「言う前から泣いて、どうすんねんな!!」という花子のツッコミとともに報道陣から大きな笑いが起こった。そこは結婚生活41年の2人。大助には、今から花子が伝えてくる内容が瞬時に分かったのだろう。それはそれで、とても感慨深い場面だった。

 

松本隆さんが紫綬褒章を受章「人生が尽きるまで歌を作り続けたい」

松本さんは1970年代から日本語のロックを提唱し、数々のヒット曲を世に送り出してきた。

「ルビーの指環」(寺尾聰)、「赤いスイートピー」(松田聖子)など約400組に2100曲以上の歌詞を提供し、シングル総売り上げ数は約5000万枚を誇る。このほど記者会見し、「人生の晩秋にこのような輝かしい光をあてていただきまして、深く感謝します」と笑顔を見せた。

 

 

そして今回は、こんな人も、章を受けた。

【平成29年秋の叙勲】旭日双光章受章のデストロイヤーさんインタビュー 引退から24年、いまの生活は? 「力道山がナンバーワン」

--叙勲の一報を受けたときの感想は

「最高だ! 私や家族は日本でとても良い時間を過ごさせてもらった。3人の子供たちは学校に通い、友人も多くできた。旅行にもたくさん行って、平均的な日本人よりも多くの経験ができたと思う。たくさんの出会いがあったし、ジャンボ尾崎とゴルフもしたよ。子供たちはみんな日本語が話せるのに、私はあまり理解できないのが少し残念だ」

 

デストロイヤーさんが日本の章をもらえたのは、とてもおめでたいことだ。

 

 

 

そして、受章とは全く関係ないが、

Yahooの「リアルタイム検索で話題のツイート」の2位に、

「男色ディーノ」

の文字が。何ごとだろう?

 

 

【72時間TV】“ユーチューバー草ナギ”プロレスに乱入も男色ディーノのキスの餌食

 

あぁ、そういうことか。

 

しかし、世間の人たちは彼のことを初めて知ったかもしれないが、私にとってはごく普通。

ついこないだAbemaTVで試合映像を視たばかりだし。

 

ディーノさんは、もう20年以上ディーノさんであり続けているから、いつまでもそれでいいのだが、

草なぎさんは、あんまり無理しない方がいい、とは思った。

2017/10/31

荻野目ちゃんと洋子さん

NHKの「うたコン」を視た。

現在放送中の朝ドラ「わろてんか」の出演者たちが出演して、番宣をしている。

20171031-213142-0

そんな中、荻野目ちゃんは、この番組の出演者としては若干毛色が違うような気がする。

 

しかし、

20171031-213031-0

おぉ、これは。

後にGUYSの隊長になり、ゾフィーと一体化までした(ウルトラマンメビウスの話である)のに、

残念なことに、さらにその後、自殺してこの世を去った田中実さんである。

 

 

ということは、20171031-213049-020171031-213110-0

荻野目ちゃんも朝ドラ女優だったことをすっかり忘れていた。

しかし主役ではない。朝ドラの主役が女性ではなかった珍しい作品である。

 

 

現在の主役の葵わかなさんにエールをおくり、

そして荻野目ちゃんが歌う番になるのかと思いきや、

 

 

20171031-213404-020171031-213622-0

違う方の洋子さんが出てきた。

 

しかし、もちろん「ヴィーナス」ではなく、「じょんから女節」である。

 

私の覚えている限り、長山洋子さんが最後にヴィーナスを歌ったのは、

2003年のザ・ベストテン特番だったと思う。

 

という話は、

「三味線弾いて歌うのは松村和子でどーしたこ~した」

という話もコミで、すでに書いていたので、ここでは省略。

2015/3/15 帰ってこいよ

 

 

 

そして、谷村さんは男性コーラスといっしょに「」を歌い、

20171031-213800-020171031-213823-0

 

一瞬だれだかわからなかった石井竜也さんは葉山マリーナで「かもめが翔んだ日」を歌った。

20171031-214711-0

オリジナルの渡辺真知子さんの歌唱のインパクトが強すぎるとはいえ、

石井さんも自分のものにできていたと思う。

 

 

 

そして荻野目ちゃんは、司会の谷原章介さんに、

「おぎのめひろこさん」

と呼ばれてしまったのを、サラッと流して、

最近ネット上でちょっと話題になっている、登美丘高校ダンス部との生コラボ

 

20171031-213942-020171031-213925-020171031-213850-020171031-214017-0

高校生なのにメークが濃い。バブル期をイメージしているからしょうがないのではあるが。

 

 

20171031-214356-020171031-214517-020171031-214453-0

荻野目ちゃんも、1986年時点では、

30年後にこんなことになって自分が再び「ダンシング・ヒーロー」を歌っている

とは、きっと思っていなかったであろう。

 

 

今回と同じような趣旨で最近めちゃイケに出演した時の話もあるが、それはまた今度。

2017/10/26

クイズダービーを視なければならない

最近、このブログのカテゴリーに、「河合奈保子」というのは追加したのだが、

「訃報」というカテゴリーも追加した方がいいのかもしれない。

 

竹下景子、篠沢教授追悼「ほろ酔いでキスの雨降らせたの、先生覚えてますか?」

 

篠沢教授が亡くなった。

大橋巨泉もいないし、はらたいらもいないし、竹下景子もずいぶん年をとってしまった。

 

TBSチャンネルで今でもときどき「クイズダービー」は放送されている。(番組紹介

以前にここにも書いたことがある

 

  • まんが日本昔ばなし
  • クイズダービー
  • 8時だよ!!全員集合
  • Gメン75

かつての土曜のTBSの19時~22時は、本当に、ゴールデンタイムだった。

2017/10/25

64年ぶりと76年ぶり

何の変わったこともなく、普通の日々。

 

 

想定外の事故で大変な人たちに比べれば、この普通がどんなにありがたいことか。

 

 

とにかく何事もなく、月日がすぎる。

 

えひめ国体が終わり、障害者スポーツ大会が始まろうとしている。

が、どちらもその内容にはまったく興味がなく、

ただ一瞬ひっかかったのは、

えひめ国体が愛媛では64年ぶりの開催だったということであり、

ということは、次に愛媛で開催されるときは私はこの世にいないのだと思った。

 

 

これと同じ感覚は、76年ぶりにハレー彗星が来た1986年にも感じた。

この年には、

早見優のシングル「西暦1986」とか、

本田美奈子のシングル「1986年のマリリン」とか

「1986オメガトライブ」とか、

この数字を題材にしたものがいくつか発表された。

 

私は高2だったが、その当時から、

いずれ死ぬのに、なぜ生きてるんだろう

と思っていた。

 

 

 

そして特に最近は、

なにか嫌なことがあっても、

そのうちこいつも死ぬし、自分も死ぬからな

と思うようにしたら、嫌な気分がなくなるようになってきた。

 

それを幸せと言っていいかどうかはわからないが。

より以前の記事一覧