サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ

カテゴリー「観に行ったイベント」の253件の記事

2017/12/12

ワールドタッグリーグ2017 今治大会 第3試合

12月9日 愛媛・テクスポート今治 1140人(札止め)

公式サイトの結果はここ。

 

第3試合 YOSHI-HASHI&後藤洋央紀 VS エル・デスペラード&鈴木みのる

 

「君たちはどう生きたいのか?」マッチ。

 

20171209-181438-1

鈴木みのるはNEVER王者だが、このベルトの価値が今ひとつよくわからない。

 

20171209-181652-0

新日本の中でどう生きていきたいのかがあまり伝わってこない2人が、エル・デスペラードを攻めている。

 

20171209-181715-0

鈴木みのるの定番の一つ。タランチュラ式腕ひしぎ十字固め。

 

 

20171209-182116-120171209-182125-2

みのるとYOSHI-HASHIでは、役者が違う。

 

20171209-182236-020171209-182236-1

後藤のバックドロップもきれいではあるが…

 

 

 

20171209-182316-120171209-182319-120171209-182320-120171209-182321-0

ラリアット狙いの後藤をスリーパーホールドでとらえる、これも鈴木みのるの定番ムーブ。

 

 

20171209-182444-120171209-182700-1

最後は後藤がエル・デスペラードに牛殺しで勝ったものの、内容的にはみのる組の勝ち。

 

やっぱり、後藤とYOSHI-HASHIが何をしたいのかは、よくわからない。

2017/12/11

ワールドタッグリーグ2017 今治大会 第2試合

12月9日 愛媛・テクスポート今治 1140人(札止め)

公式サイトの結果はここ。

 

第2試合 川人拓来&中西学 VS SANADA&EVIL

 

川人(かわと)死んでこいマッチ

 

20171209-180455-0

EVILのショルダータックルに勝てない川人。

 

20171209-180656-0

SANADAのスリーパーホールドに苦しむ川人。

 

20171209-180816-0

中西のラリアットをくらうSANADA。

 

20171209-180836-1

SANADAへのアルゼンチンバックブリーカーを蹴りでカットしようとするEVILと、まったく動じない中西。

 

20171209-181036-0

お手本のようなSANADAのバックドロップで投げられる川人。

 

20171209-181055-1

SANADAの振り回し形のSkull Endでギブアップした川人。

 

 

20171209-181123-1

余裕の勝利のSANADAとEVIL。

 

 

川人死んでこいマッチだったのは確かだが、

それ以上に、

アルゼンチンバックブリーカーこそきっちり極めたとはいえ、中西の動きの悪さが目立った試合であった。

2017/12/10

ワールドタッグリーグ2017 今治大会 第1試合

12月9日 愛媛・テクスポート今治 1140人(札止め)

 

公式サイトの結果はここ。

 

 

第1試合 八木哲大&獣神サンダー・ライガーVS 成田蓮&岡倫之

 

大ベテランのライガー(1989年デビュー)

とヤングライオン3人。

  • 岡(1月デビュー)
  • 八木(5月デビュー)
  • 成田(7月デビュー)

 

3人のうちで誰が一番インパクトを残せるか。

のはずだったが、

 

ふだんプロレスを観ていないWさんは、

3人のうち岡だけは、面構えと体格がよいためにヤングライオンに見えなかったらしい。

 

 

20171209-175859-0

岡倫之の逆エビ固め。

 

20171209-175725-0

八木哲大が岡を攻める。

 

20171209-175941-0

成田蓮が目立たない。

 

20171209-175516-1

獣神サンダー・ライガー。今回は出番は少なめだった。

2017/12/09

新日本観戦から帰宅

9日(土)

15:30~24:00 新日本今治大会、観戦。

Hくんとは、今年8月のG1松山以来4ヶ月ぶり。

Wくんとは、去年11月のタッグリーグ戦今治以来1年ぶり。

Wさんとは、去年8月のG1高松以来1年4ヶ月ぶり。

この4人での観戦は、一昨年のG1高松以来2年4ヶ月ぶり。

 

全9試合どれもおもしろかったが、

例によって、大量に撮った写真の整理ができていないので、詳しくは後日。

 

ちなみに、

行き帰りの車中でわれわれがしゃべった量の比は、

W:W:H:私=8:1.5:0.4:0.1

くらいだった。

2017/12/06

2017-2004の観に行ったイベント

ここ数日、特に何事もない。

(最新記事は河合奈保子さんのアップだし、しばらくそのままでまあいいか)

と思っていたが、再開してみる。

 

 

先日の美里さんのコンサートの時、

「ここ最近、何を観に行ったかなぁ」という話をTさんとしたが、

すっかり記憶がなくなってしまっていた。

 

今調べてみたところ、

今回のコンサートの前にTさんと一緒に観に行ったのは、

2016/7/16 ひめぎんホールのよしもと新喜劇と、グローブボックスの修理

である。

 

 

今年はプロレスはよく観に行った。

新日本はもちろん、来たけど観に行かなかった大日本やDDTやノアも含めて、

プロレスは愛媛にはよく来る。

が、コンサートにはほとんど行っていない。

 

 

かつて、私が観に行ったイベントを、表形式でまとめたことがある。

2012/10/29 2012-2004の観に行ったイベント

最近の記事だと思っていたのに、いつのまにか5年も前のことになっていた。

 

というわけで、それ以降、今年までの5年分も追加してみた。

2017 12/9 新日本プロレス 愛媛・テクスポート今治 W・W・H
7件 11/23 渡辺美里 愛媛・松山市民会館中ホール  
  8/18 岸谷香 愛媛・WStudioRED  
  8/4 新日本プロレス 愛媛・アイテムえひめ H
  7/26 プロレスリングマスターズ 東京・後楽園ホール  
  7/2 ドラゴンゲート 愛媛・テクスポート今治 H
  1/14 新日本プロレス 愛媛・アイテムえひめ H
2016 11/27 新日本プロレス 愛媛・テクスポート今治 W
14件 11/13 ノア 愛媛・松山市総合コミュニティセンター企画展示ホール  
  10/10 小田和正 高知・高知県民体育館  
  9/25 薬師丸ひろ子 奈良・春日大社飛火野特設舞台  
  8/6 鈴木康博 愛媛・松山Monk  
  8/1 新日本プロレス 香川・高松市総合体育館 W
  7/16 吉本新喜劇 愛媛・ひめぎんホール O・T・Y
  7/9 東西特撰落語名人会 愛媛・ひめぎんホール  
  7/3 ドラゴンゲート 愛媛・テクスポート今治 H
  6/26 八神純子 兵庫・たつの市総合文化会館赤とんぼ文化ホール  
  6/18 みちのくプロレス 愛媛・西予市乙亥会館  
  6/12 岸谷香 愛媛・WStudioRED  
  3/11 PRINCESS PRINCESS 愛媛・サンシャイン衣山  
  2/11 南野陽子 大阪・森ノ宮ピロティホール  
2015 11/15 天龍プロジェクト 東京・両国国技館  
17件 11/8 斉藤由貴 大阪・森ノ宮ピロティホール  
  10/3 谷山浩子 愛媛・いよてつ高島屋ローズホール  
  9/22 立川志の輔 愛媛・子規記念博物館 O
  9/4 八神純子 愛媛・松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール  
  8/29 渡辺美里 愛媛・サロンキティ松山 T
  8/26 志村魂 愛媛・松山市民会館大ホール  
  8/14 新日本プロレス 東京・両国国技館  
  7/26 BIG3+1 愛媛・松山市民会館大ホール  
  7/25 新日本プロレス 香川・高松市総合体育館 W・W・H
  7/19 岩崎宏美 愛媛・ひめぎんホール小ホール T
  7/18 玉置浩二 愛媛・砥部町文化会館  
  7/5 ドラゴンゲート 愛媛・テクスポート今治 H
  6/21 DDT 愛媛・松山市総合コミュニティセンター企画展示ホール H
  4/25 新日本プロレス 愛媛・松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール  
  2/7 スターダム 愛媛・八幡浜スポーツセンターサブアリーナ H
  1/27 荻野目洋子 大阪・新歌舞伎座  
2014 8/7 新日本プロレス 香川・高松市総合体育館 W・H
4件 7/6 ドラゴンゲート 愛媛・テクスポート今治 H
  6/22 DDT 愛媛・松山市総合コミュニティセンター企画展示ホール H
  4/26 新日本プロレス 愛媛・松山市総合コミュニティセンター体育館 W・W・H・T
2013 10/26 谷山浩子 愛媛・松山Monk  
6件 9/1 サザンオールスターズ 愛媛・サンシャイン衣山 T
  8/1 新日本プロレス 静岡・アクトシティ浜松  
  6/9 ドラゴンゲート 愛媛・テクスポート今治 H
  5/26 大日本 愛媛・松山市総合コミュニティセンター企画展示ホール W・H
  1/6 岩崎宏美 愛媛・エミフル松前  
2012 12/24 PRINCESS PRINCESS 東京・東京ドーム  
8件 12/24 JWP 東京・後楽園ホール  
  10/24 桑田佳祐 愛媛・愛媛県武道館 T
  7/24 八神純子 広島・上野学園ホール  
  7/14 ドラゴンゲート 愛媛・テクスポート今治 H
  6/23 吉本新喜劇 京都・祇園花月  
  6/8 井上陽水 愛媛・松山市民会館  
  4/8 スターダム 愛媛・銅夢にいはま H
2011 12/2 沢田研二 香川・サンポート高松  
9件 10/7 一青窈 愛媛・西条市総合文化会館  
  10/2 吉本新喜劇 愛媛・松山市民会館 T(・Y)
  9/25 岩崎宏美 香川・丸亀市民会館  
  8/25 松任谷由実 愛媛・ひめぎんホール T
  7/24 ノア 愛媛・アイテムえひめ (K・S)
  7/18 沖縄プロレス 愛媛・テクスポート今治 W・H・K
  7/17 ドラゴンゲート 兵庫・神戸ワールド記念ホール H
  5/21 小田和正 愛媛・愛媛県武道館 T・S・S
2010 12/26 ドラゴンゲート 福岡・福岡国際センター  
10件 12/23 谷山浩子 愛媛・松山Monk  
  10/23 一青窈 愛媛・西予市宇和文化会館  
  10/11 渡辺美里 香川・四国村農村歌舞伎舞台  
  9/10 安全地帯 愛媛・松山市民会館  
  6/18 沢田研二&ザ・ワイルドワンズ 愛媛・松山市民会館  
  5/28 ノア 愛媛・松山市総合コミュニティセンター体育館  
  5/22 アントニオ猪木 愛媛・ひめぎんホール H
  3/21 女子プロレス 愛媛・松山市総合コミュニティセンター体育館  
  2/14 ドラゴンゲート 愛媛・松山市総合コミュニティセンター企画展示ホール W・H・O
2009 11/29 吉本新喜劇 大阪・なんばグランド花月 職員旅行
17件 11/8 岩崎宏美 兵庫・加西市民会館  
  10/28 ドラディション 愛媛・テクスポート今治  
  9/20 全日本プロレス 新潟・上越市厚生北会館  
  9/17 松任谷由実 愛媛・ひめぎんホール  
  8/7 新日本プロレス 広島・広島サンプラザ  
  8/1 松田聖子 福岡・マリンメッセ福岡  
  7/12 郷ひろみ 愛媛・松山市民会館  
  6/27 吉本新喜劇 大阪・なんばグランド花月  
  6/21 大阪プロレス 徳島・徳島市立体育館・サブ  
  6/13 渡辺美里 愛媛・松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール T
  5/30 ドラゴンゲート 愛媛・テクスポート今治 H
  5/18 井上陽水 愛媛・松山市民会館  
  5/16 槇原敬之 愛媛・ひめぎんホール (Tさんの奥さん)
  5/2 ノア 岡山・岡山県卸センター  
  4/29 世良公則 愛媛・多々羅スポーツ公園 T
  3/8 ドラゴンゲート 愛媛・松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール H
2008 12/21 谷山浩子 愛媛・松山Monk  
15件 11/30 宝塚歌劇 兵庫・宝塚大劇場 職員旅行
  10/11 吉本新喜劇 愛媛・松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール T
  9/9 松竹大歌舞伎 愛媛・ひめぎんホール  
  8/1 松田聖子 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第1ホール  
  7/27 世良公則 愛媛・松前総合文化センター (O夫妻)
  7/2 一青窈 愛媛・松山市民会館  
  6/29 宝塚歌劇 兵庫・宝塚大劇場  
  5/18 TUBE 愛媛・松山市民会館 T
  5/15 Every Little Thing 愛媛・松山市民会館  
  5/4 ZARD 愛媛・ひめぎんホール  
  5/3 THE ALFEE 愛媛・ひめぎんホール  
  4/23 全日本プロレス 愛媛・アイテムえひめ  
  2/6 笑福亭鶴瓶 愛媛・松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール  
  1/27 ドラゴンゲート 愛媛・松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール  
2007 10/26 新日本プロレス 愛媛・松山市総合コミュニティセンター体育館 W
5件 9/14 松竹大歌舞伎 愛媛・ひめぎんホール  
  8/18 渡辺美里 熊本・熊本城奉行丸特設ステージ  
  5/23 全日本プロレス 愛媛・アイテムえひめ  
  5/21 無我ワールドプロレス 愛媛・テクスポート今治  
2006 11/23 桂三枝 愛媛・八幡浜市文化会館  
11件 9/18 倉木麻衣 愛媛・松山市民会館 T
  9/11 岩崎宏美 愛媛・ひめぎんホール T
  8/29 宇多田ヒカル 愛媛・愛媛県武道館  
  7/31 松竹大歌舞伎 愛媛・ひめぎんホール  
  5/31 全日本プロレス 愛媛・アイテムえひめ  
  5/14 玉置浩二 岡山・岡山市民会館  
  5/11 井上陽水 愛媛・松山市民会館  
  5/4 ゴダイゴ 奈良・東大寺大仏殿  
  5/4 大阪プロレス 大阪・デルフィンアリーナ  
  4/30 桂米朝一門会 愛媛・ひめぎんホール  
2005 12/25 岩崎宏美 愛媛・ホテルグランフォーレ  
10件 11/27 渡辺美里 広島・郵便貯金ホール T
  11/19 鈴木康博 愛媛・松山Monk  
  11/17 沢田研二 愛媛・松山市民会館  
  11/10 岩崎宏美 香川・ユープラザうたづ  
  10/18 ノア 愛媛・アイテムえひめ  
  9/25 笑い飯 愛媛・ベスト電器松山店7F  
  9/19 Winds of God 愛媛・松山市総合コミュニティセンターキャメリアホール  
  6/25 岩崎宏美 愛媛・三瓶文化会館  
  4/15 中島みゆき 愛媛・ひめぎんホール  
2004 12/1 渡辺美里 愛媛・西条市総合文化会館  
4件 11/23 ABC 愛媛・松山Monk  
  10/15 ノア 愛媛・アイテムえひめ  
  9/20 大阪プロレス 愛媛・アイテムえひめ  

 

まあ、いろいろ行ったものである。

今後も、行けるものには行っておこう。

2017/11/23

渡辺美里 M・Generation Tour 2017  11/23 松山

松山市民会館・中ホール 約600人

 

3月のライブ発表から8ヶ月が経ち、ようやく当日がやってきた。

2004年の西条から始まった、「Tさんと一緒に美里を観に行くツアー」の第5回目である。

 

今年は、プロレスは結構観に行った一方で、ライブにはまったく行っていない。

8月の岸谷香さんに続いて、まだ2回め。

 

 

岸谷さんのときもそうだったが、今日のライブも満足度は非常に高かった。

 

前回のサロンキティは会場としては狭すぎたが、今日の市民会館中ホールはちょうどよい。

そして、開演直後の音楽がなり始めたほんとうにその瞬間から手拍子が始まった。

(えらくノリがいい客が多いなぁ)とその時点ですでに思ったが、

公演時間の最初から最後まで、客席全体の非常にいい雰囲気は続いた。

美里さんも演りやすかったのではないかと思う。

 

途中、バーのセットとともにトークコーナーが始まった。

東京育ちではあるが生まれは京都の美里さんの関西弁とか、

デビュー前後(1985/4~87/3)に出演していたMBSヤングタウンの話など、

地味におもしろかったが、若干、時間がおし気味。

 

 

ヤンタンの話では、「はがきを読まれるとステッカーとかがもらえて~」などの話があった。

帰宅後、押し入れを開けてみた。2017-11-23223306

うちにはヤンタンのキーホルダーがあった。

しかしこれは美里さんが出ていた水曜ではなく、

河合奈保子さんが出ていた火曜ではがきを読まれて貰ったものである。

 

 

同じ押し入れにはこんな本もあった。

2017-11-232236122017-11-23223510

1985年12月に発売されたヤンタンブック11。

当時19才だった美里さんのアンケートへの回答が、若い。

 

 

 

ライブ本編については、満足しきったので、特に言うことがない。

観終わった後で久米の焼肉きんぐにいったが、2人とも満足していたので、別の話ばかり。

 

 

セットリストは、LiveFansのこのページに。

12曲めに「ムーンライトダンス」とあるが、やらなかったような気がする。

 

今年の新曲の「ボクはここに」は聴いたことがなかったが、

残りの曲は、

「ここから」と「オーディナリー・ライフ」だけは曲名が思い出せなかったものの、

すべて知っている曲だったので、全体的に安心して参加できた。

 

盛り上がる曲としての、「虹をみたかい」と「恋するパンクス」と「恋したっていいじゃない」は、今回も鉄板。

演らなかった曲で聴きたかったのは、「すき」とか「悲しいね」とか「チェリーが3つ並ばない」とか。

 

 

さて、これで今年も終わった。

といっても、今年の終わりはあと3回くらいあるような気がするが。

2017/09/22

生きている間に

今年の3月に、

勤労感謝の日までは生きとく

という記事を書いたのは、渡辺美里さんのコンサート待ちであり、

G1が松山で開催されることがわかった4月下旬には、

私ではなくHくんが、

「じゃあ、8月までは生きておきます」と言った。

 

そんなHくんに、

「オレが急に死んだら、何がほしい?」と聞いてみた。

2017-09-22211858

めちゃ女と初代タイガーマスクの行き先が決まった。

 

 

 

何か観るものがないと、生きていけなくなってしまっている。

とりあえず、12月9日(土)の新日本今治大会までは生きておく。

チケット一般発売は10月14日だが、先行予約は10月1日。6000円。

 

 

 

今日の朝、

「映画・ドラマ・アニメの専門チャンネル」のチャンネルNECOで、

中村雅俊コンサート2016 in 中野サンプラザ

を放送していた。

 

20170922-210307-020170922-211205-020170922-211102-0

彼はもちろん俳優だが、

その一方で、今にいたるまで、しっかり、歌手もやっている。

 

「役者であることをエクスキューズにしちゃいけない」中村雅俊が振り返る、42年の音楽人生

ーー今までの作品での、作家陣の顔ぶれ、本当に多彩で豪華ですね。大ベテランの大御所から、曽我部恵一のような人まで。

中村:そうですね。有名どころでは俺の大好きな(吉田)拓郎さんから始まって、小椋佳さんとか桑田(佳祐)君とか石井(竜也)君とかスターダストレビューとか、よく考えてみるとそうそうたる顔ぶれですよね。

ーーでも誰の曲を歌っても中村さんが歌うと中村さんの色に染まって、すぐにわかりますよね。

中村:そうですかね(笑)。ただ、中にはこんなこともあって。小田和正さんが作ってくれた曲(「小さな祈り」1998年)はね、小田さんが作ったんだな、とハッキリわかるような曲ですよ(笑)。小田さんから「曲作ったからちょっと事務所に来て」と言われて伺ったら、もう3時間缶詰ですよ、歌唱指導で(笑)。

確かに。

 

 

彼は今でも定期的にコンサートをやっているが、

なかなか松山の近辺では行われない。

 

 

自分が生きているうちに、観たい人は観たい、

と思ってきたが、

この十数年でほとんど観てしまった気がする。

あとは、柏原芳恵さんと中村雅俊さんを観られれば、それで終わり。

2017/09/13

行ける時に行っておいてよかった

9月イベントが終わった。

今年は禁煙をしようとして失敗するのを繰り返しており、

今日は、離煙パイプ18日目を使用中。

 

禁煙に成功した人たちは、

離脱症状など大したことはない、

と言ったりするが、

私の場合は、ひたすら眠くなる。

 

イベント当日も、真っ昼間から死ぬほど眠いので、

休憩室でぼうっとしていたら、

目の前にFさんが現れたような気がするが、

とにかく眠かったのでよく覚えていない。

 

 

 

 

 

機会を逃すと次はもう二度とないかもしれないから、

行ける時に行っておく

ということを常に考えている。

 

 

 

その趣旨で遠征したのは、

  • 今年7月の馳浩の復帰戦(後楽園ホール)
  • 去年9月の薬師丸ひろ子コンサート(春日大社)
  • 去年2月の南野陽子コンサート(森ノ宮ピロティホール)
  • 2015年11月の天龍源一郎引退興行(両国国技館)
  • 2015年1月の荻野目洋子コンサート(新歌舞伎座)
  • 2012年末のプリンセス・プリンセス(東京ドーム)

 

遠征ではなく松山で観られたものとしては、

など。

 

以上、いずれも、おそらくもう観られない。

 

 

 

 

ところで、

タバコをやめると、いろいろ体に変化が生じるらしいが、

まだやめきれてはいないので、とりあえず、

 

メシは普通。

 

…。

 

あの人も、ここに至るまでに、どうにかならんかったものか。

 

 

 

きっともう、コンサートは当分ない。

 

斉藤由貴30thAnniversaryConcert 大阪・森ノ宮ピロティホール(2015/11/11付)

2017/08/18

KAORI PARADISE 2017 HAPPY 50th ANNIVERSARY ぶらりひとり旅 愛媛

愛媛・W Studio RED 19:00~20:40

2017-08-18183321

行ってきた。

1年2ヶ月ぶりの岸谷香さんのライブ。

 

前回記事は、

2016/06/12 岸谷香「はじめてのひとり旅」 愛媛・WStudioRED

 

MCで岸谷さんが調査。

  • 前回来た客と今回初めて来た客は半々くらい。
  • プリプリ全盛期に中高生だった40代が中心だが、上は70代、下は10代と20代はおらず、7才と9才の兄弟。
  • 明日のモンバス(MONSTER baSH2017・香川県国営讃岐まんのう公園)に岸谷さんも出演するが、それに行く人も、ちらほら。

 

前回も思ったが、若い頃より歌がうまくなってる気がする。

もともとがああいう声質なので、年をとっても変化を感じにくいのかもしれない。

「たとえその曲自体を知らなくても、声を聴いただけでだれの曲かわかる歌手は偉大」

と、前々から思っているが、この人もその一人。

 

客席は全体的に基本おとなしめだったので、何度も「楽しんでますか?」と確認された。が、みんな楽しんでたと思う。

 

各曲を聴きながら、生きてきたことや生きていくことに関するいろんなことに思いが至り、涙が出そうになった瞬間もあったりしたが、何がどうとは書かない。

 

 

セットリストは、今回も、早くもLivefansに上がっているので、

そちらを見ていただくとして。

 

以下、演った曲関係の感想。

 

今日の私の中でのベストアクトその1は、

絶望的に泣いている生きものへ《涙が海とおなじものなら、海も涙とおんなじなんだ》

 

タイトル長いけど。聴いてて重いけど。何をどう感じたとも書かないけれども。でも今日の一番。

岸谷香さん『絶望的に泣いている生きものへ《涙が海とおなじものなら、海も涙とおんなじなんだ》』の歌詞

 

 

今日の私の中でのベストアクトその2は、

ポラロイドGIRL

 

「絶望的に~」の紹介のときに、

「この曲は糸井重里さんが作詞で」

という話を聞いた。

この曲を知らなかった私は、

糸井重里といえば沢田研二の「TOKIO」だが、
それとはぜんぜん違うこんな歌詞も書くんだなぁ。)

と思っていた。

 

すると、その数十分後。岸谷さんが他の人に提供した曲の話をし始めた。

おぉ…。私の心のつぶやきが聞こえたわけでもあるまいが。

そうだそうだ、沢田研二の「ポラロイドGIRL」だ。

あと、松田聖子の「Precious Heart」の話も。

 

 

そしてギターで「ポラロイドGIRL」を演ったが、

途中で「GET CRAZY」に変わった。

最初から予定してたのかと思ったが、どうやら、演奏中に指が勝手に動いたっぽい。おそらくコード進行の関係で、スムーズに移行できてしまったのであろう。

 

「ポラロイドGIRL」は、沢田研二の中でそんなにメジャーな曲ではないと思うが、

私はカラオケではよく歌うし、

12年前にはジュリーが松山市民会館で演ったのを観ている。

が、岸谷さんで観られるとは思わなかった。

 

…。

ここまでずっと「岸谷さん」と呼んでみたが、

どうしても、ダンナさんの顔を先に思い浮かべてしまう。

やっぱり、「奥居香」だ。

 

 

さて、本編終了時。「最後の曲です」と言いつつ「M」を演ったけど、
実はもう1曲あることをその場の全員がわかっていた。

 

というわけで、今回も実質1時間半だったが、大満足。

ただし今回は自分の中でのいろいろな余韻を味わいたかったので、

握手会には参加せず。

 

来年もまたぜひ来てください。

2017/07/05

10年連続

暑すぎるとか、

台風のくせにやる気がないとか、

私の意図が通じてないとか

いろんな理由で、意欲がわかない日々が続く。

 

こないだの日曜は、

毎年恒例のドラゲー今治大会に、H君と一緒に行ってきた。

今年も安定の面白さであった。

2008年から一緒に観に行っているので、10年経った。

お互いに何事もなく毎年観に行けているのは幸せなことである。

 

20170702-192858-0

IMG_7568

IMG_7891

より以前の記事一覧