サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ

カテゴリー「テレビ」の104件の記事

2018/04/03

最後のめちゃ日本女子プロレス

20180403-194753-0

めちゃ日本女子プロレスももう視ることはできない。

最後の最後で、紫雷イオが登場。

20180403-193915-0

 

めちゃイケ最終回(紫雷イオオフィシャルブログ)

 

オンエア直後、

誰だあれは?ということになったらしく、yahooのリアルタイム検索で上位に入っていたが、

プロレスマニアな私にとっては、特にいまさら驚くことはない。

かつて、新居浜八幡浜でスターダムの興行を観た。

 

 

ちなみに、キャッチフレーズの

天空の逸女

という、あんまり聞いたことのない単語は、

かつて週刊プロレスで対談した

「100年に1人の逸材」棚橋弘至

にあやかったものである。

 

 

20180403-194134-020180403-194159-020180403-194220-0

長い年月が経ったがようやく戻ってきたダンプ山本に、ヒザをぶち込む紫雷イオ。

 

20180403-194404-0

タッグパートナーは、90年代前半から闘い続けている、大ベテランの井上京子

 

 

20180403-194516-020180403-194528-020180403-194549-0

紫雷イオが、トップロープからのプランチャー。

この構図は、去年の記事に書いた、かつての豊田真奈美とまったく同じだが、

どうやらイオはどこも怪我しなかったようで、よかったよかった。

 

 

20180403-194648-020180403-194706-0

試合終了後には、

身長が低いジャイアント馬場さん

が降臨して、いろいろな人に技をかけていった。

 

 

20180403-194806-020180403-194837-020180403-194848-020180403-194903-0

馬場さんは、イオにも16文キックを放ったが、

このときの彼女の後ろ受け身が完璧で、上の写真の後、そのままコーナーまで転がっていった。

実際にはそんなはずはないのだが、受身のうまさによって、かなりの威力に見えた。

さすがプロ。

 

 

20180403-195026-020180403-195112-0

最後は京子への32文キックで終了。

 

 

 

プロレスマニアであり、かつ、めちゃイケファンである私にとっては、

大変面白い試合だった。

 

が、プロレスに興味がない人は、

「あんなひどい暴力をふるうのはいかがなものか」

と言うのであろう。

とくに、先日放送された、AKB 対 光浦靖子は、そんな感じに捉える人たちもいたようである。

 

本当は、バラエティ番組であれ、プロのプロレスであれ、

ある意味での信頼関係があるからこそ成立するのが、プロレス

なのだが、まぁ、すべての人にわかってもらえる話でもない。

 

 

関根さんの馬場さんにしても、

最近の若い世代の人たちが視ても、だれのものまねをしているのか、さっぱりわからないであろう。

 

しかたのないことである。

始まれば、いつか終わる。

2018/01/05

がっかりのG

4日(木)

 

  1. レコ大
  2. 笑ってはいけない
  3. 紅白
  4. めちゃイケ
  5. スポーツ王
  6. RIZIN

 

年賀状を書きながら、年末年始の番組を録ってあったのを、順次、視聴。

 

 

 

昼ごろ買い物に行き、

夕方からは1.4東京ドームを視聴。

 

オカダが内藤を下しIWGPヘビーV9 オメガはジェリコとの死闘を制し王座防衛

 

第0試合のニュージャパンランボー。

「UWFのテーマ」が鳴った時、解説席にいた山崎一夫がいきなり立ち上がったので、

出るのかと驚いたが、さすがにそれはなく、

出てきたのは、がん闘病中の垣原賢人

 

結末は、現在の垣原選手のコンディションを考えれば、まあ、あれでよいとして。

 

 

 

しかしその後、寝てしまい、起きたのは、第6試合の途中。

 

 

メインのオカダVS内藤と、その前のオメガVSジェリコはどちらもとてもいい試合だったし、

その前の棚橋VSジェイは、今の彼らにできる精一杯だっただろう。

 

 

 

そして今年もやはり、問題は、彼である。

 

 

1994年1月4日の東京ドームで、アントニオ猪木VS天龍源一郎が行われた。

 

試合が始まった。

  • 試合のごく序盤で猪木がチョークスリーパーで天龍を絞め落としてしまった。
  • そして、かなりの時間、天龍は失神していた。
  • なぜ天龍はノックアウト負けにならないのだろう、こんなに長く失神してるのに。

 

そう思いながら観ていると、

  • セコンドの長州が天龍に張り手を見舞い、
  • 天龍は蘇生して、
  • 試合は続行され、
  • 天龍が猪木に勝った。

 

 

そして、24年後の同じ日の同じ場所で同じ流れの試合があった。

天龍さんと彼を同一視するのは天龍さんに気の毒ではあるが。

 

彼はどうなりたいのだろう。どうなっていくのだろう。

2017/11/06

豊田真奈美の引退と、右肩の負傷

さらば“飛翔天女”豊田真奈美50人掛け引退試合完走!「どこも痛くない体に戻りたい」(デイリー)

華麗な空中殺法を駆使して“飛翔天女”と呼ばれ、一時代を築いた女子プロレスラーの豊田真奈美が引退試合を行い、30年の現役生活に別れを告げた。引退試合は異例の“50人掛け”で49組54人と51試合を行い、12勝10敗29引き分けでフィニッシュ。途中2度の休憩などを挟んだ合計4時間近い長丁場を戦い抜いた。

“50人掛け”の相手には大ベテランのジャガー横田、長与千種、全日本女子プロレス時代にしのぎを削った井上京子、井上貴子、堀田祐美子ら現役選手だけでなく、引退した山崎五紀さん、ブル中野さんらも登場。盟友の山田敏代さんがセコンドを務めた。

 

引退の理由は右肩と頸椎の古傷の悪化。03年3月にバラエティー番組に出演した際に右肩を痛めて手術するも後遺症に悩まされ、最近になって頸椎も悪化し、今年3月の引退発表時には「体が限界。痛すぎます」と話していた。

 

さらば飛翔天女・豊田真奈美リングに別れ/写真特集(日刊スポーツ)

 

 

 

 

豊田真奈美は、テレビでの観戦はもちろんのこと、今治や松山で生観戦したこともある。

女子プロレスオールスターズ松山大会 速報3 2010/3/21

女子プロレスオールスターズ松山大会感想 2010/3/23

 

さすがに最近はあちこち故障して満足な動きができない感じになっていたようだが、

若い頃は、悪役のブル中野に果敢に挑む可憐なアイドルレスラーだったし、

中堅からベテランになってからは、いくら攻撃されても全然ダメージを受けていないかのようにそのたび起き上がってくるゾンビレスラー(←ほめ言葉)

でもあった。

 

ちなみにTwitterによると、

今回のブルさんは、獄門党メイクはしていたものの、

髪は立ててないしそれほど激しく染めてもいないので、ヒール感には乏しい。

何なら「ちょっときれいなおねえさん」である。

https://twitter.com/hashtag/豊田真奈美

 

 

そして豊田は

03年3月にバラエティー番組に出演した際に右肩を痛めて手術するも後遺症に悩まされ、

たらしい。

 

私はこのことを知ってはいたが、

今日に至るまでの長い間、この「バラエティー番組」とは、

「ラスタとんねるず」の「ジャイアント将棋」だと思っていた。

 

しかし、ラスタとんねるずの正式名称は「ラスタとんねるず’94」であって、

放送期間は1994/4/14~9/22

 

時期がまったく違う。

 

 

ということは、あれしかないか。

2017-11-06190727

 

0203
04050809101112

このコーナーポストからのプランチャ

相手への当たりはそれほど強くはなかったが、

豊田が着地時に右肩から落ち、直後に自分で右腕を押さえている。

 

12

 

 

いっぽう、

1300

このころはまだ存命だった阿部四郎は自分の役割をきちんと果たしていた。

そして過去映像のブル中野が若い。

 

1415

試合は飛鳥のフットスタンプで終わったが、上の写真の直後に、

 

1616

やはり肩を押さえている豊田。

 

 

バラエティ番組とはいってもそこそこガチな試合だったので、負傷するのもいたしかたなかったのかもしれないが、後々まで引きずる大怪我だったのは気の毒なことである。

 

 

とにかく、30年の現役生活お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。

 

そしてめちゃイケ終了の話はさらに後日。

2017/10/31

荻野目ちゃんと洋子さん

NHKの「うたコン」を視た。

現在放送中の朝ドラ「わろてんか」の出演者たちが出演して、番宣をしている。

20171031-213142-0

そんな中、荻野目ちゃんは、この番組の出演者としては若干毛色が違うような気がする。

 

しかし、

20171031-213031-0

おぉ、これは。

後にGUYSの隊長になり、ゾフィーと一体化までした(ウルトラマンメビウスの話である)のに、

残念なことに、さらにその後、自殺してこの世を去った田中実さんである。

 

 

ということは、20171031-213049-020171031-213110-0

荻野目ちゃんも朝ドラ女優だったことをすっかり忘れていた。

しかし主役ではない。朝ドラの主役が女性ではなかった珍しい作品である。

 

 

現在の主役の葵わかなさんにエールをおくり、

そして荻野目ちゃんが歌う番になるのかと思いきや、

 

 

20171031-213404-020171031-213622-0

違う方の洋子さんが出てきた。

 

しかし、もちろん「ヴィーナス」ではなく、「じょんから女節」である。

 

私の覚えている限り、長山洋子さんが最後にヴィーナスを歌ったのは、

2003年のザ・ベストテン特番だったと思う。

 

という話は、

「三味線弾いて歌うのは松村和子でどーしたこ~した」

という話もコミで、すでに書いていたので、ここでは省略。

2015/3/15 帰ってこいよ

 

 

 

そして、谷村さんは男性コーラスといっしょに「」を歌い、

20171031-213800-020171031-213823-0

 

一瞬だれだかわからなかった石井竜也さんは葉山マリーナで「かもめが翔んだ日」を歌った。

20171031-214711-0

オリジナルの渡辺真知子さんの歌唱のインパクトが強すぎるとはいえ、

石井さんも自分のものにできていたと思う。

 

 

 

そして荻野目ちゃんは、司会の谷原章介さんに、

「おぎのめひろこさん」

と呼ばれてしまったのを、サラッと流して、

最近ネット上でちょっと話題になっている、登美丘高校ダンス部との生コラボ

 

20171031-213942-020171031-213925-020171031-213850-020171031-214017-0

高校生なのにメークが濃い。バブル期をイメージしているからしょうがないのではあるが。

 

 

20171031-214356-020171031-214517-020171031-214453-0

荻野目ちゃんも、1986年時点では、

30年後にこんなことになって自分が再び「ダンシング・ヒーロー」を歌っている

とは、きっと思っていなかったであろう。

 

 

今回と同じような趣旨で最近めちゃイケに出演した時の話もあるが、それはまた今度。

2017/10/30

S.H.フィギュアーツ ウルトラセブン モロボシ・ダン

しばらく前に注文していた、

フィギュアーツのモロボシ・ダン(←魂Web公式サイト)

がやってきた。

 

20171030-205835-020171030-210052-0

 

まずはメトロン星人と対峙させてみよう。第8話「狙われた街」である。

20171030-220221-0

 

そして本編映像はこれ。

20171030-220209-0

残念ながら本編映像は背広姿であって隊員服ではないが、セブンを座らせるよりは雰囲気は出ている。

 

ちなみに、前回のこの件に関する記事は、

ダンのフィギュアが発売されると思っていなかった今年の5月16日。20170516-213535-0

 

 

次に公式サイトに上がっていたのと同じようなアングルで2枚。

20171030-221526-0

可動範囲はかなり広いので、自然なポーズがとれる。そしてヘルメットのバイザーは開閉可能。

 

20171030-221224-0

セブン上司に止められるが、変身を強行。ただし、本編にはこのアングルはなかったような気がする。

 

20171030-220327-0

実際の本編映像(第49話「史上最大の侵略(後編)」)でセブン上司が止めに入ったときは、

こんな感じ。

 

20171030-220805-0

けっこう再現できたが、頭の包帯があれば、なおよかった。

 

 

あちこちよく動くし、顔も森次さんにかなり近いし、付属パーツも多すぎず少なすぎず、

全体的には満足できる商品だった。

 

この勢いで、アンヌ隊員が出れば買うが、まあそれは無理か。

2017/10/03

「歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間」の第2弾 -堺さんは2位どまり-

20171002-204741-0

今回も非常におもしろかった。

 

序盤。20171002-205221-0

このテロップを見た瞬間、オチがわかった。

 

20171002-205246-0

実は「メリーアン」は1位じゃない、高見沢さん。(1983年。7位)

20171002-205310-0

そして、背景のセットに衣装がとけこんでいる高見沢さん。

20171002-205333-0

実は「ダンシング・ヒーロー」は1位じゃない、荻野目ちゃん(1985年・5位)

20171002-205349-0

遊助も1位をとっているが、21世紀のことなので私にはよくわからない。

20171002-205443-0

コンビなのにMC席とゲスト席に分かれて座っているココリコの2人も、1位をとっている。

20171002-205511-0

そして、1位が取れたのは自分たちの力ではないということをよくわかっている遠藤さん。

20171002-205547-0

レコード大賞もとってるし、1位曲も5曲もある、をとって無表情ではなくなった相田さん。

 

 

そして、オチへ突入開始。

20171002-205648-020171002-205704-020171002-205739-020171002-205804-020171002-205832-020171002-205857-0

 

前回に引き続いての、

「堺さんは2位どまり」のコーナー

は、途中、蓮舫的な発言をはさみつつ、

相田さんのキツいツッコミで終了した。

 

 

次は、本番組の最も序盤での、GS特集コーナー。

20171002-204911-0

ザ・タイガースは基本だとして、

 

20171002-204958-0

「エメラルドの伝説」はカラオケで歌えはするものの、

私の世代だと、ショーケンは俳優さんであり、

 

そして、

20171002-205037-020171002-205052-020171002-205107-0

50年たっても、顔だけ見たらほとんど変わっていない印象の堺さん。

ザ・タイガースとザ・テンプターズはそれぞれ1位獲得曲なので、直後に出てきたザ・スパイダースも1位なのでは?

と一瞬思ったが、私の勘違いだった。

やっぱり、堺先生は1位をとったことはないらしい。

 

この番組の他コーナーに関する記事は、まだ続きます。

2017/10/02

「歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間」の第2弾-えっ何で!?あの名曲がまさかの2位?じゃあその時1位の曲は一体!?イントロQ-

20171002-210320-0

とりあえず、コーナータイトルが長い

20171002-210429-0

このコンビは、かつて日テレで毎週見ていた。その他の組合せでは、和田アキ子島田紳助、徳光和夫石野真子とか。

20171002-210448-0

この番組自体はTBS系なので、本編では「ザ・ベストテン」や「全員集合」からの映像が多いが、この2人に関しては、日テレから静止画を使う許可を得たらしい。

 

さて、問題開始だが、

私は、イントロを聴いたらわかるのは当たり前なので、

できればチャートを見ただけで当てたい。

 

前半戦

第1問

20171002-210605-0

これは、チャートだけで大丈夫。

 

20171002-210722-0

当たった。基本。

正解者は薬丸さん。

 

第2問

20171002-210816-0

77年か。

ピンクレディーであることは間違いない。

77年なら、「UFO」か「ウォンテッド」か。どっちかはわからない。

が、イントロを聴いたら、0.5秒かからずにわかった。

20171002-210957-020171002-211053-0

薬丸さんは振り付けも完璧である。私も当時、妹と踊っていた。

 

第3問

20171002-211127-0

79年。「異邦人」かなぁ?

イントロ流れた。…あ、間違えた。

 

しかし、

20171002-211342-020171002-211253-0

私と同じ間違いをした相田さん。観覧客からツッコまれまくり。

 

20171002-211425-020171002-211508-0

正解者は荻野目ちゃん。

私が初めて現在進行形というものを知った「魅せられて」であった。

Wind is blowing from the Aegean.

 

第4

20171002-211602-0

もう一回79年。今度こそ「異邦人」だろう。…あ、違う。

 

20171002-211634-020171002-211702-0

相変わらずの強さを見せる薬丸さん、正解。

私の聴く音楽の中にさだまさしがないので、思いつかなかった。

 

 

以下、

薬丸さんが強すぎるのでハンデを付けるために後方へ行ったあと、芸能界の大先輩のフリにたてついてみた

20171002-211806-020171002-211823-020171002-211835-020171002-211852-020171002-211912-0

 

 

第5

20171002-211958-1

80年か。松山千春の「恋」とか「長い夜」とか?

…あ、また違った。イントロ流れたらその瞬間わかるけど。

20171002-212043-0

さっきの堺さんのフリに応えて、わざと転んでみせた薬丸さん。解答権は得られず。

20171002-212204-0

正解者は荻野目ちゃん。ダンシングつながり。

20171002-212221-0

 

ここで前半戦終了。他の8人頑張れ。

20171002-220938-0

 

 

後半戦

第1問

20171002-220921-0

90年代は微妙。92年か。「愛は勝つ」はもうちょっと前、「ラブ・ストーリーは突然に」も、たしか91年なので、違う。

 

…あぁ、それはカラオケの持ち歌だったのに。

20171002-221047-0

 

 

第2問

 

♪さ、よ、ならさ

20171002-221138-0

郁恵さんがこんな合いの手を入れているということは…

20171002-221231-0

渡辺徹の「約束」。82年。

これはあみんの「待つわ」でしょ。

…あ、また違った。

 

20171002-221327-0

♪トゥルリラ トゥルリラー

ヒット曲が多い聖子さんを当てるのは難しい。

 

第3問

20171002-221416-0

80年。「ルビーの指輪」は81年なので違う。

今度こそ松山千春だろう。

…あ、またイントロ流れてすぐ間違いに気づいた。

 

20171002-221533-020171002-221658-0

高見沢さんが答えたものの、その低い歌声はいかがなものか。

 

20171002-221601-020171002-221614-020171002-221629-0

視聴者の気持ちを代弁する司会者2人。

 

 

第4問

20171002-221738-0

84年。中森明菜「北ウイング」か?いやあれは元日発売だった気がする。春の歌ではなかったはず。うーんわからん。

20171002-221907-0

イントロ聴いたら私はわかったが、

解答者の遊助はうろ覚えで、

観覧客たちが代わりにみんなで歌ってた。

が、安全地帯をみんなで歌う場合、「悲しみにさよなら」のほうが感じが出る気がする。

 

第5問

20171002-222034-0

昭和のバラエティ番組みたいなポイント設定。

 

20171002-222107-0

ここにきての90年代。95年。わからん。

安室奈美恵には早い気がする。ELTとかか?

…あ、それね。

20171002-222203-0

つんのめりながら解答権を得た薬丸さん。

20171002-222250-020171002-222306-0

圧倒的な強さの薬丸さんであった。

2017/08/24

よく食べて、いつのまにか死ぬ

23日(水)

帰宅後。家に食べるものが何もなかったので、もう何も食べなくてもいいかと思った。

が、そんな日に限って、テレビを視たら、

「おじゃマップ」で「相撲部屋の力士たちが死ぬほど食べる」という企画をやっていて、

いろんな美味しそうなものを食べている。

特に、カツカレーが美味しそうである。

 

そうだ、ココイチへ行こう。

 

基本的に、「水曜日にはカレーを食べなければ生きていけないカラダ」なので、曜日感覚を取り戻す意味でも、ちょうどよい。

 

24日(木)

というわけで、営業が再開してしまった。

 

私の営業は午後からなので、昼ごろ出勤すればよいのではあるが、

もはや、午前中に出社しなかったら午後もサボりそうな勢いなので、

定時に出社。

 

すると、某同僚が言う。

某:「こないだ、NHKで孤立死っていうのやってて、『最近は若い人も多い』って言ってたけど、この場合の『若い』って20代とか30代とかじゃなくて、40代とか50代とかなんやって。で、家で視ながら、『これってYさん(=私)のことや』って話しとったんよ。」

私:「いやいや、だから、ずっと前から言ってるのに、そのときは真面目に聞いてくれんかったやん。『オマエが会社に3日来んかったら家まで行ってやる』とか言って。でも、3日放置されたら、もう腐り始めとるわ。」

 

彼が視たのは、

“現役世代が” なぜ孤立死?(8月20日「おはよう日本」の「けさのクローズアップ」)

だと思われる。

 

 

その後も、

いろんなサイトのパスワードはすでに印刷して保管してある

とか、

ハードディスクは全部破壊してくれ

とか、

いろいろ話してはみたものの、

私のケータイの短縮ダイヤルの登録先は彼ではなく、Oくんである。

 

 

とりあえず、今日は

私:「防湿庫の中のカメラとレンズは好きにしてくれ」

U:「わかった」

ということで決着した。

 

 

実際のところ、どうしたらよいものか。

2017/04/12

♪ウルトラの父がいる ウルトラの母がい…

会社の歓迎会に行ったら、

前の職場の歓迎会も同じホテルでやっていて、

彼らが幹事をやっていたので、

頼まれもしないのに、勝手に受付係ごっこを実施。

そしてそこになぜTさんも一緒にいたのかは、はなはだ謎。

 

しかし、歓迎会が始まった頃から、

この春休みと呼ばれる期間中の仕事の疲れが、

背中と腰に強烈に出始めた。

 

痛みがあまりにも激しいので、ロビーに脱出して独りのたうち回る。

 

 

終了後早々に自分の車で帰路につく。

その車内で聞こえてきたNHKのニュース。

歌手のペギー葉山さん死去 83歳 「ドレミの歌」「南国土佐を後にして」

 

しかし69年生まれの私としては、

ペギー葉山さんの訃報にネットでは「ウルトラの母が逝ったか…」

やはりこっち。

 

ウルトラマンタロウは1973年。

東光太郎こと篠田三郎はいま何を思うだろうか。

2017/04/10

高値

  1. 今年から健康診断を社内でやってくれなくなった。
  2. 忙しいので後日人間ドックに行くことにして、今回はスルー。
  3. 「ただし、『「ストレスチェック調査用紙』は直接持参せよ」
  4. どうせ行かなければならないなら、最初から健康診断もやったのに。めんどくさい。
  5. そしてその「調査用紙」が、年度末年度初めのどさくさに紛れてどっかいった。めんどくさい。
  6. 25日の夜、Oくんを助手席にのせる直前にトランクにいれたということを思い出した。
  7. 今日持っていった。

 

その調査用紙の項目の中にもあったが、

やっぱり背中や腰や肩が痛い。

例年よりはかなりマシではあるものの。

 

仕事量はかなり減ったものの、

今年も年度末と年度初めの区切りがなかったので、

気分的にはあんまり楽ではない。

 

 

この間、

  1. 家がゴミのようだ
  2. 家がゴミだ
  3. 家がゴミ袋でいっぱいだ

の「家ゴミ三段活用」状態。いまだ、第三段階が継続中。

 

 

そんな荒れ果てた室内に、

すっかり使われなくなって風景に溶け込んでいる、

こんなものが置いてある。

20170410-215425-020170410-215537-020170410-215635-020170410-215457-0

 

5年前に買ったデジタルフォトフレーム。

 

ちなみに最後の画像を見ると、

「待って、行かないで」

と言いたくなるという条件反射が起こる。

 

で、ふと思いついて、このデジタルフォトフレームのことをググったら、

 

今日の時点で、368000円。

買ったときは13800円だったのに。

ヤフオクなどでも結構な高値で取引されている。

 

…いや、売らないけど。

より以前の記事一覧